屋上果樹園ブログ

家庭の屋上で多種類の果樹を栽培しています
鉢植すれば、果樹栽培を身近に楽しめます
樹上で完熟した果実の味は格別です

作業日記(30.11月~)

2018-11-15 17:47:02 | 作業日記

11月15日
 ブルーベリーの寒肥の時期ですが、全く作業が
 進みません
 コガネムシの幼虫による、細根を食害された被害
 が例年になく多発しています
 再生を期待して植え替え作業をしているためです

 
 リンゴ(ふじ)も少しづつ収穫して、残7個
 になってしまいました
 市販のリンゴは形は立派ですが、本来の味が
 しません
 家庭栽培では完熟するまで収穫せず、生らせ
 る数を極端に制限しているので、美味しさが
 違います

  
 先日、梨農家の師匠からいただいてきた病気が出た
 ラ・フランス
 この輪紋病は時間が経つと、病変が拡大しています
 このように立派な洋ナシが病気に罹ると、このよう
 に商品にならなくなってしまいます
 果樹栽培農家さんの苦労が分かります


11月10日
 梨作りの師匠の所へ行ってきました
 今の時期はにっこり梨です
 大玉で美味しくて、日持ちする品種です
 
 落葉した梨の樹

  
 にっこりのシンクイ虫の被害
 最初はわずかな傷ですが、次第に病変が拡大します

 
 ラ・フランスに出た輪紋病
 収穫時期になると発生しやすい厄介な病気です

  
 せとか
 日当たりの良い、風の当たらない場所に移動


11月 8日

  
 リンゴ(ふじ)が完熟

  
 リンゴ(ふじ)の花芽

 
 ハイブッシュ系のブルーベリー(パトリオット)が
 季節外れの狂い咲き

  
 ジューンベリーの紅葉

 
 授粉用の姫リンゴ
 葉は全て落葉して、実が一個だけ残った


11月 3日
 ブルーベリーの寒肥を始めました
 他に比べて湿っていて重い鉢がありました
 掘り出してみると、細根が全て無くなっていました
 コガネムシの幼虫によるものです
 気が付くのが遅いと下のように枯れてしまします
 鉢栽培にとって、恐ろしい害虫です
 
 細根がまったく無くなって枯れた樹

  
 細根が無くなっていたが枯れてはいない樹
 植え替えして、活力剤を散布しました
 復活するかは何とも言えない

 
 サザンハイブシュ系のブルーベリー(オニール)
 美しい紅葉

  
 梨(豊水)
 紅葉したもの、既に落葉したもの等、色々あるが
 豊水の葉は緑色を保っている

 
 ビワ(茂木)
 開花が始まった

  
 リンゴ(シナノスイート)の花芽

 
 ポンカン


30年11月 1日
 それぞれの果樹達の葉が紅葉しています
 果樹の種類、品種により紅葉の色が異なるのが
 興味深いです

 
 サクランボ(サミット)の紅葉

  
 ハイブッシュ系のブルーベリー(エリザベス)の紅葉

 柑橘類は寒さに弱いので、順次、北風の来ない日当たりの
 良い場所へ移動開始しました

 
 せとかとオレンジ


  
 グレープフルーツ

 
 伊予柑

  
 来年の花芽が付いたリンゴ(ふじ)


コメント

作業日記(30.9月~)

2018-10-27 21:06:05 | 作業日記

10月27日
 
 サクランボ(佐藤錦)
 すでに来春の為の花芽が出来ている

  
 せとか

 
 伊予柑

  
 ハイブッシュ系のブルーベリー(ボーナス)の紅葉


10月25日
 洋ナシのシルバーベルの追熟
 1週間、5°Cで予冷した後、日の当たらない涼しい場所で
   追熟させます
 外観が緑色から黄色くなった頃が食べ頃です
 爽やかな甘味で美味しかった

 

                                 このような色になると食べ頃
 洋ナシは和梨と違い追熟が必要なので、やや手間が
 かかるが美味

 
 リンゴのふじが、大分色づきました
 そろそろ食べ頃かな?

  
 津の輝き

 
 ハイブッシュ系のブルーベリー(レカ)のつぼみ

  
 台木用の桃の樹の紅葉


10月20日

果樹達の紅葉が始まりました
 
 ハイブッシュ系のブルーベリーのダロー

  
 ネクタリン(スイートヴィーナス)


10月18日

 
 他の鉢に比べて土が湿っている鉢がありました
 コガネムシの幼虫による根の食害を疑い
 根を掘り出してみました

  
 幼虫により細根が無くなっていました
 樹の勢いがなく枯れそうでした
 触ってみて樹がぐらつく、土が他より明らかに
 湿っている場合は、幼虫がいる恐れがあります

 
 ポンカン

  
 オレンジ
 
10月13日
 
 屋上のリンゴ(ふじ)が大分、色づいて来ました
 透明な袋に変えて色づきを観察中

  
 ブルーベリーの紅葉が始まりました
 これはハイブッシュ系のエリザベスです
 ブルーベリーは品種により紅葉の色合いが
 多彩なので興味深いです


10月11日

 
 洋ナシ(シルバーベル)

  
 収穫して予冷してから、追熟に入ります

 
 ブドウの葉の生理現象
 Ca欠乏により葉の緑色が消失
 葉の縁が黒いのは葉焼けか、肥料過多

  
 果樹は微量要素の欠乏で色々な生理障害が
 起きます

 
 ブドウの葉に発生した褐斑病


10月 7日
先日の台風の強風で葉が落ちてしまった果樹
があります
11月末の自然落葉まで葉が残っていないと
来年の結実に影響がでてしまいます
 
 殆ど落葉してしまった桃

  
 健全に殆どの葉が残った桃

 
 リンゴのアルプス乙女を収穫して試食しました
 中には画像のような果肉が変色した物が発生
 天候異常によるCa欠乏によるビターピットです
 Caの液肥を与えましたが手遅れです

  
 葉面散布するCa製剤

 
Ca欠乏により色々な生理障害が起きます

  
 代表的なリンゴの病気:褐斑病です

 
 スダチ

  
 収穫したスダチ
 料理の香り付け以外に使い道がないか、調べてみます


10月 4日

 
 陽気が寒かったり暑かったりと不順なので、果樹の
 花が季節外れに開花するものが出てきました
 今頃に開花しても無駄花になってしまうので困った
 ものです
 これは桃の花

  
 これはプラムの花

 屋上で栽培しているので、台風の強風が最も恐ろしい
 
 先日の台風24号の強風で、葉が殆ど
 落ちてしまった桃
 来年の成長に影響が出てしまいます(困った)

  
 こちらは台風の強風で枝が折れた桃
 こちらも収穫に影響が出てきます

 
 これはビワ
 ビワは特に葉が大きく地上部が鉢より遥かに
 大きいので被害を心配したが、紐で厳重に
 固定したので殆ど被害は無かった

  
 真っ赤に熟した小型のリンゴ
 アルプス乙女

 
 ゴルフボールと比べると大きさが分かる


  9月 29日

 
 台風の強風に備えて殆どの鉢を寝かせた
 特にサクランボは横枝が折れると大変

  
 アルプス乙女が赤く色づいたが、今年は
 味が良くない
 生らせ過ぎが原因か?

 
 つぼみを付けたビワ


9月 27日

 
 洋ナシ(ゴールドラ・フランス)
 10日間、予冷してから1~2週間追熟します

  
 洋ナシ(シルバーベル)
 そろそろ収穫する時期です
 洋ナシは品種によって収穫時期、追熟期間が異なります

 
 リンゴ(ふじ)
 リンゴは色づき始めてから完熟まで長い時間が必要です

  
 リンゴ(アルプス乙女)
 赤く色づいたので試食してみましたが、
 完熟まではもう少しでした

 
 落果したリンゴはアリに食べられます

  
 ポンカン


9月 23日

 
 先日の強風で、洋ナシのレクチェの枝が数か所
 折れてしまいました
 洋ナシは、台風が来るシーズンが収穫時期に当たるので
 台風の被害を受ける確率が高くなってしまいます


9月 20日

 
 リンゴ(アルプス乙女)
 そろそろ食べごろです
 問題は、鳥も食べごろと判断してねらわれることです

  
 リンゴ(ふじ)
 こちらはまだまだ
 ゆっくり、完熟するのを楽しみます


9月 13日

 
 ミニ花壇のブドウ(ゴルビー)
 今まで色付くのを待っていたがダメだった
 屋上の同種のブドウは、色づいて美味しかった
 日照の違いからと思われます
 来年は日照の良い場所へ移動予定します

  
 リンゴ(シナノスイート)

 
 リンゴ(ふじ)

  
 洋梨(シルバーベル)

 
 洋梨(レクチェ)


9月 8日
 
 ブドウ:最後の巨峰
 最盛期を過ぎたものは、粒がきれいに揃わない

  
 同上の収穫
 見た目は良くないが、味は変わらず美味しい
 素人栽培はプロとは違うので、これで満足

 
 ブドウ(ゴルビー)
 形は悪いが大粒で実に美味しい

  
 グレープフルーツ

 
 ネーブル


9月 6日

 
 洋梨(ラ・フランス)
 先日の台風の強風で落果してしまった
 追熟にはまだ早いが、今から追熟にチャレンジ

  
 ブドウ(クイーンニーナ)
 ブドウの品種で最も美味しい品種

 
 ブドウ(サンヴェルデ)
 素人が栽培すると、プロのようにきれいに粒が
 揃わない

  
 色づかないブドウ(ゴルビー):地上で栽培
 屋上で栽培している樹は、きれいに色づいています
 この樹は日照不足、摘心の失敗、房の付け過ぎ等が
 考えられます

 
 リンゴ(アルプス乙女)


9月 1日
 
 巨峰

  
 高墨
 巨峰の優良系。巨峰より10日ほど早熟で着色が優れ、
 房作りが容易で着色が早い、巨峰と比較するとやや粒が小さい
 
糖度は高く、渋味がなく、コクがあり美味

 
 ピオーネ

コメント

作業日記(30.7月~)

2018-08-30 17:34:05 | 作業日記

8月30日
 
 ブドウ(昭平紅)
 優しい甘さで美味しい品種です

  
 ブドウ(ゴルビー)
 完熟すると美味しい品種だが、色づかない
 房の付け過ぎ、葉数が多すぎ、日照が不足等
 色々原因があり難しい

 
 桃(玉うさぎ)
 最後の桃の収穫になりました

  
 プラム(秋姫)
 完熟して食べごろになりました

 
 梨(豊水)
 梨は色や香りでは完熟の程度が分かりません
 試験採取して食べてみて判断します

  
 せとか


8月25日

 
 ブドウ(竜宝)
 今年はこの品種が結実良好です
 甘くて美味しい

  
 プラム(秋姫)
 やっと食べ頃になりました

 
 強風で転倒して落果したジャンボレモン

  
 強風で転倒したブルーベリー
 ブルーベリーは、転倒しても枝が折れる恐れは
 殆ど無いので気が楽です


8月23日

  
 ブドウ(グランピオーネ)
 ピオーネの大粒変異種
 粒が大きいだけでなく、とても美味しい

  
 ブドウ(クイーンニーナ)
 完熟まではまだまだ、お気に入りの品種の一つ
 甘いだけでなく、微妙な美味しさです

 
 ブドウ(安芸クイーン)
 今年は粒が揃わなかった
 摘心の失敗が原因かも(反省)

   
 リンゴ(つがる)
 9月初め頃に収穫予定

 
 リンゴ(シナノスイート)

  
 リンゴ(アルプス乙女)
 8号鉢で栽培しているので、地植えより着色が早い

 
 桃(玉うさぎ)
 ネクタリンに接ぎ木した桃
 完熟する直前に全て鳥に食べられてしまった


8月18日

  
 ブドウ(ゴルビー)
 完熟すると大粒で美味しい品種

  
 ブドウ(マスカットベリーA)
 小粒だが甘くて美味しい

 
 プラム(秋姫)

  
 梨(幸水)
 食べごろになりました

 
 ラビットアイ系のブルーベリー(バルドウィン)
 長期間に収穫を楽しめるのが特徴
 味はまあまあ

  
 洋ナシ(レクチェ)


8月15日
多品種のブドウが色づいてきました
 
 竜宝

  
 高墨

 
 一般的なピオーネ

  
 収穫したキャンベルス

 
 リンゴ(アルプス乙女)

  
 つがる

 
 ブドウ(シャインマスカット)の葉の一部が黄変
 樹の発育が良いので、肥料不足による生理現象


8月12日
 
 私の梨栽培の師匠の所へ梨を買いにいきました
 今は幸水の時期です
 さすがにプロの栽培技術は見事でした

  
 今年の春に大鉢に移植したブドウ
 (グランピオーネ)です
 大粒で完熟が待ちどおしいです

 
 ブドウ(巨峰)

  
 ブドウ(昭平紅)


 
 ネクタリンの下枝に接ぎ木をした桃(かぐや)
 日照があまり良くない場所なので色づきが
 不良です


8月  9日

 
 台風接近前の屋上のサクランボの鉢

  
 強風で横枝が折れる恐れがあるので、台風が接近する前に
 鉢を横に寝かせた

 
 袋かけしたブドウ(キャンベルス)
 カラスに食べられた
 袋の上からネットかけも必要だった

  
 梨(豊水)
 台風に備えてこの鉢も横に寝かせました

 
 ブドウ(竜宝)

  
 サザンハイブシュ系のブルーベリー(レベル)

 
 オレンジ


8月  4日
 
 桃(美月)

  
 桃(かぐや)

 梨は食べごろになっても殆ど香りがしません
 外観でも完熟の度合いは分かりません
 時期が来たら試験採取して食べてみます
 
 梨(幸水)

  
 梨(豊水)

 
 ブドウ(ナイアガラ)

  
 ネーブル

 
 ジャンボレモン

8月  2日
 
 ブドウ(ピオーネ)
 段々に色づいて来ています

  
 ブドウ(藤稔)
 コガネムシの食害で穴だらけになった葉


 
 小型のリンゴ(アルプス乙女)
 一部に袋かけをしました

  
 リンゴ(つがる)

 
 ネクタリン(ヒラツカレッド)に接ぎ木した
 桃(玉うさぎ)
 根元の方なので、日照が悪く色づきが悪いのが心配

  
 オレンジ

 
 伊予柑

  
 ネクタリン(アンタレス)


7月28日
 
 台風に備えて暴風ネットを張りました
 強風が吹くと効果は限定的です

  
 サクランボの葉を多数のコガネムシが
 食害していました
 本当に心配なのは葉の被害でなく、卵を
 土中に産み付け、幼虫による根の食害です

 
 グレープフルーツ
 やはり柑橘類は暑さには強い
    

7月26日
 
 ブドウの袋かけと遮光ネット
 病害虫予防の為に袋かけをしましたが、猛暑で袋の中が
 高温になるのが心配で遮光ネットも被せました

  
 ブドウ(ゴルビー)

 
 同上に色づきが分かるように透明な袋を
 かけました


  
 完熟した桃(桃紅)を少しづつ収穫しています
 実に美味しい

 
 完熟はまだまだの桃(かぐや)

  
 洋ナシ(ラ・フランス)

 
 洋ナシ(ゴールド・ラ・フランス)
 貴重な洋ナシの品種です

  
 ネーブル
 柑橘類は暑さには強いです


7月21日
 リンゴの袋かけが終わったので、次はブドウです
 病害虫予防の為に必要な作業です
 
 完熟した桃(桃紅)


  
 同上


 
 桃(美月)
 早生から晩生まで多品種の桃があるので、長い期間
 収穫して味わうことができます

 ブドウの袋かけを始めましたが、遅ればせの摘房、
 摘粒をしながらなので、作業がはかどりません
  
 ブドウ(巨峰)

 
 ブドウ(ナイアガラ)


  
 ラビットアイ系のブルーベリー(バルドウィン)
 ハイブッシュ系、サザンハイブシュ系のブルーベリーの
 収穫は殆ど終わり、残りはラビットアイ系のブルーベリー
 だけになりました


7月19日
 
 リンゴの袋かけ
 遅ればせながら袋かけをしました
 病害虫の予防の為です

  
 リンゴ(シナノスイート)

 
 リンゴの葉に発生したハダニ
 雨が降らないと発生しやすくなります

  
 桃(なつおとめ)

 
 プラム(大石早生)が完熟
 珍しい品種ではないが、完熟すると美味しい

  
 柑橘類(せとか)
 殆どを摘果しました
 鉢栽培では数を制限しないと、一個一個が小さく
 なり味も悪くなってしまいます


7月14日
 鳥にかじられたネクタリンと洋ナシ
 完熟していないので、まずいので少しかじっただけ
 味見だけするのは失礼で迷惑です
  
 ネクタリン(ヒラツカレッド)

  
 洋ナシ(ラ・フランス)

 
 ラビットアイ系のブルーベリー(ピンクレモネード)

  
 サザンハイブシュ系のブルーベリー(オザークブルー) 

 
 桃(桃紅)

  
 プラム(ソルダム)

 
 プラム(大石早生)   


7月12日

 
 ブドウ(竜宝)の枝が房の重みで折れていました
 フェンスにキチンと固定しておくべきだったと
 反省しています

  
 折れた枝、3房が生っていた

 
 桃(あかつきエクセラ)の完熟

  
 上の桃の一部が、ネットの上から鳥に食べられていた

 
 梨(豊水)

  
 梨(幸水)

 
 プラム(大石早生)が完熟しました

  
 ハイブッシュ系のブルーベリーのチャンドラー
 最後の収穫、大実で結構美味しい


7月 7日
 ブドウの摘粒
 これはゴルビーですが、実がぎゅうぎゅうに
 詰まって付いています
 このままでは粒が大きくなれないので摘粒を
 しました
 
 摘粒前

  
 摘粒後:実の間に隙間ができた

 
 大実で甘くて美味しいブルーベリーですが、品種名の
 名札が行方不明になってしまいました
 実の特徴からサザンハイブシュ系のブルーベリー、
 多分サウスムーンだと思われますが、困っています

  
 サザンハイブシュ系のブルーベリー(サミット)
  

 
 ハイブッシュ系のブルーベリー(トロ)


7月 4日
 桃の季節になりました
 多種類の桃が色づいてきました
 
 桃夭
 早生種、やや硬めの食感、とても甘くて
 美味しい品種

  
 あかつきエクセラ
 プピュラーな美味しい品種
 栽培しやすい

 
 美郷
 プロが栽培すると超大玉になり美味しい品種
 素人が鉢で栽培すると大玉にはならない
 大鉢に植えて、結実数を制限すれば、ある程度は
 大きくすることはできます

  
 サザンハイブシュ系のブルーベリー(オザークブルー)
 とても美味しい品種

 
 ハイブッシュ系のブルーベリー(ブリジッタ)
 豊産性で美味しい品種


コメント

作業日記 30年5月~

2018-06-30 20:25:25 | 作業日記

6 月30日
 
 プラム(大石早生)

  
  ネット内に置いたのに、隙間から侵入した鳥に食べられた

 
 ブドウ(ピオーネ)

  
 ブドウ(高墨)

 
 ハイブッシュ系のブルーベリー(ブリジッタ)
 豊産性で甘みが強いのが特徴

  
 同(トロ)
 これも豊産性で甘くて美味しい品種


6月28日

 
 4種のリンゴ(バレリーナツリー)
 食用には不適だが観賞用のリンゴ

  
  洋ナシ(ラ・フランス)

 
 コガネムシの食害を受けたブドウ(巨砲)

  
 ブドウ(昭平紅)
 そろそろ袋かけが必要です

 
 ブドウ(竜宝)

  
 桃(なつおとめ)

 
 ハイブッシュ系のブルーベリー
 ブリジッタ:とても甘い品種

6月23日
 
 早生の桃(桃夭):生らせすぎで小玉になった
 最もお気に入りの品種
 やや硬質で甘くて、日持ちする

  
 ハイブッシュ系のブルーベリー(ダロー)
 粒が不揃いだが大きくなり、味もまあまあ

 
 同上、500円玉台にもなる

  
 サザンハイブシュ系ブルーベリー(カミール)
 大粒で味も良い品種

 
 ラビットアイ系のブルーベリー(バルドウィン)
 この系統は完熟はまだまだ先です
 早生種、晩生種を栽培すると長く収穫を楽しめます

  
 リンゴ(つがる)

 
 リンゴ(シナノスイート)

  
 ミニ花壇のブドウ(ゴルビーとキャンベルス)


6月21日
 殆どの果樹は枝を水平に誘引する作業が必要です
 花芽が着きやすくするためです
 
 枝をタコ糸で水平に誘引した桃

  
 今年の春に大鉢に移植したブドウ
 グランピオーネ
 生育の過程を観察するのは楽しいです

 
 ハイブッシュ系のブルーベリー(トロ)

  
 小型のリンゴ(アルプス乙女)

 
 同上
 こんなに生らせてはダメ、実が小さくなり味も落ちます

  
 洋ナシ(バラード)

 
 ネーブル


6月16日
 摘果遅れ
 摘果が遅れると全体の実の発育が不良になり、
 果実が大きくならないだけでなく、味も悪く
 なります
 
 桃(あかつきエクセラ):この4個を全て摘果

  
 プラム:この4個を全て摘果

 
 プラム(アームストロング)

  
 プラム(秋姫)

 
 ブドウ(ピオーネ)

  
 サザンハイブシュ系のブルーベリー(マグノリア)

 
 ハイブッシュ系のブルーベリー(ダロー)


6月15日
 果実は完熟すると鳥にねらわれます
 特に赤い実は鳥の大好物です

 
 桃(桃夭)
 この桃だけが赤く色づいてきました

  
 ネクタリン(ストレンジ)
 鳥に多数食べられた

 
 遅ればせながら、同上にネットかけました
 
  
 ハイブッシュ系のブルーベリー(オニール)

 
 ネクタリン(ヒラツカレッド)
 手前はカメムシに食われた跡

  
 オレンジ


6月  9日
 
 色づき始まった多品種のブルーベリー
 ブルーベリーも色づくと鳥に食べられます
 重要な品種はネット内に避難します
 
  
 サザンハイブシュ系のブルーベリー
 サウスムーン
 私の最も好きな品種
 甘いだけでなく、微妙な味わいです

 
 ブルーベリー(サファイア)
 これも美味しい品種。栽培がやや難しい

  
 ブドウ(昭平紅)
 大分、摘房をしました

 
 ミニ花壇のブドウ(ゴルビー)
 完熟すると大きくなって、とても美味しい品種

  
 洋ナシ(ラ・フランス)


6月  7日
 最もお気に入りのサクランボの収穫がほぼ終わ
 ってしまいました
 サクランボは開花から収穫までが早いのが特徴
 です
 鳥除けのために、ネット内収穫の終わった
 サクランボとブルーベリーを入れ替えています
 
 サクランボ(紅ゆたか)

  
 紅きらりの収穫

 
 サクランボの収穫が殆ど終わり、ブルーベリーの
 鉢と入れ替え作業中

  
 ブルーベリーを鳥除けの第2ネット内に避難

 
 ブルーベリーの挿し木したものに添え木をした

  
 添え木をしないと、風で根がぐらついて枯れる
 恐れがあります

 
 水やりが遅れて葉が萎れてしまった桃
 回復不可能、管理ミスを反省しきりです


6月  2日

 
 今が多品種のサクランボの完熟期

  
 紅きらり

 
 紅ゆたか

  
 ビワ(茂木)
 肥料が少なかった為か小粒

 
 ネクタリン(ストレンジ)

  
 ハイブッシュ系のブルーベリー(ダロー)
 大実で美味しい品種

5月31日
 サクランボは雨に当たると実が裂果してしまいます
 
 屋根のあるスペースに収容しきれなかった佐藤錦
 
  
 高砂

 
 レイニア
 とても美味しい品種

  
 紅てまり
 佐藤錦の次にお気に入りの品種

 
 サザンハイブシュ系のブルーベリー(オザークブルー)
 ブルーベリーも色づいてくると鳥に食べられます
 特にお気に入りの品種はネット内に避難

  
 ブドウ(キャンベルス)
 実を大きくするには摘粒が必要です
 これでは実をつけすぎです

 
 洋ナシ(シルバーベル)


5月26日
 屋上栽培のメリットは日照が良いことです
 デメリットは強風に弱いことです
 
 台木に接ぎ木して順調に生育していた
 サクランボが、強風で接ぎ木した箇所で
 折れていました
 丹精を込めて育てていたのでショックです

  

 
 サクランボ(紅きらり)

  
 紅ゆたか

 
 奇跡のサクランボ(佐藤錦)
 ネット無しの場所に置いてあったが、
 なぜかで鳥に食べられないで残っていた

  
 色づいてきたブルーベリー(トロ)
 ブルーベリーも色づくと鳥にねらわれます


5月24日
 次々と多品種のサクランボが色付いてきました
 最高にワクワクする季節です
 
 サクランボ(サミット)

  
 カメムシに食害されたサクランボ(絢のひとみ)
 今年は被害は少ない方ですが、困ったものです

 
 リンゴ(ふじ)を摘果
 結果した殆どを摘果しています
 限られた容積の土で栽培しているので、
 個数を制限しないと実が大きくなりません
 
  
 洋ナシ(ラ・フランス)
 摘果して6個に抑えています

 
 ジャンボレモンの花
 独特の良い香りがします


5月19日
 今年のサクランボは不作です
 昨年は大豊作で、生らせすぎてしまったのが失敗でした
 プロは摘果したりして調整しているようです
 
 サクランボ(レイニア)

  
 サクランボ(サミット)

 
 屋根のあるネットの中に収容しきれないサクランボ
 ネットをかけましたが、鳥に食べられないか心配です

  
 ハイブッシュ系のブルーベリー(ノースランド)
 これと、次の品種等は栽培しやすく味もまあまあです

 
 同系統のブリジッタ

  
 プラム(秋姫)


5月17日
 
 3月に台木に接ぎ木したサクランボ
 枝が伸びてきたので水平に誘引
 花芽が付きやすくする作業です

  
 サクランボ(佐藤錦)

 
 アメリカンチェリー

  
 サザンハイブシュ系のブルーベリー(エメラルド)
 大実で美味しい品種です

 
 プラム(ソルダム)
 更に1~2個へ摘果が必要

  
 洋ナシ(シルバーベル)


5月12日

 
 サクランボ(紅秀峰)
 段々に赤く色づいてきました

  
 鳥に食べられてしまった(アメリカンチェリー)

 
 ブドウ(ナイアガラ)の開花が始まった
 そろそろ摘心をしなければなりません


5月10日
 
 ブドウ(安芸クイーン)
 フェンスに這わせると樹形を作りやすい
 右下の2鉢は、3月に植え付けた新しい品種の桃

  
 同上の整房後

 
 ミニ花壇のブドウ2品種(ゴルビー、キャンベルス)
 ブドウは地植えにすると根の発育が良すぎるので、
 大鉢を地中に埋めて、植え付けてあります

  
 リンゴ(つがる)
 1個に摘果予定。カメムシの被害を考え今は2個
 残してあります

 
 洋ナシ(シルバーベル)

  
 桃(あかつきエクセラ)

 
 サクランボ(高砂)
 昨年は豊作だったが、今年はこれは実付き不良

  
  サザンハイブシュ系のブルーベリー(オザークブルー)
  小さい実は摘果した方が良い


5月  5日
この連休は時間があったので、日頃できない
作業ができました
最も時間がかかったのがブドウの手入れでした
整房、枝をフェンスに固定する作業などです
 
 ブドウ(竜宝):整房の前

  
 同上の整房後

 
 3月に台木に接ぎ木したサクランボ
 4L佐藤錦です、活着して順調に生育中

  
 色づいてきたアメリカンチェリー

 
 サクランボ(紅ゆたか)

  
 大分大きくなってきた桃(あかつきエクセラ)
 摘果をしています

 
 ブルーベリー(トロ)

  
 ネーブルに幼果が付いた


5月 3日
 
 サクランボ(天香錦)
 少しでも赤く色づいたらネット内に入れないと
 鳥に食べれれます

  
 洋ナシ(レクチェ)
 一個だけに摘果します

 
 伊予柑
 柑橘類の花はどれも純白で美しく、良い香りがします

  
 オレンジ

コメント

作業日記(30.4月~)

2018-04-30 20:50:22 | 作業日記

4月30日
 
 ハイブッシュ系のブルーベリー(チャンドラー)です

  
 このように摘果すると500円玉台に大きくなります

 
 柑橘類の津之輝の花が満開になりました
 良い香りがします

  
 サクランボ(サミット)
 実が段々と大きくなってきました

 
 ブドウ(昭平紅)
 フェンスに左右の枝を誘引しています


4月28日
ブドウは授粉する手間はありません
ただ、生育の過程で摘房、整房、摘心、副梢かき等
数多くの作業が必要です
 
 ブドウ(クイーンニーナ)

  
 同上を整房したもの

 
 桃(あかつきエクセラ)
 幼果が沢山付いているので摘果が必要です

  
 プラム(秋姫)

 
 梨(幸水)
 中心の1個を残して摘果予定

  
 ブルーベリー(ダロー)

 
 ネクタリン(ストレンジ)


4月26日
 
 サクランボ(高砂)

  
 サクランボ(紅きらり)

 
 ブドウ(グランピオーネ)
 先日、大鉢に植え付けたものが順調に生育中

  
 上のブドウの房を一本の枝には一個の房に摘房、
 房の肩の部分を切り取り整房しました

 
 リンゴ(ふじ)の幼果

  
 ラビットアイ系のブルーベリー2種を混植したもの
 ティフブルーとホームベル
 ハイブッシュ系やサザンハイブシュ系に比べて開花が遅い


4月22日
リンゴと梨は属性が近いので、世話の仕方はほぼ同じです
 
 洋ナシ(ラ・フランス)

  
 リンゴ(つがる)

 
 ブドウ(竜宝)
 中央に一房付いています
 時期を見て、枝の先端を摘心する必要があります
 実に栄養を送るための処置です

  
 ブルーベリー(スパータン)
 ハイブッシュ系のこの品種は栽培が難しいです
 どうしても大きく育ってくれません

 
 同(ノースランド)
 対して、この品種などは栽培が簡単です
 品種によって栽培の難易度に差があります


4月21日
 
 サクランボ(紅秀峰)
 授粉が上手くできて、幼果が沢山付いた

  
 桃(あかつきエクセラ)
 このような上向きの幼果は摘果する

 
 プラム(アームストロング)
 2~3個に摘果します

  
 ブドウ(ピオーネ)
 一枝には一房に、摘房します

 
 ブドウ(ゴルビー)
 ここは東南の角で日照は最高の場所です
 地上に置いてある鉢植えは日照不足で生育が
 著しく遅いです
 果樹栽培には日照が最も大切です


4月19日
サクランボに幼果が付きはじめました
少しでも色づくと鳥に狙われるので、ネットのある
場所へ移動しなければなりません
 
 天香錦

  
  紅きらり

早生のブルーベリーには幼果が付き始めました
 
 ハイブッシュ系のパトリオット

 柑橘類は全て自家受粉するので授粉作業が不要です
  
  グレープフルーツ


4月14日
それぞれの果樹の授粉作業が終わりました
満開になり、落花したら幼果が付き始めます
楽しいワクワクする季節です
 
 リンゴ(ふじ)

  
 待望のサクランボ(天香錦)に幼果が付きました

 
 桃にも幼果が付き始めました

  
 ビワ(茂木)の摘果前

 
 摘果後
 摘果をしないと実が大きくならず、味もよくなりません

  
 大鉢に植え付けたブドウ(シャインマスカット)
 の展葉が始まった


4月12日
各種のリンゴが開花しました
「ふじ」と「つがる」は受粉の相性が良いです
 
 シンボルツリーのリンゴ(ふじ)

  
 リンゴ(つがる)

 
 リンゴ(アルプス乙女)
 このリンゴは自家受粉する品種です

  
 プラム(秋姫)
 プラムは花が散って幼果が付き出しました
 可愛いものです。実が大きくなっていくのが楽しみです


 4月  8日

 
 落花した桃(美月)
 このような上向きの幼果は早めに摘果します

  
 サクランボ(紅きらり)
 自家受粉(一本でも実が生る)品種
 殆どの他品種に授粉もできる優れもの

 
 ハイブッシュ系のブルーベリー(パトリオット)
 お気に入りの品種の一つ


30年 4月 7日
午後からブルーベリーの鉢増しを予定したが
雨で作業中止

 
 サクランボの接ぎ木
 3月に台木の2枝に2品種を接ぎ木したもの
 順調に活着している

  
 サクランボの開花様式の特徴
 花束の様に固まって開花する
 とても美しい

 
 ネーブル
 雨の中で開花が始まってしまった


30年 4月 5日続き
 
 ラ・フランス
 洋ナシのレクチェやシルバーベルと相性が良い

  
 ネクタリン(ヒラツカレッド)が満開
 下の枝には、桃の玉うさぎを接ぎ木してあります

 
 ブドウの展葉が始まりました
 安芸クイーン

30年 4月 5日
晴天が続いたので多種類のサクランボが
一斉に開花しました
受粉棒で授粉作業の真っ最中です
結実を考えながらの授粉作業は楽しいです

 
 サクランボ(紅さやか)
 他品種の授粉に効果的な品種

  
 上の近接像

 
 姫リンゴ
 他品種のリンゴの授粉に使う

  
 姫リンゴの花とつぼみは美しい

 
 梨(豊水)
 洋ナシ、和ナシは相互に受粉できます

  
 上の近接像

 
 これはハイブッシュ系のブルーベリー達
 他にサザンハイブシュ系、ラビットアイ系も
 系統毎に近くに置いて、受粉を促進中

  
 ハイブッシュ系のチャンドラー
 大実のブルーベリーの代表品種です


コメント