うさぎ学園 多趣味部

学長でウサギのむぎまる君・ZIPPO・ウイスキー・旅行・ガーデニング・釣り・・・今日も全力で遊びます!

ZIPPOコレクション 100回記念 タウンアンドカントリーシリーズ スペシャル

2018-06-15 21:03:10 | 4号室 ZIPPO保管室
ついに100回記念です!!


今回紹介するのは『タウン&カントリーシリーズ』のひとつです。
古いジッポーで、絵柄がしっかりしているものが少ないシリーズでもあります。
というのは、絵柄が「壊れやすい」んですよ。



裏面は無地。
ハイポリッシュ仕上げです。



『タウン&カントリーシリーズ』は1947年に試作品が完成し、1949年に専用パッケージで全8種類が販売されました。
マガモ・キジ・ガン・ニジマス・馬・アイリッシュセッター(犬)・蓮池・帆船をカラフルな絵柄で再現し、ジッポー繁栄の時代を移す優雅な風合いが話題を呼びました。
ジッポー史上、最も精巧で手が掛かったモデルとされ、現在も大変な人気があります。



使用した技法は最高14種類のエナメルペイントが可能なペイント・オン・ペイント。
深さ0.1mmの彫刻後、マスクやエアブラシで1色ずつ着色、最後に焼き付けを行った七宝焼きのような風合いのものです。



当初の価格は7ドル50セント~8ドル50セント。
手加工に頼る技法は量産には向かず、1960年に生産終了となりました。



後に同手法のモデルが製造されましたが、彫りが浅く、色彩の種類も多くはありませんでした。
また1994年に日本で七宝焼き職人の技術で復刻モデルが販売されました。
この絵柄は落としたりぶつけたりすると非常に欠けやすいため、完全な状態のものが少なくなっているのが現状です。



1950~1951年の製品です。



同じ絵柄で、プリントの物も発売されているので、購入の際は混同しないように注意しましょう。
手作り感たっぷりの、素晴らしいジッポーです。
もしもどこかで見付けたら、絶対に買いですよ!!
コメント

ZIPPOコレクション 99

2018-05-31 19:19:47 | 4号室 ZIPPO保管室
昔、これが欲しくて煙草を吸いまくった人もいるはず・・・。


日本たばこ産業の『Peace(ピース)』のノベルティジッポーです。



裏側は無地です。
ブルーメタリックがカッコイイですね!



ブルーメタリックに金色のロゴマーク・・・これが欲しくて煙草を吸いまくっていた友人がいました。
このジッポー、当時はピースの箱のフタの一部を20枚(だったと思うんだけど)集めて送ると抽選で当たる、ってやつでした。
抽選のキャンペーンは10年ぐらい続いていたかも。
友人曰く、当たらなかった・・・そうです。



インサイドユニットは金色です。
ロゴをお揃いなのが更に「欲しい気持ち」を昂らせますねえ。



未使用品です。
細かい傷は多いんですが・・・。



1999年10月の製品です。



抽選の景品は人気が高いです。
マルボロなどもそうですね。
こういうジッポーは、見付けたら迷わず手に入れたほうがいいですよー。
コメント

ZIPPOコレクション 98

2018-04-19 18:56:49 | 4号室 ZIPPO保管室
ナイフファンなら欲しくなっちゃうかもしれないジッポーです。


アメリカの『バック社』のロゴが入っています。



裏側は無地。
ヘアライン仕上げです。



バック社のナイフは『バックナイフ』として非常に有名。
ナイフコレクターからアウトドアズマンまで幅広い人気があります。
このロゴ・・・釘に刃を当てて、ナイフの背をハンマーで叩くと釘が切れる、っていうバックナイフの”売り”が描かれています。



新品で購入しました。
アウトドアでバックナイフを使っていますので♬



1991年6月の製品です。



ジッポーライターはアメリカ製なので、アメリカの企業コマーシャルを扱うことが多いです。
バーボンとか、自動車メーカーとかね。
そういったカテゴリーの物を集めてみるのも楽しいと思いますよ!
コメント

ZIPPOコレクション 97

2018-03-22 20:19:24 | 4号室 ZIPPO保管室
最近はあまり見掛けなくなったペアジッポーです。


フロレンティーンデザイン(ベネチアン柄)のペアジッポーです。
こちらが裏面。



表の面には名前を彫り込むためのスペースがあります。
ただ、実際はどこでどんな手続きで彫り込んでもらえるのか分かりませんでしたけどね~。



説明をする必要は無いかと思いますが、左がスタンダードジッポーで男性用、右がスリムジッポーで女性用です。



昔、スリムジッポーを実際に使ったことがありますが・・・オイル切れが早い。
使用頻度にもよりますが、一日一回給油をしないと火が点かなくなってしまいます。
給油が面倒なのと、給油を忘れて肝心な時に困るのと、アウトドアではほぼほぼ役に立たないってことで2週間ほどで使用をやめました。



どちらも中古で手に入れました。
スリムジッポーはジッポーを数個買った際にオマケでもらったものです。



スリムジッポーは1993年1月製造。
スタンダードジッポーは1989年6月製造です。



最近、スリムジッポーを見掛けなくなったような気がします。
コレクション的にもあまり人気が無いようです。
販売数が少ないのと、女性用であること、そしてデザインの種類が少ないからなのかもしれませんが・・・。
でも、揃えてみて「あっ!」って思うようなペアジッポーもあるので、集めてみると楽しいかもしれませんよ!
コメント

ZIPPOコレクション 96

2018-01-25 21:28:50 | 4号室 ZIPPO保管室
デザインに騙されてはいけない、ってお話。


アウトサイドユニットがソリッドブラス(真鍮無垢)のジッポーです。
表面はヘアライン仕上げ。



裏側は無地。



インサイドユニットはスタンダード品。
中古で手に入れたので、かなり使い込まれています。



さて、これ・・・ジッポー社創業50周年記念のデザインです。
創業年1932~1982になってますね。
記念を意味する『commemorative』の刻印があります。
まとめて言えば創業50周年記念ライターって書いてあるわけですが・・・ちょっとおかしい。
何がおかしいのか・・・次の写真を見てみると分かります。



1994年10月製造の製品です。
・・・えっ?1982年製造じゃないの??
これ・・・復刻デザインなんですね。
ジッポーには復刻デザインはよくあって(タウンアンドカントリーシリーズとか)これもそんな感じのものです。
それにしてもなぜ50周年を遥かに過ぎてからこのデザインを採用したんでしょうねえ。
ボトムの刻印を読めない限り、1982年製造と勘違いするじゃないですか。
本物の50周年記念ジッポーは結構な高値になってます。
ジッポー社が作ったジッポーの偽物みたいになっちゃいますよ。
知らずに持ってると、真実を知った時にショックを受けそう・・・。



1000円で販売されていたのでネタとしても面白いと思って買ったのですが、専門店でない限り製造年とデザインの差など気にせず販売されていることが多いようです。
50周年記念ジッポーはレアモノですので、販売されているのを見掛けてどうしても欲しくなった場合には、落ち着いてボトムの刻印を確認しましょう。


↓ ボトムの刻印についてはこちら
ZIPPOコレクションのために

コメント

ZIPPOコレクション 95

2017-11-16 21:21:24 | 4号室 ZIPPO保管室
『1932レプリカ』を知っていますか?


『1932レプリカ』を紹介するのは2度目です。
ZIPPO社の創業当時1932年のジッポーの復刻版で、1988年に発売されたものです。
詳しい説明はこのブログのカテゴリ 4号室 ZIPPO保管室の『ZIPPOコレクション 74 スペシャル』を見てくださいね~。



このロゴは1932レプリカ独特のものです。



裏面はヘアライン仕上げの無地です。
ヒンジが特殊で、普通のジッポーと違い外ヒンジタイプです。



外ヒンジタイプ・・・というのは、実際には普通のジッポーと同じ内ヒンジなんですが、ヒンジの上下に四角いプレートを貼ってそれっぽく見せてるんです。
内側はこの通りの普通のヒンジです。



中古で手に入れたので、アウトサイドユニットの内側は結構汚れています。
こういうのはアルコール(ドラッグストアで手に入る消毒用アルコール)と綿棒で掃除するといいですよ。
・・・やらなきゃなあ。



これも大きな特徴。
普通のジッポーと比較するとデカイ。
角も尖っています。



インサイドユニットは普通のジッポーのものを使っています。
長さの差を埋めるために、アウトサイドユニットの中は上げ底になっています。



側面と上下面はハイポリッシュ仕上げです。



ボトムの刻印は当時の物に似せた感じで「ORIGINAL 1932 REPLICA」と入っています。



『1932レプリカ』は未使用品も中古品も価格が上昇しています。
市場に流通する数も限られているので、見付けたら買いですよ~!
コメント

ZIPPOコレクション 94

2017-07-14 20:57:14 | 4号室 ZIPPO保管室
あまり目立たないデザインのジッポーにもイイモノあるんですよ~。


地味なので、ショップで見掛けてもスルーしそうなデザインですね。



ヘアライン仕上げ(サテン仕上げ)で、裏は無地です。



中古で手に入れたものなのでインサイドユニットは綺麗ではありませんが・・・バーボンを飲みながらメンテナンスするのも楽しみのひとつです。



サイドはミラー仕上げ(ハイポリッシュ仕上げ)。



デザインは・・・よく見ると男性がオルガンを弾いています。
『WORLD WAR Ⅱ(第二次世界大戦)』の文字がありますが・・・和訳すると面白いですよ。



1989年2月の製品です。
80年代以前のジッポーは手に入る機会が少なくなってきてます・・・。



オールドジッポーは「見付けたら買い」がコレクターの鉄則ですよ~!
コメント

ZIPPOコレクション 93 スペシャル

2017-06-20 21:01:28 | 4号室 ZIPPO保管室
今回紹介するジッポーはかなり古いヴィンテージ品です。


ミリタリージッポーです。
ミリタリーものは不変の人気があるようで・・・なかなかビンテージ物の入手は困難です。



両面エッチングのデザインです。
かなり変形してますが、お気に入りです。



戦艦ですね。
『U・S・S・AULT DD690 』。



真鍮にクロムメッキなんですが・・・メッキが剥がれて下地の真鍮が見えています。
ポンコツじゃん、なんて言わずにこういう経年変化を味わいとして楽しむのがジッポーコレクションの王道ですね~。
だって、新品で手に入れられる機会なんてそう無いもんね。



リッド(蓋)には・・・以前の持ち主のサインかな?
手彫りですね。
この下手ッピ感がいい(笑)。
きっと、以前の持ち主はこのジッポーを大切にしていたんだと思います。



5ヒンジ。
現行品と同じです。



かなり汚れていますが、フリント(発火石)を入れればしっかり着火します。
フリントホイールがツルツルのものもあるので、これは運がいいです。



インサイドユニット。
かなり擦れていますが、MADE IN ZIPPOの刻印がありますよ。
カムの下のカム・スプリングが健在で、リッドを開けたときに”カキン!”っていい音がします。
これ、大切!
(但し、インサイドユニットだけ後から交換されているかもしれません)



フェルトパットが真っ黒になるまで使い込むって、なかなか出来ないことですよ~。



リッドのヘッドはボコボコ。
何度も落としたんでしょうね。
それでもこうして存在しているっていうのは、大切にされていた証です。



1958年の製品です。
現在2017年なので・・・59年前のジッポーってことになりますね。



古いジッポーは高価ですが、運が良ければリサイクルショップなどで格安で手に入る場合がありますよ!
コメント

ZIPPOコレクション 92

2017-04-18 21:12:45 | 4号室 ZIPPO保管室
明治大学在籍及び卒業生必見のジッポーです!


大学がオリジナルジッポーを作る・・・そんな時代があったんですねえ。
今じゃ考えられないな。
作られた経緯は分かりません。



『STUDENT OF Meiji UNVERSITY』の刻印があります。
これは珍品ですよ♪
裏面は無地です。



クロムメッキのハイポリッシュ(鏡面仕上げ)です。
中古で手に入れました。



1990年9月の製品です。



こういうジッポーって、楽しくていいなあ。
コメント

ZIPPOコレクション 91 ベトナムジッポー・スペシャル

2017-02-01 19:09:32 | 4号室 ZIPPO保管室
2回目のベトナムZIPPOです。
1回目は『ZIPPOコレクション 15』で紹介しています。


ベトナムジッポーは、アメリカがベトナムに本格介入した1962年~1975年4月、南ベトナム大統領が政府軍全将校への即時停戦命令を発した期間、戦場にいたアメリカ兵が実際に使用していたZIPPOライターです。

ベトナムジッポーは人気が高いため、偽物が数多く存在します。
どんな偽物があるのかというと・・・
ライター自体がZIPPO社の製品でない完全な偽物
ZIPPOタイプ、と言われるオイルライターに「いかにもベトナム」みたいな、それらしいデザインが彫ってあったりするもので、専門誌からデザインをパクッているものが多いので、完成度は・・・マヌケなものもあります。

ZIPPO自体は本物、こいつが厄介です。
1962年~1975年当時に生産された無地のZIPPOに専門誌などに掲載されたデザインをパクッてエッチングしたもの。
さらに古さや使用感など、リアルさを出す為に踏んだり叩きつけたりしていたりします。こうなるともう判別は神業に近くなりますね。

他に、ベトナムジッポーの流通年代よりも本体のジッポーが新しいもの(最近のジッポーをベースに作った偽物)、そもそもベトナムジッポーとしてデザインが無かったものを用いて作った偽物、など様々です。
インサイドユニットが偽物の場合もありますが、使用当事に壊れて交換したものもあるようです。
極端に安価で販売されているベトナムジッポーは注意したほうがいいかもしれないですよ。


で、今回紹介するこれの真贋はまあ、置いといて・・・(とはいえそれなりの確認はして、本物だと確信はあるのですが)


表側。・・・読めません(汗)。



裏面はベトナムジッポーに多いデザインの「中指を立てている絵柄」に「尻」。



1964~1965年に製造された(ベトナムでエッチングされた)ジッポーです。



偽物のインサイドユニットを入れているものも多いんですが、これは本物。
ZIPPOの刻印が見えます。
ただ、かなりこすれて薄れているので、光の加減では見えなくなります。



発火石(フリント)を入れるフリントチューブの下、フリントスクリューの形が近代の物とは違っています。
もしかすると壊れて交換修理しているかも。



インサイドユニットの風防が凄いです。
買うときには「ああ、劣化して崩れちゃったんだな」って思ったんですが・・・とんでもない。



これ、以前の持ち主が意図的に切っています。
なるほど、こうして『何か』に火を着ける際に使いやすいように切ったんでしょうね。
古いジッポーは、こういう物語的なものが見れるのがとても楽しいです。



刻印は1963年製。
しかし、刻印は非常に判別しにくいです。



この時代の刻印は、ロゴの左右に小さな点が打たれています。
その点の数で年代を識別しています。
この写真はその刻印の一例です。



10倍の拡大鏡を使って撮影しました。
ロゴの左に点が二つあります。



右側はRの上に点が一つ。
・・・で、1963年製のジッポーだと判別できました。



ヒンジは5個。



とにかく錆びていますが、これは磨かないほうがいいです!



錆びのそのままを楽しみましょう。



たくさんZIPPOを持つと、ひとつはベトナムZIPPOを持ってみたくなるものです(笑)。
・・・多分(笑)。
コメント

ZIPPOコレクション 90

2017-01-18 18:58:31 | 4号室 ZIPPO保管室
蚤の市でゲットした新品のジッポー第4弾です。


人気が高い仮面ライダーのデザインのジッポーです。
今回は「仮面ライダー1号」!
定価は10,500円・・・このシリーズのジッポーは高いな・・・。



『ZIPPOコレクション 88』の仮面ライダーV3と同じように、裏面には『東映承認済』のシールが貼られています。



仮面ライダーV3と同じく、かなり厚みのあるのメタルが貼られています。
重いですよ。
使う人にとっては嬉しい重量感。



2004年9月製造の製品です。



仮面ライダーの人気は永遠なのか・・・。
ネットオークションなどでかなりの高値で取引されています。
安く販売されているのを見掛けたら、即買いですよ!!
コメント

ZIPPOコレクション 89

2017-01-04 11:16:51 | 4号室 ZIPPO保管室
ジッポーファンの方、お待たせ致しました!しばらくぶりのZIPPOコレクションです。


1300円で買った中古ジッポーですが・・・デザインは「キャメル」。



アウトサイドユニットはソリッドブラス。
裏面は無地です。
ブラスのジッポーは触るとどうしても色がくすんでしまうんですが、そんな時は綺麗に磨く方法があります。
このブログの「3号室 趣味の技術室」の中で「ジッポーを磨く」という題名でその方法を紹介していますので、気になる方は覗いてみてください(笑)。



キャメルはラクダのこと。でもこのキャメルは煙草の銘柄です。
キャメル・トロフィー「CAMEL TROPHY」はそのキャメルが主催の過酷なアドベンチャーラリーです。ラリーレースなので最終順位はあったんですが・・・賞金も賞品もない、名誉を獲得するためのレースでした。
2000年を最後に、このキャメル・トロフィーの開催は無くなりました。



エンブレムプレートの厚みはそれほど無いです。
ポケットの中で邪魔にならないぐらいです。



インサイドユニットはスタンダード。
中古にしては綺麗です。
綿棒とアルコールを使って掃除をすると綺麗になりますよ。



1993年7月の製品です。
私はローマ数字を使用していた年代以前のジッポーが好きなんですよ。



中古でしか手に入らないジッポーも多いので、リサイクルショップなどを覗いてみるとイイモノに出会えるかもしれませんよ!
コメント

ZIPPOコレクション 88

2016-08-02 19:47:36 | 4号室 ZIPPO保管室
蚤の市でゲットした新品のジッポー第三弾です。


人気が高い仮面ライダーのデザインのジッポーです。
今回は「仮面ライダーV3」ですよ!
定価は10,500円・・・まともに買ったら財布が泣きそうだ・・・。



裏面には『東映承認済』のシールが貼られています。



かなり厚みのある仮面ライダーV3のメタルが貼られています。
これは目立つ。絶対に目立つぞ。



メタルの左下には「V3 35th ANNIVERSARY」の刻印が。
前回も書きましたが、『MASKEDRIDER』というのは海外での仮面ライダーの呼び方「マスクド・ライダー」です。



2005年9月製造の製品です。
Aから順に1月、2月・・・と数えていきます。



ネットオークションなどではビックリな高値で落札されています。
私はこれも前回のと同様に3000円で手に入れました!
ジッポーコレクション、楽しいですよ!
煙草を吸う人のコレクションだと思うかもしれませんが・・・私は煙草を吸いません。
コメント

ZIPPOコレクション 87

2016-06-23 18:43:42 | 4号室 ZIPPO保管室
蚤の市でゲットした新品のジッポー第二弾です。


人気が高い仮面ライダーのデザインのジッポーです。



裏面には『東映承認済』のシールが。



厚みのある仮面ライダー1号デザインのメタルが貼られています。
派手さと重厚感。結構重いですよ。



メタルの左下には「35th ANNIVERSARY」の印字があります。
目立つな、これ。
『MASKED RIDER』と書かれていますが・・・海外で仮面ライダーは「マスクド・ライダー」と呼ばれているんですね~。
定価は10,500円・・・かなり高価です。



塗装で潰れていますが、ちゃんとZIPPOの刻印がありますよ。
2005年9月製造の製品です。



ネットオークションなどではかなり高値で取引されています。
なんと3000円で手に入れました!
これだからジッポーコレクションはやめられない♪
コメント

ZIPPOコレクション 86

2016-05-30 20:27:13 | 4号室 ZIPPO保管室
蚤の市でゲットした新品のジッポーです。


仮面ライダーのデザインのジッポーです。
表裏同じデザイン。



メタル貼りなのでゴツくて非常に重いです。
ものすごい重量感・・・。普通のジッポーの倍ぐらいの重量ですよ・・・。



新品なので、袋から出さずに撮影しています。
封印のシールには「本製品は特殊加工のため直接お手をふれないようお願い致します」と書かれています。
シルバーメッキではないようですが・・・。



No,8681の刻印が。限定品にしては数が多いですが、人気があってなかなか手に入らない希少品ですよ。



側面に「30th ANNIVERSARY」の刻印が。



2004年5月の製品です。



ネットオークションなどではかなり高値で取引されています。
3500円で手に入れました!
ラッキー♪
コメント (2)