歌がうまくなりたい

「誰にでもわかる」「実感できる」カヌマミュージックスクールのレッスン風景

【花束を君に/宇多田ヒカル 】 相模原市カヌマの音声レッスン

2020年01月24日 | Jポップス(音声)

神奈川県相模原市のボーカル教室 カヌマミュージックスクールです。

Hさんとのレッスン風景。カヌマの好きな歌をHさんにリクエストして

レッスン開始。

 

花束を君に  宇多田ヒカル  詞 曲 Utada Hikaru

 

普段からメイクしない君が薄化粧した朝

始まりと終わりの狭間で 忘れぬ約束した

 

花束を君に贈ろう 愛しい人 愛しい人

どんな言葉並べても 真実にはならないから

今日は贈ろう 涙色の花束を君に

 

毎日の人知れぬ苦労や淋しみも無く

ただ楽しいことばかりだったら

愛なんて知らずに済んだのにな

 

花束を君に贈ろう 言いたいこと 言いたいこと

きっと山ほどあるけど 神様しか知らないまま

今日は贈ろう 涙色の花束を君に

 

両手でも抱えきれない

眩い風景の数々をありがとう

 

世界中が雨の日も

君の笑顔が僕の太陽だったよ

今は伝わらなくても

真実には変わりないさ

抱きしめてよ、たった一度 さよならの前に

 

花束を君に贈ろう 愛しい人 愛しい人

どんな言葉並べても 君を讃えるには足りないから

今日は贈ろう 涙色の花束を君に

 

 

注:日本のコピーは参照のために公正である

注:歌詞すべては所有者の特性そして版権である。

歌詞は教育の目的のみで掲載されています。

 

 

ご訪問頂きありがとうございます。

また来てくださいね

コメント

【アイ ビリーブ/綾香】相模原市カヌマの音声レッスン

2020年01月21日 | Jポップス(音声)

神奈川県相模原市のボーカル教室 カヌマミュージックスクールです。

Hさん(いつものHさんではありませんよ)はカヌマに来た頃、音程良し、リズム感良し(リズムのりではありません)声もパワフルですが地声のみで歌っていたので高音など力まかせになりことばが苦しそう。

 

でも最近は地声にハナ音をプラスすることが出来るようになり とってもしっかり歌えるようになってきました。(コツがあるんですよ)

次のレッスンでこの歌の仕上げをし 次曲はミーシャの「エブリシング」を歌いたいそうです。楽しみですね。Hさんはウクレレ奏者でもあります。

 

I believe

絢香 詞 絢香 曲 西尾芳彦/絢香

 

この胸の中に隠れてる 不安のうず

目の前にある 自分の進むべき

道はどれか

 

人に流されてた日々 そんな自分に「さよなら」

 

I believe myself 信じることで

全てが始まる気がするの

I believe myself あたたかい光は

まちがっちゃいない 歩いて行こう

I believe

 

偽りの中でウソの微笑み浮かべて 生きる人を

幼き自分と重ねて見て

ため息つく

 

どんな色にも染まらない 「黒」になろうと誓った

 

I believe myself 信じることで

全てが始まる気がするの

I believe myself あたたかい光は

まちがっちゃいない 歩いて行こう

I believe

 

今 目に映る この広い空も

素直に生きる この気持ちも

 

I believe myself 信じることで

全てが始まる気がするの

I believe myself あたたかい光は

まちがっちゃいない 歩いて行こう

I believe

 

 

注:日本のコピーは参照のために公正である

注:歌詞すべては所有者の特性そして版権である。

歌詞は教育の目的のみで掲載されています。


ご訪問頂きありがとうございます。

また来てくださいね。

コメント

【幸せをフォーエバー/MISIA】相模原市カヌマの音声レッスン

2020年01月09日 | Jポップス(音声)

神奈川県相模原市のボーカル教室 カヌマミュージックスクールです。

 

素敵な歌詞でしょ。気持ちのこもったウエディングソングですね。

歌詞の中の一節、

「幼い私の手を 優しく引いてくれた父と母に ありがとう」

情景が目に浮かびグッときました。

 

Nちゃんとのこの歌の2回目のレッスン風景。

この歌の仕上げが楽しみです。

 

幸せをフォーエバー  MISIA 詞 MISIA 曲 Toshiaki Matsumoto

 

今日の この佳き日 迎えられたことを 嬉しくて誇らしく思う

わがままばかりで困らせてごめんね 沢山の愛をありがとう

 

人生のプロポーズ 始まるふたりの未来

手を繋ぎ歩いてく かけがえのない愛を抱いて

 

幸せを願うフォーエバー 花びらが舞う 光のウエディングロード

幸せを共にフォーエバー 永遠を誓う I Love You

 

優しい風の中 巡り行く季節に どんなことを語り合うのだろう

「ただいま」「お帰り」そんな当たり前の 温かな場所を育てていこう

 

幼い私の手を 優しく引いてくれた

父と母に ありがとう 伝えたい想いが溢れてく

 

幸せを繋ぐフォーエバー 喜びのときも 悲しみのときも

幸せをふたりフォーエバー 共に生きてゆきます

 

Happy Day Happy Day この喜びに

Happy Day Happy Day この祝福を Together Forever

 

幸せを歌うフォーエバー 永遠の彼方へ 鳴り響くウエディングベル

幸せをふたりフォーエバー 共に歩いてゆく

幸せを願うフォーエバー 花びらが舞う 光のウエディングロード

幸せを共にフォーエバー 永遠に誓う I Love You

 

共に生きてゆきます

 

ご訪問ありがとうございます。

また来てくださいね。

 

注:日本のコピーは参照のために公正である

注:歌詞すべては所有者の特性そして版権である。

歌詞は教育の目的のみで掲載されています。

コメント (2)

【歌うたいのバラッド/斉藤和義】相模原市カヌマの音声レッスン

2019年12月28日 | Jポップス(音声)

神奈川県相模原市のボーカル教室 カヌマミュージックスクールです。

 

テンポに乗って歩きながら歌うように。何度も言いますがテンポに乗るとことばは一語一語にならず話すように聞こえます。

 

いくら正確にメロディを覚えてもことばが ぎこちなっかたり、不明瞭では何にもなりません。ことばは単語で聞こえなくては。

 

そしてもう一つ。

この歌は高音が続くフレーズばかり。ここで重要なのは鼻音でうたえるかということです。

 

ミックスボイスは地声と裏声のミックスですがカヌマに言わせれば くちとハナのミックスなんです。

 

カヌマの場合、地声の所から鼻音がミックスされていますから低音から高音まで継ぎ目なしに歌えるんです。音域を広げたければ地声に鼻音をプラスして気持ちよく歌いましょう。

 

 

歌うたいのバラッド  斉藤和義 詞 曲 斉藤和義

 

嗚呼 唄うことは難しいことじゃない

ただ声に身をまかせ 頭の中をからっぽにするだけ

嗚呼 目を閉じれば 胸の中に映る

懐かしい思い出や あなたとの毎日

 

本当のことは歌の中にある

いつもなら照れくさくて言えないことも

 

今日だってあなたを思いながら 歌うたいは唄うよ

ずっと言えなかった言葉がある 短いから聞いておくれ

「愛してる」

 


ご訪問ありがとうございます。

また来てくださいね。

 

注:日本のコピーは参照のために公正である

注:歌詞すべては所有者の特性そして版権である。

歌詞は教育の目的のみで掲載されています。

 

コメント

【鱗/秦基博】相模原市カヌマの音声レッスン

2019年11月22日 | Jポップス(音声)

神奈川県相模原市のボーカル教室 カヌマミュージックスクールです。

 

最初、この歌のタイトルを見て「鱗、なんだこのタイトル」と思いました。

でも歌詞を読んで納得。

 

どらえもんの映画の主題歌「ひまわりの約束」を歌った秦基博さんの歌です。

Hさんとのレッスン風景です。彼女はこの歌のほうが好きだということで

気持ちの入ったパワフルな歌声をお聴きください。


バック演奏なし、テーマはテンポにことばを乗せる。

 

 

鱗(うろこ)  秦基博 詞 曲 秦基博

 

少し伸びた前髪を かき上げた その先に見えた

緑がかった君の瞳に 映り込んだ 僕は魚

 

いろんな言い訳で 着飾って 仕方ないと笑っていた

傷付くよりは まだ その方がいいように思えて

 

夏の風が 君をどこか 遠くへと 奪っていく

言い出せずにいた想いを ねぇ 届けなくちゃ

君を失いたくないんだ

 

君に今 会いたいんだ 会いに行くよ

たとえ どんな痛みが ほら 押し寄せても

鱗のように 身にまとったものは捨てて

泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ それでいいはずなんだ

 

季節の変り目は 曖昧で 気づいたら すぐ過ぎ去ってしまうよ

まだ何ひとつも 君に伝えきれてないのに

 

夏の風に 君を呼ぶ 渇いた声 消されぬように

あふれそうな この想いを もう ちぎれそうなくらい

叫んでみるんだ

 

君に今 伝えたくて 歌ってるよ

たとえ どんな明日が ほら 待っていても

鱗のように 身にまとったものは捨てて

泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ それでいいはずなんだ

 

君に今 会いたいんだ 会いに行くよ

たとえ どんな痛みが ほら 押し寄せても

鱗のように 身にまとったものは捨てて

泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ それでいいはずなんだ

 

 

ご訪問ありがとうございます。

また来てくださいね。

 

注:日本のコピーは参照のために公正である

注:歌詞すべては所有者の特性そして版権である。

歌詞は教育の目的のみで掲載されています。

コメント