公共の礎

「がん」をはじめとする難病を征圧しましょう!私達は「保障ネット」に参加しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

誰が感染したというニュースは必要だろうか?

2020年04月10日 17時51分04秒 | マスコミ
どこどこの女子高校生が感染したとか、声高に全国ニュースで報道する
必要があるでしょうか?

確かに有名人が亡くなれば、そして、御本人が生前に公表を望んでいれば、
その危険性などを伝えるために意味はあるのかもしれません。それを御本人
が望んでいればの話です。

しかし、病気については感染症と言えども、個人情報です。
あれこれ、書きたてることで、御本人はどんな気持ちになるでしょうか。
人権を侵害している可能性があることも押さえるべきだと思います。

しかも、既に5000人以上の感染者がいるものを、全部追えるものでは
ありません。

片方では「自分が感染しているものと思って行動してください」と
言っているのに、片方では「誰それの感染が確認されました」と
報道している。潜在的な感染者はたくさんいるはずです。その中で
重症化しそうな人がいち早く適切な医療を受けられることが大切な
はずです。

悪いことに、こうして個人が特定できそうなことをマスコミがたれ流すことは、
風邪気味の人が検査を受けること、受診することを委縮させかねません。
そして、それが感染拡大につながるかもしれません。

また、感染者が確認されていないところは安全だという誤解も与えかねません。

ご本人が「こうすべきだった」というようなことを語るような
記事なら良いですが、それは本人の同意があるからいいわけです。

当の学校などではインフルエンザと同様、感染が心配な状況なら
学級閉鎖、学校閉鎖をする必要があるでしょう。また、地元の保健所が
そこで動く必要はあるのかもしれません。しかし、それは全国報道すべき
話ではないように思います。

マスコミが問題にすべきことは、もっと他のところにあるように思います。
この記事についてブログを書く
« 東京圏の人口分散を 3 地... | トップ | 失業保険や生活保護が増える... »
最新の画像もっと見る

マスコミ」カテゴリの最新記事