一級建築士事務所アーク・ライフ ブログ

東京都町田市の一級建築士事務所アーク・ライフのブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

洗濯物の乾燥方法どれがエコか(お得か)

2018-02-27 18:51:47 | お知らせ


浴室をユニットバスに交換するリフォームの時に、暖房乾燥換気扇を設置したいという要望を伺うことが多いです。
浴室を温めるための暖房と雨天時の乾燥を兼ねたご要望なのですが、洗濯物の乾燥ということに特化して考えた場合、どの方法(機器)がエコでお得なのかを考えてみたくなりました。

比較するのは浴室内に温風を吹き出すタイプの暖房乾燥換気扇3種類(ガス温水式、電熱式、電気ヒートポンプ式)と、衣類乾燥に特化したドラム式洗濯乾燥機とガス衣類乾燥機です。

ガス温水式浴室暖房乾燥機は自宅の事例から、その他はメーカーカタログのデータを参照しました。
洗濯物重量、洗濯時間は同じ条件になるように概算ですが揃えています。

消費エネルギー(使用量換算)はガス及び電気の使用量で、こちらが光熱費に直結します。
消費エネルギー(CO2換算)はCO2排出量を比較するための数値です。



結果、1回あたりの光熱費ではドラム式洗濯乾燥機(ヒートポンプ)が一番安く、次いでガス衣類乾燥機、電熱式の浴室暖房乾燥機が一番高くなっています。
CO2排出量で比較してもドラム式洗濯乾燥機(ヒートポンプ)が一番排出量が少なく、次いでガス衣類乾燥機、電熱式の浴室暖房乾燥機が一番CO2排出量が多くなります。

浴室暖房乾燥機は浴室を温めることにエネルギーを使用する点で専用の衣類乾燥機よりも不利なのかもしれません。



10年間のランニングコストで見ると、電熱式の浴室暖房乾燥機のコストが群を抜いて高く、一番安いのはドラム式洗濯乾燥機(ヒートポンプ)となっています。
衣類の乾かし方の好み、浴室の寒さ対策など他にも考慮したい事はありますが、衣類の乾燥だけで考えると、CO2排出量とランニングコストの点で専用の衣類乾燥機に軍配があがります。
浴室リフォームを考えるときは是非参考にしてください。

そうそう、浴室リフォームの際は壁や天井などに断熱材を入れるチャンスでもあります。忘れずに対応して熱の逃げにくい快適でヒートショックの起こらない浴室リフォームを実現しましょう。




コメント

12年後に時代遅れの断熱性能になる住宅でなく、将来にわたってほしがる人が絶えない暖かい住宅を作りましょう

2018-02-14 23:58:41 | お知らせ

今日は東京の最高気温は11℃で南から南西の風が吹き、少し春の予感を感じさせる日でした。三寒四温というようにこれから寒の戻りがありつつも、徐々に張るが近づいてくるような気がします。

春が近づいてくると一時期の冬の寒さを忘れがちになってしまいがちかもしれませんが、油断大敵です。インフルエンザなどの風邪対策でも室温を20℃程度に保ち免疫力を高めることが大事です。

室温を保ちながら、電気・ガスなどのエネルギー消費を減らすには建物の保温性を高める断熱と、隙間風を無くす気密が大事です。最近の家であればどれでも断熱と気密には配慮されていると思われるかもしれませんがそうとは限りません。写真は数年前に建てられたハウスメーカー系の住宅ですが壁と軒先の換気口から熱が沢山漏れていて断熱と気密が不十分なことが伺えます。

住み心地の確保や光熱費を抑え、低炭素化を図るためには断熱が必要ですが、現在は断熱を全くしていなくても法律違反ではありません。2020年にようやく法律で一定の断熱性能が義務付けられます。また、2030年には2020年に義務付けられる基準の1.74倍高い断熱性能が義務付けされると言われています。

もしこれから住宅を新築するのであれば最低限2030年に義務付けられる断熱基準をクリアしていないと12年後には法律の基準をクリアしていない住宅となってしまいます。住宅は建ててから少なくとも30年、場合によっては60年かさらにもっと長い間住み続けられます。折角建てるのであれば将来的に時代遅れの性能の誰からも欲しがられない住宅をつくるのではなく、将来にわたって欲しがる人が絶えない暖かく、安全な住宅を作りましょう。将来子供が住まなかったとしても、子どもにとって負担となる負動産となることを避けられます。
コメント

大雪と地球温暖化

2018-01-25 13:47:29 | お知らせ

月曜日夕方からの大雪で火曜日はまるで雪国のような景色が見られました。また、昨晩から今朝にかけては外気温が東京の町田市・多摩市で-6度となかなか体験できない状況が続いています。

こんな気候だと地球温暖化なんて本当かなと感じられるかもしれません。トランプ大統領も一昨年の大統領選の演説の中で「こんなに寒いのだから地球温暖化は嘘だ」というようなことを言っていました。

地球温暖化というのは全世界の平均気温の上昇なので、局地的にはより寒いときもあったりします。そして全世界的に気候が穏やかになればよいのですが、気温が上がったことで、台風が増えたり、高潮、洪水や干ばつ、今回のような大雪などが増えたりします。

そのことによる経済的な損失も膨大なものになると予想されていて、温暖化対策にコストをかけるほうが安く済むと考えられています。地球温暖化は倫理的な問題を超えて経済的、実際的な問題としてとらえられているのです。

私達も住まいを設計するときはより省エネで、住まい手が支払うランニングコストが下がり、快適になることを確認しながら設計をしています。当初に支払う工事費などのイニシャルコストだけでなく、光熱費などや気候変動による将来的な経済損失などを考えたランニングコストも踏まえて住まいづくりをしましょう。
コメント

家を建てたいと思った時にまずすること

2018-01-19 10:46:37 | お知らせ


家を建てたいと思った時にまずすることは何でしょうか?
・土地探し?
・銀行にローンの相談?
・設計事務所、工務店に相談?
・住宅展示場に行く?

なんとはなしの情報収集としてはどれもありうるとは思いますが、一番大切にしてほしいのはこれからの人生をどう送り、その家にいつまで住むかのライフプランを考えることです。


子育て中の方であれば、子供の進学、就職、独立など、仕事をしている方であれば、いつまで仕事をして第2の人生はどうなるかなど、現在の年齢によって30年から60年程度に人生で起こりうることをまず考えましょう。
その上で、現在の収入からある程度将来の収入を予測し、支出、貯金などを把握します。そうするといくらまでなら住宅ローンが払っていけるかが出てきます。
頭金にできる現在の預貯金と支払い可能なローン額とを合わせた金額が住宅に掛けられる予算となります。
これからの人生のライフプランを考えることで、住宅の予算と住宅にどれくらいの期間住みたいかがはっきりしました。

次にすることは住宅のイニシャルコストとランニングコストを合わせた、住み続ける期間に住宅に対して支払う総コストを確認する事です。
ランニングコストのうち大きなものは、電気・ガスなどの光熱費、外壁・内壁の改装費用、給湯器・エアコン・照明器具などの取替、建物の耐震基準が今後上がった場合はそれに対応するための耐震改修、断熱基準が上がった場合や建物が寒く快適でない場合はそれに対応するための断熱改修などです。
例えば建てるときに、安くつくるため断熱・気密の性能を低くしてしまうと、光熱費がかかったり、エアコンの必要台数が多くなるので取替費用がかかったり、断熱改修を将来的にしなくてはいけなくなります。
反対に断熱・気密、耐震性能を確保して間取りの変更などもしやすいつくりにしておくと、光熱費が安くすんだり、エアコンの必要台数も減って取替費用がへったりします。何より、暖かく快適で安心して過ごせる住宅は住む方の健康にも貢献します。

「日本の住宅は20年で価値がゼロになる」
「日本では住宅建設≠投資ではなく、必ずゴミになるものをつくっているだけ、欧米では住宅建設=投資となりリターンもありうる」
http://www.replan.ne.jp/blog2/?p=13924
と言われていますが、その理由は中古住宅の価値が評価されないこととされています。一方、光熱費が安く済む、暖かく快適で耐震的にも安心な住まいを中古市場で評価する制度づくりも進んでいます。

プランも費用も土地も大事ですが、ライフプランのことと住む期間の総コストについて話をしてくれる住まいの作り手と住まいづくりをすると、快適な住まいが幸せな人生をしっかりと支えてくれると思います。
是非そんな住まいづくりをしていただけたらと思います。
コメント

太陽光発電の売電が竣工後3ヶ月以上かかってやっと開始

2018-01-17 20:52:42 | お知らせ

※写真は参考写真です

9月に竣工した小金井のZEH(ゼロエネルギーハウス)ですが、竣工後3ヶ月以上かかって太陽光発電の売電申請がとおり、午前からそれを受けての接続作業に立ち会いました。
昨年4月以降、個人住宅の太陽光発電でも発電設備の申請をしなければならなくなりましたが、申請の審査体制が整っていなかったということで、3ヶ月分を無駄にしてやっとの売電開始です。来年度以降は審査員を増員して、改善をはかるとのことですがどの程度スピードアップできるのでしょうか。国としてはZEH(ゼロエネルギーハウス)の普及に努めるということなので、是非審査を迅速化していただきたいと思います。

上の写真は別の住宅の発電状況の参考写真ですが、夏なので沢山発電しています。今日の天候は曇りと雨だったので、写真ほど発電していませんでした。早く天候がよくなって、沢山発電してほしいです。


立ち会いと同時に温度湿度計を設置し、パソコンと携帯電話で部屋と外気の温湿度、CO2濃度などを見ていただけるようにしました。この結果を住まい手と私達アーク・ライフで共有しながら、より快適に、より省エネに過ごしていただけるよう、住み方を調整していきたい思います。
コメント