ジルとうなぎの 風に吹かれて気ままにキャンプ

キャンピングカーと趣味について気ままな生活のブログです。

連休中の遊び事

2018-04-29 |  快適化その他

一昨日にカメラのドライケースの中を整理していたら昔のiPodを見つけた。 

これはiPodの第5世代で2005年に発売されたもの。

電池がバカになって捨てるのも気が引けて7~8年そのまま置いていた。

内部は60GBのハードディスクが入っている。

当時は内蔵の電池を交換するのはショップに依頼していたが、それもかなりの費用が掛かっていたと思う。

キャンピングカーのカーナビには、ipod nanoを差しっ放しにしているし、普段自宅で聞くのはipad miniに入れている。

ここで思ったのは、これを何とか復活させたら当時聞いていた音楽が蘇って来る。

いつもお世話になるAmazonでipodの電池検索すると、沢山出て来るので、比較的に評価の高いものを選んだ。

価格もアマゾンプライムで1600円くらい。

今日届いたので、早速開けてみた。

他にも一緒に頼んだものがあったので、それと一緒に届いた。

電池の入った箱は小さい。

電池の大きさは2cm×4.5cmと小さなものだ。ケースを開けるツメも一緒に入っている。

マイナスのドライバーで少しこねたら開いた。

これは簡単だが、今のipad等は開けるのも大変なので普通はショップに任せたほうがいい。

電池の線をそのまま抜いて、新しい電池の配線をラジオペンチで差込むだけ。

外した裏蓋を被せてしっかり押さえると粘着テープがついて完了だ。

久し振りに起動した画面。

懐かしさもあり、しばらくBOSEのスピーカーにつないで聞いていた。

これを使うかどうかは分からないが、これでまた暫くは使えるので、時々は昔入れた曲を聞くのもいいかも。

快適化やトラブル事例はこちらに沢山あります。

コメント