ジルとうなぎの 風に吹かれて気ままにキャンプ

キャンピングカーと趣味について気ままな生活のブログです。

ダイネットからエンジンスタート

2016-04-21 |  エンジンスターター

Zil520に積んでいる電子レンジは、大陸製で高周波出力700W、電力使用量が1,150Wと相当な電気食い。

今はレンジもインバーターの時代なのだが・・・。
そうは言ってもこのレンジ、棚にきちんと収まりカバーもきちんと閉まる。買い替えたらまず、蓋は閉まらないだろうとカミさんは買い替えに反対だ。


レンジを使うにあたり、カミさんから「レンジ使うわよー。」と言われると、まず、1500Wのインバーターのスイッチを入れた後、わざわざ運転席に回ってエンジンを掛けていた。
サブバッテリーの負荷を出来るだけ少なくする狙いだ。

サブバッテリーだけだと100A以上の電流が流れるが、エンジンを掛けるとサブバッテリーの電圧にもよるが、30A程度の流出で収まる。

リモコンエンジンスターターが欲しいと思い、ネットを調べると色々あるが、カムロードに使えるものは少なく、現状では発売していないものも多く、有っても高価。
レンジが10K円程度なのに、35Kも40K円も投資出来ない。
専用のハーネスがあれば、そこらに売っているものでも何とかなるが、問合せしてもハーネス単体での販売はやってないとの事。
「そうだろうねー。」と思いつつも、「それならいっその事、自分で何とかしよう。」という事に。

面倒な事は嫌いだが、しょうがない。

エンジンをONにする配線がどれか。セルモーターを起動させる配線は?
幸い手元にカムロードの電子技術マニュアルがあるので配線を探す。




ハンドル下のコネクターを探す。


配線図とコネクター番号を確認する。


ハンドル下のコネクターを外して仮配線を行う。


回路に流れる電流を測定しスイッチの接点容量以下である事を確認する。


配線コネクターを噛ます配線と適当な場所をさがして分岐させる。
車関係で配線を分岐するのによく使用される配線コネクターは信頼性に欠けるが、簡単なのでこの際よしとする。


ダイネットまで配線し、手の届く箇所に設置する。


エンジンを掛けるには、ENGスイッチをONにして赤のスタートボタンを押すだけ
終わればENGスイッチをOFFにするだけなので、大変簡単だ。
右側のスイッチは、外部電源の入切とすぐれもの充電器のスイッチ。
下はファンタスティックFANの速度コントローラーで、その右の小さく黒い物はFFヒーターの温度センサー。
スイッチ類は出来れば1箇所にまとめたほうが操作しやすい。



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

コメント