譲二さんと毎日うふふ 妄想小説と乙女ゲーム

主に『吉祥寺恋色デイズ』の茶倉譲二の妄想小説

話数が多くなった小説は順次、インデックスにまとめてます。

小説を検索しやすくするためインデックスを作りました

インデックス 茶倉譲二ルート…茶倉譲二の小説の検索用インデックス。

インデックス ハルルートの譲二…ハルくんルートの茶倉譲二の小説の検索のためのインデックス。

手書きイラスト インデックス…自分で描いた乙女ゲームキャラのイラスト記事


他にも順次インデックスを作ってます。インデックスで探してみてね。



サイトマップ






人気ブログランキングへ

譲二さんの愚痴(一護本編最終話)~その1

2015-04-30 07:52:23 | いっちゃんルートの譲二さん

頼れるみんなの兄貴として、ヒロインと幼なじみたちとの恋愛模様を応援しつつ、自分の気持ちには蓋をして、ちょっと落ち込んでみたり…。

 そんなちょっと情けないけどラブリーな譲二さんを王道のいっちゃんルートでウオッチングしてみようと思う。

 自分のルートのヒロインにも自分から告白できない譲二さん。


 そんな譲二さんが他人のルートのヒロインに気持ちを打ち明けられるわけも無く…。


☆☆☆☆☆
譲二さんの愚痴(一護本編最終話)~その1

 
 土曜日の午後、クロフネに一護以外のみんなが集まってる。



百花「はあ…」

春樹「佐々木、それ今日、何回目の溜息?」


 俺はすかさず答える。


譲二「21回目」

剛史「よく数えてるね、マスター」

譲二「最近、毎日こんな調子だからね。ついついこっちも気になっちゃって」

百花「ごめんなさい…」


 一護は、百花ちゃんが兄の桃護さんのことを好きだと頑に思い込んでいるらしく…。

 百花ちゃんが誤解を解こうとしても相手にしてくれないらしい。

 それで、俺は毎日百花ちゃんのため息と付き合っている。



春樹「まだ一護と仲直りできてないんだ?」

百花「う…ん。別にケンカしてるわけじゃないんだけど…」

竜蔵「一護がワケわかんねー意地張ってるみたいだからな。何が俺は百花のことなんとも思ってない…だか」


 へぇ、一護はそんなことを言ってるんだ…。


剛史「学校でも本当はすげー気にしてるのにな」

百花「え? そうなの?」


百花ちゃんは驚いてタケを見つめる。


剛史「そうそう。俺やハルが百花と話してると、ちらちらこっち見てくるし」

春樹「佐々木のこと、とられたくないなら素直になればいいのにね」

理人「素直じゃないのが、いっちゃんのキャラだからねー」


りっちゃんの言うとおり、素直な一護は一護じゃないか…。

みんなが一斉に溜息をついた。


百花「ごめんね。私のせいでゴチャゴチャしちゃって…」

理人「だから、百花ちゃんのせいじゃないって」

譲二「しかし、なんで一護は桃護さんと百花ちゃんが出来てるって頑なに思い込んでるのかねぇ」


 どう見たって、百花ちゃんは一護のことしか見てないだろ。


春樹「一護の桃護さんへのライバル意識の反動じゃないかな。あれで結構、傷ついてるんだと思う」


 あ、それ俺はよくわかるかも。

 よく出来た兄貴を持つとつらいよね。


剛史「説明しようにも、本人が信じる気ゼロじゃ、どーしようもねえよな」

理人「ねー。僕なんて、違うんだよってメールしたら、お前がガキだからわかんねーだけなんだとか。
 失礼な返信もらったんだよ!」

竜蔵「ったく、1発か2発ぶんなぐってわからせるか?」


 おいおい。リュウ、暴力はやめようよ…。


譲二「そんなことしても無駄だよ、リュウ。本人が聞く耳持たなきゃどんな話をしても意味がない」

百花「そうなんですよね…」


 突然、百花ちゃんが何かを思い出したように言った。


百花「今日の夜のお天気知ってる人いる?」

竜蔵「なんだ、やぶからぼうに」

百花「ほら、今日ってしし座流星群がくる日でしょ?」

剛史「ああ!」

理人「そういえばテレビでそんなこと言ってたね」


 百花ちゃん…急にどうしたんだろう。

  その2へつづく

コメント

小さく芽生えた嫉妬の心~その8

2015-04-29 07:42:32 | アリサ

この話はハルルートの譲二さんの「それぞれの道」の7年間の空白期間を埋める話をと考えて書き始めたものです。
ところが、書いて行くうちにハルルートの譲二さんの話からは外れ、全く違う結末のお話になってしまいました。
それで、upしたものかどうか悩みました。

二次創作の二次創作だし…。
ヒロインは娼婦だし…。
譲二さんは壊れてるし…。
不快に思われる方もいるかもしれません。

でも、一時お話をかけなくなった時期に書けるものを書こうと書き始めたのがこの話で、そういう意味では私を助けてくれた話とも言える。
アクセス数が減ってるということは読む人も少ないわけで、ひっそりとupするのならいいかなと思い公開します。
性描写もそれなりにあるので、18禁にしようかとも思ったけど、そもそもネットではそれを確かめるすべもないし。
だから、こういう話はダメという人は避けてくださいね。

上にも書きましたが、ハルルートの譲二さんの話から派生した物語なので、読んでない方は『それは突然の告白から始まった…』から『それぞれの道~その1~その5』あたりまで読んでもらえると、どうして譲二さんが壊れているのか…とかが分かると思います。

 

 

☆☆☆☆☆

小さく芽生えた嫉妬の心~その8

〈譲二〉
裸のアリサを後ろから抱きしめる。

首から背中にかけて軽い口づけを落として行く。

アリサが身悶えして逃れようとするので、二の腕をしっかりと握りしめた。


譲二「アリサは…背中が感じるんだね…」

アリサ「こんな風にされたのは…初めて…」

譲二「俺にヤキモチを妬いたお仕置きだよ…」

アリサ「ヤキモチなんて…妬いてないもん…」

譲二「じゃあ、許さない…」


彼女の背中を丹念に責め続ける。

アリサの肌はほんのりとしたピンク色に染まった。


譲二「そろそろいつもみたいにスキンをつけてよ」


アリサはちょっとふてくされて横を向いている。


譲二「それとも生でやってもいいの?」

アリサ「よくない」

☆☆☆☆☆


果てた後、アリサは放心状態なのかうつ伏せになったままだ。

いつものように処理してはくれないので、自分でゴミ箱に捨てた。

動かない彼女を仰向けにさせて顔を覗き込む。


譲二「今日は本当に感じたの?」


アリサは潤んだ瞳で俺を見つめる。


アリサ「うん…」

譲二「よかった。たまには俺ばっかりじゃなく、アリサのことも気持ちよくさせたかったから」


彼女の唇に深くキスをする。

今度はちゃんと応えてくれた。


アリサ「ジョージ。あたしが他の男に抱かれるの嫌じゃないの?」


アリサの真剣な問いに考え込む。


今まで俺は自分のことしか考えていなかった。

アリサは商売で俺を相手にしてくれてると思っていたから、彼女にも気持ちがあるということを考えたりはしてこなかった。

ホテルの部屋では恋人のように過ごす、というのもアリサはビジネスライクにしてくれているのだと思い込んでいたのだ。

だけど、ふりでも恋人のように過ごしていたら、恋人に対するような感情が沸いて来るものなのかもしれない。

俺は未だに美緒のことが忘れられなくて、アリサのことも美緒に似た女の子でしかなかった。

第一俺の心は半分壊れていて、美緒以外の誰かを好きになるなんてとても考えられない。

だから、アリサが俺がいないところで他の男に抱かれようとそれには関心がなかった。


譲二「それは俺にどうこう言えることじゃないだろ? アリサが男に抱かれるのは仕事なんだし。
 俺はそんな客の一人にしか過ぎないし…」


我ながら卑怯な答えだと思う。


アリサ「ジョージ…。あたしのことを愛人にして…」


アリサが真剣な表情で俺を見つめた。


『小さく芽生えた嫉妬の心』おわり

コメント

小さく芽生えた嫉妬の心~その7

2015-04-28 08:01:38 | アリサ

この話はハルルートの譲二さんの「それぞれの道」の7年間の空白期間を埋める話をと考えて書き始めたものです。
ところが、書いて行くうちにハルルートの譲二さんの話からは外れ、全く違う結末のお話になってしまいました。
それで、upしたものかどうか悩みました。

二次創作の二次創作だし…。
ヒロインは娼婦だし…。
譲二さんは壊れてるし…。
不快に思われる方もいるかもしれません。

でも、一時お話をかけなくなった時期に書けるものを書こうと書き始めたのがこの話で、そういう意味では私を助けてくれた話とも言える。
アクセス数が減ってるということは読む人も少ないわけで、ひっそりとupするのならいいかなと思い公開します。
性描写もそれなりにあるので、18禁にしようかとも思ったけど、そもそもネットではそれを確かめるすべもないし。
だから、こういう話はダメという人は避けてくださいね。

上にも書きましたが、ハルルートの譲二さんの話から派生した物語なので、読んでない方は『それは突然の告白から始まった…』から『それぞれの道~その1~その5』あたりまで読んでもらえると、どうして譲二さんが壊れているのか…とかが分かると思います。

 

 

☆☆☆☆☆

小さく芽生えた嫉妬の心~その7

〈譲二〉
今までアリサは俺が客だから相手にしてくれているんだと思っていた。

俺を悦ばせようとしてくれるのも、優しく慰めてくれるのも俺が金を払っているからだと。

たとえ彼女がどんなに美緒に似ていようとも、恋愛対象として考えたことはなかった。

だけど…、もしかして彼女は俺に特別な感情を持ってくれているのだろうか?

彼女の俺に対する反応、これは間違いなく嫉妬だよな…。


譲二「ねえアリサ。もしかして、俺にヤキモチを妬いてくれてる?」


アリサをそっと抱きしめて耳元で囁いた。


アリサ「そんな…。ヤキモチなんて妬いてないよ…。ジョージがあたしに嘘をついたのかと思って…」


俺はアリサの首筋にキスを落としながら囁いた。


譲二「俺はアリサの客にしか過ぎないんだし、私生活のことで嘘をつく客なんてたくさんいるだろ?
 なのになんでそんなに怒るの?」


アリサは喘ぎ声の合間に答える。


アリサ「だって…。だって…。ジョージは特別…なんだもん」


アリサの胸元のボタンを外し、少しずつ下にキスを繰り返す。


譲二「どうして…特別なの? …俺に…ただの客以上の…感情を持ってくれてるの?」

アリサ「そんな…ことないよ…。…ジョージは…私の…大切なお客さんで…」


すでに固くなった乳首を吸って舌で転がすとアリサはますます甘い声をだす。


アリサ「…ああ…あ…。誤魔化さないで…」


ショーツの中に手を入れるとそこはもうぐっしょりと濡れていた。


譲二「ねぇ…、ただの客にこんなに濡れてもいいの? …冷静に相手するんじゃなかったの?」


耳元で囁きながら、指を入れて中をかき回すとアリサは切なそうな声をあげた。

俺にヤキモチを妬いた女の子をなだめながら抱くのは新鮮で楽しかった。

美緒は…俺にヤキモチなんて妬いてくれたことはなかったから…。


その8へつづく

コメント

小さく芽生えた嫉妬の心~その6

2015-04-27 07:45:54 | アリサ

この話はハルルートの譲二さんの「それぞれの道」の7年間の空白期間を埋める話をと考えて書き始めたものです。
ところが、書いて行くうちにハルルートの譲二さんの話からは外れ、全く違う結末のお話になってしまいました。
それで、upしたものかどうか悩みました。

二次創作の二次創作だし…。
ヒロインは娼婦だし…。
譲二さんは壊れてるし…。
不快に思われる方もいるかもしれません。

でも、一時お話をかけなくなった時期に書けるものを書こうと書き始めたのがこの話で、そういう意味では私を助けてくれた話とも言える。
アクセス数が減ってるということは読む人も少ないわけで、ひっそりとupするのならいいかなと思い公開します。
性描写もそれなりにあるので、18禁にしようかとも思ったけど、そもそもネットではそれを確かめるすべもないし。
だから、こういう話はダメという人は避けてくださいね。

上にも書きましたが、ハルルートの譲二さんの話から派生した物語なので、読んでない方は『それは突然の告白から始まった…』から『それぞれの道~その1~その5』あたりまで読んでもらえると、どうして譲二さんが壊れているのか…とかが分かると思います。

 

 

☆☆☆☆☆

小さく芽生えた嫉妬の心~その6

〈譲二〉
いつものホテルに行くと、アリサはすでに部屋で待っていた。

いつものようにお金を払った後、彼女を抱きしめる。

ん?

 俺をまっすぐに見ずに顔を背けている。

いつもならもっと愛想よく、冗談とかも言って来るのに…。

何かあったのかな?

プロを名乗るだけあって、今までは私生活で何があるにせよ、それを持ち込んで来たことはなかったのに。

キスをしても積極的に返して来ようとはしない。



ベッドに並ぶように座らせるとアリサの顔を覗き込んだ。

心持ちふてくされたような顔をしている。


譲二「ねぇ、何かあったの?」

アリサ「べつに…」

譲二「何か…、愚痴があるなら聞き手くらいにはなるよ?
 いつも俺の方が慰めてもらっているんだから…」

アリサ「だから、何でもないって」

譲二「そうかな? アリサはプロだから、いつも営業スマイルや客へのサービスは忘れたことは無いはずだよ。
 なのに今日は…」


『まるで普通の女の子みたいだ』と言いそうになって言葉を濁す。

さすがにそこまで言うと彼女に失礼だろう。


アリサ「一昨日…。きれいな女の人とデートしてたよね…」


ポツリと言った言葉に驚いた。


譲二「もしかして…、見られてた?」

アリサ「やっぱり、ジョージだったんだね?」

譲二「デートしてたかということなら、デートしてたよ」

アリサ「あたしには恋人なんていないって言ってたくせに!
 恋人がいるのならなんであたしを抱くのよ!」


激しいアリサの言葉にますます驚いた。

もしかして、俺のことを妬いてくれているの?


譲二「彼女は恋人じゃないよ…。あの日初めて会ったばかりだし」


俺はちょっと微笑んだ。


アリサ「初めて会って、その日に彼女を抱いたの? あたしを抱いたみたいに!」


アリサに睨みつけられて、俺はますます可笑しくなった。


譲二「彼女を抱いたりはしてないよ。彼女はね、俺の見合い相手なんだ」

アリサ「見合い相手?」

譲二「ああ。俺ももう30歳過ぎてるからね…。家族から結婚しろとうるさく言われてるんだ。
 あの子は仕事の取引先の娘さんで、粗略には扱えない人なんだ」


アリサは目を大きく見開いて俺を見つめている。

その7へつづく

 

コメント

小さく芽生えた嫉妬の心~その5

2015-04-26 08:21:38 | アリサ

この話はハルルートの譲二さんの「それぞれの道」の7年間の空白期間を埋める話をと考えて書き始めたものです。
ところが、書いて行くうちにハルルートの譲二さんの話からは外れ、全く違う結末のお話になってしまいました。
それで、upしたものかどうか悩みました。

二次創作の二次創作だし…。
ヒロインは娼婦だし…。
譲二さんは壊れてるし…。
不快に思われる方もいるかもしれません。

でも、一時お話をかけなくなった時期に書けるものを書こうと書き始めたのがこの話で、そういう意味では私を助けてくれた話とも言える。
アクセス数が減ってるということは読む人も少ないわけで、ひっそりとupするのならいいかなと思い公開します。
性描写もそれなりにあるので、18禁にしようかとも思ったけど、そもそもネットではそれを確かめるすべもないし。
だから、こういう話はダメという人は避けてくださいね。

上にも書きましたが、ハルルートの譲二さんの話から派生した物語なので、読んでない方は『それは突然の告白から始まった…』から『それぞれの道~その1~その5』あたりまで読んでもらえると、どうして譲二さんが壊れているのか…とかが分かると思います。

 

 

☆☆☆☆☆

小さく芽生えた嫉妬の心~その5


〈アリサ〉


行きつけのカフェのお気に入りの場所でコーヒーを飲みながら、仕事相手のデータの整理をしている。

仕事相手とは、あたしを買ってくれるお客さんのことなんだけど。

あたしを気にいってくれるリピーターも結構いて、頻度や嗜好などのデータの整理をしているのだ。


その席は、店の中全体を見渡せるが、他の席からはあたしを見るのが難しいという場所で、そこから他のお客さんを観察するのが、あたしの楽しみでもあった。


☆☆☆☆☆

店に新しい客が入ってきた。

可愛らしい女性と背の高い男性だ…。


その男性には見覚えがある…ジョージだ…。


どうして?

彼女はいないと言ってたのに…。

あたしに嘘ついたの?

2人はいい雰囲気で、楽しそうだ…。

2人がなにを話しているのか聞ければいいのに…。

あたしはそこから動くことも出来ずに、2人を睨み続けた。


☆☆☆☆☆

ジョージからメールが入った。

『やあ、アリサ

今日の夕方、もしスケジュールが空いてたら、いつものホテルに来てくれないかな?
OKしてもらえたら、部屋をとっておくよ。

                         ジョージ』


メールを読んで腹を立てた。

昨日あんなに親しそうに女性とデートしておいて、翌日はあたしを呼ぶなんて…。

なんて浮気な男なんだろう。


『今日は予定が詰まってて、ダメです。

                          アリサ』


我ながらなにをムキになっているんだろうと思う。

予定なんか無いのに…。

ジョージは金払いのいいお客さんなのに…。

あたしは嫉妬してるの?



『アリサへ

それなら明日の夕方は?

無性に君に会いたいんだ。

                          ジョージ』


そんなこと言って、あたしを抱きたいだけじゃない…。

ううん…。

何もおかしくはない…。

あたしは娼婦なんだから、ジョージに抱きたいと思ってもらえるのはありがたいことなのに…。



少し頭を冷やして、メールした。


『明日だったら予定はあいてる。

                           アリサ』


『よかった。

それなら、部屋をとっておくね。

部屋番号はまたメールするよ。

                           ジョージ』


その6へつづく

コメント