凧師のひとり言

江戸角凧に魅せられて40年。東京生まれ!江戸っ子? 実は三代続いていないので「東京っ子」かな? 千葉県九十九里に在住。

Santa Fe International Folk Art Market 最終日

2013年07月31日 | 海外凧の旅

 

7月14日

サンタフェ・インターナショナル・フォーク・アート・マーケットの最終日

今日一日で、マーケットは終了。

 

今日のボランティアさんは こちらのご夫婦。

 

 

私のブースNO.1 へ 来てくれた方々。

 

 

この方達は アンケートを取りに来た。

いくつか質問されたが・・・

最終的に、何が聞きたかったのか・・・よく解らなかった・・・

でも、記念に 一枚 パチリ!

 

この方は カメラマン?

一眼レフのカメラで何枚も撮っていた。

後で 写真を送っていただいた。

ご自分で作られた作品を見せてくれた。

 

え~ェ~ 私のパンツと鯉口シャツの柄が同じ~。

と、大はしゃぎ・・・

 

遊びに来てくれた 子ども達。 

凧と一緒に記念撮影。

 

今日で終わりなので 近くのブースを急いで見学。

手作りジュエリー

 

メキシコの装飾品

 

テントの一番奥 だったが、

キレのイイ リズムに 誘われて 行ってみた。

アフリカの太鼓 ジャンべ だ。

オレンジ色の 衣裳が かっこイイ! 

 

インドから

 

 

柄が面白い!

 

飾りの ナイフ?

 

最終日も無事終了。

荷物をまとめて ディナーパーティー会場へ。

ジャンべ の リズム が 会場を にぎわしている・・・・

マーケット会場で会った あの アフリカの おっちゃんが リーダー らしい。

叩く 音! テクニック! ・・・他のプレイヤーとは やっぱり 全く違う!!!

 

Djembe Drums session at the party in Santa Fe

 

 

リズムに合わせて ダンスが 始まる。

 

 

 

お酒も 入って だんだん 乗ってくる。

国民性が 現れるのか その国らしい踊り方・・・。

盆踊りでも 踊っちゃおうかな? (笑)

 

 

ジャンべ の リズム だけで こんなに みんな 踊れちゃうのか と びっくり!

黒人の若者達。

輪の中へ一人づつ 入っては 踊って見せる。

さすが・・・・リズム感が 違う! 

しばらく 眺めていた。 

この辺りだけ・・・独特の 雰囲気! 

 

同じステップで・・・ 

 

 

こちらは フォーク・ダンス みたい・・・。

でも楽しそう! 

 

だんだん 盛り上がってきて 輪になって・・・

 

世界各国から集まった 人々

老い も 若き も ・・・

 

 

 

 

中東からなのか・・・

暑そう・・・

 

激しく きざむ ジャンべ の リズム・・・

エジプトのおっちゃん・・・チョット盆踊りチック・・・(笑)

楽しそう・・・

 

山へ沈む夕日は 一日の疲れを癒してくれる・・・ 

 

 

---------------------------------------------------------
ネットショプ 【凧職人のお店 お江戸の凧屋さん

伝統江戸凧を制作販売。凧にお名前をお入れ出来ます。
お誕生祝い、ご長寿祝い・開店祝い等に最適!
 
---------------------------------------------------------  

コメント

Santa Fe International Folk Art Market 2日目

2013年07月30日 | 海外凧の旅

Santa Fe International Folk Art Market 2013

“2013年サンタフェ国際民族芸術市” とでも訳せば良いのか?

その 2日目。

7月13日

今日のスケジュール 

5:00am 起床。

5:30am 送迎バスにてミュージアム・ヒルズの会場へ。

7:30am ~ 9:00am 早朝マーケット。

9:00am ~ 5:00pm 一般の客さん

5:30pm ~ 7:30pm ディナー・パーティー “One World Dinner"

7:30pm  ホテルへ

長い一日だ。

私は 朝4:30に起床、シャワーを浴びて、出発準備。

5:30am  送迎バス ホテル出発。

ミュージアム・ヒルズは まだ 暗い。

 

 

会場へ送迎バス 到着。 まだ 6:00am 前。

 

私のサンタフェ数日間の 経験・・・・・夜、雨が降ることがある。

昨日、雨に備えて、ビニール・シートをかけておいた。

 

ビニールをはずし、だいたいの準備をして

ブレックファースト へ

 

準備は OK!

お手伝いの ボランティアさん は 毎日違う人。

 

今日は 午後まで この お二人。

よろしくお願いしま~す。

 

 

 

こちらは やはり ボランティアの スティーブンさん。 

日本語 ペラペラ。 通訳 をしてくれる。

京都に数年住んでいたのだそうだ。

 

彼の 靴・・・・ おかしい???

ご本人・・・・非常に 心地よい・・・のだそう・・・・

アウトドア・グッズの有名メーカー だそうだ。 

彼はこれに出会って すっかりお気に入りだと言っていた!

面白い・・・けど・・・チョット・・・履きたくな~い・・・ かな?

 

 

急いで 他の ブースを回ってみる 

 

すごい人だ。 

 

チョット おシャレ な 花瓶。

 

フランス人の作った 柳の枝の籠。 

 

藍染の布。

 

パッチワーク 

 

 

このバック・・・チョット おしゃれ!

 

これは また手の込んだ ビーズの刺繍。

 

 

ウズベキスタンから 

 

 

パターンがイイ! 

 

手描き の デモンストレーション 

細か~い !

 

マレーシアの面 

 

 

 

チョット気になって・・・同じ日本人のブース 染物のsumi さんのところを訪問。 

なかなか 他のブースへ見に行く事が出来ないが、人の動きを見ながら 近くのブースを探検。

 

マーケット終了後、送迎バスで、ディナー・パーティー会場へ移動

5:30pm St. John's College 

 

ディナー・パーティー会場の上空・・・怪しい 雲。

生バンドが入って、トロピカルなミュージックが流れている。 

 

サンタフェでの数日間で、伝統衣装は だいぶ見慣れてきた。

アフリカンのおばちゃん 派手な柄がと~ても お似合。

長い一日の終了。

お疲れ様でした。

 

---------------------------------------------------------
ネットショプ 【凧職人のお店 お江戸の凧屋さん

伝統江戸凧を制作販売。凧にお名前をお入れ出来ます。
お誕生祝い、ご長寿祝い・開店祝い等に最適!
 
---------------------------------------------------------  

コメント

International Folk Art Market 初日

2013年07月29日 | 海外凧の旅

サンタフェ 7月12日

今朝、一番のニュース

これ!

昨日オープニングで揚げた 六角凧が 今朝の"Journal Santa Fe" の一面に!

 

 

 

さて、マーケットの方は

参加アーティスト全員の集合写真の撮影から!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして 後で 頂いた 写真 が これ!

 

ブースの飾り付けは まだ ほとんど出来てない。

デザインは、ボランティアのキャロルさんに お任せして

本人は プライス付け に 専念。

 

ほぼ 完成。

 

 

 

キャロルさんのアイデアで、通りから 見える位置にも 凧を飾る。

 

どのブースも 一生懸命 飾りつけ。

 

 

ボランティアの キャロルさんと お友達。 現地でお住まいの日本の方です。

 

 

こちらは 去年も参加された、Sumi さんのブース。

 

お友達 (日本からの助っ人)

 

シルクの艶がきれい!

 

 

この雲が上空へ来ると、冷たい強い風 と 雨・・・

 

 

 

 

 

朝から準備して、夕方までかかってしまった。

今日 午後5:00 に 初日のオープン。

 

---------------------------------------------------------
ネットショプ 【凧職人のお店 お江戸の凧屋さん

伝統江戸凧を制作販売。凧にお名前をお入れ出来ます。
お誕生祝い、ご長寿祝い・開店祝い等に最適!
 
---------------------------------------------------------  

コメント

Santa Fe International Folk Art Market オープニング・セレモニー

2013年07月28日 | 海外凧の旅

 

7月11日

いよいよ Santa Fe Internatinal Folk Art Market の

オープニング・セレモニーが 今日、午後7:30から始まる。

 

午後4:00に 研修会場へ、ミュージアムから お迎えが来て

一足先にセレモニー会場へ。

早速、先日みんなの協力で出来上がった 

六角凧を揚げる。 6mのしっぽ付きだ。

風は ずいぶん暴れている・・・

2度挑戦。

風が回っていて、うまくいかない・・・

3度目の挑戦。

今度は揚げ糸を長くして 一気に揚げて見る。

 

大成功!!!

よーく揚がった。

美しい青空によく映える。

しばらく揚げていたが、風がとても悪い・・・

だんだん人が多くなって来た・・・・

事故を恐れて・・・降ろすことに・・・。

まあ、とりあえず、良く揚がったので、一安心。

凧を片づけて、ホテルへ戻り、

みんなに合流。

 

 

“セレモニーには 伝統衣装を着用の事” と言う マーケット側の リクエストにより

参加者全員 それぞれの国の伝統衣装に着替えて

ディナーへ。

 

モタモタ していたら座る席が無く・・・

キリギスタンの皆さんのテーブルに やっと見つけた 一席。

「ご一緒してもいいですか?」

「どうぞ!」

と言う訳で、 やっと食事にありつけた。

 

 

ディナーの後、パレード参加のために 全員移動。

伝統衣装が美しい!

ナイス カラー!

 

日本人も 伝統衣装で・・・

お隣は、熊本で染物をされている Sumi さん。

お着物は、ご自身で綿を栽培して、糸を紡ぎ、藍で染め、織って仕立てた

自作だそうです。

縦縞が なかなか粋。

 

景気づけなのか、ドラムとサックスで・・・

でも・・・なんだか・・・昔懐かしい・・・ちんどん屋のメロディー・・・を思い出してしまった・・・・。 (笑)

 

会ったその日に一緒に呑んで、友達になった チベットからの 二マさんと。 

 

 

パキスタンから

 

お客さんも 派手!!!

 

両側に並ぶ 人々の間を 国の名前のプレートを持って パレード。

 

日本人は 皆さんの目に どんな風に映っているのだろう?

 

"From Japan!" のアナウンス。

舞台へ上がってみて初めて・・・・人の多さにびっくり! 

 

 

 

 

アルジェリアから 

 

 

ルワンダから 

 

マダガスカル 

 

 

見たこと無い 女性のヘヤ―スタイル。

思いっきりの・・・お洒落・・・なんだろうな?

 

8:30を過ぎた頃、空はだんだん暗くなる。

アフリカから なのだろうか? 

いったい 何カ国が参加しているのだろう?

全員の紹介が終わり、その後、バンドに合わせて 世界各国の人々が 自由にダンスしていた。

今日は 一日が長かった。

私は やや 疲れ気味・・・

・・・午後9:00過ぎ頃には ホテルの部屋へ・・・

シャワーを浴びて・・・・ゆっくり。

明日はまた一日忙しい・・・・

 

 

---------------------------------------------------------
ネットショプ 【凧職人のお店 お江戸の凧屋さん

伝統江戸凧を制作販売。凧にお名前をお入れ出来ます。
お誕生祝い、ご長寿祝い・開店祝い等に最適!
 
---------------------------------------------------------  

コメント

International Folk Art Market 新人研修会 その2

2013年07月28日 | 海外凧の旅

7月11日

サンタフェ 4日目

 

朝7:00にホテルより 送迎バス出発。

今日もう一日新人研修会だ。 

 

全員 ハイタッチで歓迎される。 

 

 

 

 

 

ステージでは こうすれば成功する を寸劇で紹介。

笑いながら見学。

でも、これも お勉強・・・・。

 

今度は ライブラリーで 

 

先輩出店者の経験談を聞く。

そして 質疑応答。

 

今年で8年目の Gasali さん ナイジェリア

お客さんとの接し方を熱く語ってくれた。

 

ペルー からは Nilda さん やはり8年目。

自身の体験談を真剣に話してくれた。

 

インドから Abduljabbar さん 今年6年目。

先輩達の話は 非常に参考になった。

 

この後、ブースに来たお客さんに、アーティストがどんな話したら良いかを、

ボランティア、通訳の方と、3人で話し合い、英語の自己紹介文を作った。

"My nameis Mikio Toki, and I'm from Chiba, near Tokyo, Japan.”

から始まり、凧の材料の話し。

若いころ江戸凧師に会って、作り方、揚げ方を教わった事。

今は東京には、江戸角凧を作る人がほとんどいない事。

今後、江戸角凧を若い世代に伝えていきたいと言う話。

そのための一手段として、凧の作り方の本を出した事。

などなどを 英語の短い文章にしてくれた。

これは、今回非常に役に立った。

 

本日、ディナーの後 午後7:30から いよいよ 

International Folk Art Market 

のオープニングセレモニーがスタートする。

 

---------------------------------------------------------
ネットショプ 【凧職人のお店 お江戸の凧屋さん

伝統江戸凧を制作販売。凧にお名前をお入れ出来ます。
お誕生祝い、ご長寿祝い・開店祝い等に最適!
 
---------------------------------------------------------  

コメント

International Folk Art Market 新人勉強会

2013年07月28日 | 海外凧の旅

7月10日

サンタフェ 3日目 

 

今日はマーケットに初めて参加する人のための勉強会。

朝、歴史博物館に集合。 

町までバスで送ってもらう。

今回初めて参加するメンバー。

 

午前中は 歴史博物館を見学。

サンタフェの歴史を勉強。

 

 

博物館の中庭で

ランチタイム。

 

 

エジプトから参加。

 

自分の作品を紹介。

 

エジプト 

 

伝統人形師

 

 

アフリカから 

 

チベット

 

細かい細工・・・時間がかかりそう。 

 

フランスから

彼は柳の枝で籠を作る。

 

 

 

 

 

ジュエリー 

 

 

インドから 

 

藍染 

 

こちらもインドから

奇麗だ。 

 

本日の勉強会は終了。

1時間ほど時間が出来、町を散策。

道端で手作りジュエリーを売るネイティブアメリカン達。

 

気に入ったネックレスとブレスレットを見つけた。

お土産ゲット。

 

 ---------------------------------------------------------
ネットショプ 【凧職人のお店 お江戸の凧屋さん

伝統江戸凧を制作販売。凧にお名前をお入れ出来ます。
お誕生祝い、ご長寿祝い・開店祝い等に最適!
 
---------------------------------------------------------

コメント

Santa Fe の景色

2013年07月27日 | 海外凧の旅

 

7月9日

ミュージアムの帰りに 車でサンタフェの町を案内してくれた。

ここは アメリカ???

と言う感じ。

 

建物がイイ。

 

教会 

 

 

 

とっても オシャレだ。

 

 

ホテルからは、車で15分くらい。

 

ゆっくり来たいと思うが・・・

たぶん時間が無いだろう・・・・

 

キャニオンロード

通りの両側に小さなギャラリーがたくさん。

観光客が集まる場所だそうだ。

 

ここへも ゆっくり来たい・・・ 

 

 

有名なレストラン だそうだ。

 

 

ホテルから歩いて行ける おいしいレストラン ありませんか?

ボランティアのお姉さんに聞いてみた。

ここがイイよ! ”カウガール(CAWGIRL)”

車で通ってくれた。

後で、絶対来よ~うっ!!!

 

と言う訳で・・・行って見ることに・・・

でも、ディナーはみんなと一緒にすませてしまった。

まだ 午後8時だし、ワインでも飲みに行くか・・・

午後9時頃まで明るい。

途中、見つけた ウインドの中の人形。

 

面白い。

 

これ また 楽しい。

 

歩いて ホテルから 5~6分で、到着。 

 

辺りが 暗くなると また グッと イイ雰囲気。

 

生バンドが入ってる。 

 

At the CAWGIRL in Santa Fe, N.M. USA

 

 

<iframe src="//www.youtube.com/embed/5Lv1-clfCag" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

しばらく楽しんだ。

10:00頃 ホテルへ もどる。

 

---------------------------------------------------------
ネットショプ 【凧職人のお店 お江戸の凧屋さん

伝統江戸凧を制作販売。凧にお名前をお入れ出来ます。
お誕生祝い、ご長寿祝い・開店祝い等に最適!
 
---------------------------------------------------------

コメント

日本の凧展 “TAKO 凧 KICHI” in Santa Fe

2013年07月27日 | 海外凧の旅

アメリカ・ニューメキシコ州、サンタフェ から 帰ってきて

一週間以上が過ぎてしまった・・・。

現地で更新するつもりが・・・なかなかそうはいかない・・・。

帰国後は、溜まった仕事に追われていた。 

毎度のことです。

 

忘れないうちに現地の様子を書くことにする。

 

到着3日目 7月9日。

International Folk Art Museum で 開催されている、日本の凧の展示会、

 

『 TAKO 凧 KICHI 』 KITE CRAZY IN JAPAN

 

展示会場で 凧作りのデモンストレーション。

まずは展示会場を大急ぎでカメラにおさめる。

その時間 約5分!

時間が無い!!!

 

 

江戸時代から三代続いた東京の凧屋さん 

橋本 禎造さんの凧

 

かなり古い凧もある。 

 

 

これが一人の人のコレクションだと聞いて びっくり!

 

日本各地の凧だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新潟県 白根凧揚げ合戦の様子が映像でながれてる。

 

 

お客さんが待ってるから・・・と言われて

早速デモンストレーション。 

お客さんといろいろ話しながら・・・

 

 

この凧は昨日子ども達、大人も一緒に描いた六角凧。

今日、凧に仕上げる。

 

只今、しっぽに補強の割り竹を貼っている。

 

本来、六角凧にはしっぽはいらないが、

ミュージアムからの希望で、みんなで描いた。

 

しっぽは 幅50cm 長さ約6m。

 

 

もうすぐ完成!

持ち時間の3時間は あっと言う間に過ぎた。

この凧は、週末に行われる International Folk Art Market の

オープニング・セレモニーで、揚げる予定。

セレモニーは近くの公園で行われる。

 

 ---------------------------------------------------------
ネットショプ 【凧職人のお店 お江戸の凧屋さん

伝統江戸凧を制作販売。凧にお名前をお入れ出来ます。
お誕生祝い、ご長寿祝い・開店祝い等に最適!
 
---------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ミュージアムでデモンストレーションとワークショップ

2013年07月09日 | 海外凧の旅

 7月8日

フォーク・アート・ミュージアムの展示 「Tako 凧 Kichi」 を

チョットだけ見た。

ミュージアム制作 「Tako 凧 Kichi」 Book

 

今日はここで デモンストレーション と ワークショップの予定。 

 

かなり古い凧だ。

準備があって、ゆっくり見れなかった。

明日は見る時間を作りたい。 

自己紹介と日本の凧の話しを少ししてから始めた。 

まずはみんなで 六角凧に絵を描く。

刷毛の使い方を見せる。 

 

 

 

打ち合わせの時間があまり無く、とっさの判断で、

筆と刷毛を使って新聞紙に描いて見せる。

こんな事をする予定じゃなかったので、予備の和紙を持参しなかった。 

六角凧は誰でもかけるように、床に場所を移動した。

刷毛を使って、日本から持参した和紙に顔を描く。

誰でもやりたい人に、好きに描いてもらう。

時々、使い方を教えながら・・・

この子は、新聞にしっかり描いて刷毛の使い方を覚え、本番を描いている。

上手だ。

こちらは小凧のワークショップ。

髭を描く刷毛を使ってみたいと言うので、 まずは顔を描く。

刷毛の線がいい。

これは 胸毛なの?

いいえ、あご髭 。

え~ぇ! 

・・・あ~あ そう・・・。

・・・まあ イイか!(笑)

子供の絵。

う~ん・・・なかなか力強い!

こちらは 大人。

おもしろい。

チビちゃんも挑戦。 

 

こちらは、刷毛線の勢いを教えた。

う~ん・・・なかなか~ぁ!

二人の共作。

刷毛の使い方をいくつかやってみせる。 

 

 

大人も子供も交じって、次から次へ 描き足して ほぼ完成。

この長い和紙は、しっぽに仕上げる予定。 

 

刷毛がお気に入りのようだ。 

 

鯉の凧に自分で創作。

お見事!

明日は展示会場で、仕上がった六角凧を仕上げる。

 

サンタフェは空気が乾燥していて のどが渇く。

ホテルの部屋で帰宅を待っている・・・。

サンタフェの地ビール 二種類。

 

---------------------------------------------------------
ネットショプ 【凧職人のお店 お江戸の凧屋さん

伝統江戸凧を制作販売。凧にお名前をお入れ出来ます。
お誕生祝い、ご長寿祝い・開店祝い等に最適!

---------------------------------------------------------

コメント

アルバカーキーからサンタフェヘ

2013年07月09日 | 海外凧の旅

7月7日

13:00 やっと出発! 

小さい飛行機だ。

昨日・・・あまり寝ていないので離陸と同時に爆睡・・・・・・・・・ZZZ 

気が付いたら アルバカーキー に着陸

予定より早い 4:10分に到着。

サンフランシスコとの時差は1時間。

長い一日でした。

降りたとたん 暑っ!

 

空港内のモニュメント。 

ニューメキシコだ~! 

 

 

迎えに来ているはずの人が居ない・・・

シャトルバスも見当たらない。

現地へ電話してみる・・・・

多分向こうでも探していると思う・・・の返事。

 

シャトルバスの発着所へ行ってみる・・・・居ない・・・

暑い・・・

もう一度ユナイテッドの出入り口に向かってみる

 

「このジェントルマンを私、空港中をさがしてたのよ」 の声

振りかえると ボランティアのおばちゃんが 「アー ユー ミキオ?」

・・・やっと会えた。 一安心。

シャトル待合場所まで案内してもった。

 

いよいよサンタフェへ

ニューメキシコ州法により シートベルト着用!

シャトルの窓だ。

 サンタフェはここから北なんだね・・・・

全く調べていないので アルバカーキーとサンタフェの位置関係がわかっていない・・・・

 

ドライバーさん よろしく! 

 

 

 

おっと! International Folk Art Market の看板。

ここへ行く。

ハイウエイの両側には家が見当たらない。 

オー! 先はラスベガス なんだ。 

・・・・全くわかっていない・・・・

♬ サムウエイ オーバー ザ レインボウ ♬ 

先は明るいかな??

ラスベガス方面から分かれて サンタフェ へ 

 

 

ホテルの看板。 "Santa Fe Sage inn"

歓迎メッセージも書かれている。 

やっと到着。

アルバカーキから約1時間。

お疲れさまでした。

 

 

 

プールもある。 

 

10日間お世話になる部屋。

 

 

 

---------------------------------------------------------
ネットショプ 【凧職人のお店 お江戸の凧屋さん

伝統江戸凧を制作販売。凧にお名前をお入れ出来ます。
お誕生祝い、ご長寿祝い・開店祝い等に最適!

---------------------------------------------------------

コメント