凧師のひとり言

江戸角凧に魅せられて40年。東京生まれ!江戸っ子? 実は三代続いていないので「東京っ子」かな? 千葉県九十九里に在住。

外国人のためのニュー凧絵・・・

2015年06月25日 | 凧の制作

 

今年も 7月に開催される ニューメキシコ州サンタフェ(アメリカ)のマーケットに参加する。

昨年アメリカ人が欲しいと考える凧の絵をリサーチした。

アメリカ人は、武者絵を見ても誰だか解らず、

武者の名前を聞いても歴史や逸話を知らなければ、全く解らない。

具体的な絵が良いらしい・・・。

去年の様子では、馬や鳥、魚、動物など、

理解し易いものに目が行くようだ・・・。

そこで、外国人向けに・・・金魚を描いてみた。

今回は、和紙に薄い羽二重を貼って、絹に描いた。

 

 

全く同じ絵は描かないと言うつもりで・・・・

同じ墨線でも・・・こんなふうに・・・色を変えてみた。

雰囲気は 大分変る。

そして、いつもは落款のみだが、

絹貼りの凧絵には 名前を入れた。

 

アメリカで、初めてのこころみ・・・・・。

どうなる事やら・・・・楽しみ!!!

 

7月初めにサンタフェへ出発する。

 

---------------------------------------------------------
ネットショプ 【凧職人のお店 お江戸の凧屋さん

伝統江戸凧を制作販売。凧にお名前をお入れ出来ます。
お誕生祝い、ご長寿祝い・開店祝い等に最適!
 
--------------------------------------------------------- 

コメント