宗教法人 鈴川キリスト教会

わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。

2013年4月21日礼拝メッセージ要旨

2013年05月02日 | 礼拝メッセージ
                  ~聖書に基づいて~

                           鈴川キリスト教会顧問牧師 川崎 廣
使徒17:1-15
                  
 私たちの信仰の拠り所は、聖書です。この世界の創造者である神様に選ばれた人々によって、聖書が書かれ、この世界に生きる私たち人間に、神様の望んでおられることを、はっきりわかるようにして下さいました。聖書には、私たちが神様の前に生きて行くのに必要なすべてのことが書かれています。特に、私たちがイエス様を自分の救い主として信じ受け入れたとき、神様は、御聖霊として私たちと共にいて下さり、聖書を通して神様の思いをいつも教えて下さいます。
 パウロがマケドニヤ地方のテサロニケで伝道をしたとき、いつもしているように「聖書に基づいて彼らと論じた。」(使徒17:2)に書かれています。
また、ベレヤの人々については「非常に熱心にみことばを聞き、はたしてそのとおりかどうかと毎日聖書を調べた。」と書かれています。その結果、多くの人々が、信仰に導かれました。
 私たちも、イエス様のことを知るために、また、自分自身の生活の鏡として自分の生活を点検するために、さらに、神様と共に生きることを喜びまた喜ばれる生活を実現するために、いつも聖書を読み、黙想し、その指示に従う生活をして行きたいと思います。このことによって私たちの生活は、聖書を拠り所にした祝福された生活になるでしょう。


分かち合いのために
1、パウロの一行はテサロニケで、どのように伝道しましたか。その結果はどうでしたか。 (1-4節)
2、テサロニケのユダヤ人たちの反応はどうでしたか(5-9節)
3、パウロとシラスはどうなりましたか。 (10節)
4、ベレヤのユダヤ人たちやそのほかの人々は、どうでしたか。 (11-12節)
5、テサロニケのユダヤ人たちはベレヤに来て何をしましたか。 (13節)
6、パウロはどうなったでしょうか。 (14,15節)
7、あなたは、毎日の生活で、どのように聖書に親しみ、調べていますか。分かち合いましょう。

今週の聖句
 ここのユダヤ人は、テサロニケにいる者たちよりも良い人たちで、非常に熱心にみことばを聞き、はたしてそのとおりかどうかと毎日聖書を調べた。
 そのため、彼らのうちの多くの者が信仰にはいった。その中にはギリシヤの貴婦人や男子も少なくなかった。
 (使徒 17:11ー12)