宗教法人 鈴川キリスト教会

わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。

2011年4月10日礼拝メッセージ要旨

2011年04月17日 | 礼拝メッセージ
~困難は祝福に~

             鈴川キリスト教会顧問牧師 川崎 廣

使徒4:23~37  
 私達の生活には、困難がいつも起こってきます。しかし困難は、物事を絶望的にするのでしょうか。必ずしもそうではありません。むしろ困難によって、祝福が増し加わるようになることもあるのです。 最初のクリスチャン達の交わりでは、ペテロとヨハネが、生まれつき足の不自由な人を助けたことによって、二人は留置所にいれられ、きびしい尋問がなされました。二人は大胆に主イエス様を証ししましたが、二人を罰する手だてを見つけることが出来ずに、釈放されました。
 二人は早速クリスチャン達の交わりに行き、報告しました。それを聞いた人々は、まず心を一つにして祈りました。第二に再び聖霊に満たされ、大胆にみことばを語ることが出来るようになりました。第三に心と思いが一つになり主の愛による相互扶助が実現しました。そのことにより、「使徒たちは、主イエスの復活を非常に力強くあかしし、大きな恵みがそのすべての者の上にあった。
(使徒 4:33) 」のです。ここに、困難が祝福に変わったすばらしい実例を見ることが出来ます。私達もこの最初のクリスチャン達に見習いましょう。私達の教会でもこの様なことをいつも体験できるようしたいと思います。
>分かちあいのために (23節)

(1) 釈放されたペテロとヨハネは、どこに行って何をしましたか。 

(2) それを聞いた人々は、まず何をしましたか。 (24-30節)

(3)祈りの結果、主はどのように答えて下さいましたか。 (31節)

(4) その結果、どのようなことが起こりましたか。 (32-37節)

(5) あなたが困難にあったときには、どのようどのようにしたらよいと思いますか。互いに分かちあいましょう。

今週の聖句
  使徒たちは、主イエスの復活を非常に力強くあかしし、大きな恵みがそのすべての者の上にあった。 (使徒 4:33)

2011年4月17日礼拝メッセージ要旨

2011年04月17日 | 礼拝メッセージ
 ~心を尽くして主に頼る~
                    鈴川キリスト教会顧問 牧師 川崎 廣
使徒5:1-16 
 イエス様の御心を行うように何を必要としていると思いますか。あるいは、生活に困難が起こってきた時には、どんな態度を持ったほうがいいでしょうか。また、どんな反応をしたらいいと思いますか。選択が二つあると思います。それは、聖霊さまの導きに頼ることと、自分の悟りに頼ることです。 
 主の弟子ルカが使徒5章に書いたのは、自分に頼って生活した人々の例と、聖霊様に頼って生活した人々の例です。何に頼るかによって、結果が違います。例えば、アナニヤという人は、妻のサッピラとともに自分の心に、また、自分の思いに頼りました。その方法を選択したことによって、二人が悪魔に騙されて、身を滅ぼしました。残念なことでした。
 聖霊様に頼って生活したクリスチャン連の人生を見れば、まったく違う結果を見ます。この人々によって、主が病気の人を癒され、人を救ってくださり、イエス様を信じている人の数が増えました。
 今日も、私達は聖霊様の導きによって生活をましょう。そうすれば、イエス様の祝福を毎日体験することが出来ます。


分かち合いのために
1、なぜアナニヤとサッピラが代金の一部を残したと思いますか。

2、一部を残したことの結果は何でしたか。

3、聖霊様に頼って生活したクリスチャンの行いによって、どんな結果がありましたか。

4、私達は、毎日、聖霊様に頼ってクリスチャン生活をするために、どのように互いを励ましたほうがいいと思いますか。


今週の聖句
 心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りにたよるな。あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。 (箴言3:5-6)