妖怪大魔王・コバ法王日記

オートバイを分解して磨き、正確に組み立て独自理論でラインを探り、ストップウォッチと頭脳で感性を磨き、日々の想い語ります

コラム記事・『 その見方、考え直しませんか?』、執筆中です

2022-04-23 14:27:50 | ライディングの基本・妖怪講座

『 前を見て!』

人には「前を見る時は、顔を上げるべきだ!」という固定観念があります。そして、日本では見た目で判断されやすいのか、顔をあげていないと良くない印象があるのか、授業中に注意されたりします。 そして、オートバイの運転でも、特に安全運転講習と銘打った会場では、受講者の顔の向きをチェックして、インストラクターの「前を見て!」という声がよく響いています。しかし、これは危険な事だと僕は考えているのです。


そう考えている理由は二つあります。 一つは「顔を上げると、視野が狭くなるから」、二つ目は「バランスが崩れるから」です。

 

『 水平視野を広く 』

オートバイの運転で大切な視野は「水平視野」だと思います。道路の上を走り続ける限り、対向車や自転車・歩行者も道路の上を移動している限り、一番大切なのは道路上を見回す「水平視野」です。そして、顔を上げている状態が一番「水平視野」が広いとは限らないのです。


個人差はありますが、頭を少し前傾させている状態こそが、左右の視野が広がるので、60 ㎞/h 以下の一般道では安全だと思うのです。

 


『 バランスが大切 』

バランスと言っても、他人が見た時のバランスではありません。 オートバイを運転中は、頭を無暗に振って左右を確認すると、大切なバランスを崩して進路を乱しやすいという事。これは、ライダーなら殆どの人は体験済みでしょう。

ただ、インストラクターや採点教官が居る会場では、とてもバランスを崩しやすい 低速走行時や、タイヤへの荷重が抜けやすい旋回中に限って、頭を振って顔を向ける事が求める “悪習” があるのです。



       ******************


以上の様な内容でコラム記事をまとめる予定ですから、もっとオートバイを上手に安全に乗りたい人はご期待ください。 なお、このコラム記事は、【オートバイの基本講座】の  “体” カテゴリー  で最初の記事になる予定です。 ようやく、このカテゴリー記事も始められそうです。  

 

 


f:id:youkaidaimaou:20220126210928g:plain

https://gra-npo.org

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.
















ライディングの基本法則、“コインの法則” を伝えたくて動画を制作しました!

2021-11-06 21:49:43 | ライディングの基本・妖怪講座

  
オートバイのライディングの基本中の基本の解説動画、『 基本の「き」』シリーズの第3弾として、【 “コインの法則” の練習 】を制作しましたので、是非ご覧ください。
 
 

  
  
この “コインの法則” とは、オートバイが旋回時に描くラインは、転がるコインが描くラインと同じく、自然法則に従った曲線になっています。このオートバイが本来備えている自然な “旋回特性” や “旋回曲線” を正しく理解して、実際のライディングに活かす為の練習方法を紹介しています。



f:id:youkaidaimaou:20200509003314j:plain 




















旋回の “神髄” 身につけよう ! Get the essence of turning

2021-09-30 17:09:44 | ライディングの基本・妖怪講座

オートバイの一番の特徴は旋回(ターン)にあります。
バンクさせて旋回している時の感覚は、他の乗り物では味わえない独特の喜びがあります。しかし、スキーやスノーボード、サーフボードなどと較べて、旋回の “神髄” を手に入れている人は多くありません。

f:id:youkaidaimaou:20210930165846j:plain


それは、スキーやスノーボードなどではブレーキ無しでの旋回を学ぶのに、オートバイでは「ブレーキをかけるように!」と教えられているからでしょう。
その上、リアブレーキだけを使うライダーが多いので、オートバイ本来の旋回の “神髄” を身につけている人が少ないのです。

 

f:id:youkaidaimaou:20210930165930j:plain


コラム『 旋回の “神髄”  身につけよう! 』では、スキーやスノーボードとの比較を通じて、どうすれば旋回の “神髄” を身につけられるかについて触れています。



f:id:youkaidaimaou:20210930170430j:plain


【 旋回の “神髄”  身につけよう! 】

https://gra-npo.org/policy/yokai_column/column/2021/essence_of%20_turning/essence_of_turning.html



f:id:youkaidaimaou:20210930170049j:plain




クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.

 

f:id:youkaidaimaou:20210125191527j:plain
https://gra-npo.org













旋回(ターン)の楽しさ、知らない人へ (2/3)

2021-09-03 00:15:14 | ライディングの基本・妖怪講座

『 オートバイは、旋回の乗り物だ 』

オートバイは、旋回をするための乗り物だと思う。
例えば、タイヤがそうだ。傾いて転がるコインが旋回する様に、旋回を続けやすい形と太さになっているからだ。

f:id:youkaidaimaou:20210903000916j:plain


それも、タイヤは二本あるから、旋回を安定させやすく、前後タイヤの働き方を変えるだけで、色々な旋回が可能なのだ。

f:id:youkaidaimaou:20210903001030j:plain


しかし、オートバイに乗った事が無い人には、「色々な旋回ができる、旋回の乗り物」と言われても想像できないだろう。
でも、安心して欲しい。オートバイに乗り慣れた者でも、「色々な旋回が出来る」と言われて理解している者は少ないのだ。

f:id:youkaidaimaou:20210903001119j:plain


そう! 多くのライダーでさえ、旋回のさせ方を知らないのだ。

f:id:youkaidaimaou:20210903001148j:plain



f:id:youkaidaimaou:20200509003314j:plain 














基本は『 荷重コントロールだけで曲げる 』

2021-08-27 23:00:19 | ライディングの基本・妖怪講座

    
パラ五輪、車いすバスケットを観ていて確信を深めた。
パスやシュートの体制のまま、手を使わずチェアの向きが変えられる事を。
荷重コントロールで向きを変えたりブレーキを掛けられるのだ。

f:id:youkaidaimaou:20210827225643j:plain


それは、車いすテニスでも同じ事は言えそうだし、
自転車のBMXレーシングやフリースタイルで、
ペダルで漕がずに加速させる動作ができるのと似ている。

f:id:youkaidaimaou:20210827225729j:plain

f:id:youkaidaimaou:20210827225712j:plain


オートバイも同じだ。荷重コントロールで曲げるのが基本だ。
でも、それを知らず、バンク角とブレーキに異様に頼った走りをするから、
さらに、アクセルを加えて曲げていく美しい世界が見えないのだろう。



f:id:youkaidaimaou:20200509003314j:plain