歌がうまくなりたい

「誰にでもわかる」「実感できる」カヌマミュージックスクールのレッスン風景

シンコペーション 小松音楽教室の先生のブログから

2020年01月14日 | 豆記事

神奈川県相模原市のボーカル教室 カヌマミュージックスクールです。


いつもブログ内で仲良くさせていただいている小松音楽教室の先生のブログ記事から転載させていただきました。

シンコペーションについてとっても分かりやすい解説、説明です。

 

シンコペーション

2020年01月13日

杉戸町のピアノ教室、エレクトーン教室 🏠小松音楽教室♫

シンコペーションって⁉︎

理解するには難しいですよね💦

シンコペーションはクラシック、ジャズ、ロック、ポップスなどなど様々な楽曲で使われています♫

特にジャズはシンコペーションが多いですね。

シンコペーションとは、拍を崩す、拍のパターンが狂う、パターンを崩す事。

シンコペーションは3種類あります。

①→強拍を休む

②→弱拍の音と小節の強拍の音をタイで結ぶ

③→弱拍にアクセントをおく

 

シンコペーション…安定したリズム進行の中に通常のアクセントとは違う場所に強拍と弱拍のパターンを変えてアクセントをおいて違うリズムのノリを生み出してリズム効果を伝える…するとシンコペーションを使う事によって曲にインパクトが生まれます♫

 

A列車のイントロ部分はシンコペーション3種類の中の①です。

 

この説明を理解するだけでも難しいですよね💦

 

♩♩♩♩(タン、タン、タン、タン)のリズムに♪♩♪(こまーた〔困った〕)これで強拍の位置が移動しました。これがシンコペーション、日本語では切分音(せつぶんおん)と言いますよ〜!節分じゃないですよ〜笑

♪♩♪♩♩→これで(腹〜が減った)

最初のところはシンコペーションですよ。

拍を狂わせてます。

 

シンコペーションが使われてる曲の例ですが、「シンコペイテット・クロック」フォークダンスで使われる曲の「オクラホマミキサー」のサビの部分など。

 

歌う時にも🎤シンコペーションを注意する事によってかなりの違いが出て来ますよ😊

(ねっ!カヌマミュージックスクールの先生!)

 

少しでもわかって頂けたらそれでOK👍

 

※小松音楽教室の先生のブログでは楽譜も見られますよ。

カヌマのブログのブックマーク欄をご覧ください。小松音楽教室のブログに行けますよ。

 

ご訪問本当にありがとうございます。

また来てくださいね。

コメント (2)

【この歌好きじゃありません】相模原市カヌマミュージックスクール

2020年01月14日 | 豆記事

神奈川県相模原市のボーカル教室 カヌマミュージックスクールです。

 

だいぶ前のことですがある生徒さん(Aさん)に「今度はこの歌を歌ったらどうですか」とある歌を勧めると「この歌、知ってます。でも好きじゃないです」とAさん。

 

カヌマ「あっそうですか。Aさんにピッタリだと思うのですが」

 

Aさん「この歌、お友達がよく歌うんです。でもちっともいい歌とは思えません」

 

カヌマ「あっお友達の歌で聴いたのですか。歌手本人の歌を聴いたことは?」

 

Aさん「聴いたことはありません」

 

カヌマ「じゃあ一回聴いてみたら」そういって歌手本人の歌を聴かせると

 

Aさん「えっ嘘、この歌こんなにいい歌だったの。信じられない、素敵な歌ですね、先生この歌教えてください。歌いたいです」

 

その歌は秋元順子さんの「マディソン郡の恋」

 

でもお友達はいったいどんな歌い方をしてたのでしょうね(笑)

コメント (1)

【こっこ??】相模原市カヌマの音声レッスン

2020年01月12日 | 豆記事

神奈川県相模原市のボーカル教室 カヌマミュージックスクールです。

 

Kさんは面白い人なんです。

歌い終わった後、ここはこう歌いましょうとカヌマが言うと

Kさん「あら そうでした。この間も同じことを言われましたよね。忘れてました」

そしてレッスンが終わりKさんが帰る時

Kさん「先生、私って こっこ(にわとり)みたいね」

カヌマ「??」

Kさん「こっこって3歩あるくと忘れちゃうんですって。私と一緒ね。はっはっは」

元気よく帰っていきました。

 

面白いでしょ。最高です。

コメント (4)

【寝ながら??】カヌマミュージックスクール

2020年01月11日 | 豆記事

神奈川県相模原市のボーカル教室 カヌマミュージックスクールです。

 

生徒のSさんは呼吸をする度肩が上下(胸の上下)します。これは胸式呼吸です。腹式呼吸ではありません。

 

そのため、音程もよく声もいいのですがその呼吸のせいで各フレーズに乗り遅れることがしばしば。

 

カヌマ

「鏡を見て肩が上下しないように歌ってください。肩が上下しなければ お腹で呼吸しますよ」

 

Sさん

「どうしても息を吸うと肩が上下してしまいます。どうすれば腹式になるのですか?」

  

カヌマ

「Sさんがカヌマに入りたての頃に教えたはずですよ。腹式で歌うためには“寝ながら腹式呼吸(ワンポイントをご参照ください)を覚えよう”とお話したでしょう。忘れたんでしょう」

 

Sさん

「ああ、そうでしたね。でも私、寝つきがすごくいいんです。横になると(寝ると)すぐ眠ってしまうのです。でもまたやってみます」

 

こういう会話、いいですよね。

コメント (2)

【NちゃんとHさん】相模原市カヌマミュージックスクール

2020年01月08日 | 豆記事

神奈川県相模原市のボーカル教室 カヌマミュージックスクールです。

 

音声レッスンにいつも協力してくれているNちゃんとHさん。

 

Nちゃんはバンド(今でも)、Hさんは学生時代吹奏楽部。二人とも楽譜は読めます。

特にNちゃんは「先生、次はこの歌をやりたいです」とその歌の楽譜をもってきてくれます。

 

ところがレッスンの時、歌詞は譜面台に置いていますが楽譜は一切見ません。

カヌマ「楽譜、見ないでいいの?」

Nちゃん「大丈夫です。もうメロディは覚えましたから。譜面を見ながら歌うと目が音符を追ってことばで歌えません」Hさんも同じことを言います。

 

覚える時に楽譜は必要ですが覚えたら(メロデイ)歌詞、それも漢字まじりの歌詞で言葉を表現しましょう。

 

次回はNちゃんの歌を、その次はHさんの歌をアップしていきます。

 

 ご訪問ありがとうございます。

また来てくださいね。

コメント