うさぎ学園 多趣味部

学長でウサギのむぎまる君・ZIPPO・ウイスキー・旅行・ガーデニング・釣り・・・今日も全力で遊びます!

散るな、桜!

2018-04-04 19:32:47 | 60号室 桜が見える部屋
ソメイヨシノの花・・・今年はそろそろ終わりに近付いてきたかな~。


花が終わらないうちに、しっかり花見をしておこう!



気温が高いから初夏に花見をしてるような気分だよ。
気温25℃って凄いね。



背景が田んぼだと、和む~。
田舎の原風景みたいな感じだね。



ヒヨドリが桜の蜜を吸っていました。
スズメとは違って、長いくちばしで蜜を吸うことができるので、花を切り取っちゃううことはあまりありません。
ちなみにヒヨドリの東北地方の一部での別名は『ハナスイ(花吸い)』です。



あ・・・何だか美味しそう🌸。
塩漬けにして食べられます。



週末には散っちゃうかな・・・。
しばらく散らずにいて欲しいなあ。



花見、しましたか?
コメント

夜桜 ー 十六夜に咲く ー

2018-04-01 20:56:34 | 60号室 桜が見える部屋
今宵は十六夜(いざよい)・・・妖しく咲き狂おうぞ。


全てコンパクトデジカメでの撮影です。
今回はフラッシュ撮影にこだわりました~🌸🌸🌸
説明の必要は無いと思いますので、今回は写真メインでお届けしま~す。



















花見にはこういう楽しみが無いとね!
お握り、大切です🍙



ここは桜が数十本あるのに、夜桜見物の客はほぼ皆無に等しいです。
・・・出店、無いからね。









出店が無いと花見客は来ないんだね。
桜・・・あんまり関係ないのかな(笑)。
おかげで桜を独り占めできましたぜ🌸☽🌸
コメント

夜桜 ー 満月 ー

2018-03-31 22:54:29 | 60号室 桜が見える部屋
さあ、何年ぶりの夜桜見物かな・・・。


陽が沈む前から花見に来ました~。



夕陽で桜の花の色が変わっていきます。



昼間とは違った感動!



樹の下にはたくさんの花びらが落ちています。
よく見ると・・・。



花がそのままの形で落ちています。
最近ニュースで話題になりましたが、これはスズメが花の付け根からチョン切っちゃうから。
桜の花の蜜を吸うために付け根から切り取って蜜をくちばしでしごき取って・・・ポイッ。
なので、こんなふうに花がそのままの形で落ちているのが多いのです。
ヒヨドリやメジロならくちばしが細くて長いので蜜を吸いやすいんですが、スズメのくちばしは丸くて短いから、直接吸えないんですよ。
スズメのせいで花の数が減る、と憤る人もいるようですが・・・スズメがこうして蜜を吸うのは最近始めたことじゃないので・・・怒ってどうする?って気がします。
桜の花をチョン切る害鳥として駆逐しますか?
・・・まさかね。
スズメの採餌に腹を立てるほど、世知辛くなってしまったのか??



桜の向こうに夕陽が沈んでいきました・・・。



提灯に明かりが点きましたよ~。



さあ、夜桜の時間だ🌸🌸🌸



提灯の明かりが桜に反射しています。
・・・綺麗♬



当然、夜桜といったらこれでしょ~!
ビールが超絶美味い!!



今宵は満月。
月見&花見ってのはなかなか無いぞ~🌸🌑🌸



どうやら運がいいようで、雲が無い!



桜があって満月があってビールがある。
はははは、たまりませんなあ(笑)。



幸せ過ぎますねえ🌸🌸🌸



これはたまたま車のヘッドライトに照らされました。
これも綺麗だね。



夜桜見物に行くなら今!ですよ~🌸🌑🌸
コメント

SAKURA Ⅱ 思川桜

2017-04-16 19:03:17 | 60号室 桜が見える部屋
ソメイヨシノがそろそろ終わりなので、遅咲きの桜を見に行きましたよ。


「思川桜(おもいがわざくら)」といいます。
昭和29年に栃木県小山市東島田の思川(おもいがわ)のほとりにある修道院の庭先で、突然変異によってできた新種の桜なんだそうです。



つまり栃木県小山市原産の桜ということになりますね。



淡い紅色の可憐な花が咲いて、枝ぶりがやわらかく優しい感じなのが魅力です。



桜って、菜の花の黄色ととても良く合いますね♪
これを見たくて出掛けるのだ。



ソメイヨシノと違うのは、花の色が濃いこと。
満開時にも葉っぱがちょっと出てること。
そして・・・こんなふうに房咲きなこと。



今日は暖かかったからね~。
「ベニシジミ(蝶)」がいましたよ。



ふふふふ、花見・・・やっぱりお握りでしょ!!



花見ができて良かった♪
予報では、明日は花散らしの雨のようだから・・・。
コメント

SAKURA

2017-04-10 21:29:57 | 60号室 桜が見える部屋
花より酒でもいいですが・・・。


やっぱり春は桜を見に行きたいよね。
花見に興味が無い人も多いと思うけど、花は等しく綺麗に見えるはずだしね。



桜の樹の寿命は平均で約60年。
ほぼ60年前に一斉に植樹された桜の名所は・・・実はヤバイ。



根が枯れてきていて倒木の危険があるため、まだ咲いてるのにやむを得ず桜を伐採する名所も・・・。



小さな枝にも花が咲くんですよ。
こういうのも何だか絵になりますよね。



これ・・・散った花びらが吹き溜まりになっていたんです。
アスファルトの上ですが、こうして写真で切り取ると綺麗でしょ?



曇りで空が綺麗に写せなかったんですが・・・勘弁。



そのうち、桜が見られなくなってしまうかも。
えっ?そんなバカな・・・。
原因は3つあって、そのひとつは前述の寿命問題。
100年咲いてる樹もあるじゃん!・・・っていっても、それはほんの一握り。
樹の下には必ず根があります。
花見で根の上でシートを広げて座ったり、酒やジュースをこぼしたり、踏圧などで土が固くなったり・・・老化にダメージが加算されていきます・・・。
次に気候。
温暖化のせいで、開花しなくなってしまう可能性があります。
桜には一定期間低温にさらされた後に暖かくならないと花が咲かない性質があって、冬が暖かいと咲かなくなってしまうんです。
最後に害虫。
最近、桜や果樹園などで猛威を振るっている、中国などを原産地とする「クビアカツヤカミキリ」。
成虫が幹に産卵し、幼虫は幹の奥に食い込んで樹の芯を食べてしまい、大きな樹でも枯らしてしまいます。



まあ、楽しめるうちは楽しみましょう♪
運転中、桜に気をとられないように気をつけてね!
あ、これはカーブミラーに映った桜です。



桜が咲くのは365日の内の僅か2週間程度。
・・・花見、しませんか?
コメント

極彩色の桜たち

2016-04-17 16:11:37 | 60号室 桜が見える部屋
コンパクトデジカメの「極彩色モード」で撮影しました。


今年の桜はこれが最後かな~。



春の田園風景。桜がよく似合います。



散策道が紅く染まっています。
これ・・・桜の花の軸の部分がたくさん落ちてるんですよ。
花びらも軸も散れば落ちるんですが、強風のために軽い花びらは吹き飛ばされて・・・重い軸だけが残ったんです。
限定された環境でしか見れない風景です。



積もった花の軸に埋もれるタンポポ。
よく見ると、落ちてる桜の花の軸がどんなものなのかが分かりますね~。



こちらは花びらに埋まってるタンポポ。
この季節にしか撮れない写真です。



極彩色モードだと凄い色合いになる「コスミレ」。



桜はまた来年。
最後に、綺麗な風景が見れました!



極彩色モードはかなりバッテリーを消費します。
予備バッテリーを携行しましょう。
コメント (2)

きいろとぴんく。

2016-04-16 18:29:39 | 60号室 桜が見える部屋
遅咲きの桜「思川桜(おもいがわざくら)」を見に行って来ましたよ。


栃木県小山市の「思川」の土手を彩る『千本桜』。
下には絨毯のように菜の花が咲いています。



こんな桜の土手が3キロ以上続いています・・・。



思川桜は房のように咲きます。
ソメイヨシノよりも濃いピンクです。可愛い花ですよ。
先日、某TV番組でも紹介されていました。



そして菜の花の絨毯・・・。
絶景ですよ。飛び込みたくなりますね~!



花の季節はあと僅か。
早く見に行こう!!
コメント

スペシャル・ピンク ソメイヨシノ

2016-04-03 20:08:42 | 60号室 桜が見える部屋
春といったらやっぱり花見でしょ~。


上から見た桜です。満開でも見物客が少ない「秘密の場所」なので、こんな写真が撮れます。



ソメイヨシノは種では殖やせないので、全ての株が、元株から挿し木で作ったクローンです。
それにしても・・・桜を見るとアルコールが欲しくなるのは何故かな(笑)。



桜の花言葉は・・・「精神の美」「優美な女性」です。



去年も書きましたが・・・ソメイヨシノは日本原産種のエドヒガン系の桜とオオシマザクラを交配させて作出した日本産の園芸品種です。



寿命は60年ぐらい。樹としては短いです。
なので・・・第二次世界大戦直後あたりに植樹されて桜の名所となった場所は、寿命による消滅の危機が近付いています。



今、近くにあるソメイヨシノを楽しんでみませんか?
その樹が寿命を迎える前に・・・。
コメント (2)

さくらのはなとなのはなと (その2)

2015-04-14 18:10:34 | 60号室 桜が見える部屋
こんなに長い期間、花見ができるなんて・・・幸せ。


桜並木・・・とても綺麗です。散歩している人、マラソンしてる人、サイクリングしてる人、写真を撮りながら歩く人・・・様々です。



さあ、レジャーシートを広げて本格的なお花見!



やっぱり、お握りでしょ~。
市販品だけどね。



車なので・・・ノンアルコールが嬉しいです♪



牧草地・・・かな?真ん中あたりにモンシロチョウが3匹飛んでるの、分かりますか?



菜の花!こうして撮ると、ワシャワシャワシャ~って、菜の花の中を川に向かって歩いて行きたくなります。



こう撮ると、葉の花の中で釣りをしたくなります(笑)。



この風景、凄いでしょ~!!



なんというか・・・来て良かった!



ちょっと田舎に住んでて、良かったなあ。
コメント (2)

さくらのはなとなのはなと (その1)

2015-04-13 18:26:28 | 60号室 桜が見える部屋
桜も菜の花も満開!


綺麗過ぎるでしょ。お花見の人達も多かったですよ。



出店などは一切ありませんが・・・大満足なお花見。



心が洗われるというか、ストレスがゴミ箱に捨てられていく気がします(笑)。



菜の花も綺麗でした!
桜とのコラボレーション。



上の写真と、どっちがいいかな?



こんなの見ちゃったら・・・もう言葉が出ないですよ。



「綺麗」。その一言に尽きますね。



次回・・・ちょっと、レジャーシートを広げて・・・のんびり座ってみようかな。
コメント

狂え、桜 (その2)

2015-04-12 15:29:14 | 60号室 桜が見える部屋
もう少し、花見。


個人的には、ソメイヨシノよりもこっちの桜の色の方が好きです。



ふさのように咲くので、ボリュームがあるんですよ。



・・・美味しそうに見えるのは、私だけかな?



花びらが食べられるものだったら、お花見の文化自体が変わっていたかも(笑)。



池に落ちた花びら・・・ではなく、これ、実は散歩道の路面の水たまりです。



道端のタンポポとのコントラストが綺麗です。



下も見ながら歩くと、お花見はもっと楽しくなります(笑)。



たまたまこんな感じに咲いてる菜の花があったら・・・撮るでしょ。



菜の花も満開の季節です。
・・・見に行かなきゃ(笑)。
コメント (3)

狂え、桜 (その1)

2015-04-11 15:25:37 | 60号室 桜が見える部屋
花見、再び。


遅咲きの桜が満開です。ソメイヨシノよりも濃いピンクが風景を覆います。



特に桜の名所というわけではありませんが、とてもたくさんの桜が咲いています。



曇り空のせいか、ソメイヨシノの季節から外れているせいか、花見客ゼロ!
桜の樹は50本以上あるのに。



不思議なもので、賑やかじゃないと花見って成り立たないのかも。



でも、花見客がいないと、こんな写真も撮れます。人がファインダーに入らないからね(笑)。



これはソメイヨシノ。



こちらが遅咲きの桜。花の付き方が違います。



咲き狂ったソメイヨシノは、花の終わりに向かって散っていきます・・・。



そして散った花びらは・・・散歩道を埋め尽くします!
散歩道が満開!!
雨が続くと、散った花びらは風で飛ばされること無く、こんな風景を作り上げます。
ここを歩くのは気持ちがいいですよ♪



私は、もう少し桜を楽しみます(笑)。
コメント

雨の花見 -泣くな桜- その2

2015-04-05 13:43:50 | 60号室 桜が見える部屋
雨の日には、雨の日の桜の美しさがありますよね。


ソメイヨシノ(染井吉野)は日本原産種のオオシマザクラとエドヒガン系の桜を交配させて作られた園芸品種です。ソメイヨシノは接ぎ木で殖やしているので、ほとんど全ての株がクローン、ということになります。



自家不和合性が強い品種なので、ソメイヨシノ同士では実がなりにくく、結果的にソメイヨシノ同士の種が発芽することはありません。このためソメイヨシノの純粋な子孫は無い、ということになります。ソメイヨシノ以外の桜との間で交配することは可能なので、実ができて、その種が発芽することはあります。しかしこれはソメイヨシノとは別種の桜になってしまいます。
でも、実がなってるのを見掛けるよ、っていう場合、その実はソメイヨシノと近所に生えている他の品種の桜との交配による結実、ってことになります。



例えば、近くにこういった違う品種があれば、実はなりますし種から発芽もします。



近くで桜祭りがあるので・・・提灯がぶら下がっていました。



桜を眺めていると・・・「ズドオオオオオオオンンン!!!!!」
なんだなんだ?花火か?!ああ、お祭りやりますよ~の合図の花火ね。運動会の朝にも打ち上がるアレです。
それにしても・・・か・・・肝臓が止まるかと思ったぞ!
のんびり花見をしてるのにコンニャロー、なんて思っていたんですが・・・すぐに1発で終わりじゃないってことに気付いて・・・撮影成功!



貴重な写真が撮れました!



色々考えながら眺めても、な~んにも考えずに眺めても、やっぱり桜は綺麗ですね!



残念ながら今年の花見は雨。
でも・・・雨の桜も綺麗だったので、満足、満足!
コメント (3)

雨の花見 -泣くな桜- その1

2015-04-04 20:53:57 | 60号室 桜が見える部屋
のんびり花見をしたいのに・・・あいにくの小雨。花散らしの雨かな・・・。


それでも花見に行きました。
ソメイヨシノで、自分の心に栄養をあげないとね(笑)。



今回は全てコンパクトデジカメで撮りました。



こうして桜の花を見ると、もう、余計な説明なんか要らなくなりますね~。



雨に濡れて、花が泣いているようです。



・・・泣くな、桜。



こっちの色の濃い花が満開になるのは、もう少し先みたい。



ちょっと露出を調整して、フワッとした感じに撮りました。
デジカメのメニューの「明るさ(EV補正)」を+1に補正すると明るい感じに撮れますよ。



ぶっちゃけ、桜の名所じゃなくても桜は綺麗です(笑)。
コメント

SUNDOWN 桜並木に沈む夕陽

2014-04-16 18:22:59 | 60号室 桜が見える部屋
夕景の桜を撮影していたら、こんな光景が見れました。


「ガマの穂」と夕陽。もう少し暗く写しても良かったなあ。



遠くの桜並木に夕陽が沈んでいきます。電柱がちょっと邪魔だなあ。これはこれでいい雰囲気なんですけどね~。



そこから・・・電柱がファインダーに入らない場所まで、走る走る!!



移動している間に夕陽が沈んでしまったらショックですからね・・・。
田んぼのあぜ道をカメラを抱えて全力疾走500m。あぜ道の幅が30センチぐらいしか無いの。これは体力じゃなく足場がキツイ。あぜ道っていうより田んぼ同士の境目の土手。



でも、ほら、いい場所に来る事が出来ました♪ここからは写真をお楽しみ下さい(笑)。











鳥たちはねぐらに帰って行きます・・・。



素晴らしい夕焼けを見る事ができました。天気が良くてよかった!
夕陽はあっという間に沈んでしまいました。最初の写真から10~15分程度です。



遊ぶ為には、体力が大切だなあって実感しました(笑)。


コメント