猫と旅のアルバム

マンチカンの圭佑との日々
ヨーロッパをひとり旅

それらの写真を
ここに残していきたいと思います

"The Theatre of Dreams"(夢の劇場)と言う別名の「オールド・トラッフォード (Old Trafford)」へ!

2016-12-19 08:08:08 | イングランド観光・サッカー観戦




「オールド・トラッフォード (Old Trafford)」が見えて来ました!





マンチェスターユナイテッドのファンじゃ無くても感動です!







3人の像は元マンUの選手達!





左から、「Denis Law、George Best、Sir Bobby Charlton 」
Sir Bobby Charltonもミュンヘンの悲劇で生存した一人です。
(マンチェスター・ユナイテッドのチャーター機の乗員乗客44名のうち、23名が死亡した航空機事故)



この人は「Sir Matt Busby 1945~1969年」でマンUの監督を務めた人です。



この人が監督に就任直後から好成績をあげ、1952年に自身初のリーグ優勝を成し遂げました。
1958年にミュンヘンの悲劇(飛行機事故)に遭い、自身も奇跡的に生存し、
その後、10年後の1968年マンUをCL優勝に導いた監督だそうです。
その年にCL優勝の功績を称えられ、Sirの称号を与えられたそうです!


明日の試合「マンチェスターユナイテッドvsリヴァプール」のスカーフが売られています!



メガストアーに入ってみます!



いきなり興奮!(私はリヴァプールファンです)









生まれた時からサポーター!





すべてをマンチェスターユナイテッドで!





カッコいいわあ(*'▽')





香川のユニフォームも一杯!



マンチェスターユナイテッドは世界を代表するビッグクラブの一つだけありますね!



リヴァプールもイングランドのフットボール史上最も成功を収めてきたクラブの一つですよ(*´▽`*)



「スカウスハウス」さんの「リヴァプール・ニュース(NLW)」では
「おともはアプリ! ~ドイチェバーン気ままにひとり旅~」 No.657に更新しました!


12月13日更新の<NLW No.657>では
■第31話《世界一美しい港町・ハンブルグ》■
■第32話《海底トンネルで対岸へ》■
を読んで頂けます!
約110年のモノレールの次は100年前のドイツの技術海底トンネル「ザンクト・パウリ・エルベトンネル」で港の対岸に行ってみました(*^^)v

「ザンクト・パウリ・エルベトンネル」と世界一美しい港町と言われる「ザンクト・パウリ桟橋」の写真はこちら



シアタードリームにため息が出る瞬間にポチッと






『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 猫ってどんだけ体を捻ること... | トップ | カフェで待っているのは辛い... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あんずミャミャ)
2016-12-19 08:59:53
日本のサッカースタジアムとは
規模がちがいますね!
完全にサッカーのためのスタジアムですよね。

外観もかっこいいです。
Unknown (amesyo)
2016-12-19 12:57:59
昨日は熱かった~
行ける~とおもったよ~
サッカ-スタジアム前にたたずむだけでも
感動するよね
Unknown (hana)
2016-12-19 15:45:18
生まれた時からスタイリッシュなユニフォーム…
こういうところに生まれたかったなぁ
中学生の時のダサイジャージ、思い出したくもないわ(爆)

スタジアムもカッコイイですね~
あにゃあ (harry)
2016-12-19 18:41:46
なんかおしゃれなのねぇ。
外観もかっこいいし、お店も素敵だわ。
Unknown (Gavi)
2016-12-19 21:03:26
スタジアム外からもかっちょいいのにゃあ!
ユニフォームも素敵だにゃあ♪
Unknown (CAT.)
2016-12-19 22:41:44
町ぐるみでチームを支援しているから、やっぱり盛り上がりも違うのでしょうね~!!
Unknown (chika)
2016-12-20 06:27:24
おはようです。

わーさすがメガストアー。
外観もかっこいいですね。

沢山グッズが。Anneさん大興奮でしょうね。
子供服まであるんだ。
お金があればいろいろ買い占めたくなっちゃうね

コメントを投稿

イングランド観光・サッカー観戦」カテゴリの最新記事