北野進の活動日記

珠洲市議としての活動報告。志賀原発の廃炉に向けた取り組みや珠洲の情報、ときにはうちの庭の様子も紹介。

議会基本条例制定へ3回目の研修会

2018-10-02 | 珠洲市議会


議会基本条例の12月議会制定を目指し、市議会の中で議論が進んでいる。
今日は山梨学院大の江藤俊昭教授を招いての研修会でテーマは「議会改革を『住民福祉の向上』に!」。

基本条例に関わる研修会は今回で3回目。
1回目は3月28日、「議会基本条例について」というテーマで伊万里市議会盛泰子前議長を招いての研修会

2回目は9月2日、「地方分権と地方議会改革」というテーマで京都大学公共政策大学院の吉田悦教特別教授を招いての研修会。

そして今回である。
この間、議会改革特別委員会とその下におかれた作業部会で議論が重ね、珠洲市議会基本条例(案)がまとまり、各会派の修正意見のとりまとめが現在行われてる。
今日の江藤先生の研修では、そもそもの議会改革の目的、基本条例に盛り込むべき内容をあらためて確認し、「住民自治の根幹」としての議会を作動させるため、全国各地の議会でへ展開されている実に多様な取り組みを学びことができた。
そして現在の条例(案)に対する講評も受け、条例制定に向けたさらなる検討課題も知ることができた。

今後、条例(案)について再度の検討・議論を重ね、そして12月議会前には条例(案)を市民の皆さんに公表し、意見も受けていきたいと思うが、まだまだ視界良好とまではいっていない。
午後1時から5時まで、15分の休憩をはさんでみっちり4時間近くの今日の研修が12月議会でしっかり実を結びますように!
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 能登SDGsラボ開所式 | トップ | これからも続く?「時間の無駄」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

珠洲市議会」カテゴリの最新記事