ちょっとだけ Countrygentleman

買い物など日常を綴っていきます。礼節の感じられないコメントや一方的な質問のみのコメントには対応しない場合があります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オペラハウス他

2012年06月25日 | GERMANY
ドイツ旅行記のひとまずは終わりです

この日は本当にいい天気で街のどこにいても素晴らしく綺麗でした



西日が建物にあたって輝くように見えてました

やっぱり初夏のヨーロッパは最高だと思います。



ワインの販促の会場があってたくさんの人があつまってました

私はこのあと日本料理のひげ松というところへ・・・
コメント (2)

マインツ マルクト

2012年06月21日 | GERMANY
ローカル鉄道に乗ってフランクフルト近郊のMainz行ってきました

マインツの教会の広場に朝市が開かれているのを地球の歩き方を読んで知っていたので行ってみました

フランクフルト中央駅からマインツ中央駅までは快速電車で30分ほどなので気楽に行ける場所です

駅から広場までは少し距離があります徒歩で15分くらい散歩として考えればちょうどいいと思います。

広場には朝から結構な人出

野菜・花・乳製品・屋台食堂など200軒くらいありそうな感じでかなり賑やかでした

広場の奥のほうへ

お決まりのソーセージ

グーテンターク ブラートヴルスト ビッテ 巨大なソーセージ&パンが出てきます

食事はこれとビールで満腹です
コメント (4)

フランクフルトでの食事

2012年06月18日 | GERMANY
こころ残りであったドイツのアプフェルヴァイン(リンゴ酒)を飲みにザクセンハウゼン地区へ

地下鉄を利用して中心部から川の対岸にある街へ


以前の出張先の店で年配者の一人が不味い不味いと連発してビール割みたいなおかしな飲み方にさせられた嫌な記憶を消し去るために
ザクセンハウゼン地区にやってきた

ツム・ゲマルテン・ハウスというレストランでリンゴ酒とスープを注文してみた



私の印象では少しも不味くないしリンゴの風味も残っていてさわやかで美味しい飲み物だった

スープはボルシチに近い感じでこれも美味しいものでした

そして街の中心部に戻り小腹がすいたところで豚のユッケ風乗せ

駅の地下街の肉やで売られていたもので前のお客さんが買ったものと同じものをえらんでみました
これはtatarとよばれるもので味はソーセージでおいしく食べました

コメント (13)

フランクフルト

2012年06月13日 | GERMANY
靴の話題もUPし終わったのでFRANKFURT中心部の旅行記事を中心にUPしていきます

フランクフルトはハイジに出てくるゼーゼマン家&ロッテンマイヤーさんがいるところです

もちろんクララもいます

最初の画像はゲーテ広場に鎮座するドイツを代表する詩人ゲーテ像

最近ではECBヨーロッパ中央銀行が有名でしょうか

ゲーテ広場

このあたりはハウプトヴァッヘと呼ばれる地区で高級デーパートや有名ブランドの路面店が並んでいるフランクフルト中心部の繁華街になります。

ひとまずは市内の移動に使う公共交通機関の自販機で切符を買ってザクセンハウゼン地区へ



市内は地下鉄・近距離電車・市電・バスすべてこの券売機で買えます。慣れは必要ですがコツさえつかめば安く移動できます

コメント (4)

シャンボードⅡ

2012年06月11日 | SHOES
けっこうアレコレと忙しくて更新がしばらく停滞してしまいました

英国で購入した靴の最後はJLのシャンボードⅡブーツ スキンステッチ技法のUチップ 

ジョンロブのファクトリーショップの受付の尾根遺産に京都で買った和柄の手拭いをプレゼントしたら Im love it Thank you very muchの連発で

とても喜んでくれたのでこっちまで嬉しくなってると

青いショップコートを着た日本人の職人さんがショップに入ってきて話をする事が出来た

知的で落ち着いたな感じのする男性はクロキさんという方でジョンロブで10数年働いている超ベテランの職人さんでした。

後で友人に聞いた話だと日本でのビスポークもクロキさんを中心にいらっしゃるということらしい

東京にある柳町さんとも友人関係にあるらしく靴に関する情熱は本当に素晴らしいものであった

ショップ内でジョンロブ・パリの靴について拘りと品質の素晴らしさについて話をしてもらって30分ほど話し込んでしまいました。

まさかNorthamptonで日本人のベテランの職人さんと話すことができたなんて貴重な経験でした。

やはりなんといっても革質の良さがすぐわかる

ジョンロブのラバーソール オクタゴンソールだったかな?

作りの良さも一級品であることは一目瞭然だと思う



英国で作られている靴ブランドの最上位にいるファクトリーショップなのだが価格は驚愕ものでサブスタンダードではあるが正規品と見分けがつかないくらいである

世界中からこのファクトリーショップに買いにくるのは本当によくわかる

次回もここに行けるように仕事を頑張ろうと思っている今日この頃
コメント (8)

WINNER BOOTS

2012年06月01日 | SHOES
ジョンロブのファクトリーショップで最後のほうにに見つけたのはこのブーツでした

マイサイズの棚にはなく別の棚に置いてありました

日本とは違ってサイズの棚以外のところに展示されていたり紛れ込んだりしてるので時間をかけてさがすと掘り出しものがあるかもしれません



この靴は甲の上からキャンバス地の切り替えしがあるブーツで去年にかったWINNERの派生モデルになります

LASTは8695



ジョンロブソールというのかな このシリーズは全部このソールになっている

秋くらいに下ろそうかな~って考えてます
コメント (6)