LIFE is PHOTO Masa Takahashi

高橋正徳 https://www.youtube.com/user/maaphoto

あぐりの地から〜ユズ〜12月2日放送 4K版

2019年12月03日 | 動画 movie

あぐりの地から〜ユズ〜12月2日放送 4K版

ユズといえば馬路村

馬路村といえばユズ

村の中は、ユズの香りで満ちていました。

農業の美しさを伝えるテレビ番組「あぐりの地から」12月2日放送分は、

高知県東部の馬路村を訪れました。

番組は、毎週月曜午後8時57分から、

高知さんさんテレビで放送しています。

 

コメント

四万十川の小さな学び舎 十川小学校 収穫祭

2019年12月02日 | 動画 movie

四万十川の小さな学び舎 十川小学校 収穫祭

50人ほどの小さな小学校では、

子どもたちが育てたお米の収穫祭が毎年開かれます。

手作りのお神輿を担いで、元気一杯町内を練り歩きました。

 

コメント

あぐりの地から〜四方竹〜11月25日放送分

2019年11月27日 | 動画 movie

あぐりの地から〜四方竹〜11月25日放送分

高知の農業の美しさを伝える高知さんさんテレビの番組
あぐりの地から」は、毎週月曜午後8時57分からですが、
見逃しても安心です!

翌朝には、JAグループ高知の公式YouTube
4K高画質版がアップされますよ。
11月25日の放送は、高知特産の四方竹の里、
南国市白木谷を訪ねました。
取材、撮影、編集を担当しています。

今年の四方竹のシーズンは終わりましたが、番組をご覧になって、気分だけでも味わってみてください。

コメント

干し柿のワルツ♪

2019年11月22日 | 写真

急に寒くなってきたので、

ご近所さんからいただきものの柿を

軒下に吊るしたよ

柿がまるでトーン記号みたい

これぞ、干し柿のワルツ〜

コメント

四万十の夜空にイルミネーション 水車亭

2019年11月14日 | 写真

地元の子どもたちに喜んでもらいたい。

それが、芋けんぴで有名な水車亭の先代が、

2011年に、敷地内でイルミネーションを始めた動機でした。

 

2019年。令和元年。

今年のテーマは、

「令和の輝き」

徐々に増えたLED電球の数は、最初の年の10倍以上にあたる31万球まで増えました。

高知県高岡郡四万十町には、ネオンも高層ビルも深夜営業もないけれど、

水車亭のイルミネーションがあります。

〜1月13日まで

午後5時半〜21時

〒786-0007 高知県高岡郡四万十町古市町9-30
TEL.0880-22-3456

 

コメント

あぐりの地から〜米 11月11日放送 4K

2019年11月13日 | Weblog

あぐりの地から〜米 11月11日放送 4K

嶺北の棚田と四万十川の仁井田米

高知にはうまい米があります。

高知さんさんテレビ「あぐりの地から」第2回放送分の4K版です。

ぜひごらんください。

コメント

四国最南端足摺岬はすごい迫力だった

2019年11月11日 | 空撮

ど迫力の足摺岬!

先端からドローンで空撮しました。

 

コメント

農の美しさ伝える番組「あぐりの地から」スタート

2019年11月01日 | 動画 movie

農の美しさ伝える番組「あぐりの地から」スタート

高知の農業の美しさを伝える新番組
   「あぐりの地から」

11月4日
毎週月曜午後8時57分〜
高知さんさんテレビ
Director LIFEisPHOTO 高橋正徳

高知の農業の魅力を
毎週1回、映画のような美しさで紹介します。
presented by JAグループ高知
 
高知県外の方や見逃した方は、
放送終了翌日には高画質4K版をアップしていきます。
コメント

新番組「あぐりの地から」高知さんさんテレビ

2019年10月26日 | 動画 movie

高知の農業の美しさを伝える新番組「あぐりの地から」が
11月4日から、高知さんさんテレビで始まります。


いのちを育み、大地を耕し、風景を形作ってきた高知の農業。
ショウガ、ミョウガ、ユズ、リュウキュウなど高知を代表する農作物

棚田や文旦山など歴史と景観を生み出してきた農的な風景

JAグループ高知の取り組みを、毎週1回、映画のような美しさで紹介します。
 
 
新番組「あぐりの地から」
高知さんさんテレビ
毎週月曜午後8時57分〜

 

 

コメント

氏神さまのお祭り

2019年10月23日 | 写真

 我が家の氏神様は、家から100メートルほどの山裾にある小さな神社。

23日は秋のお祭りがありました。

神様を迎えるにあたり、境内や参道を、みんなで清掃です。


しめ縄をかざり、掃き清めます。

僕の部落も、高齢化が進んでいます。

平均年齢、いったいどのくらいになるのだろう。

今日集まっていたのは、80代や70代、60代が中心でしたが、

僕を含めた労働年齢もちらほらいました。

 何年かぶりに担ぎ出したお神輿。

参道の先にある御旅所までみんなで担ぎます。

いつまで続けられるのだろう。

もちろん僕たち世代が、受け継いでいかなければならないという責務は感じていますが、

あと10年後、部落にはいったい何世帯残っていて、何人になっているのだろう。

コメント