くらしのうつわ

信楽焼の窯元に生まれた娘の日記

一夜城プロジェクト~よみがえれ水口岡山城~

2012年09月30日 19時15分05秒 | JC
9月29日(日)、(公社)水口青年会議所9月度例会まちづくり事業、一夜城プロジェクト~よみがえれ水口岡山城~が開催されました。

本年度のまちづくり事業は、みんなで城を作ろうってことで、お城作りに・・・。

とはいいますが、そんなに簡単なものではございません

9月29日に完成させるために、市民の皆様の手を借りて、毎晩毎晩の作業です。

8月の初めにオリエンテーションが行われ、約2ヶ月間、いつもの青年会議所事務所は、たくさんの城作り仲間が行き来し、賑わっていました。
本当にたくさんの人の手により、作りあげられたお城。

ようやく形になりました



完成当日は最後の石垣作りを山頂で行います。



当日は台風接近中でしたが、お天気も大丈夫で、山頂にもかかわらずたくさんの方が参加して下さいました。



下から見えていたので・・・。とか、水口岡山城に熱い思いのある方だとか、いろんな方とお話ししながら作業を進めていきました。

この水口岡山城は豊臣政権下で築かれましたが、関ケ原の戦いで西軍に属していた長塚正家が降伏して、廃城となったお城です。

歴史の深いこのお城に思いをよせる方も多く、岡山城の完成を楽しみにしている方もたくさんいらっしゃいます。

いろんな人たちの手により、ついに完成。

廃段ボール約12000枚を貼り合わせ、幅17メートル、高さ18メートルの骨組みに貼り付けていきました。



さまざまな思い出でいっぱいです。



夜のライトアップを待ちます。

日も暮れて、市民お皆さんとメンバーも下山し、ライトアップされたお城を思い思いに見上げます。




一晩限りのお城ですが、それぞれにいろんな思いがあると思います。

それぞれの町にはそれぞれの歴史があり、残すもの、残さなければならないもの、あると思います。

形は違うけど思いはどんな町でも人でも同じだと思います。

語り継いでいくこと、簡単なようで難しいかもわかりませんが、少しずつの想いで簡単なものになるのかもわかりません。


ひと夏の思い出、「一夜城プロジェクト」

熱い思いでいっぱいです。




本日のくらしのうつわ

ミックスフライ




コメント

2012年度 7月度例会

2012年07月06日 23時39分54秒 | JC
7月5日(木)、公益社団法人水口青年会議所7月度例会が、甲賀市信楽町、信楽運動公園で開催されました。




今回の例会は、私の所属委員会の担当例会です。

会員拡大交流委員会。

交流をメインにおいた例会にしようとメンバー全員で体を使って、運動会をすることになりました





準備も整い、委員会メンバーでデモンストレーションの練習です。



委員会メンバーも、この日のために前々から練習していました。

練習を重ねていくうちに、みんなの気持ちも打ち解けてきて、いい時間を過ごすことが出来ました。


夕方になり、メンバーが続々と集まり、いよいよ例会運動会の始まりです

みんな、自分達の運動会なんて、久しぶりで例会開始前から、ずいぶん張り切ってる人や、ウォーミングアップしたり、自分の学生時代の武勇伝を言い合ったり、普段の例会とは違う雰囲気でした。


選手宣誓でいよいよ運動会の始まりです。



円陣パスで、名前を呼び合ってフライングディスクを使って、パスし合い、お互いの気持ちと体をほぐしていきます。

リレーは障害物リレーになっていて、そろそろみんな本気モードです



キャタピラーレースをしたり



おんぶをしたり



自然にチームがまとまっていきました。

最後に大縄跳びをして、一人ひとりが集中して、みんなで息を合わせます。


優勝めざして競いあってたみんなも、終わるころには、点数や順位なんて気にせず、おもわずハイタッチ




大人になって、運動会。

体を動かすと、頭でいろいろ考えることより、大切なものも見えてくる気がします。

学生のころは、本当に一生懸命、部活や運動会なんか、やってたものです。

今から思うと、一生懸命体を動かしていたころの思い出は、キラキラしてます。

会議や研修もいいけど、たまには本気で体を動かして一緒に汗をかく時間も大切ですね


さて、(公社)水口青年会議所も、いよいよ2013年度が動きかけます。

例会では、次年度理事長の立候補挨拶が行われました。




2012年の折り返し地点。

まだまだ出来てないことだらけです。

来年を見据えた行動もしていかなければ・・・




本日のくらしのうつわ

スープ餃子















コメント (2)

(公社)水口青年会議所45周年 記念式典、記念事業

2012年05月30日 22時44分50秒 | JC
また、しばらくぶりのブログアップです

それも、これも、先日、5月27日(日)に(公社)水口青年会議所45周年記念式典、事業が開催され、準備、準備、準備で、大忙しでした

そして、ついに本番が無事開催されました。

私はこの大舞台で、司会の大役

練習に練習を重ね、当日、本番に挑みました。


最初に物故会員様の黙とうが捧げられ、歴代の理事長をはじめ、去年亡くなられたメンバーにも黙とうが捧げられました。


そして、オープニングは、ヒップホップクイーン「アンナ」のダンススクールのかわいい子どもたちのダンスで幕が開けられました。



続いて、来賓紹介、ご挨拶、祝辞など、式典は順調に進んでいきました。



入念なリハーサルのおかげで、細かいミスはありましたが、無事式典は終了しました。




なかなか、みんなの時間も気持ちも揃わない日がずっと続き、ギリギリの調整でした。

45周年特別委員会のメンバーは、ずいぶん前からの準備で、ケンカもして、徹夜もして、悔しい思いやつらい思いもたくさんあったと思います。

それも、やはり45年の歴史の重みがあるからこそ。

歴代理事長はじめ、たくさんのメンバーがこの水口青年会議所で、さまざまな事と向き合ってきたことでしょう。

45年分の深い思いがここにはあり、語り繋ぐことが周年の意味にもあるのだと思います。

だからこそ、失敗はできません。

ご来賓のみなさまは、知り尽くしている方々ばかり。


「式典の見えるところは、司会だから」

と言われ、その通りだと・・・


先輩女性メンバーに指導してもらって、猛特訓の日々でした

けど、そのおかげで、大きな失敗もなく、

「式典良かったよ」と、言ってもらえました

やっぱり、やったらやっただけの事はあります。

根気良く朝まで特訓してくださった先輩に本当に感謝しています。

ありがとうございました




これも、一生に一度の大舞台。

心に残る出来事でした。


そして、外では地域の魅力いっぱいのブースが並び、甲賀湖南地域の厳選食材がたっぷりありました。



グータンも、おなじみの朝宮茶ティラミスをちょこっと出させていただきました。

お手伝いに来てくださった、さちさん、もっち、本当にありがとうございました。

なかなか思うようにはいかないけど、根気よくがんばってきましょう。





(公社)水口青年会議所45周年。これからもがんばります







本日のくらしのうつわ


なすと三度豆のごまあえ


コメント

2012年 5月度例会

2012年05月10日 23時35分22秒 | JC
5月7日(月)公益社団法人水口青年会議所の5月度例会が開催されました。



今年、(公社)水口青年会議所は創立45周年を迎えます。

この例会は、諸先輩方45年分の想いを再確認するため、メンバー全員の気持ちを一つにするための大切な例会でした。

ひとくちに45年と言っても、創始をはじめとする歴代理事長さんたちや元メンバーさんたち、本当にいろいろな歴史や背景の中、この水口青年会議所で、たくさんのことがあったのでしょうね。

周年行事は、過去の想いや出来事を改めて知る大切な行事です。

それだけに、入念すぎるほどの準備が必要です。



45周年特別委員会委員長は毎日寝る間を惜しんでの準備作業です。

この例会でみんなの気持ちをひとつにするため、大きなパネルにメンバーの周年に対する意気込みと誓いの手形を押しました。









例会が始まって式典や事業の打ち合わせなど、最初は硬かったみんなも、手に絵具を塗られた瞬間、気持ちもほぐれてきて、わいわい楽しくなってきました

やっぱり、みんなで同じことをすると、心が打ち解けてくるのでしょうね

周年式典、事業まであと少し。

私は式典の司会という大役を務めます

司会シナリオは毎日見て、出来る限りのこと、やっていかなくては・・・


特別委員会のメンバーを中心に、毎日周年式典事業に向けて膨大な作業をこなしています。

一人より二人、二人より三人。

たくさんの手で少しずつ作業すれば、もっと大きな力になるはずです。

人が一人増えると倍の力ではなくて、二乗、三乗になると言われます。

みんなで少しずつやれば、きっと大きな力が出来て、大きなことを成し得ると思います。

わずかな気持ちひとつで、大きく変わることもあります。


45周年。

私も本当に一生に一回の貴重な経験になると思います。

司会・・・頑張ります




本日のくらしのうつわ

イカのスタミナ焼き





コメント

名刺交換会

2012年04月20日 00時58分18秒 | JC
先日、公益社団法人日本青年会議所近畿地区滋賀ブロック協議会の「名刺交換会」が草津ボストンプラザホテルにて開催されました。



(公社)日本青年会議所の会頭が滋賀県に公式訪問されました。


井川会頭です。

2012年、日本のJCを率いていらっしゃいます。

「懇親会」ではなく、「名刺交換会」

会場にいる一人ひとり全員と、名刺をかわし、会話することに意味があると、本当に丁寧に会話されてました。

私みたいな新人もです

そうして、時間を共有する意味が出来るのだなと思いました。


そして、この日、私たち滋賀ブロック協議会アカデミー委員会は、この「名刺交換会」、昼間に行われた「拡大セミナー」「理事長座談会」の設営を担当しました。

委員長、幹事は「理事長座談会」を主にしてらっしゃたので、私たち委員は「拡大セミナー」の会場設営です。

会場が少し離れたところにあったので、完全に新人アカデミーメンバーだけでの設営・・・

出来るかな・・・?

歴の浅いメンバーたち。

何とかなると思いながら、こんな感じ?こうかな?

時間がどんどん過ぎていって・・・

結局仕上がったのは、開場1分前でした

何とかなった・・・

これも経験だと、後で委員長が褒めてくれました。

アカデミー委員会。

出会った当初は各地域から1~2名ずつでの出向で、JCのことは知らない新人たち。

JCにすら馴染んでいない者同士、よそよそしく、たどたどしくしていまいたが、やっぱり共通のことをやっていくと、自然と馴染んでいくものですね。

すっかり打ち解けてきたメンバーたち。

来月も事業が待っています。

また頑張って成長していきましょうね


滋賀ブロック協議会アカデミー委員会メンバー





本日のくらしのうつわ

イカときゅうりのからし酢みそ和え

コメント

2012年 4月度例会 

2012年04月07日 23時05分24秒 | JC
4月5日、(公社)水口青年会議所の4月度例会が開催されました。

鹿深(こうか)厳選スポット評議会~沸き起こるまちの想像から創造~


例会参加にあたり、それぞれに宿題が出され、「自分が知る名所やB級スポットを持ち寄ってください」とのことでした。

・・・B級スポット・・・

信楽にはたくさんの名所がありますが、B級スポット・・・。

知ってる人しか知らない所で、魅力のある所。

私は、いろいろ考えて「100年窯」を持っていこうと決めました。

「100年窯」とは、穴窯ですが、この窯はとある作家さん有志で作られた窯です。

今年、焼き上げて、100年先に窯出しをする。というロマンあふれる窯です。



自分が生きている間には決してあけることのないその窯を100年先の未来の人の手によってあけてもらう。

100年の思いを受け継いでもらう窯です。

この窯については、また詳しくアップしますね



そして例会では、みんなが思うここだというスポットがたくさん集められました。



それぞれが、探すと結構いろいろあるものですね。

チームに分かれて、自分たちの持ち寄ったスポットをプレゼンし合いました。

どこも魅力あり、近くにあるのに知らない所ばかりで、とても興味が持てました。

チームの中から厳選し、会議所全体の評議にかけられます。



私のチームは、なんと・・・私の厳選「100年窯」が選ばれました。

喜んだのもつかの間・・・上程が待っていました

小さなチーム内では、プレゼンは出来るのですが、メンバー全員が見ている中、プレゼンするのは、ものすごく苦手です

案の定、気持ちが先走りすぎて、思いばかりのプレゼンになり、説明不足でした。

人に明確に理解してもらうのは、難しい・・・。

自分の組み立てがなってないことを痛感しました。

・・・次は頑張ろう

何ごとも経験です。

どんなに上手く出来る人でも、初めてのときはあったはずです。

たくさんの経験と失敗が積み重なって、上手くなっていくものですね。

失敗出来るときは、失敗した方がいい。と自分に言い聞かせておきます


堀りおこせば、自分のまわりには厳選スポットがいっぱいです。

自分たちの生まれた場所、生活の場所、仕事の場所。

そこにはたくさんの歴史があり、文化があります。

地域を大切に思う気持ちが、何かを起こせる。そんな原動力になれればいいな。


自分たちの地域を改めて知ることが出来た例会でした。

みんなが持ち寄った厳選スポット、いつかまわってみたいです



本日のくらしのうつわ

きんぴらごぼう




コメント

2012年度 3月度例会

2012年03月06日 23時41分28秒 | JC
昨日、3月5日(月)公益社団法人水口青年会議所 3月度例会、公式訪問例会が、甲賀市信楽町で開催されました。

この例会を担当したのは、私の所属する会員拡大交流委員会でした。

この日のために、ずいぶん前から何回も会議を重ね、ようやく当日を迎えました。

水口青年会議所が信楽で公式訪問を開催するのは、初めてのこと。

委員長、そして私、副委員長が信楽の同級生でもあり、委員長の強い思いで、ぜひとも滋賀ブロック役員団の皆様を信楽の地にお迎えしたかったのです。

会場に選ばれたのは、有数のリゾート施設を誇るゴルフ場「ザ・カントリークラブ」です。

プロのレディーストーナメントが開催されるほどの名門コースと豪華なクラブハウスです。







ここでおもてなしをする・・・

委員会メンバーで手作りの会場設置が始まります。












前日夜遅くまでの設営と当日バタバタのリハーサルでなんとか、本番です。


時間より少し早く、役員団の方がお見えになり、いよいよ、私の「おもてなし」が始まります

当日、お茶の先生に着付けをしてもらい、お作法のおさらいをして、会場へと向かいました。


お茶菓子は桃の節句にちなんで、桃色のおまんじゅうです。信楽の名菓に作ってもらいました。

続いてお抹茶は、信楽朝宮のお茶です。

朝宮のお茶は地形も良く、上質で有名です。

より新鮮なものを先生に教えてもらって、買い付けに行ってきました。

そして、お抹茶茶碗は、うちの「炎の味がま」のものを持って行きました。

くらしのうつわとして作っている抹茶茶碗は、普段茶道に触れていない方でも手軽に使っていただきたいと作ったお茶碗です。

・・・と、おもてなしは、友人もっちのおかげで、滞りなく終えることが出来ました。

忙しい役員団の皆様の長旅のひとときが、少しでも休まることが出来れば幸いです


そして、いよいよ例会が始まりました



一部の質疑応答のあと、2部へと移ります。

いよいよ私の司会です

2部は懇親会でもあり、和やかな雰囲気で進んでいきました。


滋賀ブロック役員団

VS


水口青年会議所メンバー

のリアル野球の試合も行われ、会場も盛り上がりました。


予定時刻を少し押してはしまいましたが、何とか無事終えることができました。


初めての例会設営。

入念に打ち合わせをしていても、本番にならないとわからないことも多々あります。

初めての司会。すごく緊張しましたが、いい経験になりました。

何より、茶道。思い切って習ったかいがありました。

「おもてなし」の意味を茶道を通して教えてもらいました。


少しずつの積み重ねが、いろんなことに繋がってくることを実感した例会になりました。


次は、水口青年会議所45周年記念式典の司会です。

大役です

せっかく与えられた機会です。

いろんなことにチャレンジしていきたいです。



滋賀ブロック役員団の皆様、信楽の地へお越しくださいまして、本当にありがとうございました。

また、ごゆっくり信楽へ来てください。




本日のくらしのうつわ

おもてなしの抹茶碗









コメント (2)

初めての担当例会

2012年02月27日 23時44分34秒 | JC
去年の6月から入会しました「公益社団法人水口青年会議所(JC)」

このJCでは、毎月例会が行われ、各委員会が持ち回りで、設営をします。

この例会のために、何か月も前から委員長は議案書を書き、協議や審議にかけられ、また委員会で練り直したり、精査したりして、例会について、とことん議論する青年会議所。

私の所属する「会員拡大交流委員会」がそんな会議を通過し、いよいよ本番を迎えます。

3月5日に3月度例会、公式訪問例会が開催されます。

公式訪問とは、滋賀ブロックの役員団をお迎えしての例会です。

えらいさん方がこられる

粗相は許されません

きちんとしたおもてなしで、お迎えせねば・・・

会場は豪華に





打ち合わせも入念に



そして、私はJCに入会して、初めての担当例会です。

初めての例会で、公式訪問・・・。

大丈夫かな

しかも、副委員長の立場です。


・・・何事も経験です。


とりあえず、自分に出来ること、やっていきたいです。


ちなみに、私は役員団の皆様の控室でのおもてなし担当と、二次会の司会をさせていただきます。


日頃、先生に教わっている茶道のお作法で、おもてなしをして、二次会の司会で会場を盛り上げて・・・・


今週一週間は、例会に向けてのラストスパート


せっかくやるなら、一生懸命に




本日のくらしのうつわ

いちごミルク









コメント

盛り沢山な週末

2012年01月26日 00時22分31秒 | JC
先週末は、本当に予定がいっぱいで

ひとつづつアップする予定でしたが、まとめてアップします



20日21日は、日本青年会議所の京都会議に行ってきました。



年度初め、日本青年会議所の各委員会やセミナーが一同に開催され、全国各地から青年会議所メンバーが集合します。

水口青年会議所メンバーも、たくさん日本青年会議所へ出向し、中でも「OMOIYARIネットワーク委員会」では、水口青年会議所メンバーが委員長をされています。



オブザーバーで参加させてもらいました。

おもいやりの心は日本人独特の文化で、ひとりひとりの小さな思いやりが集まれば、大きな思いやりや平和へとつながります。

簡単なことですが、ついつい自分本位になってしまったり、相手に嫌な思いをさせてしまったりしてしまいます。

少し考えて、相手の気持ちになって考える余裕がほしいですね。

この「OMOIYARIネットワーク委員会」は国際グループです。ぜひ日本人の思いやりの気持ちを世界中に伝えていってほしいです。

セミナーが終了すると、トレーナーバッチが全員に手渡されました。



ハートのピンクのバッチ 男子社会のJCでは珍しくかわいい

思いやりの気持ちを忘れずに、頑張ろう


21日も朝から、セミナーで京都国際会館へ。

そしてお昼から市内へ。

京都会議中の京都市内は、本当にJCメンバーだらけ


そんなこんなで、私の京都会議は終わり、その足で大阪へ


大阪では、信楽陶器工業協同組合青年部の新年会が開催されていました

大阪で見慣れた人たちの顔を見ると、少しほっとしました。

・・・というのも、少し道に迷い、そして携帯の充電も底をつき・・・

ちょっとしたハプニングでした

けど、お迎えが来てくださったので、、無事みんなのもとへたどり着きました。

新年会は、携帯、デジカメ、両方の充電切れで、大事な写真が一枚もとれていませんでした

けど、どこへ行っても元気な信楽のメンバーでした。

今年もみんなで頑張ろう

次の日の朝、ホテルをでると目の前のお店に、見慣れたものが・・・



信楽焼のカエルでした こんなところでも、ムカエルです



そして、みんなと別れて滋賀に一足先に帰ってきました

晩には、家族の新年会でカニ料理を食べに行きました




・・・とまあ、なんて盛りだくさんな週末だったんでしょう


すごくリフレッシュできたので、いよいよTEIBAN展に向けて、エンジン全開です

たくさん休憩したら、今日は急に頭が冴えてきました。


息抜きにも本当に意味がありますね。


また、頑張ります



本日のくらしのうつわ



かぶら寿司(富山県名産)








コメント

2011年度 水口青年会議所卒業式

2011年12月28日 18時51分25秒 | JC
12月21日(水)、公益社団法人水口青年会議所の2011年度卒業式が行われました。


本来ならば、11月度例会に卒業例会として、開催される予定でしたがメンバーの逝去もあり、開催が延期となっていました。

本年度中にどうしても開催することになり、急遽決まった卒業式でした。

私たち、新入会員のアトラクションも本来ならば、11月にお披露目でしたが、暗礁に乗り上げた形でいました。

7月頃から、みんなで集まり準備を進めてきました。







演目は、「マトリックスピンポン」です。

人数的にも厳しい状態でしたが、みんなで役割を決めて、小道具を作り、動きやストーリーを考えて、仕事以外でこんなに話し合ったり、作業したりすることは、久しぶりでした。

楽しい時間が流れていました。

そんな時の卒業例会延期の決定。

みんなの気持ちは途切れてしまいました。

そして、突然の開催決定。

途切れた時間と気持ちをどうすればいいのか。

全員集まらないこの状況をどうすればいいのか。

ずいぶん悩みましたが、今までの練習と作業に費やした時間、そして卒業生のために私たちが出来ること、何よりアトラクションを披露する経験は二度とないことを考えると、やはりやらないわけにはいかない。

全員が同じ気持ちでした。

委員長や専務理事に相談をして、みんなの力を借りることにしました。

練習再開です。



少ない時間の中、集まれば、やっぱり楽しい時間が流れました。


やってきた本番当日。

失敗の連続でしたが、やってよかったって心から思いました。

どんな時でも、「今」しか出来ない経験はあります。

どんな状況でも、方法はいくらでもある。

やっぱり経験に勝るものはありません。

失敗してもいい、どんな事にも、たくさんの経験を積んでいきたいです




本日のくらしのうつわ

ウインナーと野菜煮





コメント (2)