屋上果樹園ブログ

家庭の屋上で多種類の果樹を栽培しています
鉢植すれば、果樹栽培を身近に楽しめます
樹上で完熟した果実の味は格別です

作業日記 30年5月~

2018-05-26 18:11:42 | 作業日記

5月26日
 屋上栽培のメリットは日照が良いことです
 デメリットは強風に弱いことです
 
 台木に接ぎ木して順調に生育していた
 サクランボが、強風で接ぎ木した箇所で
 折れていました
 丹精を込めて育てていたのでショックです

  

 
 サクランボ(紅きらり)

  
 紅ゆたか

 
 奇跡のサクランボ(佐藤錦)
 ネット無しの場所に置いてあったが、
 なぜかで鳥に食べられないで残っていた

  
 色づいてきたブルーベリー(トロ)
 ブルーベリーも色づくと鳥にねらわれます


5月24日
 次々と多品種のサクランボが色付いてきました
 最高にワクワクする季節です
 
 サクランボ(サミット)

  
 カメムシに食害されたサクランボ(絢のひとみ)
 今年は被害は少ない方ですが、困ったものです

 
 リンゴ(ふじ)を摘果
 結果した殆どを摘果しています
 限られた容積の土で栽培しているので、
 個数を制限しないと実が大きくなりません
 
  
 洋ナシ(ラ・フランス)
 摘果して6個に抑えています

 
 ジャンボレモンの花
 独特の良い香りがします


5月19日
 今年のサクランボは不作です
 昨年は大豊作で、生らせすぎてしまったのが失敗でした
 プロは摘果したりして調整しているようです
 
 サクランボ(レイニア)

  
 サクランボ(サミット)

 
 屋根のあるネットの中に収容しきれないサクランボ
 ネットをかけましたが、鳥に食べられないか心配です

  
 ハイブッシュ系のブルーベリー(ノースランド)
 これと、次の品種等は栽培しやすく味もまあまあです

 
 同系統のブリジッタ

  
 プラム(秋姫)


5月17日
 
 3月に台木に接ぎ木したサクランボ
 枝が伸びてきたので水平に誘引
 花芽が付きやすくする作業です

  
 サクランボ(佐藤錦)

 
 アメリカンチェリー

  
 サザンハイブシュ系のブルーベリー(エメラルド)
 大実で美味しい品種です

 
 プラム(ソルダム)
 更に1~2個へ摘果が必要

  
 洋ナシ(シルバーベル)


5月12日

 
 サクランボ(紅秀峰)
 段々に赤く色づいてきました

  
 鳥に食べられてしまった(アメリカンチェリー)

 
 ブドウ(ナイアガラ)の開花が始まった
 そろそろ摘心をしなければなりません


5月10日
 
 ブドウ(安芸クイーン)
 フェンスに這わせると樹形を作りやすい
 右下の2鉢は、3月に植え付けた新しい品種の桃

  
 同上の整房後

 
 ミニ花壇のブドウ2品種(ゴルビー、キャンベルス)
 ブドウは地植えにすると根の発育が良すぎるので、
 大鉢を地中に埋めて、植え付けてあります

  
 リンゴ(つがる)
 1個に摘果予定。カメムシの被害を考え今は2個
 残してあります

 
 洋ナシ(シルバーベル)

  
 桃(あかつきエクセラ)

 
 サクランボ(高砂)
 昨年は豊作だったが、今年はこれは実付き不良

  
  サザンハイブシュ系のブルーベリー(オザークブルー)
  小さい実は摘果した方が良い


5月  5日
この連休は時間があったので、日頃できない
作業ができました
最も時間がかかったのがブドウの手入れでした
整房、枝をフェンスに固定する作業などです
 
 ブドウ(竜宝):整房の前

  
 同上の整房後

 
 3月に台木に接ぎ木したサクランボ
 4L佐藤錦です、活着して順調に生育中

  
 色づいてきたアメリカンチェリー

 
 サクランボ(紅ゆたか)

  
 大分大きくなってきた桃(あかつきエクセラ)
 摘果をしています

 
 ブルーベリー(トロ)

  
 ネーブルに幼果が付いた


5月 3日
 
 サクランボ(天香錦)
 少しでも赤く色づいたらネット内に入れないと
 鳥に食べれれます

  
 洋ナシ(レクチェ)
 一個だけに摘果します

 
 伊予柑
 柑橘類の花はどれも純白で美しく、良い香りがします

  
 オレンジ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

作業日記(30.4月~)

2018-04-30 20:50:22 | 作業日記

4月30日
 
 ハイブッシュ系のブルーベリー(チャンドラー)です

  
 このように摘果すると500円玉台に大きくなります

 
 柑橘類の津之輝の花が満開になりました
 良い香りがします

  
 サクランボ(サミット)
 実が段々と大きくなってきました

 
 ブドウ(昭平紅)
 フェンスに左右の枝を誘引しています


4月28日
ブドウは授粉する手間はありません
ただ、生育の過程で摘房、整房、摘心、副梢かき等
数多くの作業が必要です
 
 ブドウ(クイーンニーナ)

  
 同上を整房したもの

 
 桃(あかつきエクセラ)
 幼果が沢山付いているので摘果が必要です

  
 プラム(秋姫)

 
 梨(幸水)
 中心の1個を残して摘果予定

  
 ブルーベリー(ダロー)

 
 ネクタリン(ストレンジ)


4月26日
 
 サクランボ(高砂)

  
 サクランボ(紅きらり)

 
 ブドウ(グランピオーネ)
 先日、大鉢に植え付けたものが順調に生育中

  
 上のブドウの房を一本の枝には一個の房に摘房、
 房の肩の部分を切り取り整房しました

 
 リンゴ(ふじ)の幼果

  
 ラビットアイ系のブルーベリー2種を混植したもの
 ティフブルーとホームベル
 ハイブッシュ系やサザンハイブシュ系に比べて開花が遅い


4月22日
リンゴと梨は属性が近いので、世話の仕方はほぼ同じです
 
 洋ナシ(ラ・フランス)

  
 リンゴ(つがる)

 
 ブドウ(竜宝)
 中央に一房付いています
 時期を見て、枝の先端を摘心する必要があります
 実に栄養を送るための処置です

  
 ブルーベリー(スパータン)
 ハイブッシュ系のこの品種は栽培が難しいです
 どうしても大きく育ってくれません

 
 同(ノースランド)
 対して、この品種などは栽培が簡単です
 品種によって栽培の難易度に差があります


4月21日
 
 サクランボ(紅秀峰)
 授粉が上手くできて、幼果が沢山付いた

  
 桃(あかつきエクセラ)
 このような上向きの幼果は摘果する

 
 プラム(アームストロング)
 2~3個に摘果します

  
 ブドウ(ピオーネ)
 一枝には一房に、摘房します

 
 ブドウ(ゴルビー)
 ここは東南の角で日照は最高の場所です
 地上に置いてある鉢植えは日照不足で生育が
 著しく遅いです
 果樹栽培には日照が最も大切です


4月19日
サクランボに幼果が付きはじめました
少しでも色づくと鳥に狙われるので、ネットのある
場所へ移動しなければなりません
 
 天香錦

  
  紅きらり

早生のブルーベリーには幼果が付き始めました
 
 ハイブッシュ系のパトリオット

 柑橘類は全て自家受粉するので授粉作業が不要です
  
  グレープフルーツ


4月14日
それぞれの果樹の授粉作業が終わりました
満開になり、落花したら幼果が付き始めます
楽しいワクワクする季節です
 
 リンゴ(ふじ)

  
 待望のサクランボ(天香錦)に幼果が付きました

 
 桃にも幼果が付き始めました

  
 ビワ(茂木)の摘果前

 
 摘果後
 摘果をしないと実が大きくならず、味もよくなりません

  
 大鉢に植え付けたブドウ(シャインマスカット)
 の展葉が始まった


4月12日
各種のリンゴが開花しました
「ふじ」と「つがる」は受粉の相性が良いです
 
 シンボルツリーのリンゴ(ふじ)

  
 リンゴ(つがる)

 
 リンゴ(アルプス乙女)
 このリンゴは自家受粉する品種です

  
 プラム(秋姫)
 プラムは花が散って幼果が付き出しました
 可愛いものです。実が大きくなっていくのが楽しみです


 4月  8日

 
 落花した桃(美月)
 このような上向きの幼果は早めに摘果します

  
 サクランボ(紅きらり)
 自家受粉(一本でも実が生る)品種
 殆どの他品種に授粉もできる優れもの

 
 ハイブッシュ系のブルーベリー(パトリオット)
 お気に入りの品種の一つ


30年 4月 7日
午後からブルーベリーの鉢増しを予定したが
雨で作業中止

 
 サクランボの接ぎ木
 3月に台木の2枝に2品種を接ぎ木したもの
 順調に活着している

  
 サクランボの開花様式の特徴
 花束の様に固まって開花する
 とても美しい

 
 ネーブル
 雨の中で開花が始まってしまった


30年 4月 5日続き
 
 ラ・フランス
 洋ナシのレクチェやシルバーベルと相性が良い

  
 ネクタリン(ヒラツカレッド)が満開
 下の枝には、桃の玉うさぎを接ぎ木してあります

 
 ブドウの展葉が始まりました
 安芸クイーン

30年 4月 5日
晴天が続いたので多種類のサクランボが
一斉に開花しました
受粉棒で授粉作業の真っ最中です
結実を考えながらの授粉作業は楽しいです

 
 サクランボ(紅さやか)
 他品種の授粉に効果的な品種

  
 上の近接像

 
 姫リンゴ
 他品種のリンゴの授粉に使う

  
 姫リンゴの花とつぼみは美しい

 
 梨(豊水)
 洋ナシ、和ナシは相互に受粉できます

  
 上の近接像

 
 これはハイブッシュ系のブルーベリー達
 他にサザンハイブシュ系、ラビットアイ系も
 系統毎に近くに置いて、受粉を促進中

  
 ハイブッシュ系のチャンドラー
 大実のブルーベリーの代表品種です


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

作業日記(30.2月~)

2018-03-31 18:00:19 | 栽培している果樹の種類

3月31日
天気が良いので桃、プラムの花が満開になりました
早咲きのサクランボの開花が始まりました
 
サクランボ(大将錦)

  
 桃の花が一斉に開花しました
 多品種の桃を近くに置いてあるので、相互に
 受粉ができます

 
 ネクタリン(ヒラツカレッド)
 これは自家受粉(1本でも実が生る)する
 品種なので、場所が狭い所でも栽培できます

  
 NH系のブルーベリー(ダロー)
 ラビットアイ系のBBの2枝に接ぎ木したもの

 
 梨(豊水)


3月29日
待望のサクランボの開花が始まりました
サクランボは原則として自家受粉しないので、
相性の良い品種で授粉が必要です
 
 アメリカンチェリーの台木に天香錦を接ぎ木
 したもの

  
 上の近接像

 
 暖かい気温で一斉に桃が開花した

  
 プラムの開花も始まった
 これはアームストロング

 
 サザンハイブシュ系のブルーベリーの
 オニール


3月24日
注文していた桃の苗木4種が宅配されました
それぞれを10号鉢に植え付けしました

強剪定したので、剪定した枝を台木に接ぎ木
もしました

 
 山形県南陽市の菊地園芸
  
  
 立派な苗木が送られてきました

 
 根を切り詰めて10号鉢へ植え付け

  
 サクランボ、ブルーベリー、桃の接ぎ木
 半遮光した雨に当たらない場所で管理

 
 リンゴの受粉に使う姫リンゴ
 若葉が美しい

  
 ブルーベリー(エリザベス)


3月22日
大鉢のブドウの植え替えをしました
鉢植えで植え替えしない場合は、大鉢でも
10年位が寿命のようです

他の果樹は大きくても植え替え可能ですが、
ブドウは、棚に這わせているので植え替えは
実質、不可能です。

 
紅伊豆と甲斐美嶺を鉢から抜いて、新しく
グランピオーネとシャインマスカットを植え
つけました

  
50cm角と40cm角に植え替え終了

 
プラム(ビューティー)
 開花中なので、雨を避けて屋根の下に避難

  
サクランボ(ナポレオン)
 つぼみが膨らんできました

 
サクランボの台木に使うコルト
 開花が近い、赤いつぼみが美しい

  
ネクタリン(ストレンジ)
 桃、ネクタリンの開花が近いです


3月17日
 接ぎ木は、お気に入りの品種を増やしたり、
 年数を経て結実が悪くなった樹の更新に
 有効な手技です
 
 リンゴの接ぎ木(ぐんま名月)
 昨年の3月に台木に接ぎ木したもの

  
 接ぎ木した箇所の近接像
 きれいに癒合している

 
 プラム(ビューティー)
 授粉用の品種。開花を早める工夫を思案中です

  
 同上の近接像

 
 桃(あかつきエクセラ)

  
 SH系のブルーベリー(カミール)


3月15日

 
お気に入りの品種のブルーベリーの接ぎ木
 SH系のサファイアとサウスムーン

  
自家受粉しない桃の受粉に使う花桃

 
プラム(アームストロング)

  
開花が始まったプラム(秋姫)

 
グレープフルーツ
 1月3日から涼しい所で2か月間以上、追熟しました
 やや酸っぱくて市販のものと同じでした
 

3月10日
 何とかサクランボの接ぎ木は終了
 次は桃の接ぎ木を予定しています
 


 サクランボの接ぎ木
 雨の当たらない半日蔭で管理します


  
 昨年挿し木したブルーベリー
 お気に入りの品種は挿し木で増やします


 
 NH系のBB(パトリオット)の挿し木
 樹を育てるために花芽は全て取り除きます


  
 お気に入りの品種の一つ:サウスムーン

 
 上のつぼみ


3月 8日
 開花の早い順に施肥をしています
 プラム、桃が終わってブルーベリーの施肥の途中で
 雨で作業を中断しました
 
 プラム(ソルダム)
  新緑色のつぼみが可愛い


  
  花桃
   自家受粉しない桃の受粉に使います


 
 ミレニア(SH系のブルーベリー)


  
 2品種を混植したブルーベリー
  枝が多すぎるので剪定が必要です

3月 3日
 強風が収まったので接ぎ木の作業を続けます
 果樹は年数が経つと、病気が出て枯れる樹が
 出てくるので、接ぎ木により、お気に入りの品種
 を新しい樹に更新しています
  
 サクランボと同時期に挿し木した桃の台木の一部
 サクランボの接ぎ木が終わったら桃の接ぎ木を
 予定しています

   
    桃の台木にも、つぼみが付いています


3月 1日
 剪定したブルーベリーの枝を処分するのは不憫なので
 挿し木をしました
 4品種の13本です
 

  
防寒、乾燥防止のために簡易温室に収容

 
日除けのネットをかぶせました


  
28年に挿し木をしたサクランボが2m位に
成長しました
お気に入りの品種の台木に使用します

 
4L佐藤錦を接ぎ木しました

  
接ぎ木テープでしっかり固定しました


2月24日

 
シンボルツリーのリンゴ(ふじ)
 半地植えなので鉢植えとは施肥の仕方が違います


  
ブルーベリーを寄せ植え予定
 受粉の相性の良い2品種のポット苗と鉢を購入


 
鉢が小さすぎて寄せ植えできなかった
 結局、別々に植え付けしました


  
挿し木の用意
 ブルーベリーの枝を剪定しようと思いましたが、剪定した
 枝を処分するのが不憫になり挿し木を再開


 
ブルーベリー(ピンクレモネード)
 ハイブッシュとラビットアイを交配した新しい品種
 熟するとピンク色になります。実は小粒ですが美味しい
 

2月22日

 
 傾いた樹を倒れないようにタコ糸で固定しました


  
ブルーベリーのレカ
 元気よく伸びた枝を剪定しようと思いましたが、
 剪定した枝を処分するのがもったいないので、
 延期して挿し木に使うことにしました
 

 
プラム(太陽)


2月17日

 
 洋梨(オーロラ)
  ラ・フランス等より早生で9月に収穫できる
  追熟の度合いは色の変化で分かりやすい
  とても美味しい品種です


  
  外気温が低いために中が曇った簡易温室
  柑橘類は、これが無いと越冬できない


 
 SH系のBB(エメラルド)
  つぼみが沢山ついています


  
  同上のつぼみ


2月15日
 桃やプラムのような開花が早い落葉果樹には、今月末には
 肥料を与える予定です
 
 プラム(ソルダム)
  小さいつぼみが沢山ついて可愛い

 ブルーベリーにはハイブッシュ系、サザンハイブッシュ系(SH系)
 ラビットアイ系の3系統があります。

 とりわけ、SH系に優れた品種が多いように思います
  
  SH系のブルーベリー(サウスムーン)
   お気に入りの品種の一つです、とても美味


 
 SH系のブルーベリー(カミール)
  これも味、実の大きさ等、総合点で優れた品種です 


2月12日
 ブドウの剪定の続きをしました
 ざっと剪定してから、離れて全体のバランスを確認
 して再剪定しています

 もう少し、もう少しで結局剪定量が多くなってしまいます
 
 剪定済みの安芸クイーンとサンヴェルデ


  
  これで剪定が終わったブドウの3分の1


 
 ホームセンターで小型の直ぐに使える簡易温室を購入


  
  瞬間に完成、挿し木のプランターを入れる予定


2月10日
 ブドウ(藤稔)の剪定をしてみました
 剪定は今頃で、切っても樹液が出てこない時期です

 最近は剪定を始めると、ここもあそこもと切りすぎる
 傾向があります。
 サクランボ以外は剪定で樹が枯れることはありません

 果樹栽培の基本は剪定と誘引です
 樹が若い内に、この作業をしないと実が生りにくいです
 
 剪定前
  枝が込み合っている

  
  剪定後
   大分、すっきりした(すっきりし過ぎかも)


2月 8日
 屋上は最低気温がー7℃にもなります
 常緑果樹の柑橘類は、野外では越冬不可です
 
 このような簡易な温室内でも無事に生育しています
 
 簡易温室の中の柑橘類


  
  ブドウ(クイーンニーナ)
   枝が込み合っているので剪定が必要です


 
 桃(美月)
  つぼみが白いのは石灰硫黄合剤を塗付したため


  
  ブドウ(巨峰)
   しっかりした蕾が付いています


2月 3日
 厳寒の中でも、落葉果樹たちはしっかりツボミをつけています

 お気に入りの品種を増やすには、挿し木と接ぎ木があります

 下はそれぞれ、お気に入りの品種の一部です

 
 サクランボ(佐藤錦)
  サクランボは挿し木して作った台木に、接ぎ木します


  
  桃(桃夭)


 
 ブドウ(サンヴェルデ)


  
  ハイブッシュ系のブルーベリー(パトリオット)


 
 梨(幸水)


2月 1日
 ブルーベリーの品種には3系統あります
 ハイブッシュ系、サザンハイブッシュ系、
 ラビットアイ系です
 
 それぞれの品種に特徴がありますが、私は
 サザンハイブッシュ系に魅力的な品種が多い
 と感じます

 
 エメラルド(SH系):剪定前
  
  余分な枝を剪定して、それを挿し木してお気に入りの
  品種を増やしていく方法があります

  
  上のつぼみ


 
 ミスティー(SH系)


  
  梨(豊水)


  
 ビワ(茂木)
  開花が終わって、段々に実が大きくなってきた

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

 現在、鉢栽培している果樹の種類と品種

2018-03-31 14:30:31 | 栽培している果樹の種類

 現在、鉢栽培している果樹の種類と品種

 サクランボ
  紅きらり、佐藤錦、3L佐藤錦、高砂、ナポレオン、鮮紅ナポレオン、紅秀峰
  夢あかり、正光錦、大将錦、紅さやか、紅ゆたか、寿錦、紅てまり、香夏錦
  おりひめの季節、サミット、レイニア、マドンナの瞳、南陽
  絢のひとみ、芳玉、アメリカンチェリー、暖地桜桃

 リンゴ
  秋映、つがる、三島系ふじ、らくらくふじ、千秋、アルプス乙女
  シナノスイート、青林、群馬名月
  姫りんご(授粉用)
  バレリーナ・ツリー4品種
   (ボレロ、ポルカ、ワルツ、メイポール)

 ナシ
  和ナシ
   豊水、幸水、秋月、なつしずく
  洋ナシ
   ラ・フランス、ル・レクチェ、バートレット、オーロラ、バラード
   シルバーベル

 ブドウ
  巨峰、ピオーネ、グランピオーネ、デラウエアー、ネオマスカット、甲斐路
  スチューベン、キャンベル・アーリー、ナイヤガラ、甲斐美嶺
  マスカットベリーA、紅伊豆、藤稔、紅環、昭平紅
  シャインマスカット、ゴルビー、高墨、クイーンニーナ
  黄玉、竜宝、サンヴェルデ、安芸クイーン

 モモ
  桃夭、あかつきエクセラ、かぐや、桃紅、玉うさぎ
  桃水、美月、美郷、白鳳、なつおとめ、清水白桃
  おどろき 夏かんろ 花桃(授粉用)

 ネクタリン
  ヒラツカレッド、サンライズ、ストレンジ、アンタレス
  スイートビーナス、バビオール、ハネージュ

 プラム
  ソルダム、サンタローザ、ビューティー、ハリウッド
  貴陽、秋姫、太陽、大石早生、アームストロング
 
 ブルーベリー
  ハイブッシュ系
   ダロー、パトリオット、デニース、ノースランド、スパータン、ヌイ、レカ
   ブリジッタ、チャンドラー、ネルソン、エリザベス、ボーナス、トロ
   あまつぶ星、おおつぶ星、キャロラインブルー

  サザン・ハイブッシュ系
   オニール、ミスティー、サミット、サンシャインブルー、ヒトミ、マグノリア
   ガルフコースト、レベル、カミール、スター、サファイア、エメラルド
   サウスムーン、ミレニア、オザークブルー

  ラビットアイ系
   ホームベル、ティフブルー、パウダーブルー、バルドウィン、デライト
   シャープブルー 、ピンクレモネード

 シャシャンボ

 柑橘類
  温州みかん、オレンジ、ネーブル、デコポン、ポンカン、金柑、すだち
  グレープフルーツ、せとか、、伊予柑、レモン、ジャンボレモン、津之輝

 その他
  ビワ、ブラックベリー、ラズベリー、ジューンベリー、アロニア、ビルベリー
  バイオチェリー(貴陽の受粉用)

 接ぎ木用の台木:サクランボ、リンゴ、モモ、プラム

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

作業日記(29.12月~)

2018-01-27 18:16:29 | 作業日記

1月27日
 長らくブログを休止して申し訳ありませんでした
 手術も無事に終わって、職場に復帰しました

 また拙いブログを再開いたします
 お時間のある時に、のぞいてみて下さい

 入院中の病院内は全館が快適暖房されていたので、
 退院してみて、極端な寒さに改めて驚いています

 午後に屋根の下に置いてある鉢に水やりをしようとして、
 水道の蛇口に亀裂が入っているのに気づきました

 何とか業者の方に来てもらって、無事に蛇口を交換
 してもらうことができました

 退院早々、バタバタして疲れました
 
 
 亀裂の入った蛇口
  今朝の屋上の気温は-7℃
  朝は冷え込む当市にしても冷え過ぎ


  
  ブルーベリー(SH系のシャープブルー)
   厳しい寒さの中でたくましく生育中

 
 同上のつぼみ


1月11日
 今年は例年になく寒い日が続いています

 私事ですが、明日より2週間、整形外科に
 入院いたします
 この間、このブログはお休みさせていただきます
 
よろしくお願いいたします 

サクランボ(大将錦)


春を待つサクランボ



開花は終わったビワ(茂木)

1月 8日
 落葉した寒い今の季節が、病害虫の防除に最適
 です

  農家は石灰硫黄合剤を散布するのですが、
  屋上はフェンスなどの金属が錆びるので、
  散布はできません

  全部の果樹にはできませんが、重点的に
  選択して塗付しました 
 
 石灰硫黄合剤を塗付した桃の花芽
  桃の縮葉病には必ず、必要な処置です


  
  幹に傷がついたサクランボ
   このような樹の傷口にも塗付が必要
   サクランボは病害虫に最も弱い果樹です


 
 台木に2本、接ぎ木をしたサクランボ
  上の枝はOK、下の枝は癒合不良なので塗付
  癒合不良部位、傷口から病害虫が侵入し易い


  
  落葉したリンゴの幹にも塗付した


1月 7日
 サクランボ栽培で最重要な作業の一つが
 コスカシバ対策です

 コスカシバは、春にサクランボの幹を食害して樹が
 枯れてしまう被害が出ます
 落葉後に主幹、主枝に殺虫剤を散布する必要があります
 
 サクランボ(佐藤錦)

  
  サクランボ(天香錦)


 ブルーベリーのつぼみも膨らんできた
  春が近いことを感じます
 
 ブルーベリー(エメラルド)

  
  ブルーベリー(サウスムーン)


1月 6日
 寒い季節は水やりの頻度が少ないので楽です
 が、樹が過乾燥するのは好ましくないので、
 時々、樹に散水して湿らしています
 
 サクランボ(3L佐藤錦)
  コスカシバ対策で主幹に殺虫剤を散布
  放置すると、樹を枯らす危険な害虫です


  
  挿し木用の台木が無かったので、仮接ぎ木
  7品種、2月末に正式に接ぎ木予定


 
 大鉢のサクランボの樹に散水


  
  洋梨と桃の樹にも散水


30年 1月 4日
 最後の柑橘類のグレープフルーツを
 収穫しました

 これで屋上果樹園に実のついた果樹
 はなくなってしまいました
 
 簡易温室で栽培した貴重な2個の
 グレープフルーツ
 

  
  見事に完熟しました
   1ヶ月程度、追熟します


 
 桃(桃水)の花芽


12月30日
 今朝の屋上の気温は-5℃でした
 寒い時期は水やりの頻度は少なくなります
 用土が凍結してしまうと、乾燥の度合いが
 分からなくなります

  日中の暖かい時に水やりをしています
  
 簡易温室の中のグレープフルーツ
  柑橘類で実が付いているのはグレープ
  フルーツだけになってしまいました

   1月に収穫予定です
  
  桃の挿し木
   挿し木した用土が凍結して盛り上がっています
   根が凍害を受けないか心配です

 
 ブルーベリーの用土も寒さで凍結
  きちんとマルチングすべきでした


12月28日
 寒いけれど空気が乾燥しているので、屋上の
 果樹の枝に散水しました
 
 ポンカン
 
 先日、収穫して短期間追熟して味見して
 みました。ジューシーで、程よい酸味と甘味で
 美味でした
 
  ポンカンの収穫はたった1個だったけれど、
  丹精して収穫、味わえたのは感激です
  これが家庭での果樹栽培の醍醐味です

  
  実に美味しかった


 
 特に寒さに弱い柑橘類は、既に簡易温室に
 避難しました
 やや耐寒性のあるものは、屋根の下の
 屋外で我慢してもらいます


  
  朝露に濡れたリンゴ(青林)の花芽


 
 ポリカの屋根の張り替え工事が終わりました
 屋上なので、強風で屋根の留め金が緩むのが
 心配で、所々にブロックを重しとして置きま
 した

  
  屋根板の留め具も以前より、大分改良されて
  いるように思えます


12月24日

 Merry Christmas
 

12月23日
 休日で時間があったので、ブドウ(ゴルビー)
 の剪定をしました

  近くから、遠くから眺めながら少しづつ剪定
  発芽、展葉を想像しながらの選定作業は
  楽しかった

 
 剪定前


  
  剪定後
   塀際には別の品種のブドウもあります
   こちらは後で剪定予定


 
 ジャンボレモンで作ったマーマレード
  家内に追熟させて黄色くなったジャンボ
  レモンでマーマレードを作ってもらいました

   酸味と甘味のバランスが良く美味です


  
  同上 
   2個の収穫で、できたのが2瓶でした


12月21日
 簡易温室の中で、ネーブルが完熟
 たった1個だけど、貴重な収穫です

  プロではないので、生育の過程を
  観察できて、1個でも収穫できれば最高

 
 ネーブル


  
  ネーブルの重さ:422g、立派に実ってくれた
   味見するのが楽しみです


 
 厳寒の中で健気に紅葉しているブルーベリー


  
  表面をマルチングしなかった鉢土は凍結
   根が傷むので、寒冷地ではマルチングが
   必要です


12月16日
 丹精して室内に置いて、LED照明で育成した
 せとかが完熟しました
 待ちに待った収穫です

  たった3個なので、貴重品です

 
 室内に置いて育成した、せとか
  1個は収穫済み


  
  1個を試験採取
   柑橘類は、せとかに限らず外観では完熟の
   程度は分かりません


 
 酸っぱさはないが、甘味が少ない
  追熟して甘味が増すか、実験します
  

  
  ネーブル
   これは1個しか実が生らなかった
   そろそろ収穫時期です


 
 収穫忘れて黄色くなったスダチ
  多分、これは食べられないと思います


12月14日

 
 ポンカンを1個、試験採取
  柑橘類は外観では、完熟の程度が分かりません
  1個採取して食べてみました。酸っぱかった😢


  
  サクランボ(レイニア)の花芽


 
 梨(幸水)の花芽


  
  ブルーベリー(チャンドラー)の花芽


12月10日

 
 ポンカン
  いよいよ本格的に寒くなるので、温室に
  避難します


  
  瞬間に立ち上がる簡易温室
   使わない時は、小さく折り畳める優れもの


12月 9日
本当の冬に入りました
実が付いているのは、簡易温室の中の柑橘類のみです

 ビワが寒い中で花を咲かせています

 サクランボの花芽
  厳寒の中で、植物のたくましさを感じさせます
 
 大将錦


  
  ナポレオン


 
 朝もやに包まれた屋上


  
  朝もやの中で寒そうなハト


12月 7日
 果樹栽培には雨除けの為の屋根が必要です
  雨に当てないと、病気の発生が確実に少ないです

  受粉時にも、雨に当てない方が受精率が良いです
  サクランボは着色後は、雨に当たると実が裂果します

 
 やっと屋根の張り替え工事が終わった
  職人さんが少ないので、完成まで時間がかかった


  
  ブルーベリー(トロ)
   ブルーベリーの紅葉は実に美しいです


 
 残りの洋ナシ(ル・レクチェ)も完熟した
  手間暇がかかった分だけ、美味しく感じます


  
  27年春に挿し木したサクランボの
   台木が、2m以上に成長した
   植物の生命力に感激します

12月 2日
 洋梨のル・レクテェが無事に追熟しました
 涼しい階段に、新聞紙で包んで1ヶ月置きました
 
  追熟した目安は、果皮が緑色から山吹色に変わった
  時です
  味は待った甲斐があり、濃厚な甘さで美味でした

 
 追熟が終わったル・レクテェ


  
  金柑
   そのまま生食が美味しい


 
 津の輝き
  タンゴール類の一種
  糖度が高いのが特徴

コメント
この記事をはてなブックマークに追加