くらしのうつわ

信楽焼の窯元に生まれた娘の日記

工組青年部バーベキュー交流会

2012年09月11日 20時10分40秒 | 工組青年部
少し前ですが、8月の終わりに信楽陶器工業協同組合青年部でバーベキュー交流会が開催されました

本年度から、2か月に一度、交流会を開催しようということで、前回はボーリング大会でした。(ブログアップ出来てません

今回は夏の開催で、バーベキューをしたい要望がありましたので、バーベキューに決定

で、前回の交流会で幹事を指名されてしまい、設営に頭をひねらせていました。

もう一人の幹事くんといろいろ相談して、ただバーベキューするだけではただのお食事会になってしまうので、「夏」をテーマに二人で考えました。

そこで

夏のお楽しみ「スイカ割り」と縁日っぽく、「スーパーボールすくい」をやってみよう

スーパーボールに仕掛けをして、印のついたボールをすくった人を次の幹事にしようと仕込んでおきました



300個のボールに2個忍ばせていきました。



さて、夜も更け、みんなでバーベキュー会場へ

お肉の効果か、22名の出席で、たくさんのメンバーで賑わいました



とりあえずお腹を満たせて、ビールをたらふく飲んで




盛り上がってきた頃、みんなでスーパーボールすくいです



いい大人が小さなタライを囲んで、すでに気分は子供です



さすが男の子みんな上手です。

・・・・・・上手すぎて、破れることなく、ボールが次々にすくわれ、私の思惑とは裏腹にゲームだの、幹事のボールだの、ぐちゃぐちゃで結局分からなくなってしまい、酔っ払いのオッサンのお遊びとなってしまいました

けど、男の子はやっぱりこういうの、好きなんですね。

裏ワザや、得意技などなど披露しながら、とっても楽しそうでした


そして、最後はスイカ割り。

こちらも大いに盛り上がって、見事に真っ二つに割れて、みんな本当に楽しそう



みんな、この夏、窯の仕事で毎日毎日大汗かいて、頑張ってきました。

夏の思い出と息抜き、出来たかな?

暑かった夏もそろそろ終わりです。秋に向けて、また頑張りますか


同じ「信楽焼」を仕事とする若者達。

たまにはこうやって何も考えないで、飲みあかしたり、はやいだりする時間。

とてもかけがえのない時間なんです






本日のくらしのうつわ

八宝菜


コメント (2)

しがらき火祭り 2012年

2012年08月02日 00時56分36秒 | 工組青年部
久しぶりのブログです

ご無沙汰している間の出来事を少しずつアップしていきますね。


7月28日(土)は、信楽の「火祭り」でした。

陶器のまち信楽の火の神様に感謝するお祭りです。

火祭りには、愛宕山の山頂にある陶器神社に松明を奉納します。

新宮神社から出発して、約2㎞の道のりを松明を担いで歩きます。

夏の暑い夜に、熱い松明を担いでの山道は、かなり過酷ですが、毎年たくさんの方が参加してくれます


そんなお祭りの準備で、信楽の若者達は朝から大忙しです



準備も、今年入会した新人くんに教えながら、テキパキ進みます。



今年は長い木を入れてしまったので、どんな火柱が上がるか・・・

一番松明の大松明。

これに火がつくと、本当に見応えがあります。



そして、準備が整いました。



ひと汗かいたあとの、みんなの笑顔はいい顔してます




日が暮れてきて、かがり火に炎が灯り、お祭りの始まりです。




炎が灯り、火柱があがりました。



やっぱり見応えのある火柱があがり、たくさんの歓声がおこりました。

本当に火の神様が下りてきたかのような大きな火柱です。

この炎の火で松明に火を灯し、奉納します。



信楽のまちがたくさんの炎につつまれる一年に一度の大切なお祭り。

江戸時代から続くお祭りです。

陶器に従事している人もそうでない人も、信楽のみんな、このお祭りが大好きです。

絶やさず、守り続けたいです。


今年もたくさんの人が参加して下さり、約750本の松明が奉納されました。

火の神様、いつもありがとうございます



本日のくらしのうつわ

ささみチャンジャ


コメント

火祭り会議

2012年06月08日 00時30分41秒 | 工組青年部
今日は、来月信楽で行われる「火祭り」の会議でした。

毎年、7月第4土曜日に開催され、今年は7月28日(土)です。

信楽の愛宕山の頂上に火の神様が祀られ、燃えさかる松明を持って山の頂上まで登り、炎を奉納するというお祭りです。

信楽ならではの、炎のお祭り。

窯には不可欠です。

火に感謝し、改めて火の恩恵を感じる。

信楽は陶器の町です。炎を絶やしてはいけません。


そんなお祭りですが、毎年、予算減少が続き、ついには来年には大幅に削減されるそうです。

運営には、現実問題お金がついてまわります。

お祭り自体の運営が危うくなってしまっている現状に、随分意見が飛び交いました。


そんな光景を目の当たりにしながら、寂しい気持ちでした。

小さい頃から、当たり前にあった「火祭り」

夏の暑い日に、熱い炎を見ながら、すごく楽しみにしていたお祭りでした。

当たり前のことが、当たり前でなくなる現実に、どうする事もできないのでしょうか。

田舎の小さいお祭りでも、みんな楽しみにしています。

長年、代々続いている町の行事です。

伝統もあり、先人の想いがたくさん詰まっています。

火の神様に感謝する事。

個々にすればいいのでしょうか。

信楽という町全体が、火に感謝する日があってもいいように思います。


それぞれ、いろんな考えもあるでしょうから、何が正しくて、何が間違いとか、ないでしょう。


けど、現実問題、通常開催が危うくなっている事実はどうにも変えることができないようです。

今一度、この現実にしっかり個々が向き合わなければいけないのかも知れません。

私も、もう他人事ではないので、しっかり考えてみたいと思いました。







本日のくらしのうつわ

野沢菜チャーハン  うつわ:萩釉カレー皿
コメント

信楽陶器工業協同組合青年部総会

2012年05月19日 21時20分05秒 | 工組青年部
先週から、バタバタとしていましたので、先週からの出来事を少しずつアップしていきますね

5月11日金曜日、信楽陶器工業協同組合青年部の総会が開催されました。



多数の参加者で、こんなにたくさんの信楽の若手の窯元が集まると、本当に見応えあるというか、勢いを感じました。


この日は役員改正もあり、新部長に奥田部長が選出されました


副部長でアップルパイ名人の神崎副部長。

普段土と向き合っている若者もこの日は総会議長です


緊張がこっちまで伝わってきて、ドキドキでした


そして、長年青年部を引っ張ってこられた二人がご卒業されました。


20年以上、青年部として活躍され、常に私たちを導いて下さったお二人。

寂しくて仕方ないですが、私たちも成長していかなければいけません。

「すべての始まりは工組青年部でした。」

とおっしゃっておられました。


私もそう。

今、たくさんの経験の始まりは「工組青年部」です。

4年前、ドキドキしながら総会に参加させてもらったのが始まりです。

長年伝統のある工組青年部。

初めての女性部員に、皆ずいぶん戸惑ってしまっていたのではないでしょうか。

だけど、本当に優しくて、いつでも受け入れてくれて、大切にしてもらってきました。

だから、私はいろんな人に出会い、いろんな場所に行き、いろんな経験をさせてもらうことが出来ました。

みんな、本当にありがとうございます。

まだまだ、経験していないこと、たくさんあります。

けど、みんながいれば大丈夫

これだけの力が集まれば、きっと信楽焼は大丈夫です

新部長はじめとする新体制。

人が変わっても思いは変わりません。

守らなければならないもの。

みんなの少しずつの力が集まれば、守っていけるし、発展もする。

また、頑張りましょう


最後に、3年間、青年部部長として頑張ってこられた、ぶんちゃん。

本当にお疲れさまでした。

いつも気にかけてもらったこと、本当にありがたかったです。

また、一緒に頑張りましょう。



補足ですが、うちの父も任期満了で、信楽陶器工業協同組合、理事長退任です。

長年苦労の連続でしたが、本当にお疲れさまでした。

これからは、本業に精を出してもらえることでしょう・・・




本日のくらしのうつわ

じゃこおろし



コメント (2)

びわこフェスタ2011

2011年12月01日 22時08分53秒 | 工組青年部
先日、曜日に行われた「びわこフェスタ2011」

参加組合青年部さんたちをご紹介します

絶好の行楽日和にあいとうマーガレットステーションで開催されました。


瓦工事組合さん

わたがしと焼き鳥でした

醤油組合さん

こだわりのお醤油でみたらし団子。美味しかったです。

茶業青年団さん

お茶のつめ放題です。

広告美術さん

ひときわ大きなタワーの玉入れです

畳工業組合さん

ミニ畳の製作体験です。

バルブ組合さん

似顔絵喫茶です

北里商業さん

富士宮やきそば赤こんにゃく入りでした

電気工事組合さん

電気らしくIH調理器でフライドポテトやスープです

肥料組合さん、農検査組合さん

滋賀産の新米です

京都青年中央会さん

使用済油でろうそく作りです

信楽陶器工業青年部

アップルパイも人気でしたが、おなじみホールインケロポンも盛り上がりましたよ


抽選会も行われ


フリーマーケットも賑わっていました


3年前、初めてびわこフェスタに来たときは、見るものすべてが珍しくてきょろきょろしていました。
知り合いも誰もいなくて、どきどきしていましたが、今では知ってる人がちらほらいらっしゃいます。
初めは女性部員が珍しくて、遠巻きで少し距離もあったんですが、少しずつ馴染んでもらえて、いろんな話をしてくださる方、あいさつをしてくださる方など、本当にいい方ばかりです。
月日が距離を埋めていく。
そんなこともあるのだなと思います。
最初は一人で会議に行くのも怖かったんですが、今ではたくさんの仲間と知り合いが出来て、本当にありがたいことです。

一歩踏み出してみる。

出来そうで出来ないことはないのです。

異業種交流は大切なこともたくさん教えてもらえます

初めの一歩がなければ、知らない世界でした。

また、たくさんの人と知り合って、いろんなことを教えてもらおう



本日のくらしのうつわ

ふきの佃煮(打ち上げのお店で炎の味がまのうつわを使っていただいてました)








コメント

信楽焼窯焼アップルパイ

2011年11月29日 18時03分49秒 | 工組青年部
先日の日曜日、滋賀県中小企業青年中央会のイベント「びわこフェスタ2011」があいとうマーガレットステーションで開催されました

絶好の行楽日和で、永源寺の最寄ということもあり、たくさんの人出でした

信楽陶器工業協同組合青年部は、焼き屋らしく、普段陶器を焼いている道具でアップルパイの窯を作り、アップルパイを焼きました。

耐火煉瓦を使って、窯を組んでいきます。



「棚板」、「つく」と呼ばれる窯の道具を上手く使っていきます。

毎日見慣れている道具たちが、アップルパイを上手く焼ける窯に変わっていきます。

レンガも2種類あって、熱をためるレンガ、断熱用のレンガがあります。

熱をためるレンガは窯の中心部分でアップルパイがよく焼けるように工夫してあります。

熱をためて焼くことによって、まんべんなくじっくり火が通って、とろとろでサクサクになります。



信楽焼窯焼アップルパイの窯が完成しました


開店です







ありがたいことに、お客さまがどんどん来てくださり、ピッチを上げて焼いていきます

私も試食させてもらったんですが、本当においしい

実は、アップルパイ苦手だったんですけど、このアップルパイを食べてから、美味しさが分かるようになりました

焼きたて、あつあつは本当に美味しいです

ガスバーナーや、温度計、どれも毎日見ているものばかりです






青年部メンバーは窯焚きのプロばかりですので、細かい温度調整はお手のものです



好天に恵まれて大盛況のうちに、終わりました

たくさんの人に出会うことが出来てよかったです。

みんなもたくさんの人に出会えて大満足だったかな?

一人一人が知恵と力を合わせれば、きっとまたいろんな事が出来ます

今回のアップルパイも信楽商工会青年部さんが一生懸命考えてできました。

たくさんの失敗の中から生まれたアップルパイ。だから美味しいんですね



本日のくらしのうつわ

キムチ盛り合わせ(打ち上げのお店で炎の味がのまうつわを使っていただいてました)













コメント (2)

びわこフェスタ 2011 明日開催です

2011年11月26日 12時04分51秒 | 工組青年部
明日、11月27日(日)滋賀県愛東マーガレットステーションにて、「びわこフェスタ2011」が開催されます。

滋賀県の中小企業団体の組合青年部が一同に集まり、各組合のPRを兼ねた模擬店などが出店します


おおまかな出店内容ですが、ご紹介します。

醤油組合さん、醤油の販売と、醤油を使ったうどん、そば、みたらし団子

滋賀バルブ組合さん、似顔絵、喫茶

瓦工事組合さん、瓦の展示、串焼き、わたあめ

電気工事組合さん、エコキュート、太陽光展示、フランクフルト、フライドポテト、コーンスープ

畳工業組合さん、ミニ畳製作体験

広告美術組合さん、ローリングタワーで玉入れ、パネル展示、豚汁

北里商業組合さん、富士宮やきそば

茶業青年団さん、お茶のつめ放題、米粉のどらやき、抹茶オーレ

肥料組合さん、ベーコンの串焼き

農産物検査組合さん、検査機具の展示、滋賀県産コメの展示、パターゴルフ

京都青年中央会さん、使用済み天ぷら油でローソク作り

福島ブース、被災地支援、喜多方ラーメン販売

信楽陶器工業青年部、玉入れ、陶芸体験、アップルパイ


スタンプラリーもあります。各ブースをまわって、スタンプ3つ集めると、各組合から提供された景品が当たります
豪華景品がもり沢山ですよ


それぞれの組合さんは、各業種で活躍されている青年部の若者ばかりです。

本当に専門的なことも教えてもらえるので、気軽にいろいろ聞いてみてくださいね


一年に一度の青年部たちのお祭りです。

明日はお天気も良さそうです

ぜひ足を運んでくださいね


私も毎年、楽しみにしています。たくさんの異業種交流はまた自分に力を与えてくれる。そんな感じがします。

明日も、楽しんできます





本日のくらしのうつわ

小松菜と油あげの炊き合わせ


コメント

びわこフェスタ 2011

2011年11月10日 17時50分02秒 | 工組青年部
昨日は、11月27日(日)に行われる「びわこフェスタ」の会議に行ってきました。

びわこフェスタは、滋賀県中小企業青年中央会が主催のイベントで、各組合の活動や産地のPRをして、お互いのコミュニケーションをはかるイベントです。

信楽陶器工業協同組合青年部は、お馴染みの「ホールインケロポン」、「陶芸体験」、「アップルパイ」で出店する予定です。

アップルパイは、商工会青年部さんから「窯出しアップルパイ」をお借りします

このアップルパイ、実際に私達がいつも使っている窯のレンガを組んでアップルパイを焼きます。

耐火レンガを温めて、温度を見ながら余熱で焼き上げます

焼きたてのアップルパイはとろとろで本当に美味しいです

アップルパイが苦手な私もペロリと食べられます

寒い季節に焼きたてのアップルパイ

最高です


私達、信楽以外にも、たくさんの組合青年部さんが、それぞれのPRと模擬店が出ます。


各業界の若手職人さんとまじかで話せるいい機会です。



ぜひ、「びわこフェスタ2011」にお越しくださいね



11月27日(日)

愛東マーガレットステーション

10:00~15:00




本日のくらしのうつわ(園芸)

ポトス







コメント

のぼり窯焚いてます

2011年09月15日 19時39分37秒 | 工組青年部
信楽陶器工業協同組合 青年部、一年に一回の「のぼり窯焼成事業」しています。

9月13日から、点火して約4~5日の予定で焚きます

滋賀県立陶芸の森で行っています。


窯当番が組まれ、夕方から夜中から朝まで、青年部が交代で窯焚きです



火袋とよばれるところから、ゆっくり温度を上げていきます。

耐えず、みんなで夏の間に割った薪をいれて温度をキープしながら、ゆっくり上げていきます。

少し気をゆるめたりすると、すぐに温度が下がってきます

窯の感じを見ながら、窯に合わせて薪を入れます。

初日の夜に行ったんですが、この時の温度がまだ500℃くらい。

何とか、作業にも余裕がありました。



一日たって、昨日の晩に行ったら1000度くらいまで上がってました。

もう、熱くて熱くて

けどやっぱり気を緩めると温度は下がります。



昨日とは全然違う炎の勢いです。

かなり気を引き締めて作業にかからないと

薪で焚くって言っても、温度計があったりして、わりとスムーズにいきます。

温度計のない時代は、どうしてたんだろう・・・

先人には本当に頭の下がる思いです。

炎の勢いや匂い、火のひき具合なんかで見てたのでしょうね。

いろんなことが便利のなったこの時代は、すべてにおいて鈍感になってしまったのかも知れません。

五感を鍛える

きっと、何かが見えてくるはずです。








青年部の窯焚き、17日の早朝までやってます

気軽に見学に来てくださいね。一般の方も大歓迎です

場所 滋賀県立陶芸の森



本日のくらしのうつわ

さばの味噌炊き
コメント

石山寺 千日会

2011年08月10日 23時58分56秒 | 工組青年部



8月9日は「石山寺」の千日会です。

信楽観光協会と石山観光協会は姉妹提携?しているので、石山寺のお祭りに呼んでくださいました。

信楽観光協会から、工組青年部で何かできませんか?ということでしたので、青年部名物の「ホールインケロポン」の登場です。

石山寺の門の前にお祭りの時だけ、子供横丁が並びます。
「ホールインケロポン」は今年で3年目ですが、子供達に人気です


この日の石山はひときわ暑く・・・石山だけでなく、全国的に記録的な猛暑だったようです
搬入や準備にみんなで大汗かきました

やっと準備完了


ホールインケロポンとかき氷です


ホールインケロポンは、たぬき、かえる、ふくろうとそれぞれの口が、くりぬいてあり、1回3球で、それぞれの口に入ると、それぞれの賞品がもらえます

賞品は青年部の各窯元から提供された品物です

1回300円で豪華信楽焼が当たるなんて
なかなかお値打ちものですね

ま、当たるとも限らず・・・なかなか入りそうで入らない・・・
わりと、コントロール力が必要です。
腕に自信のある人はぜひチャレンジしてくださいね

はずれても箸おきがもらえますよ~




さて、準備もひと段落したので、私は千日会参りにでかけました。

この日に観音様にお参りすると、千日のご利益があるといわれています。


門をくぐり、まっすぐのびる道端には、ちょうちんと塔婆が敷き詰められています。
このちょうちんと塔婆はずっと本堂までの道しるべかのように並んでいました。



千日会の時は拝観料無料でした

本堂までまたひと汗かいて登って、やっとの思いで到着。

たくさんお願い事をして・・・

ようやく汗がひいてきました。

帰り道の大黒堂で30円おみくじがあったので、おもわずひいてみました


「吉かぁ」・・・まあまあですかね
待ち人、夜になれば来る。と書いてありました

夜・・・?・・よく分かりません・・・まぁいいか・・・




さて、参拝も終わり、お仕事です

夕方になると、子供たちがあちらこちらから来ます。

ホールインケロポンで遊ぶ子達。

かき氷に並ぶ子達。

この日はとにかく暑かったので、かき氷は大人気です



途中でぽんぽこちゃんもホールインケロポンで遊んでいました~



盆踊りが始まり、やぐらの周りを子供達がおどります。


そして、花火が1000発あがりました。

石山寺の花火は滋賀県で一番古いころから続いている花火らしいてす。

紫式部ゆかりの石山寺。

たくさんの歴史があります。かつては茶々も身をよせていたとか。

幾度もの歴史をずっと見てきているんでしょうね。




花火が終わり、かき氷も完売して、青年部の暑い夜は終わりました。

他の地域のお祭りに参加させていただける。ありがたいことですね。


暑かったけど、充実した日でした





本日のくらしのうつわ

梅肉冷奴


コメント (2)