皮膚病(尋常性乾癬、アトピー)不妊症専門神戸寶元堂薬局ブログ

不妊症、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、アトピー治療専門の寶元堂薬局です。お悩みの方は独りで悩まず、お気軽にお問合せ下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「先週は川西市、伊丹市、奈良市、三木市に出張相談に行って参りました。

2015-12-21 12:31:21 | 水素水

「ステロイド」をお使いの方もご相談ください。

 

 

皆様、おはようございます。私が、薬剤師の鴻野です。日夜、「尋常性乾癬、アトピー」については研究を怠りません。

 

お気軽にご相談ください

 

 「先週は川西市、伊丹市、奈良市、三木市に出張相談に行って参りました。

 

「出張相談」の概要お知らせいたします。

・まずは、電話もしくはメールにて「出張相談」のお申込み、を行ってください。

・お住まいのお近くの、カフェ、ファミレス、等でご相談させていただきます。

・ご相談日時が決まりましたら、「問診票」をファックスまたは郵送させていただきます。

・「問診票」にあらかじめ、ご記入していただきまして、ファックスまたは返送してください。

・「問診票」をもとにスムーズに、ご相談させていただきます。

・漢方薬、商品等ご購入の方は出張費はいりません。

・ご購入されない場合は出張費は実費分だけいただきます。

・事前に「メールもしくはお電話にて。」ご質問(かかる費用等)受け付けますのでご利用ください。

・どなたでも、どのようなhご相談でも結構です、ご利用ください。

  お電話でのお問い合わせは。

  ☎078-262-7708

今話題!水素水生成器のすごいやつがついに発売!

 

 新鮮水素水Super 希望小売価格65,000円+税

 

 新鮮水素水Superの特徴

 01 「マグネシウム+薬石入りセラミック」の力で業界最高レベルの水素濃度を実現! 02 秋冬の季節は温度を気にせず  ホット水素水が作れます!

03 USB対応なのでとても便利  04 充電中でも水素水が作れます

05 安心の“生活防水仕様”06 使いやすく水漏れを防ぐ完全水漏れ防止ロック付き

01 「マグネシウム+薬石入りセラミック」付

 人体にとっての必須ミネラル〔マグネシウム(Mg)+薬石〕の“ミネラルスティック”を特別に装着していますのでとても生体に良いお水になります。
特殊ミネラルスティックの力で業界最高レベルの水素濃度を実現!

02 秋冬の季節は“ホット水素水”で

 秋冬はカラダを冷やさないために、お湯を入れて“ホット水素水”が作れます。
3分(100℃)で550ppb以上を実現のスグレモノ!

03 AC電源/USB接続充電

 家庭用AC電源のみならずUSB端子付なので、PC/USB仕様携帯電話用バッテリーからも容易に充電可。フル充電(約3時間)で〔1分:30回/3分:約10回のボタン押し可能〕

 04 充電中でも水素水が作れます

 充電中でも水素水が作れます。また、独自の電気分解システムにより電極にスケールが付着しないため、メンテナンスがとても楽。(※但し、水垢等の掃除は定期的に行って下さい)

05 生活防水仕様/お手入れ簡単

 生活防水設計のため、ボトルへの水の補充やボディ洗浄時に水に濡れても安心です。

06 ハイセンスな機能的デザイン

 ボディの曲線美が美しく、キャップはプッシュボタン付のワンタッチオープン型。
持ち運び中の水漏れを防ぐ完全水漏れ防止ロック機能付き。

 新鮮水素水Superをオススメする訳

 

水素水に関連する商品は市場に多く出回っており、特にここ数年で携帯型の水素水生成器もいくつか見かけるようになりましたが、いずれもそれぞれに問題点があり、本当に完璧な機器がありませんでした。
今回ご紹介の「新鮮水素水Super」は従来タイプの据え置き型・アルミパック入りタイプ・その他携帯型の類似品の問題をことごとくクリアーしたものとしてここに完成しました。

  従来の商品の問題点

 マグネシウム/珊瑚等を用いた
スティックタイプ

低単価のため普及しているが、表面に直ぐに酸化被膜ができて水素水発生能力が低下し易いため、クエン酸等でこまめにクリーニングが必要。また短期間で消耗・交換が必要。

 

 

●アルミパック入り
飲み切りドリンクタイプ/
錠剤・パウダータイプ

単価が高く毎月1万~1万5千円程度の費用が必要なため継続するのが大変。又水素ガス注入タイプは賞味期限の問題があり長期保存がムリ。

 

●据え置き型/水の電気分解タイプ
スティックタイプ

単価が10~30万円と大変高価なため、経済的余裕がある人でないと手軽には買えない。また水素は時間の経過と共に抜けるため作り置きができない。電極部分にカルシウムが付着するためクエン酸等で定期的メンテナンスが必要。据え置きタイプなので「いつでも、どこでも気軽に」飲めない。

 

●携帯型水素水生成器タイプ

水素水生成器としてはこのタイプが最も先進的で、最もコスト的にも安価に水素水を作れるのですが、水素生成に係る所要時間・水素発生量(ppb)や防水設計の点で問題点・物足りなさを感じるものが多いのです。

                                                              ↓

  

 このように従来の水素水の商品はそれぞれ何らかの問題点を抱えている訳ですが、今回ご紹介の「新鮮水素水Super」はそんな問題点をことごとくクリアーした“携帯型水素水生成器の決定版”なのです。

わずか1分でつくりたての高濃度水素水が飲み放題

冬場はカラダを冷やさないようにお湯を注いで
「新鮮水素水Super」「ホット水素水」を造りましょう

老化・病気の約9割の主犯は活性酸素!

 

 

     水素こそは究極の抗酸化(還元)物質

水素水は最近様々な観点からの基礎研究が多くなされており、近年下記に挙げるようにその〔基本作用と有用性〕が大学・各種研究機関から発表されるようになりました。

水素水は生活習慣病・老化に対する予防・改善に良いとされています。又美容の観点からは
「老化防止」・「肌の若返り」が言われています。

  • コラーゲン構築
  • メラニン抑制
  • セルライト抑制
  • 美白

水素水の持つ“抗酸化作用”はとても注目すべきで、様々な還元作用のあるサプリメント・食品がある中で水素水は抜群の還元素材なのです。
私たちの身体の中では日々“酸化”“還元”反応が行われていますが、これをコントロールしているのが実は“水素”なのです。

病気・老化“酸化”が原因で起こる現象であることを考えると、
いかにカラダの酸化を抑えるか“いかに還元力のあるものをカラダに取り込むか”
“健康・美容・若返り”の最も重要なポイントとなるのです。

↓

従って少しずつでいいから頻度多く飲む方がより効果があるのです。
そうした観点から「新鮮水素水Super」いつも手元に置いて“気がついたら飲む"習慣づけ
オススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント