公共の礎

「がん」をはじめとする難病を征圧しましょう!私達は「保障ネット」に参加しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

外国人技能実習制度を止めましょう

2013年03月18日 00時24分21秒 | ワークシェアリング・労働
低賃金、セクハラも…外国人技能実習の問題点
(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130317-OYT1T00225.htm?from=blist

(引用開始)

法務省によると、同制度で入国した外国人は2011年末時点で約14万2000人、うち中国人は約10万7000人。多くは、過疎地域で農林水産業や製造業の担い手に。だが、言葉の壁などから職場の人間関係がぎくしゃくし、悩みをためこむケースも少なくないという。

 陳容疑者ら実習生69人を受け入れている同組合では、過去に実習生から「奴隷みたいに働かされる」といった苦情があり、通訳を雇って面談を行うなど改善に努めていた。

(引用終了)



今回の事件の詳細はわかりませんが、この制度は今までにも
多くの問題を引き起こしています。



政治家の親族が、外国人実習制度に関連して逮捕された
こともありました。



酷い労働をさせられたら、恨みを持つ人も多くなるでしょう。
国境を越えた相互交流が、悪い結果になるのでは、この
制度は悪い制度と言えます。



以下のような記事もありました。




外国人研修・技能実習制度  賃金トラブル相次ぐ  〈49〉
制度悪用 タダ働き指摘も
(読売オンライン 地域 広島)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/feature/hiroshima1196996933047_02/news/20081208-OYT8T00789.htm


(引用開始)

外国人研修・技能実習生が県内で急増する中、受け入れ企業の賃金、残業代未払いなどのトラブルが絶えない。残業が禁止されている研修期間中に長時間の残業をさせたり、労災に遭うと帰国させられたりと、外国人研修・技能実習制度の趣旨に反している上、法律違反も増えている。(南部さやか)

 「パスポートは会社に取られ、金も住居も無く、死にたかった」。中国から2007年5月に来日し、研修生、技能実習生として広島市東区の建設会社に所属していた男性(24)が、11月、県庁で記者会見し、残業が禁止されている研修生の期間中に、土日の休日出勤や長時間の残業を強いられたと訴えた。未払いの残業代などの支払いを要求すると「中国に帰れ」と寮を追い出され、ストレスからか、大腸から出血して貧血状態が続いていたが病院にも行けなかったとした。

(引用終了)




(当ブログの過去記事)

「賃上げ」騒ぎ  そもそも非正規雇用に依存するビジネスモデルがデフレの元凶
http://blog.goo.ne.jp/hoshonet/e/7a9d57aed5bcef6d7b6a08727d6110f8

働く人を大切にする企業が繁栄してほしい
http://blog.goo.ne.jp/hoshonet/e/cb7ab384b9f200be80fcd111fb7e90e5

自民の得票 たった43%
http://blog.goo.ne.jp/hoshonet/e/ddfd5d3dc1ede39d81e0e5b435ba44af
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「TPPは世界のGDPの3分の... | トップ | がん幹細胞を標的にした九州... »
最新の画像もっと見る

ワークシェアリング・労働」カテゴリの最新記事