うさぎ学園 多趣味部

学長でウサギのむぎまる君・ZIPPO・ウイスキー・旅行・ガーデニング・釣り・・・今日も全力で遊びます!

そうだ、羽田空港に行こう! JAL工場見学(最終回)ジェットエンジンが凄い!!

2018-07-17 11:14:51 | 64号室 社会科見学
整備中のジェットエンジンを間近で見て来たぞ!


整備場の外で飛行機の離陸を見ることができました。
ここではあっちにある『謎の機体』の説明を受けています~。



駐機場・・・広いです。



あ、離陸したぞ。
この駐機場から離陸するのではなくて、ちょっと離れた場所にある滑走路から離陸しています。



あっちにも飛行機がいっぱいだ。



最終回のメインはこのジェットエンジン♪



ジェットエンジンは、外部から空気を取り入れて噴流(ジェット)を生成し、その反作用を推進に利用する熱機関です。
ジェットの生成エネルギーには、取り込んだ空気に含まれる酸素と燃料との化学反応(燃焼)の熱エネルギーが利用され、空気吸い込み型の噴流エンジンだけを指します。
航空機の他には、ミサイルの推進機関または動力源として使用されます。



これは普段はナセル(カバー)に覆われているターボファンの部分です。



こういう部分の整備ができるって、凄いよね。



もう、ただただ機械の美しさに圧倒されます。



女性整備士もいるんですね~。
ツアー中にたまたま擦れ違いました。



スケールがとにかくデカいです。
エンジンの直径は客室の直径とほぼ同じぐらいなんだって。
つまり、あの直径に参列の客席と通路が並ぶわけですね。



このぐらいデカいんですよ☆



お土産にはちょっと大きすぎるな(笑)。



見学のグループによって、ルートがちょっと違うみたい。
あそこには行ってないもんなあ。
案内のスタッフの得意不得意もあるのかもしれないしね。



タイヤについての説明はほとんど無かったし・・・。



これ、ビートルズが来日した時の機体なんだって!!
観光の目玉になりそうなものなんだけど・・・整備場の隅っこにあるうえに、説明無し。
全く触れることなくスルーしちゃったよ。
ツアー客にはビートルズ世代が多いように思えたけど・・・案内のスタッフはどう見てもその世代じゃなかったしなあ。



これは壁の高いところにありました。
現在整備されている機体の状態を表示するための物なんだって。
これで整備場見学は終了~。



これ、ショップで買ったお土産です。
日本国政府専用機マグネット♪



駐機場で整備待ちの政府専用機があったんですが・・・撮影OKだけどネットなどでの公開はNGでした。



だから、これで勘弁してね。
ああ・・・さっき見た『謎の機体』にそっくりだ!
ああ、そっくりだ♪♬




JAL工場見学、大人も子供もみんなで楽しめます!
ネットで予約して行ってみませんか?




コメント

そうだ、羽田空港に行こう! JAL工場見学(その7)『ボーイング737』の機体整備を間近で見るのだ!

2018-07-14 18:25:34 | 64号室 社会科見学
『ボーイング737』は世界で最も多く使用されている飛行機です。


こんなに近くまで来ました~。
搭乗時以外は期待にこんなに近付くことって無いし、搭乗時だって機体の外側には近付けないもんね。
この角度で期待を見れるのって、感動です!



『ボーイング737』型機です。
『ボーイング737』型機には『ボーイング737-400』と『ボーイング737-800』があります。
ボーイング737-800は400よりも多くの燃料を積むことができ、新型の翼に先端にはウイングレット(翼の先の曲がってる部分)が付いています。
これによって航続距離や燃費が改善されています。



これは補助動力装置部分の整備かな?



凄いな~!
間近で整備されてるんだよな~!



補助動力装置は地上でエンジンが停止している時にエアコンのための空気圧や電力を供給します。



これは主翼のスポイラーの整備かな?
スポイラーの向きが変えてありますね。
また、室内整備のためにオレンジ色のホースで涼しい風を送っています。



この主翼先端の曲がった部分が前述のウイングレットです。



エンジン整備中!!
うお~、カバーが開いてるよ~。
これは整備場でしか見れないよな~!!



ボーイング737は小型機。
小型機のエンジン(ターボファンエンジン)はやっぱり小さいんだね。



整備場の外の駐機場・・・特殊ペイントの機体がいるぞ!!



羽田から全国へ。
ボブスレー・・・か?



駐機場側から見た整備場。
とても広いです。



整備場にいたもう一機は足場が組まれていました。



特殊ペイントでもするのかな?
この説明は無かったからスルーしちゃったけど、質問すればよかったなあ・・・って今更ね(-_-;)



次回、シリーズ最終回。
ジェットエンジンが凄いぞ!!


コメント

そうだ、羽田空港に行こう! JAL工場見学(その6)マニア必見、格納庫見学!整備中の飛行機が見れるぞ!

2018-07-12 19:00:40 | 64号室 社会科見学
さあ、ついにメインイベントの格納庫見学だ!


航空教室のプログラムには格納庫って書いてありましたが、要するに整備工場(以下、整備場)ですね。
ショップの近くのこの扉から整備場に入ります。



扉が開いた瞬間、見学者の中から「おおお~っ。」って声が漏れました。



ここは二カ所見学する内の一カ所目の整備場。
滑走路や駐機場以外で飛行機を見る事ってなかなか無いぞ~!



エンジンの横に整備士がいますね。
これでエンジンの大きさが大体分かると思います。



機内整備中~。
さすがに機内は撮れないね。



自動車整備場とは規模が違うなあ。
この整備場は下に降りて見学することができないので、高所の通路からの見学です。



ここからは2カ所目の整備場。
首都高速の上の通路を渡って来ました~。



ここは下に降りて見学することができます!!
歩ける場所は決まってるけどね。



この角度からだと分かりませんが・・・エンジンも整備中です。
そこは次回のお楽しみ、ってことで(ゴメン)☆



こっちは足場がメッチャ組んであるなあ。
整備の内容が違うんだね。
機体の塗装もやるそうだし。



機体の後ろの方が開いてますね・・・。
あそこ、後で見れますよ!!



あれは他のグループですが・・・あんな感じに20人ぐらいがまとまって、案内スタッフと一緒に歩きます。
みんなヘルメットをかぶってますね~。



さあ、私もヘルメットをかぶって下に降りるぞ!!



次回、整備を間近で見ます!!
必見ですぜ!!



コメント

そうだ、羽田空港に行こう! JAL工場見学(その5)格納庫見学はショップの後でね

2018-07-11 19:00:52 | 64号室 社会科見学
今回の工場見学は10:00~11:40です。


10:00から航空教室が始まります。
飛行機がどういう理屈で飛ぶのか、とか構造の説明とか。
内容が結構難しいので、子供たちは退屈してました・・・。
このスケジュール説明の後で航空教室が始まるんですが、航空教室のスライドは撮影禁止。
開始ギリギリに行くと・・・ちょっと悲しい目に会います。
というのは、スケジュールを見て分かる通り、航空教室と格納庫見学の間の休憩時間20分しかショップとスカイミュージアムを見る時間が無いんです。
トイレ休憩も含まれているので、混雑したら時間が無くなっちゃいますよ。
な・の・で~、受付開始の9:30には到着したほうがいいですよ~。



航空教室終了後、ショップへGO!!
やっぱりショップは盛況です!



参加者が100人ぐらいいるので・・・のんびりしてると買い物をしてる時間が無くなっちゃうぞ。



これが定番なんだろうなあ。
航空機模型です。



JALマークのTシャツとジャージ。
何故、Tシャツとジャージ?



何故、サッカー日本代表のユニホームがここで??
・・・って思ったらJALはサッカー日本代表のサポーティングカンパニーなのね。



マルチケースやランチトート、ペンケースなどなど。
かっこいいデザインなんだけど、ちょっと割高なんだよね~。



ペンやストラップなどの小物類。
複数のお土産を買うにはリーズナブルですよ。



パイロット・飛行機ぬいぐるみ。
・・・あれ?2段目のパイロットぬいぐるみ、昔、羽田空港で買ったなあ(笑)。
左のキッズバックパックがなかなかイイぞ!!



このプレートタグはちょっと欲しかったなあ。
引退した機体のボディから切り出したプレートです。
大きさは小判ぐらい。
1mmあるか無いかの厚みです。
かっこいいなあ、って思ったんですが・・・高いのよ。
メッチャ高いの。
6800円って・・・買えないわ(-_-;)
アロハイエローなんか7619円っすよ。
高額過ぎます。



前回、制服体験の写真を撮影した場所に、もうひとつコクピット模型がありました。



近代的でスッキリしてますね。
こっちのほうが操縦しやすそうだけど・・・本物のコクピットもこうなのかな??



そりゃあ、座ってみるでしょ~♬



こんなのもありました!
『飛行機を誘導してみよう マーシャラー体験』。
後ろで見られてるからって、恥ずかしがってたら楽しめないぞ!!



右上の案内を見ながらスクリーンに映る飛行機を誘導します。



まあ、子供もできるように簡単にできてます。
うん、面白いですよ☆



さあ、次回は格納庫(整備工場)を見学に行きます!
凄いぞ!!
お楽しみにっ!!




コメント

そうだ、羽田空港に行こう! JAL工場見学(その4)コクピットに座ろう!!

2018-07-10 19:13:04 | 64号室 社会科見学
コクピットに座れるし、パイロットの制服も着れるよ~♬


スカイミュージアムにはこんなのあります!
飛行機のコクピットに座ることができるんですよ!



『スーパー80』の愛称で親しまれたDC9-81型機コクピットです。



このコクピットは整備士やパイロットの訓練に使用されたそうです。



計器類が凄いね。
これを美しいと思うのは・・・私だけかな??



これ、楽しいかも!!
座席はかなりタイトです。



まるで知ってるかのようにスイッチを操作する私。
ふふふ、実は航空免許を持って・・・無いです。



このコクピット、横から見るとちょっとマヌケなものなんですが、もし行くことがあったら是非とも座ってみてください。
とてもいい体験になりますよ~。



お子様優先の制服体験コーナーもあります☆。
施設内の著名人の写真はそのままアップするのはNGなので、目線を隠しちゃいました~(笑)。



子供たちの体験が終わるまで待ちましたよ~。
ん~、この制服体験、子供よりも大人が喜んでます・・・。



はははは、パイロットの制服、着ちゃいました~!!
下、ジーンズだけどね。



この制服、シャツと上着が一体化している仕立てで、前から袖を通して後ろで紐で縛ります。
え~っと・・・割烹着みたいな感じだな。
あ・・・帽子のエンブレムが曲がってんじゃん。



スカイミュージアムにはスタンプが5種類あります。
・・・コンプリートしちゃったぜ(ヒマか)。



次回、整備工場に行く前にショップに行くぞ!
お楽しみに!!
コメント

そうだ、羽田空港に行こう! JAL工場見学(その3)皇室・特別フライト展示は撮影禁止です

2018-07-09 19:02:55 | 64号室 社会科見学
スカイミュージアムを見学できる時間は少ないですが、フルに楽しんじゃいました!


JAL機の各種シートも展示されていました。



これがファーストクラスか~。
むう、一生座る機会が無さそうだなあ。



前回紹介した『モデルプレーンタワー』を近くから撮りました。
ホントは一機ずつ撮りたかったんですが、やっぱ時間がね・・・。



キャビンアテンダントの歴代制服を前回とは逆の方向から。



ボーイング747のエンジン模型。
1/4サイズですよ。
本物のエンジンは後ほど紹介しますので、お楽しみに♪



タイヤの構造・・・こうなってるんだね~。
前述のエンジン模型を含めて、このエリアでは航空整備士の仕事が展示されています。



こういう大型の模型って、販売されてないのかなあ。
JALのショップで限定でも販売したら売れると思うんだけど・・・。
高そうだけどね。



機内の構造も展示されていました。



特別塗装機・・・実際に見たことがありますが、見てて楽しいんですよ。
普通の機体がつまらなく感じちゃうぐらい。
個人的には特別塗装機、イケてると思います☆



小さなものも展示されています。
『デザインコレクション』エリア。
JALグループの歴史の中でデザイン性に優れたアイテム(時刻表や機内誌など)がピックアップされて展示されています。



・・・盃?
・・・キーホルダー??



オリジナルグッズとして展示されていたライター類。
こういうのをショップで販売してくれ!!!



次回、パイロットになっちゃいます
そして・・・コクピットに座ります☆
お楽しみに~っ!!


↓ 特別塗装機はこちらを見てね!
特別塗装機《その1 錦織圭》

特別塗装機《その2 スターウォーズ R2-D2》

特別塗装機《その3 スターウォーズ C-3PO》

コメント

そうだ、羽田空港に行こう! JAL工場見学(その2)スカイミュージアムが凄い!

2018-07-08 10:50:45 | 64号室 社会科見学
『JAL工場見学』が始まる前に、スカイミュージアムを見学できる時間があります♪


『東京国際空港施設内案内』。
小さい文字は読めないかもしれないけど・・・まあ、イメージで。
かなり広いですよ。



右のあそこで受付を済ませて、入館しました~。入館タグが付いたストラップを受け取りました。
館内では首から下げておきます。



エレベーターで3階に向かいます。
エレベーター前に、巨大な模型が!
これ、大人が腕を広げたぐらいの大きさがありますよ!
ボーイング777か?・・・欲しい(笑)。



まずは3階の航空教室へ。
参加者が100人ぐらいいるので、教室が広い!
入り口で、パンフレット『ようこそJALへ』を戴きました。



こういう体験や見学の説明を聞く際は、出来る限り一番前に座るようにしています。
だって、せっかくの機会がもったいないじゃん☆。
話も聞きに来てるわけだしね~。
撮影はほとんどの場所がOK。
皇室展示と航空教室の映像と・・・政府専用機以外は大丈夫♪
現在、8:40・・・航空教室は10:00から開始です。



航空教室開始までまだ時間があるので(早く来て良かったなあ)スカイミュージアムを見学~。
これは楽しいぞ♪



ここは航空機の歴史を紹介しています。



機体の一部なんかを展示していてくれたら、もっと楽しいかもなあ。



とにかく広いです。
・・・でも、この天井高があるなら、もう少しデカイものを展示できるんじゃないかな。
はははは、恐竜模型の展示とかとは違うか~。



人がいないじゃん!って思うかもしれませんが、この時間にまだ到着してない人も多いですしショップに行ってる人も多いんですよ。



モデルプレーンタワー。
1951年のJAL設立以来、世界の空を切り拓いてきた航空機の資料を展示しています。
1/50サイズ模型です。



キャビンアテンダントの歴代制服の展示。
これはマニア向けか(笑)。



次回、展示品の数々。
お楽しみに~!
コメント

そうだ、羽田空港に行こう! JAL工場見学(その1)東京モノレールで「新整備場」へ

2018-07-07 21:37:04 | 64号室 社会科見学
羽田空港の新整備場で『JAL工場見学』をするのだ!!


新橋駅から東京モノレールに乗って、『新整備場駅』を目指します。
モノレールは一番前に乗ると、ちょっと楽しいぞ♬



運河を見ながら目的地に向かうんですが・・・あの建物は!!
あれ、以前海上から見た火力発電所では??



以前は海上からこのモノレールを見て写真を撮ったんですが・・・まさか今回、そのモノレールに乗って海を見ることになるとは☆



一番前に座ると、運転席が見れるのが楽しいですね。
海上をクルーズした際も操縦席を撮影したなあ。
何で海上と結び付けるのかと言うと・・・羽田空港を海から見るツアーに参加したことがあるんですよ~。



モノレールの運転席。
無関係の乗客の姿が写ってますが、気にしないでね。



さあ、羽田空港に来ましたよ~。



モノレールって、あの落差を走れるんだから凄いよね。
ジェットコースターかよ。



あの管制塔・・・海上から撮影したなあ。



あ、『JAL機』だ!



工場見学、ワクワクするなあ。
『JAL工場見学』は完全予約制で、インターネット予約のみになっています。
開催日の6カ月前の同一日 9:30~からの予約受付です。
人気が高いので、あっという間に予約がいっぱいになっちゃうので・・・参加したいと思ったら、頑張るしかない!!



『新整備場駅』到着!
こんなポスターありました♬
錦織圭なのね。



あ、これはモノレール内にこんなの持ち込んじゃいけません!・・・っていうポスターね。
じっくり見ると面白いですよ。



ここ、改札から出口に向かう通路なんですが、「どっちに行けばいいんだ~。」って思って構内通路案内板を見ていたら、たまたま羽田空港関係の方が通り掛かって・・・目的地の玄関までをとても親切に教えてくれました。
こういうのって、とっても嬉しいですね☆



下の小さいのが『新整備場駅』出入り口です。
そして、このでっかいのが目的地。



『新整備場駅』出入り口付近からは滑走路が見えます。
楽しくなっちゃうな~♪



おお!レーダーがあるよ。
飛行機の位置情報をモニタリングしてるそうですよ。



『JAL工場見学』はこの『JALメインテナンスセンター1』で開催されます。
予約さえできれば、参加は無料です!!!



ここが正面入り口です。
待っていたらツアーバスが来たよ。
工場見学ツアーがあるんだね~。



開門までにまだ時間があったので、入門前に正面入り口前から撮りました。
『ブリティッシュエアウェイ機』。



これは『ANA機』。



これは北九州の方を主に運航してる『スターフライヤー機』。
白と黒のシックな期待がカッコイイ!!
後で聞いたんですが、キャビンアテンダントの制服も黒いんだって。



もう楽しみ始めちゃってるけど、まだ工場見学は始まってないのだ。
次回、スカイミュージアム。
お楽しみに!!

↓ 同時に見ると面白い!!海上からの羽田空港はこちら!
羽田空港に海から飛行機を撮りに行こう! (その1) みんな大きいレンズを持ってきてるんだね

ZEAL 夕暮れの羽田空港新滑走路・川崎工場夜景見学クルーズに行こう!(その1)船名はニフティー52




コメント

もう一度ボタニカルキャンドルを作ろう! ー宇都宮 花キャンドル&ハーバリウム教室ー

2018-03-24 22:52:01 | 64号室 社会科見学
『ボタニカルキャンドル』は 、ドライフラワーやドライフルーツ、ハーブなどをワックスに溶かし込んだり装飾したキャンドルです。


今回は栃木県宇都宮市の『宇都宮 花キャンドル&ハーバリウム教室』でのボタニカルキャンドル作成体験の2回目です!
まずは使用するキャンドルの色をチョイス。



夕焼けの雰囲気を出したいので、オレンジ色を使います♪
部材の持ち込みの許可を頂いていますので、今回も色々持ち込んじゃいました。
早速、キャンドルをケースに入れて、下の方に脱脂綿を詰めて・・・そこに黄色のガーベラのプリザーブドフラワーを詰め込みます。
花が壊れないように慎重にね。



上から見るとこうなります。
キャンドルと部材を詰める隙間の位置関係が分かりますね~。



次に詰めるのはこれ。
プリザーブド・・・シダ。
脱色した後に白く着色したシダですね。



こう入れると・・・夕焼けをバックにした樹氷に・・・見えないかな?



長さを変えて遠近感を出したり。



次に、キャンドルの一部をカッターナイフで削ります。
・・・先にやっておけばよかったなあ(-_-;)。
いらん手間が。
なんで手間かって・・・この衝撃で詰め込んだ部材がズレちゃうじゃん。



これは教室の部材。
綺麗だし、雰囲気が合うしアクセントが欲しかったので入れました~。



カッターナイフで削った部分にはウサギを座らせます。
ガチャで入手したミニフィギュアですよ。
やっぱりウサギがいなきゃね♬



セッティング終了まで1時間ぐらい。
夢中になってやってると時間が経つのを忘れますよ、マジで。
さて、そのキャンドルをトレイの上に置きまして・・・。



部材を詰めた隙間に溶かしたロウを流し込みます。
そのロウを先生が溶かしてくれています。



さあ、ロウを流し込みます。
これ、簡単に見えて難しいです。
特に今回は詰めたシダが華奢なので、ロウに流されてしまわないかと・・・。



ロウを流し込むと、見た目はこうなります。
ここからは先生が冷蔵庫で冷却して、流し込んだロウを固化してくれます。



ワンコを撫でながら待ってます☆
可愛いんですよ、このコ~!
この椅子、ついさっきまで私が座っていました。
懐っこくておとなしくて甘えん坊な感じで、超カワイイっす。
待ってる間にちょっと面白い話。
『羊毛フェルト』ってありますね。
先生のイメージだと、私は羊毛フェルトを地道にチクチクやり続けるように見えるそうな。
え~~・・・・・・合ってるかも。
よく見てるなあ。
さすが大勢の人に接してる先生だ~。
材料と時間さえあれば、羊毛フェルトで実物大だって作っちゃうかも。
でも、ウサギ限定。
何を作ってもウサギにしかならないぞ、きっと。
・・・あ、たまにシマリス(笑)。



さあ、出来たぞ!!
型を逆さにして、底をうりゃあ、って押して・・・抜いたのがこれ。
上手くウサギが座ってくれました。
ロウを流した時にちょっと倒れそうになったので、心配だったんですよ~。



そしてこちら側。
夕焼けとダイヤモンドダストにかすむ樹氷・・・何とか表現できたかな??



先生も写真を撮ってくれていました~。
ふふふふ、何だかこういうの、嬉しいね☆



出来上がったキャンドルを持ち帰って、七色に光る『LEDディスプレイライト レインボーコースター』に載せてみました。
うん、いい雰囲気出るじゃん。



もう少し樹氷がはっきり出ればもっと良かったかな~。
シダを数枚重ねて入れれば良かったね。



出来上がりまで、約120分。
80点、ってとこかな?
でも、まあまあ、思い通りのイメージにできました。
デザインの背景にある物語的なイメージ・・・大切です。
先生はとても優しく親切に指導してくれます。
オススメの教室ですよ!
ボタニカルキャンドルを作ってみたいと思ったら、是非!!
↓詳しくはこちら!
宇都宮 花キャンドル&ハーバリウム教室

↓前回のボタニカルキャンドル作成体験はこちら
ボタニカルキャンドルを作ろう! ー宇都宮 花キャンドル&ハーバリウム教室ー
コメント (5)

羽田空港に海から飛行機を撮りに行こう! (最終回)ダイヤモンド富士!!

2018-03-05 19:34:56 | 64号室 社会科見学
飛行機の写真と二本柱のダイヤモンド富士だ!


あのクルーザーもこちらと同じZEALのクルーザーです。
ツアー内容が違うんですよ。
あちらはどうやらワインなどのお酒付き。



おお!ANA機が2機重なったぞ!
これはちょっと面白い♬
ちなみに合体はしません。



夕暮れの赤に管制塔が映えます。



夕陽を同じフレームに入れたら、もっとイイ感じになりました~。



密集?
5機写ってます。



元々、野鳥の写真を撮影するためのレンズとカメラなので・・・つい、撮っちゃいます。



トリかと思ったら・・・ヘリでした。



デルタ航空機。



夕焼けは全てを魅力的にします。





あ!あれもスターウォーズのペイントだ!!
前回のやつはR2-D2だったけど、こっちは雰囲気からC-3POだな。



夕陽がどんどん傾いてきたぞ・・・。



さあ、ここからはダイヤモンド富士の撮影だ!!
ほら、太陽が欠けてきたでしょ。
あそこに富士山のてっぺんがあるのだ。
富士山の向こうに夕陽が沈んでいきます。















富士山の頂上にぴったりと夕陽が沈む状態を撮れるのはなかなか無いそうです。
大気の状態・季節・時間・クルーザーの位置・・・今回は運が良かった!!



海鳥の群れがねぐらに帰っていきます・・・。



って!危ないって!!



これが最後の飛行機の写真です。
カッコ良く撮れた・・・かな?
もうかなり暗くなったので、シャッタースピードは1/125が限界でした。



帰り道は『海のキリンさん』の群れを見ながら。





レインボーブリッジが見えますよ。





これは火力発電所。
あの大震災の時、電力不足だと言いながらも稼働しなかった火力発電所。



夜景がきれいになってきました。
気温もどんどん下がっています・・・。



前回のツアーの時は満潮だったのか、あの橋は頭スレスレで通過しました。
今回は余裕だね。



そろそろツアーもおしまいです・・・。



あのゲートのクジラの絵には、隠し文字で「しながわ」と書いてあります。



到着。
お疲れ様でした~。
今回も楽しかった~!!



帰りも楽しみながらグリーン車で。



さて、次はどこに遊びに行こうかな~。
コメント

羽田空港に海から飛行機を撮りに行こう! (その3)夕暮れの滑走路は遠い!

2018-03-04 11:36:14 | 64号室 社会科見学
羽田空港の滑走路で離陸の撮影だ~!


滑走路のANA機。
後ろに管制塔が見えます。



なんか変なフェリー・・・??キターー!!



こっちはコンテナを満載した巨大輸送船。
コンテナの大きさは貨物列車に積んでるアレと同じだろうから、船がどれだけ大きいか想像がつきますね~。



おお?警視庁の巡視船か~!
貨物船の前を航行してるのを見ると、なんだかドラマっぽいねえ。



ほぼ頭上を飛んでいくジャパンエアライン機。
着陸直前なので、車輪を出しています。



クルーザーの上では、みんなこんな感じで飛行機を撮影しています。



クルーザーから滑走路までは、このぐらいの距離があります。
・・・遠いです。



飛行機・・・小さいです。
左側の粒、飛行機なんですが分かりますか?



なので・・・超望遠レンズを使って撮影しています。
重いんですよ、これ。
これをリュックに入れて湯島天神や神田明神を歩いてきたんですが、キツかったなあ。



さあ、ここからは滑走路からの離陸の写真です!
管制塔、これぐらいの大きさに撮れます。









不思議なもので、撮影に集中すると寒さや船酔いを忘れてしまいます。





背景の夕焼けが綺麗なので、つい夢中になって撮ってしまいました













ユナイテッド航空機。
隣で撮ってた年配の方は見栄えがする、と言って興奮して撮ってました。



この機体にはスターウォーズのペイントが!
R2ーD2ですね。



次回、シリーズ最終回。
ダイヤモンド富士です!
お楽しみに!
コメント

羽田空港に海から飛行機を撮りに行こう! (その2) 本気で飛行機を撮影したぞ

2018-03-03 21:28:29 | 64号室 社会科見学
一眼レフデジカメで、海上で飛行機本気撮影だ!


超望遠レンズを使って撮った、すれ違う船。



さあ、ここから飛行機撮影だ。
お!JAL機だ!



おや?後部に何やらペイントが・・・。



『JET KEI』??
錦織 圭じゃんか~!!



ここからは着陸までの写真を連続で。



















次はソラシドエア( Solaseed Air)だ。













飛行機の腹はこうなってます。



飛行機の腹なんて見る機会がなかなか無いからね。



あ・・・バードストライクがどのように起きるのか、ちょっとだけ分かったような気がする・・・。
ちなみにあの鳥は『ウミウ』です。
あの有名な長良川の鵜飼いに使われる鳥ですよ。



とにかく夢中になって撮影してましたよ!



次回は夕暮れの飛行機。
お楽しみに~!

※写真は全てノートリミングです
コメント

羽田空港に海から飛行機を撮りに行こう! (その1) みんな大きいレンズを持ってきてるんだね

2018-03-01 20:50:55 | 64号室 社会科見学
ZEALの『ダイヤモンド富士と夕暮れの羽田空港を眺めよう!クルーズ』に参加しました!


品川区の『天王洲ヤマツピア』からクルーザーに乗ります。
京浜急行 新馬場駅から徒歩20分ぐらいです。



あのクルーザーに乗りますよ。



受付順に乗船。
羽田空港離着陸の飛行機とダイヤモンド富士を見よう、っていうツアーです。



写真撮影がメインのようなツアーなので、みんな大きい望遠レンズを持ってきてます。
てか、平均年齢高いなあ~・・・65歳ぐらい??
それと、ちょっと変わった雰囲気。
変な緊張感というか、ツアー客の毛色が違うというか。
・・・全員、終始無言。



とにかく、出船~!
天王洲ヤマツピア~東京港~城南島沖~東京湾(羽田滑走路の沖付近)のルートです。



ほぼ全員が2階デッキに乗船しています。
下にも行けるんですよ。



下の席はこんな感じです。
これも悪くないけど・・・寒くても外がいいなあ。



このクルージングに参加するために、ごっついダウンジャケット着てたんだからね。
湯島天神と神田明神では暑かった。
ホンットに暑かった(-_-;)



水面近くから撮ると、海の臨場感が伝わるかな?



上のデッキに戻ると・・・寒っ!!
風が冷たいっ!!
・・・暑い思いをしてダウンジャケット着てきて良かった~。



ぬ?
『警戒船』だと?
どうやら地元漁協の船のようで・・・密漁の警戒警備かなあ。
何隻もいましたよ。



お~、モノレールが来た~。



海側から見るモノレールって、何だか新鮮。
通勤で見るのとはちょっと違うっス。



さあ、撮影ポイント到着~。
ここからは私もコンパクトデジカメじゃなく一眼レフを使って撮るのだ☆



次回、飛行機の写真を真面目に撮ります!
お楽しみに!!
コメント

ビールづくり体験教室 ーキリンビール横浜工場ー 出来上がったビールが届いたぞ

2018-01-28 17:33:23 | 64号室 社会科見学
2017年12月に参加した『ビールづくり体験教室 ーキリンビール横浜工場ー』での完成品のビールが届きました!!


ビール作り体験教室からほぼほぼ2か月・・・ついに来た~!



瓶詰めされたビールが10本。
世界に30本しかないビールが、ここに10本あるのだ!
飲むのが楽しみだ♪



10本のうちの2本は昔からの仲間に1本ずつ送ります。



容量は330ml。
アルコール度数6.0%です。



このラベル、スタッフが一枚一枚手作業で貼ってるそうです。
たまに曲がっているのがあってもごめんなさいい、って言ってました(笑)。



品名は『横浜ビアザケ』。
賞味期限は2018年2月8日まで。
・・短っ!!



さあ、試飲だ!
自分が作ったビールだ、絶対に旨い・・・といいなあ。



さあ、正直なインプレッションだ。
非常に甘い香りと強いホップの香り。
フローラル、パンのような香り。
始めは軽く、薄く感じるが、すぐに口の中で甘くなり、重くなる。
とても苦い、重量感のあるビール。
酸味はあまり感じない。
後味も強烈に苦い。
甘く、苦く、深く、強く・・・旨い!!



美味しいビールが出来上がって良かった☆
ビールづくり体験、とっても楽しかったし・・・この日が来るのも楽しみだったからね♪
気分は最高です♬


↓ 『ビールづくり体験教室 ーキリンビール横浜工場ー』はこちらから

『ビールづくり体験教室 ーキリンビール横浜工場ー (その1)』
『ビールづくり体験教室 ーキリンビール横浜工場ー (その2)』
『ビールづくり体験教室 ーキリンビール横浜工場ー (その3)』
『ビールづくり体験教室 ーキリンビール横浜工場ー (その4)』
『ビールづくり体験教室 ーキリンビール横浜工場ー (その5)』
『ビールづくり体験教室 ーキリンビール横浜工場ー (その6)』
『ビールづくり体験教室 ーキリンビール横浜工場ー (その7)』
『ビールづくり体験教室 ーキリンビール横浜工場ー (その8)』
『ビールづくり体験教室 ーキリンビール横浜工場ー (最終回)』
コメント

ボタニカルキャンドルを作ろう! ー宇都宮 花キャンドル&ハーバリウム教室ー

2018-01-13 19:57:51 | 64号室 社会科見学
ボタニカルキャンドルは 、ドライフラワーやドライフルーツ、ハーブなどをワックスに溶かし込んだり装飾したキャンドルです。


今回は栃木県宇都宮市の『宇都宮 花キャンドル&ハーバリウム教室』でボタニカルキャンドル作成体験をしてきました!
これは教室の先生が作られた、私たち体験者にとっては見本になるものです。
凄く綺麗だ~!
つい、見とれてしまいましたよ・・・。



こちらは先生のペットのビーグル犬。
相変わらず動物にはモテる私。



さてさて、体験開始♪
まずは自分が使いたいキャンドルの色を決めます。
空と水のイメージで作りたかったので、水色のキャンドルを選びました。



キャンドルを型になる容器のほぼ中心に置きます。



ここからは今回の自分デザインのキャンドルを作った手順で紹介します。
まあ、自分デザインとは言ってもほとんど場当たりデザインですけどね~(笑)。
最初にグリーンのモスをキャンドルの底に詰め込んで、キャンドルを固定しちゃいます。
そうするとキャンドルが安定して、隙間に部材を詰めるのが楽なんだな~。
そしてトウガラシを配置して、デザインのバランスをここで大まかに決めちゃいました。
素人なので、こういう線引きをしちゃうと何となく安心して進められるんですよ。



部材については事前に教室に連絡をして、持ち込みの許可を戴いています。



トウガラシの間にドライフルーツのブラッドオレンジの輪切りを詰めたり・・・。



こんな可愛いドライフラワーを詰めたりします。



部材が壊れないように詰めるのが難しい。
厚みのあるこのドライフラワーは、裏側をハサミで切り落として厚みを薄くして詰め込みました。
ドライフルーツも邪魔になる出っ張りはカッターで切り落としました。



そしてキャンドルの最上部には、持ち込んだウサギフィギュアを配置!
ガチャで手に入れたものです。
これでデザインは完成♬



フィギュアを使う場合には大きすぎない物で、ロウの熱さで変形しないものを選ぶことが大切です。



先生がキャンドルと型の容器の間に流し込むロウを溶かしてくれています。



左の溶かしたロウを右のキャンドルの型の容器に流し込みます。



なるべくキャンドルの中央に流し込むのがポイント。
結構ドキドキですよ。



流し込むとこうなります。
これを先生が冷蔵庫で冷やして固めてくれます。
固まるまで15~20分ぐらいだったかなあ。



ビーグル犬は・・・飽きたのか、遊んでもらえないからなのか、寝ちゃいました(笑)。



固まったキャンドルを型から抜いて完成!
逆さにして容器の底を押すと、簡単に抜けますよ。
簡単に、とは言っても、キャンドルを容器に入れる前に先生がスプレータイプのオイルを容器の内側に噴霧してくれていました。



うんうん、上手くできたんじゃないかな??



小さなドライフラワーが壊れずに固定できたのが嬉しい♪



よし、空と水と自然のイメージが表現できたような・・・気がするね!



所要120分。
これはとっても楽しかった!!
先生は親切だし、優しいし☆
この体験、すっごくオススメです!!

↓詳しくはこちら!
宇都宮 花キャンドル&ハーバリウム教室
コメント (2)