プサとダルの日々~時々鉄子

GもDもわからない音楽ド素人がハンマーダルシマーとプサルタリーの2つの楽器に挑戦中!
どうなることやら…

My箸づくりも体験できる!蕎麦料理尽くしの一日! TABICA 鴨宮

2018-08-14 13:47:13 | その他見聞録

8月13日月曜日。お盆休み。朝お墓にお迎えに行って、すぐ出かけた。上野から上野東京ラインの各駅グリーンで。混んでいて空いてる席にやっと座れた。小田原の手前、鴨宮で降りた。暑い~ お昼近いので太陽は真上。日陰というものがない… ちょっと時間に早かったのでどうしようかとふっと見たらかわいい新幹線が! 新幹線発祥の地の碑だった。試験線があったらしい。0系がトンネルから顔を出しているのがいい。

 

まだ時間には早かったのでとりあえず川まで行ってみることにした。しかし公園らしきものもなく、少し川に沿って歩くが休めるところはまるでなかった。日は容赦ない。あきらめて体験場所へ。

旧知の友人のように迎えてくれて、まずはそば茶を出してくれた。暑い時に熱いのもいい。落ち着いたところで箸づくり。とはいってもちっちゃいカンナで面取りをして、やすりで仕上げるだけだけど。子どもでもできそうだ。蕎麦を食べるのに格好の箸が出来上がった。

そして打ってあった蕎麦をゆでて出してくれた。ゆで時間が30秒とは驚き。いままでゆですぎてたんだなぁ。つゆも手作りで、だしの秘密も教えてくれた。蕎麦湯も濃くておいしい。蕎麦はもちろんおいしかったけど、つゆのおいしさに感動。蕎麦粉もだしもこだわりがあって、純粋においしい蕎麦を食べて欲しいとの気持ちがこもっている。

 

いよいよ蕎麦打ち。ほんとに初めてなのでどきどき。水が少ないかと思ったけど、言われたとおりに粉と水を混ぜるとあら不思議、まとまってくる。生地を伸ばしてたたんで切る。蕎麦きり包丁は重みがあるが、それがいいのだろう。ガイド板のおかげか、うどんにならず、かろうじて蕎麦の完成! はたして味は…?

 

 

最後に奥様手作りの蕎麦粉を使ったケーキをおかわりまでしてしまった。蕎麦粉料理のレシピをもらって完了。ホストご夫妻の温かい人柄と、蕎麦に対するこだわりと情熱、おいしいものをいただけて、いろいろお話を聞けて大満足。

 


気軽に参加できて楽しむことを主眼にするTABICA、今回も面白かった。なぜ小田原で蕎麦打ちなのかは追求しないでね。

コメント

ニッケルハルパ体験教室 レソノサウンド

2018-08-14 13:01:19 | その他見聞録

8月12日日曜日。だいぶ迷ってやっぱり好奇心が抑えられず、申し込んでしまったニッケルハルパ体験教室。少し触らせてもらったことはあっても実際のところよくわからない楽器。
まずは持ち方から。けっこう重い。音を出してみるとやっぱり弓の使い方が難しい。左手も弦を押さえないので楽だけど、慣れないうちはどうしても見てしまい、視線が離せない。意識していないとだんだん右手が雑になり、音がおかしくなる。それでもやっているとどこを確認すればいいかがわかってきた。初めて弾く曲を繰り返し弾いていると、限られた音だけなので視線も外せるようになって、1曲弾けた!感じ。
先生が目の前で曲を弾くと共鳴弦の響きがよくわかる。それが特徴なのを実感した。先生はやさしいのに音は力強い。聴き入っちゃうなー。

休憩のときに先生手作りのスウェーデン風のシナモンロールをいただいた。お茶飲みながら歓談。今回体験もよかったけど、いろいろ先生とお話させていただいたことが大きい。こちらの話もよく聞いてくれて、力もらったり背中押してくれたり。またお会いしたい方だ。

鎌倉和子先生

証拠写真

シナモンロール

コメント

明大リバティアカデミー 開拓から発展への歌のアメリカ史 やぎたこ

2017-12-18 16:56:39 | その他見聞録

12月16日土曜日。プサレッスンのあと、帰ってる時間はないのでそのままプサを背負ってお茶の水へ。明大リバティアカデミーの世界の民族音楽を聴くシリーズの今回はアメリカ。講師にやぎたこ。お昼を食べる時間があってよかったー。この前はどうしたっけなー。ちゃんと食べなかったような気がする。それでも慌ただしく会場へ。もうけっこう客席が埋まってる。トイレに行く時間ぐらいあるよね。プサが邪魔で椅子に座ってもなんか落ち着かない。テーブルも出せない。荷物多いしいっぱい着てるしプサかさばるし資料落ちるし鉛筆出せないし。後ろの空いてるところ行けばよかったかな。前過ぎて首疲れた。

最初は講座を勧めてくれた石川先生が登壇。話すのかと思ったらいきなりバンジョーの演奏から。
アメイジンググレースの誕生からどのように広まっていったかを解説。津軽三味線との出会いの話も。そして「うた」ということで、万葉集の柿本人麻呂のうたを朗唱。あー、なんか懐かしい。そういえばこのうた、覚えさせられたなー。少しはまだ覚えてる。そうそう、これで枕詞を覚えたんだっけ。古文はわりと好きだった。

休憩のあとはやぎたこの登場。相変わらずの楽器の多さ。それを使いこなすのだからすごいよね~。バンジョーだけでも3本。私は帽子被ったバンジョー…ミンストレルバンジョーの音が好きだな。うーん、背景を知るとバンジョーも奥深い。歴史と背景を説明しながら次々と歌うのはライブと一緒だが、慣れない講義とあってかやなぎさんの手には資料が。やっぱりコンサート状態になってしまったが、これが目当てなのだからこれでいいのだ!

 

 

 

コメント

佐々木活字展 

2017-12-01 18:49:25 | その他見聞録

12月1日金曜日。仕事終わってそのまま早稲田へ。なんの関係もないが佐々木活字店100周年の展示会に行ってみた。ちょうど文選の作業が見られる時間に着けた。印刷会社にいたとき、活版部門もあったけどそこには1回しか入ったことがない。なのでその知識はほとんどない。でも興味はあるので実際に見てみたかった。

展示は100年の歴史がわかるもの、実際に組んだ版と刷り上がったものなど。活字を作る、文選、組版、印刷と流れてゆく。活字の組版はたいへんなんだなー。決められた大きさのなかでどう組んでいくか、直しのことを考えて簡単に組んでいるという。複雑にするとたった1文字の挿入削除でたいへんなことになるのはわかる。
活字の棚から1文字ずつ拾って手元の箱に収めてゆく文選作業。ベテランは速い。縦組み横組みで向きを変える。どうせなら簡単な組版作業も見たかったな。あとから聞きたいことがいっぱい出てきた。なんだかますます興味が湧いてきたぞ!

  

  

 

コメント

ケルト市とワークショップと街歩き 浅草

2017-10-10 17:38:47 | その他見聞録

10月9日月曜日、体育の日。浅草でやってるケルト市なるものに行ってきた。アイリッシュな雑貨やCDや食べ物飲み物が売られている。ライオンスタジオ、初めて行ったけど、はっきり言って狭い。もっと広々を想像していたので、なんだかがっかり。1階を見て回るのも人が入り乱れて誰がスタッフだかわからない。しかも狭いのですぐ見終わってしまう。2階はカフェなのだがここもいっぱいで座る場所もなく、食べ物もほとんど売り切れ状態。結局居場所がなくて出たり入ったり。近くに北海道のアンテナショップがあったので、そこにも行ってみたり…。ワークショップの受付は30分前で整理券をもらうのだが、そこからが長かったなー。時間まで結局うろうろしていただけで、つまらなかった。そして5分前に整理番号順に入ると言われたのだが、行ってみると階段にみんな並んでいる。まだ呼ばれてないのかと思って列の後ろについたら、上のほうで番号を言っている。え~、もう過ぎてるじゃん。まるで整理番号の意味がない。しかも友だち同士みたいだったから席譲っちゃったし。まー、声が聞こえればどこでもいいんだけど。後ろだけど、かえって真ん中になってよかった気がする。

 

とイメージ的には悪かったが、歌のワークショップはとってもよかった。面白かった。歌は3曲。よく弾いてる曲、知ってる曲、知らない曲。講師の先生がまず歌って、メロディを弾いて、そしてみんなで歌ってみる。なんとなく歌えたけど、英語の発音が……( ;∀;) 知らない(読めない)単語は先生やみんなのを聞いてそれらしく…。2曲目は音に単語をはめるのが難しかった。日本語ならなんとかなるけど英語だからほんとに難しい。それでも何回か歌ってるとそれなりに形になってくるものだ。3曲目は初めて聞く曲。でも有名らしい。街に銅像があるとか。これも繰り返し歌うと歌えるようになる。英語の歌詞の下に日本語の意味があるので、歌詞の背景を思いながら歌えるのがいいね。それらの曲にまつわる話もしてくれて、意味がわからない英語の歌もこういうことを知ると歌える気がする。英語の歌詞は韻を踏むのがリズムにのれて歌いやすいなー。
先生は奈加靖子さん。ハープ奏者だが、今回はハープの演奏はないので残念。最後に1曲、ゲール語で歌ってくれた。その土地の言葉で歌うのがほんとはいいのだけど。難しすぎ。

 

終了後、屋上に上がってみると、セッションやってた。風も気持ちいいし。なんだ、はじめからここに来ればよかったんだ。と思ってたらセッション終了してしまった。あーあ。

そのあと、久しぶりに浅草をぶらつく。公会堂(子どもの卒業式で行ったっけなー)で勘亭流の展示を見て飲み屋街を歩き、五平餅で一休み。知らない間にまるごとにっぽんという施設ができていて、何も買わなかったけど、とりあえず覘いて一回り。せっかくカメラをもってったので、いまや珍しくもないスカイツリーや雷門を撮る。そうそう、結婚式後の新郎新婦、その家族と思しき人たちが一輪車、もとい人力車に乗って移動していた。みんなからおめでとうと声をかけられて、こんなのもいいなー。駅に向かう途中、フクロウカフェが。あ、たぶんテレビで見た。ぬいぐるみが2つと思ったら、一人は本物だった。儲かっているのか首がよく回るので、なかなか顔を撮らせてくれない。撮った瞬間にふっと180度。何回撮ればいいんだ~。時間があったら中に入ってたかもね。客引きお疲れ様。

 

 

  

 

 

コメント