久谷夢工房=勝山句会・自然石を使った常夜燈・椿の植栽

≪地域発信≫愛媛県松山市久谷地区
勝山句会
自然石を使った常夜燈
遍路道沿い・椿の植栽
(灯籠まつり)

常夜燈~久谷地区(荏原)中野町(2基)

2015年09月06日 | 特別に思い入れのある常夜燈(荏原地区)中野町 津吉町

松山市中野町にある2基の常夜燈を紹介します。

中野町は県道23号線(伊予川内線)と重信川の間に広がる地域ですが、一か所だけ、100~200メートルくらいの幅で南の山の方に向かって延びている地区があります。

昔、重信川が氾濫したときに土地の高い南側へ避難した中野町の住人が、そのまま山手で暮らすようになったので、中野町が南へ延びているそうです。

その延びている南の端で、津吉町へ続く道と交差しているあたりが「三本木」地区。お堂のあるところに松の木が三本あった名残で「三本木」と呼ばれています。

では、久谷大橋からの道順で三本木へ向かいましょう。

久谷大橋を南へ渡って、みっつ目の信号。荏原郵便局と久谷救急出張所が向かい合うところを左折します。

荏原小学校を左に見ながら、どんどん東へ向かいます。

先に紹介した津吉町のひとつめの常夜燈よりちょっと手前、道の左側に三本木のお堂があり、その次の十字路の右側に、

ちょこっと頭が見えているのが三本木の常夜燈です。中野町1209番地の角。

東へ回り込むと、、、

台石が! 他の常夜燈とはずいぶん違います。道路の拡張などで移動したさいに、このようなデザインになったそうです。

建物とブロック塀に隠れていて、うっかりすると見過ごしてしまいそうな感じですが、目印は十字路の北側の白い壁の家(中野町1197番地)です。

        

ふたつめ、中野遊園地にある常夜燈。

三本木の常夜燈のある十字路で、白い壁の家の方、北へ向かいます。しばらく行って、

左前方に木が茂っているところが心行寺。その向こうの道からでも行けますが、なかなか狭い道なので、手前の白い車庫のある家のところの十字路で右へ曲がります。

すると、50メートル先に、

分かりやすい目印の田村建設。この十字路を左折して、内川の中津橋を渡って北へ進むと、

中野遊園地が見えてきます。昔、ため池だったところを地下の貯水池にして公園にしています。

その北東の角に、常夜燈があります。

キュッと曲がった火袋台石が特徴的です。

中野町の常夜燈は2基とも東を向いています。金毘羅さんも石鎚さんも東の方にあるからでしょうか。

荏原地区のマップです。

「久谷の里山(写真のページ)」で紹介されているマップです。中野遊園地の常夜燈の位置を少々修正させていただきました。

        

さて、荏原地区の常夜燈20基の紹介は、

東方町9基、津吉町3基、中野町2基、が終わりました。

 次は小村町1基、上野町2基を紹介したいと思います。

 最後に、西野町1基、恵原町2基。

それから坂本地区に上がって行きます。

そのうち荏原地区の常夜燈全部のまとめ編も作りたいと思います。…できるかな。。。

        

 久谷夢工房のブログは「gooブログ」で作っていますが、残念なことに「gooブログ」には「見ましたよ」の足跡を残す術がありません。

 そこで、「イイネ」のある「エキサイトブログ」と、「拍手」のある「FC2ブログ」にリンクだけの窓口を作ってみました。(ブックマーク参照)

(ウェブリブログにも一時、リンク窓口を作っていましたが操作性が悪いので閉鎖しました。)

 何かの役に立てばいいのですが・・・。「gooブログ」を始めて一年。まだまだ手探りのレベルです。末永くお付き合いくださいませ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

勝山句会 展示俳句 - - H27.3.1 坂本校区文化交流会 - -

2015年09月02日 | 平成26年度(2014年度)活動記録 goo blog開始

 (注)2月に編集した俳句と写真です。翌週に荏原公民館で開催された文化祭でも展示しました。

 季語紹介  「初社」 読み方:ハツヤシロ(hatsuyashiro) 元日に氏神に参り、またはその年の恵方に当たる神社仏閣に参詣すること。 季節:新年 分類:宗教

【weblio 季語・季題辞典より】 ※以下、季語紹介の出典は同じです。

 

 季語紹介  「吹雪」 読み方:フブキ(fubuki) 一度降った雪が風のために地上高く吹き上げられ、同時に空からも降っていること。 季節:冬 分類:天文

 

 季語紹介  「初詣」 読み方:ハツモウデ(hetsumoude) 元日に氏神に参り、またはその年の恵方に当たる神社仏閣に参詣すること。 季節:新年 分類:宗教

 

 季語紹介  「櫨紅葉」 読み方:ハゼモミジ(hazemomiji) 中部以南の低山に自生するヤマハゼで、木は小さいが葉が大きく、秋は深紅に紅葉して美しい。 季節:秋 分類:植物

 

 

 季語紹介  「師走」 読み方:シワス(shiwasu) 陰暦十二月の異称。 季節:冬 分類:時候 月日:一月前後

 

 

 季語紹介  「小春日和」 読み方:コハルビヨリ(koharubiyori) 春のように暖かい日。 季節:冬 分類:時候

 ちなみに、「小春」 読み方:コハル(koharu) 陰暦十月の異名。 季節:冬 分類:時候 月日:十一月

      

※  写真は勝山句会メンバーの蓮行さんが撮影したものです。

        

 ブログ担当より 

3月の文化交流会で展示するために、蓮行さんがデータを編集しました。

 つまり、2月に作業。。。

そのデータをいただいてブログに紹介しようと思いついたのが3月。

 めったに会うことのない蓮行さんに会えたのが何月??

「展示した俳句のデータをください」と話して、次に会えたときにUSBメモリーを渡して、その次に会えたときにUSBメモリーを受取り、gooブログにアップできるように編集して…

 そうして、とうとう記事更新が9月になってしまいました。

俳句の内容が冬モードなので、いっそ、新年明けてから紹介してもよかったかも…と思いついたのは「今!」です。(笑) 

あー、何をするにも遅すぎる。。。

次は、しばらくトンデいる「毎月の勝山句会」の俳句を句集「つるき」から紹介したいと思います。(中野町の常夜燈の紹介も待機中… )

 遅すぎるブログ担当でした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする