譲二さんと毎日うふふ 妄想小説と乙女ゲーム

主に『吉祥寺恋色デイズ』の茶倉譲二の妄想小説

話数が多くなった小説は順次、インデックスにまとめてます。

小説を検索しやすくするためインデックスを作りました

インデックス 茶倉譲二ルート…茶倉譲二の小説の検索用インデックス。

インデックス ハルルートの譲二…ハルくんルートの茶倉譲二の小説の検索のためのインデックス。

手書きイラスト インデックス…自分で描いた乙女ゲームキャラのイラスト記事


他にも順次インデックスを作ってます。インデックスで探してみてね。



サイトマップ






人気ブログランキングへ

なんでこうなった?~その3

2017-02-28 06:27:29 | ゆきずりの恋

以前書き込んだこともある譲二さんのお話ですが、結末は完成してないものの少しづつupしていこうと思います。

お酒を飲んだ勢いで、譲二さんと一夜をともにしちゃった女の子の話です。


時期としては、本家吉恋のヒロインがクロフネに住み込む少し前の頃を想定してます。


川原柚葉…大学卒業して一年のOL、歴史オタク

茶倉譲二…喫茶クロフネのマスター、やっぱり歴史オタク


☆☆☆☆☆
なんでこうなった?~その3

〈譲二〉
柚葉ちゃんのために、二人分の朝食の用意をしながら昨夜からのことを思い返す。



昨日は大学時代の友人三人と久しぶりに飲みに出かけた。


友人が予約してくれていた居酒屋はかなり混んでいた。


そのせいだろう、店員がオーダーを間違えて隣のテーブルの料理がうちに来たことで、二人の女性と仲良くなった。

彼女たちは川原柚葉ちゃんと島村美香ちゃんと名乗った。


どうせなら一緒に飲もうと合流したんだけど、その中の一人、柚葉ちゃんとは特に話が合って色々とおしゃべりしたんだよね。


友人たちからは「二人の世界」なんて言われるし。



思えばその頃から柚葉ちゃんはかなり酔いが回ってたんだろうな。

やたらとボティタッチしたり俺にまとわりつく。


俺も可愛い子にくっつかれるのはまんざらでもないからね。


「柚葉って下の名前で呼んで下さい」だの、「メアド交換しましょう」だの言われて、ちょっと嬉しかった。


だから、俺としては「また会えるといいな」くらいの感覚だった。


その後、みんなで二次会にも行き、そろそろお開きにしようかという時に、柚葉ちゃんは「譲二さん、もう一軒行きましょうよ」と誘ってきた。


柚葉ちゃんの友達の美香ちゃんなんか困り顔で、

「すみません。もう一軒連れて行くふりしてタクシーにでも放り込んでください」

なんて言ってた。


とはいっても、とてもタクシーの運転手さんだけに任せられそうな状態じゃなかったので、俺も乗り込んだ。


柚葉ちゃんには服の裾をずっと握られてたしね。


タクシーのドアが閉まると柚葉ちゃんはすぐに眠り込んでしまった。


彼女の住所を美香ちゃんに聞いとけばよかったと後悔したが後の祭り。



仕方がないので彼女をクロフネに連れて帰った。

もう一つの空き部屋にでも泊まってもらおうと思ったからだ。



クロフネに着いた時、俺も少し酔いがまわっていたみたいだ。

あるはずの鍵がなかなか見つからない。

必死で鍵を探していると彼女は「男なんてみんな最低! 男なんて嘘つきばっかり!」と叫んでポロポロ泣きだした。


それまでずっとニコニコしていた柚葉ちゃんの泣き顔に胸を突かれた。



そっか…。



何で俺みたいな男に懐いてくれてるのかと思ってたけど…。


柚葉ちゃんは誰か…恋人にフラれたか、裏切られたかしたんだね。


『馴れ馴れしいかな』と思いつつ、俺の胸を叩いて泣き続ける彼女の頭をよしよしとしてしまった。

その4へつづく

コメント

なんでこうなった?~その2

2017-02-27 06:31:37 | ゆきずりの恋

以前書き込んだこともある譲二さんのお話ですが、結末は完成してないものの少しづつupしていこうと思います。

お酒を飲んだ勢いで、譲二さんと一夜をともにしちゃった女の子の話です。


時期としては、本家吉恋のヒロインがクロフネに住み込む少し前の頃を想定してます。


川原柚葉…大学卒業して一年のOL、歴史オタク

茶倉譲二…喫茶クロフネのマスター、やっぱり歴史オタク


☆☆☆☆☆
なんでこうなった?~その2

〈柚葉〉
めまぐるしく脳内データを検証していると、バリトンの声がした。


譲二「おはよう…」

柚葉「おはようございます…」


って、身の置きどころがない。


恥ずかしくて目を伏せたけど…。

視界の端には、茶倉さんの厚い胸板がどうしても入ってくる。


だけど、茶倉さんは気にもとめずに話しかけてくる。


譲二「柚葉ちゃん…よく眠れた?」


うわっ、何で私の下の名前知ってるの?

しかもちゃんづけ…。



必死で記憶を辿る。


……そう言えば、私のことを苗字で呼ぶ茶倉さんに「名前で呼んで。川原じゃなく柚葉。ゆ・ず・は!」って強要したんだっけ…。


なんつー恥知らず…。


バカバカバカバカ!


で、私も彼の下の名前を呼んでたような気がするけど、何という名前だったか…。


……。


う~ん…思い出せない。


柚葉「あのう…。どういった経緯でこういう状況になったんでしょう?  」



彼は一瞬目を見開いた。



柚葉「こういうことになってるってことは私達最後までいっちゃったんですよね?」



彼は困惑したように呟いた。



譲二「まいったな~。」

柚葉「すみません…」

譲二「もしかして、何にも覚えてないの?」


頭の隅から記憶を引っ張りだす。


柚葉「え~と、一緒にタクシーに乗ったのは覚えてます」

譲二「うん。それで、君の家まで送って行こうとしたら、眠っちゃったんで俺の家に連れて帰ったんだ…。タクシーから降りた時は目を覚ましてたよね?」


必死で記憶を探る。


柚葉「ん~、そこら辺はちょっと曖昧かも…」

譲二「そっか…。」


ごめんなさい。

本当は、なんとなく思い出しました。


タクシーから降りた後、「男なんてみんな最低! 男なんて嘘つきばっかり!」と叫んで茶倉さんの胸を叩いた私をよしよしとなだめてくれてたんですよね。

 


はぁ…。

知り合ったばかりの男の人にそんなことするなんて最低。




譲二「俺の家には連れて来たけど、別に変なことするつもりじゃなかったからね。こんなことになっちゃってて、全然信じてもらえないかもしれないけど…」

柚葉「いえ、酔いつぶれちゃったのは自分の責任ですから…」

譲二「もう一つ部屋があるから、本当は柚葉ちゃんにはそっちに泊まってもらおうって思ってたんだ」

柚葉「そうなんですか?」


へぇ~、結構広い家に住んでるんだ。


譲二「それで、シーツとかの寝具を用意してたら、柚葉ちゃんが『ひとりにしないで…』って、すごく可愛い顔で見上げるもんだから……ごめん」


うううっ。



結局私か…。



元カレと別れてから男性とはご無沙汰だったもんね。

酔ってタガが外れた分、誘ってしまったのね…orz


譲二「ところで、お腹空いてる?」


記憶が無い割に二日酔いにはなってないらしい…。

私、結構胃腸は強いんだよね…。


柚葉「はい…。昨日の晩のはもう消化したみたいです…」

譲二「朝ごはん作るから食べて帰ってよ。簡単なモーニングだけど…」


(モーニング?)


柚葉「いいんですか?」

譲二「うん。そうだ、ちょっと気持ち悪いよね? シャワー浴びるといいよ。その間に朝食の用意をしとくから」


茶倉さんがバスタオルを出してくれたので、それを身体に巻きつけ、脱ぎ散らかしてあった洋服をかき集めてお風呂に案内してもらった。

 

その3へつづく

コメント

なんでこうなった?〜その1

2017-02-26 06:58:02 | ゆきずりの恋

お久しぶりで~す。

またまた間が空いてしまいました。

以前書き込んだこともある譲二さんのお話ですが、結末は完成してないものの少しづつupしていこうと思います。

お酒を飲んだ勢いで、譲二さんと一夜をともにしちゃった女の子の話です。

時期としては、本家吉恋のヒロインがクロフネに住み込む少し前の頃を想定してます。


川原柚葉…大学卒業して一年のOL、歴史オタク

茶倉譲二…喫茶クロフネのマスター、やっぱり歴史オタク


☆☆☆☆☆
なんでこうなった?~その1

〈柚葉〉
う~ん、あったかい…。

まだ、布団から出たくない。

まどろみながら寝返りをうつと……なんだか違和感が…。

 



隣にいるの…誰!?



男だ。

それも美形…。

しかも、顔近い…。


………。


周りを見渡すとホテルではなく、誰かの部屋みたい…。

もしかして……この人の部屋!?

家に帰るにはもう遅いから泊めてもらったんだろうけど…。

この状況は…。

この近さで…しかも……二人とも裸だ…。


これは…きっといくところまでいっちゃったんだよね?


なんてこった……。


必死で昨日の夜の記憶を呼び覚ます。


昨日は愚痴を聞いてもらうために親友の美香と飲みに出かけたんだった。



☆☆☆☆☆

 


大学時代から付き合ってたカレと別れて1ヶ月。

しかも、その別れた理由というのが…。


この一年、忙しいカレとはなかなか会えなくなってた。


お互い新人なわけだし、向こうの仕事が忙しいんだろうと思ってた。


だけど、なんとか連絡つけようとかけた電話に知らない女の子がでた。


もうお互い無言で3分くらい沈黙しちゃったわよ。


それでカレを問いただしたら、その子と私の二股かけてたことが発覚。



それが大体三ヶ月前のこと。

泣いたり怒ったり散々愁嘆場を演じた挙句、結局カレが向こうの女を取ったのが約1ヶ月前。


つまり私の方が振られたってワケ。


別れを告げられた時に、申し訳なさそうにカレが言った言葉はこう。


「彼女は君の半分も可愛くないんだけどね」

って、なによ!!


私の方が性格が悪いって言いたいんでしょ?


 わかってるよ。

ごめんね! ワガママで。



というような愚痴を以前から親友の美香には話していたが、心の踏ん切りもついたことだし、ゆっくり飲みながら話そうってことになったんだっけ。



その居酒屋で隣の席の男性グループ4人と仲良くなって一緒に飲みだしたんだけど……。


えーと……その中の一人。


確か……そうそう茶倉さんって人と話が弾んだんだった。



私はある作家さんが雑誌に連載してる歴史検証シリーズを愛読してるんだけど、茶倉さんもそのシリーズのファンだってことがわかり、単行本の最新刊の話題などで盛り上がった。


二人とも酔った勢いで『歩兵も混じった武田騎馬隊は本当に騎馬隊といえるか?』みたいな話題で話し続け、みんなからは遠巻きにされる始末…。

『長篠の戦いの三段撃ちは物理的に無理だよね。じゃあ実際はどうやったのか?』という話題では果敢に合いの手を入れていた男性も、『天智天皇の陵(みささぎ=お墓)には靴の片方だけしか埋葬されていない』という話になると、あきらめて他の人と話しだした。

同じグループで二次会にも行ったんだけど、ずっとそんな調子で、意気投合した私達に美香は「私そろそろ帰るけど、柚葉は?」と聞いてきた。


だけど、まだ帰りたくなかった私は茶倉さんに「飲み直しましょうよ」などと誘ってて…。

 


え~と、それからどうだったっけな?

明らかにあの茶倉さんと一緒に寝てるんだよね?

 

その2へつづく

コメント

エアチョコ♪

2017-02-14 18:57:53 | 日記

久しぶりの投稿です。

今日はバレンタインデーですが、新しいお話が無くてごめんなさい。

 



さて、ツイッターでは吉恋のbotくんたちとチョコ(もちろんエアで♪)のやり取りをして楽しみました。

ふふふっ。

カレが喜んでくれるのは、(たとえbotでも)嬉しいものだわ♡



それとボイきらではね、ログインやなんかで集めたハートチョコをカレたちに渡せるってことで楽しみにしてました。

だけど、その分、今までコスチュームが集められていないカレにはあげられないかと思って焦ってました。

何しろ鳴海くんをまだ手にいれてないので…。



でも、なんと!!!

 

コスチューム関係なし、まだボイきらに出てきてないカレにもチョコは渡せるみたい。



ヾ(@°▽°@)ノ



しかも藤城学園だけでなく星蘭学院のメンバーにも。

 


そして、チョコを渡すとそのカレとのミニエピソードが読めるのだ。

カレたちとのやり取りを見る限り、ヒロインちゃんは相変わらず鈍感で、渡してるチョコは義理チョコっぽいけどね。(;´▽`A``

コメント