「ギャンブル帝王」「ロト・ナンバーズ当選倶楽部」公式ブログ

「宝典」の後継である「ギャンブル帝王」と「ロト・ナンバーズ当選倶楽部」の発売情報などをお知らせします!

ミニロト 「カバラ占術」唯一第1位の「30」ピタリ! N3は「電脳コンピ」でボックス!

2010年06月29日 | 的中・当選報告!

本日のミニロトの抽選結果は、
08 12 16 24 30 ボ23

Photo でしたが、「ロト・ナンバーズ当選倶楽部」7月号の「カバラ占術でミニロトを当てる!」の本日の「暗示ナンバーランキング」の第1位として唯一「30」を取り上げ、的中となりました。第2位にはボーナスの「23」、第14位に「12」、第15位に「09」もありました。「カバラ占術で~」の予想は6月15日に第1位の「30」、6月22日にも第1位の「24」をヒットさせており、3週連続でランキング第1位ナンバーが出現。来週も要注目であります。
その他の主要予想では、「袋とじ大予言」や「当たり屋本舗」などでピンポイント的中はなく、極めて寂しい内容でありました。あさってのロト6で巻き返したいところであります。

ひとくち解説】前回に続いての連続出現は「12」「24」の2個。「08」と「30」は仲良く中1回空けての登場となった。本数字すべてが偶数で構成されており、これは4月20日に続いて今年2回目。この4月20日のときも「16」と「30」が出ていた。
全番台からバランスよく数字が配列されており、難易度として低い位置付けとなるのは確かだが、1等97口(賞金271万円)はさすがに多過ぎ。

一方、ナンバーズ3の抽選結果は、
554

N でしたが、「当選倶楽部」7月号の「電脳コンピ」の本日の予想6通りに、
455
があり、見事にボックスを的中させました。「電脳コンピ」のナンバーズ的中は17開催目にして今号初めてのヒットと遅い出足でありますが、ここから次号発売までの固め打ちに期待であります。


宝塚記念 ナカヤマフェスタ優勝! 永井氏◯△◎藤川氏△◎△で3連複的中!

2010年06月27日 | 競馬情報

本日、阪神競馬場で開催された「宝塚記念」の競走成績は、1着8枠⑰ナカヤマフェスタ(8番人気)、2着4枠⑧ブエナビスタ(1番人気)、3着1枠②アーネストリー(3番人気)
でしたが、「ギャンブル宝典」7月号の「想定出馬表」で、
本誌競馬ライター・永井氏がナカヤマフェスタ◯ブエナビスタ△アーネストリー◎、ゲスト予想の藤川氏がフェスタ△ブエナビスタ◎アーネストリー△で、それぞれ3連複レベルでの的中となりました。ただ、わたくし岡田をはじめ本誌予想などは全の滅でありました。
本誌が重視していた、強運馬番③⑨⑫⑱は絡まず、また馬名9文字や強運母音「O」もハズレるという寂しい内容。イニシャル馬券の基本で見れば(本日はGPY、BKT、FOX)、
ナカヤマフェスタ=NF
ブエナビスタ=BB
アーネストリー=A

と、いずれも強運イニシャルの持ち主でしたが、ミリオネア文字「Y」のロジユニヴァース=RYが13着に惨敗したのはいただけませんでした。
10__ わたくし個人は、「想定出馬表」の買い目に本誌予想◎のドリームジャーニーを加えての勝負で惨敗。イニシャル「F」を押さえるなら頭文字のフォゲッタブルだろうと決め込んでいたのが敗因で、2頭しかいなかった「F」は2頭とも押さえるのが本当の「押さえ」であったと後悔しております。それにしてもフェスタ1着は想定外でしたので、見事な完敗であります。
今年の春GⅠの成績はフェブラリーSを入れて11戦5勝。5勝のうち3勝がヴィクトリアマイル、オークス、ダービーの万馬券であり、総回収率は200%程度ですから、まあ良しとしますですかね。。。

※次号「ギャンブル宝典」8月号(7月17日(土)発売)で、夏競馬および秋GⅠの勝利に向けて、春GⅠを総復習する特集記事を掲載する予定です。そちらもお楽しみに!

コメント (2)

ロト6 唯一の当確予定日=「09」が的中まで。。。

2010年06月24日 | 的中・当選報告!

本日のロト6の抽選結果は、
09 12 27 28 29 41 ボ07

Photo でしたが、「ギャンブル宝典」7月号の「当選予定表」の本日の「当確予定日」として唯一推奨した「09」が出現し、見事的中となりました(他に当選予定日の「12」がヒット)。
んがっ! その他の主要予想はほぼ全の滅。「袋とじ大予言」のポジション別予想でボーナス含む計4数字まで、その他「当たり屋本舗」なども5等に届いた予想はありませんでした。寂しい結果でたいへん失礼いたしましたm(_ _)m

ひとくち解説】前回に続いての連続出現はナシ。11回ぶり出現の「27」が最大ブランクで、その他は全て頻出系で揃った。最大の特徴は「27」「28」「29」の3連続数字。2月4日の「36」「37」「38」、5月27日の「41」「42」「43」に続く今年3回目の3連続数字で、本数字での「27」「28」「29」は04年12月30日以来、ロト6史上2回目の出現(ちなみにボーナス含めての「27」「28」「29」は史上4回目)。
一桁数字の連続出現はこれで16回となり、06年に記録した最長記録20回に迫ってきた。また、30番台不在は今年2回目のことで、これは例年のよりやや少ないペース。「27」「28」「29」の3連続に30番台不在と偏りの大きい数字構成だったにも関わらず、1等3口(賞金1億1249万円)あったのは意外。


ミニロト 「大予言」で5数字! 「電脳コンピ」で4数字! N3は「大予言」ボックス的中で2日連続ヒット!

2010年06月22日 | 的中・当選報告!

本日のミニロトの抽選結果は、
10 12 20 24 25 ボ17

Photo でしたが、「ギャンブル宝典」7月号の「袋とじ大予言」(開放版)の本日のポジション別予想に、
第1数字=10(ポジション一致)
第3数字=17(ボーナス)
第3数字=20(ポジション一致)
第4数字=24(ポジション一致)
第4数字=25
とあり、ポジション一致3個とボーナスを含む全5数字がヒットしていました。ピンポイントの「強運予想数字」では組合せの問題で当選には至りませんでしたが、ポジション別としては久々のまずまずの結果でありました。

Ml また、「ロト・ナンバーズ当選倶楽部」7月号の「電脳コンピ」の「パワーバランスシート」で、
第2数字=10
第3数字=17(ボーナス)
第4数字=20
第4数字=24
(ポジション一致)
とあり、ポジション一致1個とボーナスを含む計4数字がヒットしていました。「当選倶楽部」では「
カバラ占術でミニロトを当てる!」で暗示ナンバーランキング第1位に「24」があるなど、先週に続いて上位ランクナンバーの出現率が高まっております。
本日はいずれもポジション別予想でのヒットで、ピンポイント的中が無かった点が寂しいところでありました。


ひとくち解説】前回からの連続出現はナシ。「24」は11回ぶり、「10」は9回ぶりの出現。一桁ナンバー不在は中1回の登場で今年4回目と、ここ数年の標準ペース。うち、第1数字が「10」となるのは2回目だが、その2月16日の抽選番号が、
10 12 19 24 25 ボ14
と、本日の1個違い(しかも「19」→「20」の1個ズレ)。「10」と「24」のセットは今年3回出ており好相性を示している。一桁不在ながらも他に大きな偏りはなく、1等は26口(賞金1011万円)と先週と同じ口数だった。

一方、ナンバーズ3の抽選結果は、
549

N でしたが、「ギャンブル宝典」7月号の「袋とじ大予言」(開放版)の本日の予想6通りの中に、
94
があり、■付きながら手堅くボックスを的中させました。「大予言」でのナンバーズ的中は昨日に続いて2日連続。前号の打率5割に迫る成績を引き継いで、今号も打率10割のスタートダッシュ。今号も目が離せません。

N_2 また、やはり「大予言」の「月間強運軸数字」に、
百ケタ数字=4
十ケタ数字=5
一ケタ数字=9

とあり、こちらも手堅くボックスを的中させました。
このところの「宝典」のナンバーズ的中運はタダモノではありません。ますますロト6でのビッグヒットが近づいている気がするのであります。


N4 「大予言」でボックス的中! 前号の流れ汲んで初打席初ヒット!

2010年06月21日 | 的中・当選報告!

本日のナンバーズ4の抽選結果は、
8982

N でしたが、19日(土)に発売されたばかりの「ギャンブル宝典」7月号の「袋とじ大予言」(開放版)の本日の予想6通りに、
8892
があり、見事にボックスを的中させました。「大予言」のナンバーズ的中は前号6月号において、23開催で11本ヒットの打率4割7分8厘という過去最高記録をマークしたばかり。今号の初打席初ヒット(しかもN4!)は前号の流れがまだ継続していることを示唆しております。要注目です。