うさぎ学園 多趣味部

学長でウサギのむぎまる君・ZIPPO・ウイスキー・旅行・ガーデニング・釣り・・・今日も全力で遊びます!

室内で焚火しました 2017

2017-12-31 23:46:32 | 48号室 焚き火
年々、火力が増加していたので・・・ちょっと火力を絞りました。


アウトドア好きの仲間たちと飲むと、どうしても焚き火が欲しくなるんですが、室内では火力や方法が限られちゃうからね。
まあそれならってことで、考え方をちょっと変えて『ボタニカルキャンドル』を使ってみました!



火力が強いだけが焚き火じゃないぞ、と。
こういう選択肢もあるんだね~。



不思議なもので、小さくても何か火があると・・・酒が美味い!
試してみると、その時の気持ちと雰囲気の違いにビックリしますよ!



明かりを消すと、こうなります。



キャンドルの火でも充分楽しいですよ!



キャンプ用のキャンドルでも充分楽しめると思います。
ランタンを灯してみるのもいいかもしれませんよ!



どんなに酔っていても、火の元には細心の注意を払いましょう。
割りばしや紙などを燃やすのは非常に危険です。
万が一のことを考えて、消火用の水を準備しておきましょう。
考え得る全ての危険に配慮した上で、あくまでも自己責任でお楽しみください。
コメント

今日のむぎまる君 2017(最終回)

2017-12-31 14:48:13 | 1号室 むぎまる君の部屋
御挨拶、むぎまる君。


「・・・・・・・・・・・。」
おーい、むぎ、御挨拶の時間だよ~。



ほらほら、起きて御挨拶しないと!
「うう?ねてた~。あけまして、おめでとーございますぅ・・・。」
いやいやいやいや、そんなに寝てないよ?



「ことしもおせわになりました。らいねんも、よろしくおねがいします!」
大変良くできました(笑)。



今年もうさぎ学園多趣味部を応援戴きましてありがとうございました。
来年も、どうぞ宜しくお願い致します。
コメント

シマリスぴーちゃん2017 (最終回)

2017-12-31 09:42:38 | 52号室 ぴーとさんの部屋
御挨拶、ぴーと君。


「ことしは、たいへんおせわになったぞ。らいねんも、よろしくおねがいするぞ。」



来年からはシマリスぴーちゃん2018が始まりま~す。
コメント

うさぎ山

2017-12-30 12:21:56 | 0号室 メイン部室
みんなで重なって、温まってるんだ。


見てるあいだにどんどん重なって山になりました(笑)。



・・・可愛すぎる。
うさぎツムツムだね。

うさぎ好きな人は、ここクリック!ネザーランドドワーフのむぎまる君に会えるよ!
お財布無くした、むぎまる君
コメント

ちょっとだけ、むぎまる君 2017(34)

2017-12-29 15:09:53 | 1号室 むぎまる君の部屋
中華料理が食べたい、むぎまる君


「ねえ、まーぼーどーふ、まだ?」
あ、ちょっと待ってて!



・・・って、作りませんよ。
コメント

昨夜のお酒 『ベル エクストラスペシャル』

2017-12-28 23:01:28 | 5号室 プライベートバー
ブレンデッドスコッチウイスキー『ベル エクストラスペシャル』のオールドボトルです。


『ベル』はアーサー・ベル&サンズ社のウイスキーで、稀代の名ブレンダー『アーサー・ベル』の名が由来です。



ウイスキー特級の表示が無いので1989年以降のボトルですが、ラベルは特級表示の頃のデザインを引き継いでいますので、おそらく1990年前半のボトルと思われます。



目減りもなく、コンディションのいいボトルです。
これを販売していた酒屋の店主は「棚に並べた当時から動かしてないんだ。」と言ってました。
たっぷりとホコリを被っていましたが、日光が当たることもなく、いい状態で保管されていました。
ホコリは拭き取れば簡単に綺麗になります。



アルコール度数43%・容量750ml。



ブレンドに使用している原酒は『ブレア・アソール』、『ダフタウン』、『インチガワー』、『ピティヴェアック』、『ブラドノック』などです。



個人的インプレッションは・・・。
ノンエイジングだが非常にフローラル。
ハイビスカス、フジの花の匂い。
甘さは控えめ、辛さ、苦みも控えめのところでバランスが取れているおとなしい感じの味。
口の中で空気と混ぜ合わせるように転がしながら飲むと、花の香りが高まって味わいの華やかさが増す。
アルコール感を強めに感じるが、フローラルな香りに対して、いいアクセントになっている。



高いウイスキーではありませんが、美味しいです!
バーなどで見掛けたら是非!
コメント

今日のむぎまる君 2017(56)

2017-12-27 19:31:35 | 1号室 むぎまる君の部屋
グルメ、むぎまる君。


「たまには、まーぼーどーふとか、たべたいなあ~。」
麻婆豆腐っ??



「あしたは、ちゅうか、つくってね!」
分かった、豆腐と挽き肉とネギ買ってくるよ・・・って、無茶言うなっ。



ウサギに中華料理を与えちゃイケマセン(笑)。


器用なむぎまる君が、ここにいるよ!!
ホントにウサギか?むぎまる君。
コメント

『特別編』 庭に野鳥を呼ぶなら、今!

2017-12-27 17:39:46 | 20号室 特別室
冬、自然界では野鳥のエサになるものが不足します。
この季節に庭やベランダに餌台を置くと、野鳥がやってくる確率が高くなります!


庭の隅に餌台を立てて、小鳥用のムキエサを置いてみると・・・。



最初に「スズメ」がやって来ます。
最初の一羽が来るまで数ヶ月掛かる場合もありますが、気長に待ちましょう。
なかなか来なくても、餌台の場所は変えないほうがいいです。
その餌台が安全かどうか、野鳥は遠くから見ています。
途中で場所を変えてしまったら、待つのはまた一からやりなおし。
なかなか野鳥が訪れてくれないときの失敗例に多くみられます。
一羽来れば、あっという間に数が増えますよ。
今、私の庭には50羽以上訪れます。



次に来るのは「ヒヨドリ」。
ピーピーやかましく鳴く野鳥です。
その多くが冬にやってきます。
パンくずなどを置くと、取り合いの闘争を楽しむことができますが・・・かなりうるさいです・・・。



ハト餌を餌台に置くと・・・。



「キジバト」が来ますよ。
別名ヤマバト。人をあまり恐れない野鳥です。
つがいで行動することが多いので、仲の良い行動が楽しめますよ♪



ヒマワリの種は油脂分を好む野鳥を呼ぶのに適した餌です。



「シジュウカラ」はヒマワリの種が大好物。
上手に殻を割って食べます。
殻の無いヒマワリの種は、ヒヨドリやキジバトに食べられちゃうので、餌の取り合いを防ぐために殻のまま餌台に置きます。



冬鳥の「シメ」もヒマワリの種が大好き。
他の野鳥を追い払って餌を食べることもある、強い野鳥です。



みかんを切って針金などで枝などに固定しておくと、「メジロ」が来ますよ。
メジロは甘い蜜が大好き。
体が小さいので、先にヒヨドリに餌を横取りされちゃうこともありますが・・・。



みかんやリンゴを置くと「ムクドリ」もやってきます。
柿も大好き。
地上で虫を探すことも多いです。



庭や畑に撒く農薬を減らせば、クモなどの小さな虫がたくさん住み着きます。
大量に増えたら嫌だなあ、って思うかもしれませんが、野鳥が来るようになればそのほとんどが野鳥に食べられてしまいます。
虫が大好きなのが「ジョウビタキ」。
縄張り意識が強い野鳥で、一羽で行動します。
冬鳥ですが、一度来るようになれば毎年現われるようになりますよ。
この写真はオスです。



こちらは「ジョウビタキ」のメス。
残念なことにオスと一緒に現われることはほとんどありません。



こちらも虫が好きな「ツグミ」。
冬鳥で、渡りの前以外はほぼ単独で行動します。
餌台にも時々現われますよ。



地上に降りてチョコチョコ歩きながら虫を探す「ハクセキレイ」。
呼ぼうと思って呼ぶのは難しい野鳥ですが、ジョウビタキやツグミ、ムクドリが来る場所ならばやって来る確率は高いです。



「モズ」も虫が大好き。
肉食の野鳥なので、餌台を訪れることはありません。
どうしても呼びたいっていう場合には餌台に『ミルワーム』を置くっていう方法もありますが・・・気持ち悪いからね。
あ、ミルワームは『ゴミムシダマシ』っていう甲虫の幼虫で、ペットショップなどで手に入ります。
モズを比較的簡単に呼ぶには、木の枝に豚肉を刺しておくといいですよ。



豚肉ではなくラードを木の枝に刺したり縛り付けたりしておくと、キツツキの一種「コゲラ」がやってきます。
コゲラは動物性油脂が大好きです。
ラードや豚肉を置く場所は、カラスが止まれないぐらいの木を選びましょう。



雑食性の「オナガ」。
カラス科です。
経験上、餌台に現われることはほとんどありません。
みかんや豚肉などがあれば来る確率は高くなります。
実がなる木があれば訪れてくれるかも。
ただ、ちょっと厄介な野鳥で、巣箱やツバメの巣の雛を襲う場合があります。



庭に野鳥が増えてくると、上空を「トビ」が旋回することが増えてきます。
野鳥を襲うことはありませんが、餌場の食べ残しを狙っています。
広い場所じゃないと降りて来る事はできません。
ヒヨドリが運んでいって落としたパンくずなどを狙っています。



餌台、置いてみませんか?
毎日が楽しくなりますよ~!

※写真は全て、私の庭で撮影しました。
※野鳥はフンをします。餌台はフンを容認できる場所に設置しましょう。
※全ての人が野鳥を歓迎するわけではありませんので、近所の迷惑にならないように注意しましょう。
コメント

今日のむぎまる君 2017(55)

2017-12-26 21:20:26 | 1号室 むぎまる君の部屋
アイドル、むぎまる君。


お~い、むぎ、握手会の時間だよ~。
「あう?もう、そんなじかん?」



はい、準備してっ!
「あ~い。」



「あい、みぎて。にぎってね。」



え?握手会ってそういうんだったっけ??


スーパーむぎまる君を見たいならここ!!
楽しそうだね、むぎまる君!
コメント (4)

もう一度『東京クリスマスマーケット 2017』に行こう! (最終回)リースとムジファとクリスマスピラミッド

2017-12-25 19:45:28 | 10号室 会議室
『東京クリスマスマーケット 2017』はこれで終了です。


『クリスマスピラミッド』は何回撮っても楽しいですね~。



今回は前回までに写真を撮れなかった(暗くなるまで気付かなくってさあ)クリスマスリースをいっぱい載せちゃうぞ。



『イルミネーションに煌めくプレミアムリース』っていう題名で展示されていました。



・・・イルミネーションの光が届かない場所に展示されてるんだけどね。



リースって作るのって時間が掛かるし、インスピレーション的なものが大切なので、こういうふうに作れるのって尊敬しちゃうんですよね~。



夜にこれを見ても、暗いからまともに写らないんですよ。
人はあまりいないんだけどね(-_-;)



私が一番気に入ったのはこれ!
ああ!こういう形もアリなんだ!
丸だけじゃないんだね~。
イメージが変わりました。



公式ガイドブックに付属してた券を使って・・・上りました「フォトステージ(展望台)」。
・・・すげえ人混みだ・・・。



ウロウロしてたらいつの間にか暗くなるし、酔いも醒めたしお腹もすいてきたぞ。
よし、ここ『ハウスデスアドラー』でグリューワインを飲もう。



ちょっと甘いかな。
でも、身体があったまるな~。



そして『クロンバッハ』でも買うのだ♬



ソーセージセットとグリューワイン(またか)。
ソーセージはチーズインソーセージと粗挽きとノンスモークのセットなのだ。
美味しいねえ♬



さて、このステージテントでのイベントを見るために席を確保したんですよ。
『Mujifa : ムジファ』のステージです。



ポップス出身のクラシカルクロスオーバー歌手ですよ。



クラシック、ポップス、ミュージカルなどの名曲を歌っていました。



ステージが終わってステージテントから出ると・・・完全に夜だわ。
人が減ってないけどねえ。
ってか、増えてないか??



もう一度フォトステージから撮影☆
夜の方が綺麗かな~。



ここで記念撮影。
先週とは革ジャンが違いますよ(笑)。



また来年。



今年も楽しかったなあ!!!
コメント

もう一度『東京クリスマスマーケット 2017』に行こう! (その3)『 モスとフラワーのボタニカルキャンドル』作成体験!

2017-12-24 18:11:25 | 10号室 会議室
ワークショップで開催された『 モスとフラワーのボタニカルキャンドル』作成体験してきたぞ!


ワークショップにはこんな感じの材料や道具が準備されていました。
上の方に完成品見本があります。
あんな感じに作りますよ~。



作業台の上に準備されていた道具と材料です。



モス(苔)が多いね。
右のビニール袋に入ってるのはドライフラワーです。



ダンボールの筒に入ったキャンドルを使います。
このキャンドルと筒の隙間にドライフラワーやモスを詰め込むのだ♪



会場内の雰囲気。
講師の声が小さくてあまり聞こえない。
その上、説明が早い・・・。
これは思ってたよりキビシイかもなあ。



まずはキャンドルとダンボールの隙間にモスやドライフラワーを詰め込みます。



割りばしで押し込んでいきます。
今回、事前に材料の持ち込みOKと許可を戴いてるので、ドライオレンジやスターアニスなどを持ち込みました。



それにしても説明も作業も急ピッチ(-_-;)
詰め込んでるときの撮影なんかしてる余裕がありません。
他の作業台の方から「早いです~!!」って苦情が(-_-;)
何とか詰め込みましたよ。
始まる前のわずかな時間に材料を見極めて、ダンボールとキャンドルの隙間の見えない空間の中でのレイアウトを想像して作らないと・・・難しい。
ウサギは持ち込み品で、キャンドルをちょっとハサミで削って座らせました。



材料を詰め込んだら、紙皿に乗せて前に持って行きます。
なんだか慌ただしい・・・。



ここで隙間にロウを流し込んでもらうのだ。



溶かしたロウはこうして流し込んでもらいます。



あ~、ウサギがお風呂に入ってるみたいだね(笑)。
芯が倒れてロウに沈まないように割りばしで挟んであります。



水が入ったタライに入れて、流し込んだロウを冷やして固めます。



ロウが固まったらタライから引き揚げて・・・。



ダンボールを剥がします。



剥がすとこうなるのね。
ロウだから透明感が無いなあ。
でも、これで終わりじゃないんですよ。



表面を熱したロウで揚げます!



不透明なキャンドルの表面をロウで揚げると・・・。



ほらほら、モスが現れたぞ~!
これは結構ビックリ。



完成だっ♬
思ってた以上に良くできた~☆☆☆
やっぱり周囲からは「可愛い~!」の声が。



ラッピングして終了。
うん、よくできました!



『 モスとフラワーのボタニカルキャンドル』作成体験、めっちゃ楽しいです🎵
次回、シリーズ最終回。
お楽しみに!
コメント (2)

もう一度『東京クリスマスマーケット 2017』に行こう! (その2)もっと騒げ!

2017-12-24 18:11:01 | 10号室 会議室
日比谷公園で開催の『東京クリスマスマーケット 2017』は12月25日までです!


『Operatic Theater de Noël :オペラティック・シアター・ドゥ・ノエル』が終了して休憩の間に『ブッツデリカテッセン』でフードを購入~。



生ハムとサラミのセットです♪
美味しいんだ、これ。
おつまみにつもりで買ったんですが、ああっ!
ビールが無くなった!
・・・買いにいかねば(笑)。



11時に到着したときはこんなに混んでなかったんですが・・・すげえ。
でも、こういうのも楽しみのひとつです。



『ホフブロイのお店 バーデン バーデン』でビールを買おう♪
ここの陶器のジョッキが欲しくてさ~。



これこれ♪
これが欲しかったんですよ。
ジョッキの中は黒ビールが1リットル。
2000円・・・高いビールだなあ。
そこにジョッキのデポジット(預り金)が2000円なので、合計4000円(-_-;)
ジョッキを返せばデポジットの2000円は返金されますが・・・私は持ち帰ります☆



ほ~ら、美味しそうでしょ♪
まあ、1リットル飲むんだけどね。



さあ!!『AnTon & the Jingle Bells』のライヴ開始だ~っ!!



相変わらず、もの凄いパワーだな(笑)。



おお~!
サンタも出て来たぞっ!!



お祭りお祭り♪



サンタクロースっていうか、サンタ風のスーツなのね。



今回も客席で演奏♪
超・大盛り上がり!!



おおお??
そばに来た~っ(笑)



あっ!
MCのオネーサン出てきた~!
ステージの上には子供たちがいっぱいだ。



はははは!
大宴会状態だなっ!



凄いな、今回はおじさんたちがこうなるか!
騒げ~!
もっと騒げ~!!



みんな立ち上がったぞ!
立ち上がって・・・飲む♬



ん~、今まで気づかなかったんですが・・・女性ボーカルいたのね・・・。
これまではステージが遠い場所から見てたからね~。



次回は『 モスとフラワーのボタニカルキャンドル』作成体験!
お楽しみに!!
コメント

もう一度『東京クリスマスマーケット 2017』に行こう! (その1)オペラ!

2017-12-23 22:57:57 | 10号室 会議室
2週連続で日比谷公園で開催の『東京クリスマスマーケット 2017』に来ました~!


日比谷公園は今日も一部だけ紅葉が綺麗です。



なぜ??
桜が満開なんですよ。
この樹だけ。



さあ、到着しました『東京クリスマスマーケット 2017』!!



ウェルカムゲートの左で公式ガイドブックを300円で購入すると、一回クジが引けま~す。



公式ガイドブックとフォトデッキ券と、クジで当たったビールの引換券♪
『アルコブロイ』でボトルビールがもらえます☆



ここ、アルコブロイです。
ここでビールを引き換えます。



これがそのボトルビール。
買うと900円。
今日はビールが飲みたかったから嬉しいな♪
今回はステージテントでのイベントを見るために、早めに来て席を確保しました。



更に『クロンバッハ』で・・・。



ビールとハーブチキンとグリューワインを買いました~。



『シェフ フィリップ』でも料理を買うのだ。



ビーフシチューと・・・。



ハンバーグセット♪



食べ物を揃えたところで、ステージではMCの挨拶と案内が。
あれ?あのコ・・・去年、歌って踊ってたよね~。



『Operatic Theater de Noël :オペラティック・シアター・ドゥ・ノエル』開始~♬



こういうステージを見るのもいいね。



ビール飲みながらオペラ鑑賞って、なかなかできないし。



肩の力を抜いて見れるオペラだし・・・って、ステージから降りてきた~☆



おお~、こっちに来てくれたぞ!
乾杯~!!



ははは。
一瞬だけポーズとってくれたのを撮れました!



会場は大盛り上がり!



何だかオペラっぽくないオペラで楽しいね☆



最後は記念撮影しちゃったぞ。
二人が帽子が(あくまでも帽子が)カッコイイって褒めてくれました~(笑)。



『オペラティック・シアター・ドゥ・ノエル』楽しかった~♬
次回は『AnTon & the Jingle Bells』だ!
また大宴会ですぜ☆
コメント (2)

ちょっとだけ、むぎまる君 2017(33)

2017-12-23 08:14:18 | 1号室 むぎまる君の部屋
番ウサギ、むぎまる君。


「たしゅみぶの、しょさいは、ぼくがまもるんだ!!」



頑張れむぎ!多趣味部の心臓部を守るのはキミだっ!


過去のむぎまる君はここから見れるよ!
>名探偵むぎ 第二話
コメント (2)

昨夜のお酒 『J & B レア』

2017-12-22 21:31:08 | 5号室 プライベートバー
ブレンデッドスコッチウイスキー「J & B レア」のオールドボトルです。


「J & B」はジャステリーニ&ブルック社の頭文字をとっています。



ジョニーウォーカー赤ラベルと共に世界を席巻したビッグブランドです。
ウイスキー特級の表記があるので、1989年以前のボトルです。
ラベルはかなり汚れていますが、日光でヤケていないので多分中身は大丈夫。
そんな判断で購入しました。



アルコール度数43%、容量750ml。
バックラベルだけでもいい雰囲気ですよねえ。



ボトルデザインは年代やロットによって違います。
エンブレムの形が違うボトルもあるんですよ。



原酒はノッカンドゥ、オスロスク、グレンスペイ、ストラスミルなどです。



さて、個人的なインプレッションは・・・。
ミント香、わずかにヨード香。
水草、バナナの皮。
舌先にかなり熱く感じる。
熱さと辛さの高い壁の向こうにフルーティーさと焚き火の匂いがある。
ローストしたナッツ。
ナッツとバナナを同時に食べたらこうなる?
スッキリとした辛さの後味に余韻が続く甘さが嬉しい。
苦み・酸味はほとんど感じない。
厚みのある飽きないバランス。



たくさん流通したウイスキーなので、出会う機会はあるかも!
見付けたら是非、味わってみてください!!

ジョニーウォーカー赤ラベルはこちらで見れます!
ジョニーウォーカー赤ラベル
コメント