猫と旅のアルバム

マンチカンの圭佑との日々
ヨーロッパをひとり旅

それらの写真を
ここに残していきたいと思います

ドイツ「ケルン大聖堂(Kölner Dom)」のステンドグラス色々!

2018-11-18 12:12:12 | ドイツ観光・サッカー観戦




前回は「ケルン大聖堂(Kölner Dom)」
代表的な「バイエルン窓(Bavarian windows )」と呼ばれるステンドグラスと
「ゲルハルト・リヒター作の格子柄」のステンドグラスを紹介しました!
(今回の写真は「バイエルン窓(Bavarian windows )」の説明と写真は違うものです)





「バイエルン窓(Bavarian windows )」は
1842年9月4日にバイエルン王ルートヴィヒ1世から寄贈されたモノ。










バイエルン王ルートヴィヒ1世とは
あの有名な「ノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)」を建てたルートヴィヒ二世の祖父!


今回は
「バイエルン窓(Bavarian windows )」以外にも多くの素晴らしいステンドグラスの数々を見て頂こうと思います。







フランスのアミアン大聖堂を模範として造られた内部は、
無数のステンドグラスが壁面を飾っています!





それは息をのむ美しさです!



分解すると↓









カトリック教会では光を神ととらえているので
この聖堂でも壮麗なステンドグラスが堂の内部に神の恵みのように光が注ぎ込まれているのですね!




美しいステンドグラスは色鮮やかな光を道内に導いています!





側壁の高部は「クリアストリー」と呼ばれる採光用の高窓が並んでいます。















低い部分には装飾の多いステンドグラスがはめこまれて
その下には「トリフォリウム」という丸いアーチの段があります!









世界でも一級の美しさのステンドグラスは当時のドイツの画家の芸術性が感じられますね!



世界でも一級の美しさを持つステンドグラスがある大聖堂にポチッと






コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 最初は落ち着いていた圭佑も... | トップ | 面白そうな袋を見つけました... »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (amesyo)
2018-11-18 13:57:26
ステンドグラスが陽射を浴びて
教会の中を照らす輝きが好きです
教会の信者の中にどれほどの富を持った方がおられたか?教会の規模内装を見たら息をのむ豪華さに圧倒されます。イタリアの小さな村の教会は豪華さはなかったけど
十字架の後ろに施されたステンドグラスの美しさは今も忘れられません
Unknown (やらいちょう)
2018-11-18 16:33:03
何ともきめ細やかな細工ですね。
実物を目の当たりにしたら
ため息しか出ないかも?
あにゃあ (harry)
2018-11-18 22:53:09
すごいきれいそうだなぁ。
ステンドグラスを通した光でいっぱいのところを
見てみたいなぁ。
Unknown (chika)
2018-11-19 06:17:52

おはようございます。ステンドグラス本当に大きくて
美しいですね。
写真だけでもうっとりします。

これ生で見たらもう感動でしょうね。
細部までなんて細かいの。

天井が高いから迫力も凄い。
どれくらい時間がかかったんだろう。芸術作品ですね。
Unknown (nonokikichai)
2018-11-19 08:03:54
みごとですねー (o^ω^o)
このステンドグラスから刺す光を
生で見てみたいです!
Unknown (あんずミャミャ)
2018-11-19 09:12:00
息をのむほどの美しさ・・・
画家はもちろんですが
これだけの大きさのステンドグラスを
作り配色した職人さんの腕にも
感服しますよね。
Unknown (Gavi&TibiTibiはなび)
2018-11-19 22:33:55
とてもきれいですよぉ!
この時期、ステンドグラス見せていただくと・・・
もうじきクリスマスだなぁって。
一年早いですねぇ!

コメントを投稿

ドイツ観光・サッカー観戦」カテゴリの最新記事