宗教法人 鈴川キリスト教会

わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。

2011年12月18日礼拝メッセージ要旨

2011年12月25日 | 礼拝メッセージ
 ~神様からの贈り物~

                    鈴川キリスト教会顧問牧師 川崎 廣
ヨハネ3:16-21

 クリスマスは、この世界を造られた神様が、この世界の人々を救うために、救い主イエス・キリストを贈り物として遣わされたことを記念する日です。
 私たちは毎日の生活の中で、心満たされて充実したあゆみをしたいと願っています。その様な私たちに、この世界を造られた神様は、イエス・キリストを通して、素晴らしいよい知らせを伝えて下さいました。それは、聖書の中の聖書とも言われる次のことばの中に、要約されています。「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
 (ヨハネ 3:16) 
 第一に、神様はわたしたちをとことん愛しておられるのです。それで、ひとり子のイエス様をこの世界に救い主として遣わして下さいました。
 第二にその神様の愛に応えて、イエスキリストを救い主として信じ受け入れる人々を、赦し、和解し、滅びから解放して下さると、約束しておられます。
 第三に、神様との素晴らしい交わりの生活に導き、死さえも乗り越えて、それが永遠に神の御国にまで続くと約束しておられるのです。何と素晴らしいことではないでしょうか。
 私たちのなすべきことは、これまでの神様に背を向けたような生活から方向転換して、イエスキリストを自分の救い主として信じ受け入れて生活することです。そうすれば、愛と光の中を生活することになります。
 光の中を生活することは、素晴らしいことですが、時として恥ずかしさを感じることもあるでしょう。しかし、その時に陰や闇に逃げ込むのではなく率直に神様に自分の弱さ、汚さをお詫びして、光のほうに向かっていくことが大切です。そうしたら、神様のよい知らせを自分のものとする事が出来るのです。


分かち合いのために
1、御子イエス様を信じる人にはどのような約束がありますか。 (16節)
2、御子イエス様がこの世界に遣わされたのは何のためですか。 (17,18節)
3、光よりもやみを愛する人はどのような人ですか。 (19,20節)
4、光の方に来る人はどのような人ですか。 (21節)
5、あなたはイエス様を自分の救い主と信じて、愛と光の中を生活しておられますか。互いに分かち合いましょう。

今週の聖句
 神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。 (ヨハネ 3:16)


2011年クリスマス案内

2011年12月04日 | ご案内


2011年クリスマスおめでとう!
 神の恵みと平安が人々に豊かにありますように・・・・・・・・・。  
神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、
永遠のいのちを持つためである

―聖書 ヨハネの福音書 3章 16節―

クリスマスは 神の子 イエス キリストが世に来たことを
お祝いする時です。教会では皆様のお越しをお待ちしております。



12月23日(金)   下記の行事は全て無料です。
こどもクリスマス会 午後1時30分~
12月24日(土) 
クリスマスイブ キャンドルサービス 
午後7時30分~

12月25日(日)   
クリスマス礼拝   午前10時30分~
クリスマス祝会   午後12時30分~


※ 会 場  鈴川キリスト教会 礼拝堂