心の扉 神戸カウンセリング花時計

心理療法や催眠療法、ストレス解消や悩み等メンタルに関するもの、そして日常の出来事を自由気ままに掲載します。

獄中に居ながら

2021年04月11日 | 雑感・愚見

 

1999年 アメリカ・ニューヨーク州の

重罪犯刑務所で囚人の33歳の男が

獄中に居ながら父親にコレクトコールで

株の売買を指示し、

約1億円の大金を稼ぎ出したそうです。

 

 

日本の刑務所は、服役中の身でありながら

外部と簡単に連絡を取れないですよね。

 

外部の者とコンタクトする手段は、

手紙を書くとか、

面会希望の申請をして許可された者が

規則で決められている時間だけ

話をすることが出来たはずで

電話連絡なんて出来なかったと思うんですよね。

わからんけど。

 

アメリカでは州によって違うのかも知れませんが、

結構な自由が与えられているってことかな。

これも人権の配慮と言うことなのでしょうか。

 

犯罪者と言えども最低限の人権を

保障することについては賛同できますが、

どこかの国ではリゾート地のような

凄い刑務所がありましたよね。

 

あれなんて人権保障が過ぎて

犯罪をしたら国から褒美がもらえるようにも

見えるんですよね。それで良いのかなあ。

 

犯罪者の中には優秀な人物もいますよね。

知識があって判断力や決断力や実行力もあってね。

俗にいう頭が切れるって人ですね。

 

それらの人物の一定数が、どういう訳なのか

その能力を表の世界で存分に発揮せずに

裏の世界で発揮するんですよね。

 

アメリカの33歳の男もその一人なんでしょうね。

私は株式投資の世界のことなんて

何一つも分かっちゃいませんが、

 

自分が他の投資家の養分になるのか、

他の投資家を自分の養分とするのか、

その時の判断と決断次第で分かれる厳しい世界。

 

その世界で勝ち続けて利益を上げるには、

刻々と変化する大量の情報を吟味して

世の中や企業の情勢を読み取り

素早く正しい判断が必要だと思っているので

よくもまあ情報量が少ないであろう環境にいながら

1億円も利益を上げたものだなと驚きます。

 

正しい行いをしてこそ得た利益分を

自分に活用できると思うのですが、

33歳の男は、重罪犯とのことなので

どれ位の刑期で服役しているのだろうか。

 

どれだけ利益を上げても刑期を終えるのが

80歳を超えるなんてなったとしたら

自分に活用できないので男にすれば

ただの本気の暇つぶし?

 

重罪犯で服役中の33歳の男が

いつ刑期を終えるのか分かりませんが、

株の利益を被害者に。

 

そして、出所後は、心を入れ替えて

表の世界で能力を発揮して欲しいものです。

 

 

催眠療法&心理療法 神戸ストレスカウンセリング・ルーム花時計

コメント

雲隠れ

2021年04月09日 | 雑感・愚見

1999年 ナチス・ドイツによる

強制労働から逃れるために

57年間も自宅の屋根裏部屋に隠れていた

ウクライナの76歳の男性が

突然姿を表しました。

 

男性の母親は、息子は修道院入りしたと

周囲には話していたそうです。

 

 

ナチス・ドイツのユダヤ人狩りから

逃れるために屋根裏に隠れ住んだ際の

生活を綴ったとされるのがアンネの日記。

 

終戦後28年間もグアム島のジャングルの中で

一人戦っていたのが横井庄一さん

 

終戦後29年間もフィリピンのルバング島で

一人戦っていたのが小野田 寛郎さん

 

小野田寛郎の言葉

 

助け出された二人のボロボロの軍服の姿を見て

哀れだとか愚かだと評する人もいたとは思いますが、

私には凄いなんて言葉が陳腐に思える程に

二人は輝いて見えたんですよね。

 

あの二人の場合は、

信頼するに足りる終戦の情報が届かなかったので

そうなり得る可能性は大ですが、

 

ウクライナの男性、母親から終戦の情報を

伝えられていたとは思うのですが、

それでも屋根裏に54年って………。

 

強く激しい恐怖や危機感を覚えると

終戦したとの情報が伝えられたとしても

外の世界に参加する第一歩が

なかなか踏み出せなくなることがあります。

 

ウクライナの男性は、

外の世界は変化したことを頭で理解したものを

心が受け入れるまで屋根裏で57年間を要し、

年齢が75歳となっていました。

 

一歩踏み出してから

屋根裏で過ごした57年間を振り返ると

なんて無駄な時間を過ごしていたんだと

後悔の念に苛まれるかもしれません。

 

周りに人達からすると小さな一歩を踏み出さずに

人生を愚かに浪費したと思うかも知れませんが、

ウクライナの男性にとってのその一歩は、

とてつもない大きな一歩だったのでしょう。

 

現実は変化し終えて

後は心が現実を受け入れるだけ。

事実を知り理解し終えたら

後は心が事実を受け入れるだけ。

 

その一歩の決断が生まれるのを

自然に任せるのではなく

決断を早めるための取り組みを

行うことが出来るように思います。

 

だとしたら

いつやるのか、今かなと。

 

 

 

催眠療法&心理療法 神戸ストレスカウンセリング・ルーム花時計

コメント

愛を止めないで

2021年04月08日 | 雑感・愚見

 

2020年 春 南アフリカで

コロナ下での外出規制に反して結婚式を強行した

新郎新婦と牧師と出席者全員が逮捕されました。

 

南アフリカでは規制違反で逮捕された人数は、

約2千人にものぼるそうです。

 

 

南アフリカの結婚披露宴会場は、

屋外のイメージが強いのですが、

屋外だとしても大勢の人が一ヶ所に集まり、

談笑したり、歌ったり踊ったりするのは

コロナの感染リスクは、

高まることは間違いないですよね。

 

日本の場合は、

披露宴会場は室内であることが多いので

コロナ禍でどうしていたのだろうか。

 

賢明な日本の人達は、婚姻届けだけを出して

披露宴はコロナ禍が終焉した後で

行う選択をしたのだと思うのですが、

 

外食産業や旅行業者に注目が集まっていましたが、

ブライダル業界の話は

聞こえてこなかったように思うのですが、

どのようにコロナ不況を凌いでいたのでしょうか。

 

披露宴を開催したとしても

逮捕されるまではありませんが、

外国では逮捕される強い規制を定めているのは

南アフリカ以外にもありそうですね。

 

外国人は、陽気なのか楽観的なのか

コロナの感染リスクが伝えられていないのか、

ただ国家権力に反することがカッコええと思ってなのか、

それとも能天気なのか

 

わざわざしなくてもいいパーティーを開催して

しかも集まった人はマスク無し。

結果、感染して死亡した人達も少なくないようで、

申し訳ないけれども

こんなの勇者でなく愚者でしかないかと。

 

でもなあ日本ではそうなるんだけど

アフリカとかラテン系の人達は、

陽気な国民性だと聞くので

めでたいことを自制することって

喫煙者が禁煙するのと同レベル程度とか

私が名所巡りを完全自制するのと同じ程度の

難しさがあるのかも知れません。

 

報道や情報を聞いて思うことは

マスクをして目の前や隣で大きな声で

会話をして飛沫をとばさないことが

感染リスクを大幅に軽減すると思っています。

 

 

なので名所巡りは、マスク着用、

基本1人で名所巡り、

友人と一緒の時は、極力会話をせずに

食事の時は会話無し。

 

私の仕事は、話を聞いたり会話することなので

それまでの座る位置を変えたりして

一応の対応をしていて

今までの所は、大丈夫ではあるのですが、

コロナの影響を受けている業種の一つかなと

思っています。

 

とにかく皆さん

無事であって欲しいと思う次第です。

 

オフコース「愛を止めないで」

 

 

 

催眠療法&心理療法 神戸ストレスカウンセリング・ルーム花時計

コメント

救世主

2021年04月07日 | 雑感・愚見

 

2020年7月 

アメリカのアリゾナ州フェニックスの

アパートで火災が発生し、

3階に住む3歳の少年と母親が取り残されました。

 

激しい火の手が親子に迫る中で

「子供を投げろ!」の声に

母親が3階から投げ落とした子供を

1人の男性が全身で見事に受け止めて

救助に成功しました。

 

 

 

子供を受け止めた地元住民の28歳の男性は、

現在はボディーガードの仕事をしている

フィリップ・ブランクスさん。

 

高校時代は、アメフトの選手で

元海兵隊という経歴の持ち主だそうです。

 

受け止め方が悪ければ、

子供は大きな怪我を負うことになりますし、

上手く受け止めたとしても

生半可な筋力では受け止める側が

大きな怪我を負うことになります。

 

肩の関節が外れ、腰の骨がポキッ。

最悪、車椅子生活になる

可能性もありますからね。

 

そして、

受け止めることに失敗したら

一生忘れられない場面として

記憶されるでしょうし、

その時の腕や身体の感触が

ずっと残るかも知れません。

 

下手をすれば心ない人達から

非難される可能性だってあります。

 

そんな凄いことをやってのけた

ブランクスさんは、

特別なことは何もしていない。

 誰かを助けるのは、ただの仕事の一部だから

と表彰などは拒否しているそうです。

 

助けたあの子の笑顔が見られれば

他に何もいらない。

私は極普通のことをしただけ。

この人、かっけえーーー!

でも表彰は受けてもらいたいな。

 

感激した人達の何か報いたいとの気持ちの

行き場所がなくなりますからね。

 

他人からの善意を「ありがとう。」と受けることは

受けた自分だけが喜べるのではなくて

善行をした人にも善行が出来たという

喜びが生まれるはずなんですよね。

 

 

催眠療法&心理療法 神戸ストレスカウンセリング・ルーム花時計

コメント

コロナ探知犬

2021年04月05日 | 雑感・愚見

 

2020年の7月にチリ警察は、

新型コロナ感染者を探知できる犬の訓練を実地し

近く公共施設に配備する予定と発表。

 

ウイルス自体に匂いはないが

汗の匂いで嗅ぎ分けられるとのことです。

 

 

イギリスでも同じ探知犬の養成訓練に

6千6百万円の予算を拠出して

同じ探知犬の訓練を始めたとのことです。

 

訓練の効果が確認出来れば空港等で

無症状の感染者を発見することで

感染抑止の戦力として

期待されているようです。

 

以前に癌患者を臭いで嗅ぎ分ける探知犬も

話題になりましたよね。

 

あれ初期も初期の癌を

発見することが出来るので

癌治療に大きな貢献を果たすとか。

 

いまさらながら犬の嗅覚、凄いと思う。

 

 

日本の空港で活躍するのは麻薬探知犬で

最近新たな探知犬が投入されたとのことです。

 

海外から持ち込みを禁止されている食べ物を

荷物から嗅ぎ取り、食べ物に付着した

病害虫や細菌やウイルスによる

伝染病を防止する役割を担います。

 

外国でコロナ探知犬が成果をあげたなら

日本でもコロナ探知犬が

登場するかも知れませんね。

 

飼っている犬が嫌う男性とは

深く付き合わないようにしていると

ある女性が言っていました。

 

その犬は、かなりの精度で

人間の良い悪いを見分けてくれるそうで

なるほどと納得。この場合は、何探知犬?

 

純粋にその犬に興味が湧いて

その犬に合わせて欲しいって頼んだら

それはちょっと………。

 

私の場合、犬の面接の前に

女性の面接に通らなかった。

おあとが宜しいようで。

 

 

催眠療法&心理療法 神戸ストレスカウンセリング・ルーム花時計

コメント

投票ボタン

blogram投票ボタン