歌がうまくなりたい

「誰にでもわかる」「実感できる」カヌマミュージックスクールのレッスン風景

35・作詞家が目の前に!!

2019年07月21日 | ワンポイントレッスン

相模原市のカヌマミュージックスクールです。

Nさんは間違えまいとするあまり
歌がメロディ主役。

詞(ことば)がおそそかになりがち。
一語一語で音程と音符の長短をつけ歌っています。

これでは別にことばで歌わなくても ラララ で歌っても同じこと。


やはりメロディを覚えたら
ことばを主役にして歌って欲しいものです。

そこで僕は
「今、歌っている歌の作詞家が目の前にいて
 あなたの歌をじっと聴いていると思ってください。
 ことばをおろそかにできないでしょう?」


またAさんは暗唱が得意なかたですが
歌っている最中にふとことばにつまると
上手に別のことばに変え、とりつくろっています。

もちろん歌が止まるより数段よいのですが・・・
(テクニックといえばテクニックですが)

Aさんにも
「目の前でこの歌の作詞家が聴いていると思ってください。
 作詞家は一字一句推敲に推敲を重ねてことばを紡ぎだしているのですからね」


今回のポイントです。

メロディに対しては間違えまいと気を使っているくせに
意外とことばには気がないことがあります。

参考にしてくださいね。

コメント

34・情感をこめて!!

2019年07月20日 | ワンポイントレッスン

相模原市のカヌマミュージックスクールです。

情感をこめて!! むつかしいですよね。

生徒のTさんは一生懸命表現しようと歌っているのですが
伝わってくるのは
“表現しよう、しよう”という気持ちだけ。
肝心のことば、内容が伝わってきません。


まず1フレーズずつ、何を言うのか頭に置いてから
歌って欲しいのですが、“ことばを目で追いながら表現しよう”と
しているので、結局、口先の表現になっているのです。


ですから

「何を歌ってもオーバーになって、わざとらしくなってしまいますよ」

「気持ちだけが空回りしているみたいです」

「声を出しながらことばをいじくりまわすより、声を出す前に
 何を言うのか頭においてから声を出してください」

「頭の中のことばが悲しいことばなら自然に悲しい声になるでしょ。
 逆に楽しいことばなら自然に明るい声になるでしょ。
 ことばを読みながら悲しい声を出そうとするからわざとらしく
 なるんですよ」

皆さんも参考にしてくださいね。

コメント

33・声のコントロール

2019年07月19日 | ワンポイントレッスン

相模原市のカヌマミュージックスクールです。

前回の続きですが

声を思い通り操って歌うためには
声帯のコントロールを身につけることが
不可欠であるということは訓練法と共に述べました。

音程はもちろん耳がとっているのですが
それを音(声)にしてくれるのが 声帯 です。

大きな声を出そう(出さなきゃ)と力む人は
(生徒さんの中にもカヌマに来る前に他教室で習っていた経験者に多いのですが)
声は口で、口でと思っていることが多いようです。

「声(音)を出しているのは 口ではないですよ」

「口はことばを発音するためのものだと思ってください」

「そんなに力んだら口はスムースに動かず、一語、一語で
 音程をとることになり、ことばがメロディに乗りませんよ」

そして

「口に力を入れなくてもボリュームを出し、
 音程をつけてくれるのは 声帯 なんですよ」

「そんなに力んでのどを締め付けたら、特に高音など
 ヒィーとなったり、声がひっくり返ったりしますよ。
 苦しいだけでしょう」


そこで前回述べた唇を声帯に見立てて振動させ
強弱、高低の声帯の音(声)を聴いてもらうと
「うーん」と絶句。

(唇が振動するということは口から力が抜けていますよね)


間違った指導はのどを痛めつけるだけです。
気をつけて!!

コメント

32・声帯をきたえるというよりも

2019年07月17日 | ワンポイントレッスン

相模原市のカヌマミュージックスクールです。

今回のワンポイントレッスンは
Pさんからの質問をヒントに書いてみますね。


まずPさんの質問です。

喉筋肉(声帯)を鍛える運動を教えて下さい。
力を抜いて発声すると、抜けた声ですが・・・・・
閉じ過ぎると苦しくなる・・・
適当に閉じると真っ直ぐな声・・・・
音の高さを決めるのは喉の筋肉ですが・・・・コントロール方法を教えて下さい。


<カヌマ>

声帯を鍛えるというよりも
声帯をコントロールする方法(イコール、声をコントロール)を
身につけたほうがいいと思います。

何はさておき、早速やり方です。【リップロール】

簡単ですから皆さんもご一緒にどうぞ。

まず、唇の両端より少し外側(少し上)を指で押さえ、
唇をぷるるると振動させてください。
このときは唇が振動しているだけで声は出ません。

さあ次にぷるるると唇を振動させたまま
声にしていきましょう。
ぷるるるがぶるるるに変わります。

そしてぶるるるの音(声)を強くしたり、弱くしたり。
音程を上げたり、下げたりしてみてください。

声帯の振動とともに
のど仏が上がったり、下がったりを感じることができます。

簡単でしょう。
繰り返すことで声帯のコントロール(声のコントロール)を
ぜひ身につけてください。

さあ試してください!!

 

コメント

31・エコー

2019年07月16日 | ワンポイントレッスン

相模原市のカヌマミュージックスクールです。

皆さんがカラオケを楽しむ時
ほどよくエコーがかかっていると
気持ちよく歌えますよね。

かかっていないと
「ここは歌いにくい」
「もっとエコーをきかせて」などと文句を言ったりして(笑)

でもカヌマのレッスンではエコーはかけません。
(初心者は別・・・自信をなくしたら困りますもの・笑)

なぜなら
自分の声にひびきをつけるのが発声の目的の一つだからです。
そのひびきを感じながら歌えるようになれば
エコーは必要なくなるのです。

お風呂場やトンネルの中で歌うと気持ちいいでしょう
ひびきがつくからです。

そのひびきを自分のものにするのが発声なのです。


一方、
器械がつけてくれるひびき、すなわちエコーでは
誰が歌っても同じひびき。
洋服で例えれば 皆同じ洋服を着ているようなもの。
(声が本人、ひびきが洋服)

想像してみてください。
歌う人全員が同じ洋服を着て歌っているところを・・・。

器械に頼らず自分だけのひびき(洋服)を身につけてください。


さあ、ここでヒントを一つ。

歌うとき

自分は今、トンネルの中にいる”“トンネルの中にいると言い聞かせて
 歌ってみてください。

いつもよりスムースに声が出る感じがしますよ。
(自分の声が 天井 でひびいている感じ)

こんな簡単なことで歌は数段上達するんですよ。
声を出すのが楽しくなります。

試してみてください。

コメント