北野進の活動日記

珠洲市議としての活動報告。志賀原発の廃炉に向けた取り組みや珠洲の情報、ときにはうちの庭の様子も紹介。

ふざけるな!金沢地裁のサボタージュ6か月に!

2018-09-20 | 志賀原発廃炉訴訟
金沢地裁に早期結審を求める街宣行動。 3月26日の口頭弁論で、それまでの審理方針を180度転換させ、「原子力規制委員会の結論を待つことが相当」と司法の責任放棄を宣言した加島滋人裁判長。 この方針自体が大問題だが、規制委の結論が出るまで(当分出ない、もしかしたらずっとでない)弁論を開かないつもりか。 まもなく半年が経過するが、いまだ次回の弁論期日について打診すらしてこない。 加島裁判長にはまさに . . . 本文を読む
コメント

20日は原告団街宣「早期結審を!」

2018-09-17 | 志賀原発廃炉訴訟
9月20日(木)は志賀原発を廃炉に!訴訟原告団の街宣行動。  10:30~ エムザ前(武蔵が辻交差点)  12:00~ 金沢地裁前(兼六園下交差点) 地裁前は7月、8月に続いて今回が3回目。 原告・サポーターの皆さん、ぜひご参加を。 今日、9月17日は東京・代々木公園で、全国から約8000人が結集し、 「いのちをつなぎ くらしを守れ フクシマと共に 9.17さようなら原発全国集会」(集会の様 . . . 本文を読む
コメント

「早期結審を!」 原告団街宣行動

2018-08-20 | 志賀原発廃炉訴訟
「原子力規制委員会の審査を見守るのが妥当」とする金沢地裁・加島滋人裁判長の方針に抗議し、志賀原発差止訴訟の早期結審を求める減原告団の街宣行動。 まずは武蔵が辻交差点。 夏休み期間中ということもあり、多くの観光客が行き交う。 副団長の盛本芳久県議。 原告の森一敏金沢市議。 この背中は福島から避難した浅田正文さん。 場所を地裁前に移して、メンバーも増えて、司法の責任放棄を批 . . . 本文を読む
コメント

8月20日は早期結審アピール行動

2018-08-16 | 志賀原発廃炉訴訟
8月20日(月)は志賀原発差止訴訟の早期結審を求める「志賀原発を廃炉に!訴訟原告団」のアピール行動。 10時半から武蔵が辻交差点(エムザ前)、12時から金沢地裁前です。 どちらか一か所だけの参加でもOKです。 マイクを使ってのアピールだけでなく、ビラの配布、のぼり旗やメッセージボードを掲げてのアピールなどもおこないます。 1人でも多くの原告・サポーターの皆さまの参加をお願いします。 前回 . . . 本文を読む
コメント

加島裁判長は活断層問題と向き合え!責任放棄を許さない!

2018-07-12 | 志賀原発廃炉訴訟
金沢地裁・加島裁判長の原子力規制委員会追随方針に抗議し、早期結審を訴える街宣行動。 はじめて金沢地裁前で実施。 多くの観光客が行き交う武蔵が辻でも。 規制委員会の判断を待つなら裁判所はいらない! アピールの合間には富山の和田さんが脱原発の歌を披露し、多くの観光客の耳目を集める。 これからも早期結審を求め、粘り強く続けます . . . 本文を読む
コメント

7月12日は金沢地裁前に集まろう!

2018-07-10 | 志賀原発廃炉訴訟
志賀原発を廃炉に!訴訟原告団は、金沢地裁・加島裁判長が敷地内断層の評価について「原子力規制委員会の議論を見守るのが妥当」とし従来の訴訟方針を180度転換したことに抗議し、あくまで早期結審を求め、アピール行動を展開します。 私たちは原子力規制委員会の判断を聞きたくて提訴したのではありません。 この6年間、憲法で保障された人格権、環境権を根拠に、私たちの命と暮らしを守るための判断を裁判所に求めて . . . 本文を読む
コメント

司法の責任放棄を許さない!2018原告団総会

2018-05-26 | 志賀原発廃炉訴訟
志賀原発を廃炉に!訴訟の2018年度の総会を9時から地場産業センタ―で開く。 今回の総会は、第26回口頭弁論(3月26日)で加島裁判長が表明した訴訟方針の180度転換を受けて、新たな活動方針を決める重要な場となる。 なにより「規制委員会の議論を見守るのが妥当」という規制委追随の方針は、司法の責任放棄にほかならず、このような司法を許していては、全国の原発訴訟は成り立たない。 活動方針の1番目は「 . . . 本文を読む
コメント

志賀原発を廃炉に!訴訟原告団総会&記念講演のご案内

2018-05-10 | 志賀原発廃炉訴訟
志賀原発を廃炉に!訴訟原告団の総会を5月26日(土)に開催します。 今年の総会の最大の課題は、3月26日の第26回口頭弁論での裁判長の方針転換を受けての原告団の今後の運動方針を協議し、確認することです。多くの原告、サポーターの皆さんの参加をお待ちしています。 続く記念講演の講師は、株主代表訴訟、株主運動、そして原発ゼロ・自然エネルギー基本法の制定を求める運動の中心で活躍する木村結さん。「脱原 . . . 本文を読む
コメント

司法の責任を放棄する裁判長を忌避

2018-03-26 | 志賀原発廃炉訴訟
志賀原発を廃炉に!訴訟第26回口頭弁論。 前回弁論で加島裁判長は「次回は結審の見通しも含め今後の訴訟の方針を示す」と述べており、その発言が注目された。 午後2時開廷。 加島裁判長はこれまでの経緯を確認しながら、 ①被告(北陸電力)が、規制委員会での審査を踏まえ、専門的見地からのさらなるデータ拡充をしたいという要請に不合理な点はない。 ②原告が主張するような、被告がことさら審理を引き延ばしてい . . . 本文を読む
コメント

今度こそ結審を! 3月26日は第26回口頭弁論 

2018-03-17 | 志賀原発廃炉訴訟
   原告・サポーター、そして脱原発を願うすべての市民の皆さま。 志賀原発を廃炉に!訴訟第26回口頭弁論のお知らせです。 今回は、今後の訴訟の方向性が決まる重要な期日となります。前回期日で裁判長は「(次回は)結審するかどうかの方向性を示すことを予定している」と述べました。 私たちの主張どおり、結審を宣言する、あるいは早期の結審の方針を示せば大歓迎です。しかし、早期結審に被告・北陸電力は激しく . . . 本文を読む
コメント

もう引き延ばす理由なし 第25回口頭弁論

2018-01-22 | 志賀原発廃炉訴訟
志賀原発を廃炉に!訴訟第25回口頭弁論。 今回はいつも使っている地裁の205号法廷が裁判員裁判のため使用できず、若干狭い202号法廷を使用。 一方、傍聴希望者は原告意見陳述をおこなう山本由起子金沢市議の支援者の方も多く駆け付け、いつも以上に多い。 当然ながら一般の傍聴席だけでは入りきらず、マスコミ席の空いたところも使用し、さらにいつもは弁護団だけ座っている原告側のスペースにもイスを出してきても . . . 本文を読む
コメント

原告団街宣 政治の流れも変わってきたぞ!

2018-01-15 | 志賀原発廃炉訴訟
    今日は「志賀原発を廃炉に!訴訟」原告団の今年初めての街宣行動。 金沢の武蔵が辻と香林坊で、盛本県議や森金沢市議、堂下事務局長(志賀町議)ら共に裁判の状況や最近の原発を巡る動きを訴え、さらに2月3日に予定する映画「日本と原発 4年後」の上映会の案内(こちら参照)、そして来週月曜日の第25回口頭弁論(こちら参照)の傍聴の呼びかけなどを行なう。             金沢市内も珠洲と . . . 本文を読む
コメント

1月22日は第25回口頭弁論

2018-01-14 | 志賀原発廃炉訴訟
原告・サポーターのみなさん、志賀原発の再稼働に反対する皆さん。 志賀原発を廃炉に!訴訟第25回口頭弁論のお知らせです。 今回原告意見陳述を行なうのは、元教師で現在金沢市議会議員の山本由起子さん。 山本さんは生まれ育った七尾の原風景や米づくり、自然の恵みを振り返り、ひとたび志賀原発に事故が起ればそんな故郷を失うかも知れないと、廃炉への思いを語ります。 そして、福島の被災地を巡った調査活動の経験から . . . 本文を読む
コメント

訴訟の行方いまだ不透明 -第24回口頭弁論ー

2017-10-02 | 志賀原発廃炉訴訟
    志賀原発を廃炉に!訴訟の第24回口頭弁論が開かれる。 (口頭弁論当日、雨が降ったのはなんとはじめて!) 衆議院選挙の構図がいまだはっきりせず、それぞれの立場から選挙に係る原告・サポーターにとってもストレスのたまる日々が続くが、こうした中、志賀訴訟の行方は見えてくるかと期待していたが、こちらも残念ながら依然先行きは不透明のままである。     裁判長含めた3人の裁判官が今春、揃って交代 . . . 本文を読む
コメント

原告団街宣行動! 早期結審求めみんなでアピール

2017-09-21 | 志賀原発廃炉訴訟
志賀原発を廃炉に!訴訟原告団の街宣行動。 場所は先月に続き、金沢市民や多くの観光客が行き交う武蔵が辻、そして香林坊。  原告団副団長の盛本県議。  同じく副団長の浅田正文さん(福島からの避難者)。    森一敏金沢市議。   同じく山本由起子金沢市議。  石川県平和運動センター中村事務局長。  そして原告団事務局長の堂下志賀町議。  それぞれの立場から次々と早期結審 . . . 本文を読む
コメント