久谷夢工房=勝山句会・自然石を使った常夜燈・椿の植栽

≪地域発信≫愛媛県松山市久谷地区
勝山句会
自然石を使った常夜燈
遍路道沿い・椿の植栽
(灯籠まつり)

勝山句会 平成28年1月

2016年05月16日 | 勝山句会(平成27年度)2015年度

≪勝山句会 於 坂本公民館 平成28年1月18日(月)19:30~≫ 

  寒九 読み方:カンク(kanku) 寒に入ってから九日め。 季節: 冬。 分類:時候。 【weblio 季語・季題辞典より】

  写真提供: 久谷の里山(写真のページ)様 

 季語紹介  炬燵 読み方:コタツ(kotatsu) やぐらを置き、布団をかけて足を暖める小さいいろり。 季節: 冬。 分類: 人事。 【weblio 季語・季題辞典より】

 

 写真提供: 久谷の里山(写真のページ)様 

 「みんまのき ははにせかされ としようい」

 竹内コメント  「巳午の忌」とは、その年に亡くなった人の正月で、本当の正月より早めに行ないます。和尚との打ち合わせ、親戚周りの連絡、料理やお膳の用意、墓掃除等々、年用意をします。それも、亡くなった母親に急かされて。 (通信つるき句会 平成27年12月号 四点句)

 季語紹介  年用意 読み方:トシヨウイ(toshiyoui) 新年を迎えるために種々の用意をすること。 季節 :冬。 分類: 人事。 【weblio 季語・季題辞典より】

 

  写真提供: 勝山句会メンバーの蓮行さん(坂本文化交流会・荏原文化祭で展示) 

 「かじかむや ねむれぬおもひの やまひのみ」

  竹内コメント  難解な事柄を二句一章の中に巧みに詠んでいます。先の見えぬ病に不安と思われますが、俳句があるから少し安らいでいます。 (1月号 鶴巻頭 鶴抄一)

  季語紹介  悴む 読み方:カジカム(kajikamu) 寒さのため万物がちぢこまった状態。 季節: 冬。 分類: 人事。 【weblio 季語・季題辞典より】

 

  写真: 無料写真素材「写真AC」より引用 

 竹内コメント  この句は少し切れが弱いが「蝋梅や」にすると少し強すぎる。三歩譲って良いとする。 (2月号 鶴巻頭 鶴抄三)

 季語紹介  蝋梅 読み方:ロウバイ(roubai) 花が蝋でつくられているような感じの中国渡来の落葉低木で、一、二月のころ開花するもの。 季節: 冬。 分類 :植物  【weblio 季語・季題辞典より】

 

  写真提供: 久谷の里山(写真のページ)様 

  竹内コメント  今は四日ですが、古くは八日であったようです。うまく詠んでいます。 (2月号 鶴巻頭 鴇抄二)

 季語紹介  四日 読み方:ヨッカ(yokka) 正月四日のこと。 季節: 新年。 分類: 時候。 【weblio 季語・季題辞典より】

 

  写真: 無料写真素材「写真AC」より引用 

 竹内コメント  「お正月巾着のひもゆるむかな」ぐらいが良いと思います。 (2月号 鶴巻頭 白鷺抄一)

 季語紹介  正月 読み方:ショウガツ(shougatsu) 一年の最初の月。 季節: 新年。 分類: 時候。 【weblio 季語・季題辞典より】

 

 写真提供: 勝山句会メンバーの蓮行さん(坂本文化交流会・荏原文化祭で展示) 

 竹内コメント  さらっと詠んでいる句である。しかし、内に秘める情趣が良い。それで天籟の句に戴いた。 (通信つるき句会 平成27年12月号 天籟の句(三)四点句)

 季語紹介  山茶花 読み方:サザンカ(sazanka) 四国・九州の山地に自生し、園芸品として改良されている小高木で、晩秋から初冬にかけて開花する。 季節: 冬。 分類: 植物。 【weblio 季語・季題辞典より】

         

 お・ま・け  平成27年12月号に通信さんが「問題の句」をこっそり混ぜて掲載していました。(ブログ担当はぜんぜん気づいていませんでした!

 

 さて、何が「問題」なんでしょう? 

         

 竹内コメント  この句は「や」「けり」の句です。皆さんはよく見極めました。「初霜に 藁ぐろ湯気を 立つるかな」ならば、勿論選をするでしょう。

 「切れ字」をふたつ使ってはいけない、ということですね。ふむふむ。。。

        

 次回予定・・・平成28年2月15日(月)19時30分 於 坂本公民館

≪課題・・・帰る雁・帰雁・行く雁・去る雁・雁の別れ・雁帰る≫

 ブログでは先に「2月号」を紹介していますので、あまりお気になさらずに。。。(笑) では、会長を急かして3月号を手に入れるようにします。

 もう梅雨になろうかというときに「1月号」の紹介を見ていただき、ありがとうございました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

勝山句会 写真俳句(平成28年3月 文化交流会展示)

2016年05月12日 | 平成27年度(2015年度)活動記録

 久谷地区で開催される文化行事に久谷夢工房・勝山句会は写真俳句の展示をしています。

 3月6日(日)坂本校区文化交流会(会場:坂本小学校体育館)と、

 3月13日(日)荏原地区文化祭(会場:荏原公民館)で。

 その時の作品を紹介します。写真はすべて蓮行さんの撮影です。

 季語紹介  寒九 読み方:カンク(kanku) 寒に入ってから九日め。 季節: 冬。 分類: 時候。 【weblio 季語・季題辞典より】 

 

 悴む…かじかむ。(「やつれむ」ではありません。) 太呂さん、どうぞお元気になってください。

 

 季語紹介  山茶花 読み方:サザンカ(sazanka) 四国・九州の山地に自生し、園芸品として改良されている小高木で、晩秋から初冬にかけて開花する。 季節: 冬。 分類: 植物。 【weblio 季語・季題辞典より】

 

 癌、ガン、願。。。

 

 季語紹介  烏瓜 読み方:カラスウリ(karasuuri) ウリ科のつる性多年草で、花がすめば楕円形の青い実ができ、秋から冬にかけて朱紅色に熟しながら、葉の枯れたつるからぶら下がっている。 季節: 秋。 分類: 植物。 【weblio 季語・季題辞典より】

 

 季語紹介  寒波 読み方:カンパ(kanpa) シベリア方面から流れ出す冷たい気流がくること。 季節: 冬。 分類: 時候。 【weblio 季語・季題辞典より】

 「 おしくらまんじゅう  おされてなくな 」…はい、確かに、私たちの小さいころはこの遊びをしていました。今はどうでしょう??? 

      

 前回の記事を更新していた3月27日、ジャストタイムで蓮行さんから写真俳句のデータをいただき、「さあ!」って感じでしたが、あれからもう、ひと月半も経ってしまいました。(年度末、年度始めは超超忙しいのです

 写真俳句、展示用データは蓮行さんが作りました。蓮行さん撮影の写真に6名のメンバーの俳句をのせて紹介しています。

 展示物はA4用紙(B4だったかも?)に印刷しているので、背景の写真に対して俳句の文字はもっと小さいフォントです。そのままブログに使うと文字が小さすぎて見えにくいので、ブログ担当が少々加工しています。

 蓮行さんの作ったイメージから外れていたら、ごめんなさい。

 

 追記  2月の勝山句会の課題は「帰る雁・帰雁・行く雁・去る雁・雁の別れ・雁帰る」でした。(「勝山句会2月」の紹介記事参照)

 

 会長!「つるき1月号」のコピーをありがとうございました! 1月号の紹介記事作成はこれからです!(笑) いただいてから、ずーっと温めてました。(あれから何日過ぎたことでしょう。。。) もう3月号が会長の手元にあるのではと思います。この記事を読んだら(笑)急ぎブログ担当に3月号をください。 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする