うさぎ学園 多趣味部

学長でウサギのむぎまる君・ZIPPO・ウイスキー・旅行・ガーデニング・釣り・・・今日も全力で遊びます!

昨夜のお酒 サントリー『山崎 』

2018-09-14 23:37:42 | 5号室 プライベートバー
『山崎』はジャパニーズシングルモルトウイスキーです。


サントリー『山崎』のベビーボトルです。



前回紹介した『白州』同様、最近の熱狂的かつ狂気に近い人気で、サントリーのシングルモルトは品薄になっています。



これは容量180mlです。
アルコール度数は43%。
『白州』同様、700mlのスタンダードボトルは、なかなか見掛けなくなってしまいました・・・。
てか、ほとんど無いよね。



ウイスキー人気が落ちて起こった1990年代のウイスキー恐慌のせいで、日本を含めて各国の蒸留所が「作っても売れねえや。」ってことで、生産量を減らしました。
ウイスキーは仕込んでから熟成して世に出るまで、10年前後の長い年月が掛かります。
この『山崎』や『白州』だって3年は掛かります(あくまでもスコッチの定義では、ですが)。
そこに数年前の『マッサンブーム』。
需要が供給を上回ったあたりで、サントリーやニッカが世界的にも権威のある賞を受賞したりで・・・更に需要が増加!!
・・・あああ、原酒が無い!!ネットオークションでは異常な価格に!!買えない!!・・・ってのが現状です。




そこに投機目的で日本のシングルモルトを買いまくる某国の人たちの台頭。
で、結果的に市場のジャパニーズシングルモルトはどんどん品薄になって・・・ごく一般的に販売されていたこの『山崎』まで、今やレアモルト(-_-;)。
転売屋が増えているんだ、って某酒屋さんで聞きました。
そりゃあ、価格も上がるよね~。



で、個人的なインプレッションは・・・。
花火、ミント、ロウ、タンポポの匂い。
草刈りしたばかりの牧草地や草原を思い出す優しい草の香り。
まとわりつくハチミツ、洋梨、ピーナッツバター、栗の渋皮、バタークッキー。
後味は非常に辛い。
口の中には洋梨と強いスパイシーさが残る。
舌先がビリビリ痺れる辛さ。



シングルモルトスコッチウイスキーと比較すると割高感がありますが、美味しいウイスキーですよ。
ベビーボトルなら、まだコンビニに売れ残りがあると思ったんですが・・・最近はもう見掛けなくなりました(-_-;)
コンビニにも確実に買い漁りの手が伸びてるね・・・。


ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日のむぎまる君 2018... | トップ | ちょっとだけ、むぎまる君 2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

5号室 プライベートバー」カテゴリの最新記事