譲二さんと毎日うふふ 妄想小説と乙女ゲーム

主に『吉祥寺恋色デイズ』の茶倉譲二の妄想小説

話数が多くなった小説は順次、インデックスにまとめてます。

小説を検索しやすくするためインデックスを作りました

インデックス 茶倉譲二ルート…茶倉譲二の小説の検索用インデックス。

インデックス ハルルートの譲二…ハルくんルートの茶倉譲二の小説の検索のためのインデックス。

手書きイラスト インデックス…自分で描いた乙女ゲームキャラのイラスト記事


他にも順次インデックスを作ってます。インデックスで探してみてね。



サイトマップ






人気ブログランキングへ

譲二さんの愚痴(一護本編8話)

2015-12-03 07:44:45 | いっちゃんルートの譲二さん

 頼れるみんなの兄貴として、ヒロインと幼なじみたちとの恋愛模様を応援しつつ、自分の気持ちには蓋をして、ちょっと落ち込んでみたり…。

 そんなちょっと情けないけどラブリーな譲二さんを王道のいっちゃんルートでウオッチングしてみようと思う。

 自分のルートのヒロインにも自分から告白できない譲二さん。
 そんな譲二さんが他人のルートのヒロインに気持ちを打ち明けられるわけも無く…。



☆☆☆☆☆
譲二さんの愚痴(一護本編8話)

 

学校帰りのりっちゃんとカウンター越しにお喋りしていると、表が何か騒がしい。


♪~カラカラーン

譲二「いらっしゃい」


リュウがハルとタケを従えて飛び込んできた。


竜三「おい、ジョージ、百花は来てねぇよな!」

春樹「まってよ、リュウ兄」

剛史「人間機関車…」

理人「百花ちゃんがどうかしたの?」

竜三「いなくなっちまったんだよ!」

譲二「なんだって!!」

春樹「ジョージさん、いなくなったって言っても一護と一緒で…」

剛史「多分、一護に連れ去られた」

譲二「どういうこと?」

理人「なんでいっちゃんが連れ去るの?」

竜三「島田に目ぇつけられたっていうのによ!」

理人「島田って誰?!」

竜三「校内放送で呼び出されたんだよ!」

春樹「リュウ兄落ち着いて。俺が説明するから」


ハルの話によると…。

昼休み、生活指導の島田先生が一護と百花ちゃんを呼び出した。

そこで、何を話されたかは分からないが、午後の授業が始まっても二人とも教室に戻って来なかったそうだ。


竜三「島田は女でも容赦無いからな!」

理人「どうせいっちゃんが先生に怒られて、ふてくされて学校を飛び出したのを百花ちゃんが追いかけてなだめてるんだよ」

譲二「それにしてもどうして2人が呼び出されたのかな? 心当たりは無い?」

春樹「もしかしたら、佐々木が一護んちに住んでるのがバレたのかも…?」

剛史「そういや、2人が一緒に暮らしてるって女子が噂してたな…」


うわっ、それってもろに俺のせいじゃないか…。

だけど、こちらから学校に電話して申し開きをするのも変だしな。

やぶ蛇になっちまう。


譲二「それなら、もし学校から問い合わせの電話があったらうまく誤魔化しておくよ」

理人「そうだ。元はといえばマスターのせいだもんね、百花ちゃんがいっちゃんちに住むようになったのは」


りっちゃんが恨めしそうに言う。


譲二「面目ない…」

剛史「マスターのせいというより、クロフネがボロいせいだろ」

竜三「今度はしっかり床を補強しろよ!」

譲二「業者さんにしっかり頼んでおくよ」

春樹「ところで佐々木の部屋はいつ使えるようになるの?」

譲二「来週くらいには工事にかかってもらえるはずだから、もう少し待ってよ」

竜三「先は長いな」

理人「あ~あ早く直らないかな~百花ちゃんの部屋」


りっちゃんの言葉は、そこにいるみんなの願いでもあった。

 

譲二さんの愚痴(一護本編8話)おわり

コメント

譲二さんの愚痴(一護本編7話)~その2

2015-11-15 08:42:35 | いっちゃんルートの譲二さん

 頼れるみんなの兄貴として、ヒロインと幼なじみたちとの恋愛模様を応援しつつ、自分の気持ちには蓋をして、ちょっと落ち込んでみたり…。

 そんなちょっと情けないけどラブリーな譲二さんを王道のいっちゃんルートでウオッチングしてみようと思う。

 自分のルートのヒロインにも自分から告白できない譲二さん。
 そんな譲二さんが他人のルートのヒロインに気持ちを打ち明けられるわけも無く…。



☆☆☆☆☆
譲二さんの愚痴(一護本編7話)~その2

 

クロフネの時間は、今日もいつも通りゆったり過ぎていく。


やがて夕方になり、みんながクロフネに集まってきた。

…除く、一護と百花ちゃん(泣)



春樹「ジョージさん、コーヒーお願い。ブラックで」

譲二「あれ? 珍しいね」

剛史「俺もコーヒーとサンドイッチ」

春樹「タケ、よく食べれるな」

譲二「どうしたの? タケはハニートーストじゃなくていいのか?」

理人「マスター、それメニューに載ってないじゃん」

譲二「そりゃそうだけど、タケはいつもハニートーストをたべてるから…」

剛史「甘いものは今日はいらない」

竜蔵「そうか…ならおれがハニートーストをもらおうかな」

理人「僕も! 一度食べたかったんだ!」

譲二「はいはい。だけど、ハルもタケも一体どうしたんだ?」

春樹「今日は調理実習でケーキを作ったんだよ」

譲二「てことは、一護や百花ちゃんもケーキを作ったの?」

剛史「一護のはいつも通りうまかった」

竜蔵「お前、それで自分のケーキはどうしたんだよ」

剛史「それももちろん、食べた…。一護のケーキの後だったから、パサパサして不味かった」

春樹「俺とタケがペアだったんだけど、ちょっと焼き過ぎたみたいでね…」

譲二「えらいね。ちゃんと食べるには食べたんだ」

春樹「うん。もったいないしね。でも、女子たちは一護のケーキの方を食べてたな」

理人「え?! いっちゃん、そんなにいっぱいケーキを焼いたの?」

剛史「いつものことだけど、みんなよく知ってるからな。一護にケーキを食べさせろって作らせてた」

春樹「みんな順番待ちしてたよ」

竜蔵「そうか…、それで2年の女子たちが食べてくれってケーキを持ってきたのか…」

理人「なんだ…リュウ兄もケーキ食べてるんじゃない」

竜蔵「お、おう。それでいつものスペシャルランチを食うには、胃がちょっと重たくてな」

譲二「それで、ハニートーストなのか…」

理人「いいなぁ。でも僕はどうせ食べるなら百花ちゃんが作ったケーキが食べたいな」

竜蔵「そうだな、百花の作ったケーキも食べてみたいな」

理人「リュウ兄は他の子が作ったケーキ食べてるじゃない」

竜蔵「百花のは別腹だ」

譲二「百花ちゃんはケーキ作りを倫護さんに仕込まれているらしいし、腕をあげてるんじゃないかな?」

理人「ホント?  なら、ますます食べてみたいな、百花ちゃんのケーキ」

剛史「俺も百花のケーキ食べてみたい」

春樹「そうだね。確かに佐々木の作ったケーキは俺も食べてみたい」

(俺も…食べたい)


百花ちゃんがクロフネに帰ってきたら、ケーキをリクエストしてみようかな?

ああ、待ち遠しいなぁ。

百花ちゃんとクロフネで暮らす日々…。

 

譲二さんの愚痴(一護本編7話)おわり

コメント

譲二さんの愚痴(一護本編7話)~その1

2015-11-14 07:40:14 | いっちゃんルートの譲二さん

 頼れるみんなの兄貴として、ヒロインと幼なじみたちとの恋愛模様を応援しつつ、自分の気持ちには蓋をして、ちょっと落ち込んでみたり…。

 そんなちょっと情けないけどラブリーな譲二さんを王道のいっちゃんルートでウオッチングしてみようと思う。

 自分のルートのヒロインにも自分から告白できない譲二さん。
 そんな譲二さんが他人のルートのヒロインに気持ちを打ち明けられるわけも無く…。



☆☆☆☆☆
譲二さんの愚痴(一護本編7話)~その1

 

今日は珍しく一護と百花ちゃんもクロフネに来てくれている。

一護は前はあんなにクロフネに来ていたのに、百花ちゃんが一護んちに住むようになって、ほとんど来なくなっちゃったんだよね。

一護、もっと来いよ。

百花ちゃん連れてさ。



俺はいそいそと2人にコーヒーとサンドイッチを配った。


譲二「百花ちゃん、一護の店のお手伝いは慣れてきた?」

百花「はい」


百花ちゃんは嬉しそうに言う。


百花「この頃は店番だけじゃなく、ケーキ作りもお手伝いさせてくれるようになったんですよ」

一護「あれは手伝いにはなってないだろ?」

百花「でも、倫護おじさん、『職人に向いてる』って言ってくれたよ。『百花はぶきっちょだが、根気があるな』って」

譲二「それは良かったね」

一護「お前がぶきっちょで、褒めるところがねーからそう言ったんだよ」

百花「そんな~」

譲二「根気は大事だよ。百花ちゃん、頑張ってるんだね」

百花「ありがとうございます」

百花「それに、一護くんだっておじさんに『筋は悪く無い』って言われてたじゃない」

一護「そんなの当たり前だろ」

百花「だったら、もう少し厨房に…。倫護おじさんだって『鍛えてやる』って…」

一護「お前、一々うるせーよ。親父とケーキ作るのが性に合わねえだけだよ」

百花「…」

一護「お! ハル、面白そうなゲーム持ってるじゃんか…。俺にもちょっとかせ!」

春樹「え~。前にもやっただろ?」


一護がカウンターを離れてみんなのところへ移動した。


百花「二人とも、もう少し素直になればいいのに…」


百花ちゃんは寂しそうに一護の後ろ姿を見つめる。


譲二「それ…、一護と倫護さんのこと?」

百花「はい。一護くんが私の代わりに生クリームをホイップしてくれたんですけど、それを味見した倫護おじさんは店にだって出せるって言ってくれたんです」

譲二「そうなんだ」

百花「だけど…それが一護くんが作ったって分かった途端、『ふん、まだまだだな』って言うんですよ」

譲二「やっぱり一護の親父さんだね、倫護さんは。その素直じゃないところが」


心配そうだった百花ちゃんがぷっと吹き出した。


百花「本当にそうですね。なんだか、マスターと話してるとなんだか元気が出て来ました」

譲二「なら、良かった。また、時々こんなふうにクロフネにも来てよ、一護を連れてさ」

百花「はい」


2人でにっこり微笑みあった。

その時…。


一護「おい! 百花! なに、マスターとこそこそしてんだよ! こっちへ来い!」


百花ちゃんは「はーい」と可愛い返事をして、一護のところへ駆け寄った。


あ~あ、せっかく百花ちゃんと2人で話が出来たのに…。

一護にはかなわないよな…。

全く…。

 

その2へつづく

コメント

譲二さんの愚痴(一護本編 6話)~幕間

2015-11-01 08:58:42 | いっちゃんルートの譲二さん

 頼れるみんなの兄貴として、ヒロインと幼なじみたちとの恋愛模様を応援しつつ、自分の気持ちには蓋をして、ちょっと落ち込んでみたり…。

 そんなちょっと情けないけどラブリーな譲二さんを王道のいっちゃんルートでウオッチングしてみようと思う。

 自分のルートのヒロインにも自分から告白できない譲二さん。
 そんな譲二さんが他人のルートのヒロインに気持ちを打ち明けられるわけも無く…。



☆☆☆☆☆
譲二さんの愚痴(一護本編 6話)~幕間

 

祭りの翌日のクロフネ。

俺は洗った食器を拭きながら、りっちゃんの愚痴を聞かされている。


りっちゃんは学校から帰って来るとカウンターに座り込み「聞いてよ、マスター」と叫んだ。

理人「ほら、マスターがおごってくれたりんご飴をいっちゃんは百花ちゃんの口に押し込んだじゃない?」

譲二「ああ、そんなことしてたね」

竜蔵「一護の野郎、そんなガキみたいなことしてたのか?」


リュウは祭りの御輿の指揮をとるとかで、昨夜はみんなとは別行動だった。

みんなが帰った後で、リュウも御輿の仲間用のジュースを買いに来てくれたけど。


理人「それでハルくんが百花ちゃんを助けて、いっちゃんに注意したんだけど、いっちゃんたら何て言ったと思う?」

譲二「『百花は俺を嫌ったりしない』…とか?」

理人「そうなんだよ! すごいドヤ顔でそれを言うんだよ! 」


向こうのソファーに座って漫画を読んでいた剛史も口を挟む。


剛史「あれはムカつくよな…」

春樹「あの自信は何なんだろうね?」

竜蔵「昔から一護はああだったよな」

理人「それに、マスター、聞いて! あのあと僕たちは射的をしてたんだけど、いつの間にか2人だけでどっかに消えちゃったんだよ! 」

理人「信じられる? 僕らには何も言わずにだよ?」

春樹「後でメールは、くれたけどね…」

譲二「一護はよっぽど百花ちゃんを独り占めしたかったんだね」

竜蔵「一護は子供の頃からすぐ百花を独り占めしようとしていたからな」

春樹「子供の頃、祭りで佐々木がいなくなってみんなで探し出した時も、一護は『俺が面倒みてやる』って言ってたよね?」

剛史「たまたま百花を最初に見つけただけなのに、一護は偉そうにしてたよな」

譲二「一護らしいな」

理人「百花ちゃんも百花ちゃんだよね…。僕のほうがずっと優しくしてあげられるのに」


りっちゃんは大きくため息をついた。

不満そうなりっちゃんをなだめようとカフェオレを出した。


理人「ありがとう。マスター」


みんなにもそれぞれ好みの飲み物を配っていく。

みんな百花ちゃんのことが大好きなんだよな~。

昨日の祭りの売り上げで結構稼げたから、百花ちゃんがクロフネに帰って来るのもそう遠くじゃないよ。


そう心の中で呟きながら、みんなの愚痴を聞いていた。

譲二さんの愚痴(一護本編 6話)~幕間

コメント

譲二さんの愚痴(佐東一護本編5話)~その2

2015-10-11 06:57:56 | いっちゃんルートの譲二さん

「いっちゃんルートの譲二さん」に関しては、続編のスパハピから始まって、譲二さんが出てくる回のみの話を飛び飛びに書いてきた。
だから、全部通して読んでも話が繋がらないと思う。
もちろん、吉恋のいっちゃんルートを読んだ人対象の話ではあるから、それでもいいのかもしれないけど。
ハルくんルートや譲二さんルート(こちらはブログ名になるくらい本命だからだけど)に比べて、量が少ないのはちょっと寂しい。
というわけで、今まで書いてなかった部分も譲二さん目線で振り返ってみようと思う。

☆☆☆☆☆


頼れるみんなの兄貴として、ヒロインと幼なじみたちとの恋愛模様を応援しつつ、自分の気持ちには蓋をして、ちょっと落ち込んでみたり…。

 そんなちょっと情けないけどラブリーな譲二さんを王道のいっちゃんルートでウオッチングしてみようと思う。

 自分のルートのヒロインにも自分から告白できない譲二さん。


 そんな譲二さんが他人のルートのヒロインに気持ちを打ち明けられるわけも無く…。


☆☆☆☆☆
譲二さんの愚痴(佐東一護本編5話)~その2

 翌日、百花ちゃんが学校で使うものを取りに帰ってきた。



階段の踊り場に積み上げた本のダンボールをすり抜けて、部屋に行ってもらう。


譲二「ごめんね。通りにくかったでしょ?」

百花「いえ、なんとか通れましたから…。でも、マスターは通れるんですか?」


俺は苦笑しながら答えた。


譲二「うん。カニ歩きで通ればなんとかね」


百花ちゃんが吹き出した。


百花「カニ歩きですか?!」


ああ、やっぱり百花ちゃんは笑顔が可愛いな。


譲二「せっかく来たんだから、コーヒーでも飲んで行ってよ」

百花「でも、お店を手伝わないと…」

譲二「コーヒー一杯飲むくらい大丈夫だよ…。あ、コーヒーよりもココアにする?」

百花「はい。じゃあ、ココアで…。最初の日に淹れてもらったココア、なんかいい匂いがして美味しかったです」

譲二「そっか、気に入ってもらえてよかった。あれはね、ちょっぴりラムが入ってるんだ」

百花「ラム?」

譲二「うん。ラム酒のこと。うちのココアはかなり甘ったるいから、ラム酒を入れるとちょうどいいんだ」

百花「そうなんですか」

☆☆☆☆☆


百花ちゃんはココアを一口飲むと呟いた。


百花「美味しい…。それにこの香り…、これがラムなんですね」

譲二「百花ちゃん、あれから一護とは話せたの?」

百花「はい…。一護くん、手伝いせずにゲームセンターに行ってたらしいです…」

譲二「一人で?」


思わず聞いて、「しまった」と思った。


百花ちゃんの顔が曇ったからだ。


百花「プリクラ撮るって約束したからって言ってました…」


一護とプリクラ撮りたがるのは、きっと女の子だよな…。


譲二「そっか…」


だけど、行ってみて、一護が一番後悔したんじゃないかな…。

きっと、百花ちゃんといた方が楽しかった、と思ったことだろう。


百花ちゃんがポツリと言った。


百花「一護くん、商店街のことが嫌いなのかな…」

譲二「一護がそんなことを言ってたの?」

百花「『今時、商店街とか、はやんねーだろ?もうショッピングモールの時代だろ』なんて、言ってました…」

譲二「そっか、でも、それが一護の本心って言うわけでも無いんだろうしね」

百花「倫護おじさんがケーキ作りを見せてくれようとしても、すぐに出て行くし。一護くんのお母さんもケーキ屋が恥ずかしいのかもって言ってました」


百花ちゃんが小さな溜息をついた。


譲二「前にハルが言ってたけど、学校でケーキを作る機会があった時に、何やかんや言いながら、一護は上手に作ってたらしいよ」

百花「一護くんが…?」

譲二「素直になれないだけで、本当は倫護さんのケーキ職人の腕とかも自慢に思ってるんじゃないかな」

百花「そうでしょうか?」

譲二「倫護さんは職人気質だから、一護に対しても厳しいんだろうけどね」

百花「そうなんです」

譲二「でも、百花ちゃんは手伝ってて楽しいんだろ?」

百花「はい。倫護おじさんのケーキ作りは見てるだけで面白いです」

譲二「だったら、百花ちゃんが手伝ってたら、そのうち一護も少しずつ覗きに来たりするんじゃないかな」

百花「だったらいいんですけど…」

譲二「きっと大丈夫だよ」


一護が百花ちゃんを好きな事は間違いない。

だから、百花ちゃんが佐東洋菓子店を手伝うことで、ぎくしゃくしている一護と倫護さんの間が少しずつ上手く行くようになればいい。

俺は安心させるように百花ちゃんに微笑んだ。



 譲二さんの愚痴(佐東一護本編5話)おわり

コメント