久谷夢工房=勝山句会・自然石を使った常夜燈・椿の植栽

≪地域発信≫愛媛県松山市久谷地区
勝山句会
自然石を使った常夜燈
遍路道沿い・椿の植栽
(灯籠まつり)

今までの活動紹介 平成16年「みんなのまつやま夢工房」久谷編、開始

2015年05月16日 | 平成16年度(2004年度)活動記録 立ち上げに向けて

松山市が実施している「みんなのまつやま夢工房」

各地区に呼びかけて「地域資源でまちづくり」をしましょうという活動。

では、久谷地区で!と、平成16年度、荏原・坂本の両公民館が受け皿になって開始。

平成16年6月24日第1回会議から、8か月間ワークショップ形式で討議をしました。

20名ほどのメンバーが3つの班に分かれ、それぞれの持ち味を生かして活動。

まず最初に、以下のように、久谷地区の地域資源の概要をまとめました。

久谷 - 里山の風景(大変参考になる「久谷の里山(写真のページ)」をご覧ください)

    - 豊かな歴史、多くの文化遺産( 同上 )

・・・里山の風景を大切にしようという第1班の活動が現在の「灯籠まつり」と「椿の植栽」につながっています。

正岡子規の句碑( 同上 )

・・・松山と言えば俳句でしょう!という第2班の活動が現在の「勝山句会」につながっています。

遍路文化にまつわる多くの伝承( 同上 )

NPO法人地域共創研修所NORA(今はどうなっているのか把握できていません

重要文化財の渡部家住宅(ホームページをご覧ください)

大黒座の土蔵(ホームページをご覧ください)

道後湯築城の出城 - 荏原城址や窪寺跡(久谷の里山(写真のページ)をご覧ください

伊予八百八狸(いよはっぴゃくやだぬき)の碑 - 山口霊神(ひとまず写真だけ紹介)

・・・第2班は伊予八百八狸にも注目し、「創作歌舞伎舞踊 伊予八百八狸」を生み出しました。現在は独立した任意の団体として活動し、国民文化祭にも出演するなど活躍しています。

 そして、平成16年10月9日、南海放送ラジオが同時放送した「まつやま里山ウォーク」の会場が久谷地区。

第3班が試作した「矢竹笹寿司」を休憩ポイントの久谷中学校校庭でお接待したのでした。(矢竹笹寿司の写真を紹介したいのですが今手元にありません

当時の市長、中村時広さんが「せっかくだから『戦国矢竹笹寿司』にしたらどうでしょう!」とアイデアをくださいました。

第3班は平成19年に「矢竹の会」として活動を始め、現在も独立した任意の団体として「久谷華甘酒」を販売するなどしています。

 

 ・・・立ち上げから現在までの活動紹介はたくさんあるので、ぼちぼち掲載していきます。

(参照:「久谷夢工房 久谷の地域資源でまちづくり」

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

勝山句会 平成27年3月

2015年05月01日 | 勝山句会(平成26年度)2014年度

久谷夢工房のメンバーで、勝山句会の指導をしていただいている竹内通信さんの

句集「つるき 3月号 (第126号)」から、勝山句会のメンバーの俳句を紹介します。

(勝山句会 於 坂本公民館 平成27年3月16日19:30)

<竹内評> 古墳の丘一面に仏の座が群生している。薄紅の大人しい花が咲きなんとなく哀れである。さも、古墳の主人を悼んでいるかのようである。

【ブログ担当季語紹介】 「仏の座」・・・読み方:ホトケノザ。シソ科の植物。春の七草の一つ。季節:新年、春。分類:植物。

≪出典≫ Weblio辞書 季語・季題辞典より抜粋。(以下、季語紹介の出典は同じです)

【追記】 勝山句会が2月16日に開かれ、その場で集められた句を3月号で紹介しています。なので今回、通信さん、太呂さん、孝一さん、兎角さん、欣さんの句は3月号掲載分ですが、2月の句です。(「二月号」と表記されています)紹介が遅くなって申し訳ありません。

 

<竹内評> いにしえの農家は、残雪で今年一年の農事を占ったという。今年は?

【ブログ担当季語紹介】 残雪・・・読み方:ザンセツ。春になってもまだ残っている雪。季節:春。分類:地理。

 

<竹内評> 内海である瀬戸の島々に霞がかかり孝一さんは「はるけしい」と感じた。普段であれば狭い島々であるが、冬霞が広さを感じさせた。

【ブログ担当メモ】 はるけ・し(遥▼けし)・・・(形ク)①空間的・時間的に遠くへだたっている。はるかである。②心が遠く離れている。

≪出典≫ Weblio辞書 三省堂大辞林より抜粋。

 

<竹内評> 一日のうち、夜は家族の揃う時間帯がある。蜜柑を剥いてワイワイ。

 【ブログ担当季語紹介】 蜜柑・・・読み方:ミカン。橙黄色で扁球形の柑橘類の一種で、晩秋から冬に収穫される。季節:冬。分類:植物。

 

<竹内評> 最近は流行らないが、背中に背負うねんねこで子育て。出ている足は柔らかそう。

【ブログ担当季語紹介】 ねんねこ・・・①「ねんねこ半纏」の略。[季]冬。②寝ることの幼児語。「-さっしゃりませ」

≪出典≫ Weblio辞書 三省堂大辞林より抜粋。

 

【ブログ担当より】 勝山句会、3月のお題は「春の鴨」でした。そのときの蓮行さんの句を。

<竹内評> 結界を張る事は鴨の特性である。動物の見切りとも言う。

【勝山句会 次回予定 平成27年4月20日 19:30~ 於 坂本公民館】

 

【ブログ担当より】 3月号の句を4月中に紹介できなくて申し訳ありません。(年度末&年度始めは超多忙…) それでも4月には、俳句と写真でブログを作っておられる他県の方々と読者登録でつながることができました。ありがとうございます。ブログ担当2年目もがんばりますので、月に一度くらいしか更新できていませんが、どうぞときどき覗いてみてください。お待ちしております。

 

≪写真提供≫

 2枚目、3枚目、6枚目 http://jh5swz.exblog.jp/  門前の小僧 遍路日記様

     いつも気持ちよく協力していただき大変感謝しております。
 5枚目 http://hatimitu04.exblog.jp/ ハチミツの海を渡る風の音様

     ブログ担当お気に入りの猫ちゃん写真2度目の登場です
 1枚目、4枚目 「無料写真素材 写真 photo AC」より転用

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする