北野進の活動日記

志賀原発の廃炉に向けた取り組みや珠洲の情報、ときにはうちの庭の様子も紹介。

「うそをつくな」という教育はよくない

2019-10-10 | 脱原発
昨日(10月9日)付けの社会新報の「佐高信の眼」で、佐高信は原子物理学者・武谷三男と歴史家・羽仁五郎の会話を紹介している。 武谷はある日、羽仁から「『うそをついてはいけない』という教育はよくない」と言われ、前から疑問に思っていたことを一瞬にして解決してもらった気がしたという。 どういう意味か、以下、佐高の文を引用する。  ・・・「うそをつくな」という教育では、結局善良な人間がバカをみる。「うそを . . . 本文を読む
コメント

芸術祭は地域づくりにつながる? 芸術祭に関心のある人必読の書

2019-10-06 | 奥能登国際芸術祭
芸術祭は果たして地域づくりにつながるのか。 全国各地で芸術祭が乱立し、アートと地域の関係について様々な議論が展開されるなか、大阪市立大学・吉田隆之准教授が学術的、客観的にこのテーマに迫った「芸術祭と地域づくり ”祭り”の受容から自発・協働による固有資源化へ」が刊行された。 この本で調査対象とされたのは、吉田さんが愛知県職員時代に直接かかわり、いま「表現の不自由展・その後」の中止問題で注目を . . . 本文を読む
コメント

改憲阻止!平和運動センター第20回定期総会 

2019-10-03 | 平和
石川県平和運動センター第20回定期総会で金沢へ。 先の参議院選挙で改憲派が3分の2を割ったにもかかわらず、安倍首相は改憲への意欲を全く捨ててはいない。 今日の総会は米ロ、米中、そして米―イランの対立など、国際的な軍事的緊張の高まりと改憲の動きへの危機感を共有し、県内の平和運動の強化を確認し合う場となった。 橘広行代表の主催者あいさつ 社会法律センター理事長の岩淵弁護士の来賓あいさつは重要な課 . . . 本文を読む
コメント

痛っ!?PAYPAYデビュー

2019-10-02 | 雑感
9月中に買い忘れたナイロンロープ。 ポイント還元対象店舗を検索すると、いつも利用するホームセンターが還元率5%。 買い忘れラッキー!ということで買い物に。 10%の税込み598円だが、PAYPAYデビュー。 「PAYPAYで支払いしたいいんですけど初めてなんです。」とレジで伝えると「大丈夫ですよ、このQRコード読み取ってください」。 ここでつまずいてしまう。 QRコードスキャナーのアプリ . . . 本文を読む
コメント

消費税10%

2019-10-01 | 雑感
夏ごろから切れそうだなぁと思ってた草刈り機のベルト。 消費税アップの今朝、プツン。 なんと運の悪いことか、とブツブツ。 その後も「あ、混合油が残りわずか」、「あ、紐がなくなってる」と次々と買い忘れが発覚。 しまったぁと思いつつ、ポイント還元対象店舗検索アプリで確認すると、これは5%還元の店が市内にあるから買わないで正解、これは10%かぁと見えてくる。 ややこしい制度に振り回されてるが、消 . . . 本文を読む
コメント

富山訴訟第1回口頭弁論

2019-09-27 | 志賀原発廃炉訴訟
北陸電力株主による志賀原発の運転差止め訴訟(富山訴訟)の第1回口頭弁論が今日(9月27日)11時から富山地裁で開かれた。 裁判所には多くの報道関係者と共に35枚の傍聴券を巡って傍聴希望者が倍近い人数並び、関心の高さが伺えた。 約45分間の口頭弁論の中、まず被告側から北陸電力が補助参加するとの申し出があった。実際は金沢訴訟の被告北電の代理人弁護士が富山訴訟でも参加してくることになる。 そして被 . . . 本文を読む
コメント

原告団街宣 あらためてフクシマとの連帯を訴える

2019-09-24 | 志賀原発廃炉訴訟
志賀原発を廃炉に!訴訟原告団の街宣行動。 金沢の武蔵が辻エムザ前と片町キララ前で。 今日の街宣ではマイクを握ったひと全員が先日の東電刑事裁判について触れ、被告である旧経営陣3人全員無罪の不当性を訴え、高裁での逆転判決を求め、引き続き連帯を強化していくことを誓う。 あわせて、このような判決は安全確保の責任感、緊張感に欠けた北電経営陣をさらに弛ませt次なる過酷事故を招くものだと指摘し、志賀原発の一 . . . 本文を読む
コメント

六本木ヒルズから渋谷ヒカリエへ

2019-09-20 | 奥能登国際芸術祭
六本木ヒルズ森タワーと渋谷ヒカリエ。 いずれも私にはちょっと場違いな高級高層ビルだが、六本木ヒルズ森タワーの53階にある森美術館では、ベルリンを中心に活動し、奥能登国際芸術祭にも出品した塩田千春さんの展覧会「塩田千春展 魂が振るえる」が開催されている。 彼女の25年間の活動が網羅的に体験できる初めての展覧会とのことで、せっかくの機会だからと足を延ばした次第。 塩田千春といえば糸を空間に大 . . . 本文を読む
コメント (2)

不当判決 あきれ果てててもあきらめない

2019-09-19 | 脱原発
予見できたのに何ら対策を経てず3.11を迎え、過酷な避難を強いられる中、双葉病院の入院患者さん44人がなくなった。 震災関連死も2227人にのぼる(2019.3.31時点)。 自死に追い込まれた人、や甲状腺がんを発症した人、そしていまだに避難生活を強いられている人も数万人にのぼる。 かつて、珠洲でも「地震がきたって大丈夫」「津波が来たって大丈夫」という大きな見出しでチラシやカラー刷りのパ . . . 本文を読む
コメント

これからの文化政策 アーツカウンシルを考える

2019-09-18 | 奥能登国際芸術祭
最近は珠洲にこもる生活が定着していたが、今日は久々に外での勉強会。 大阪市内で開かれた文化経済学会関西支部主催のシンポジウム「大阪アーツカウンシルの現在とこれから」に参加。 奥能登国際芸術祭が縁で親交がある大阪市立大の吉田隆之准教授がモデレーターを務める。 折りしもあいちトリエンナーレで表現の自由、芸術の自由をどのように捉え、守っていくかが問われているが、企画中止を受けての検証委員会でもアーツ . . . 本文を読む
コメント

クロモジの楊枝

2019-09-15 | 我が家の周りの自然
うちの裏山の雑木林にはいろんな木が生えている。 ほとんどは残念ながら名前も知らないが、数年前にクロモジの木があることを知った。 4月から5月にかけて下のような黄色いかわいいが咲くが、枝は高級楊枝の材料となる。 「そうだった」と思い付き「高級楊枝」に挑戦 羊羹でも切れそうな小さなナイフもつくる。 準備はできたが残念ながらクロモジに合う和菓子がない . . . 本文を読む
コメント

実りの秋へ

2019-09-12 | 我が家の周りの自然
暑い、暑いと思ってたらいつの間にか栗が収穫時期に。 山椒の実も色づく。 紅葉の一番手はブルーベリーの葉。 もっと前から秋到来を告げていたのはコオロギやスズムシ、クツワムシら秋の虫。 お盆あたりからうちの周りでは毎晩大合唱が続く。 . . . 本文を読む
コメント

やっと顔を出した秋ミョウガ

2019-09-11 | 我が家の周りの自然
例年なら8月の20日過ぎには採れだすうちの秋ミョウガだが、今年はなかなか顔を出さなかった。 おそらくは空梅雨(珠洲の場合)と猛暑続きだった8月の天候の影響だと思うが、もしかして今年はこのまま秋ミョウガなし??と日々不安が膨らんでいた。 そんな中、ようやく今朝ぽつりぽつりと顔を出しているのを発見! いつもならこの時期ちょっとミョウガ畑をのぞくだけですぐボウルいっぱい収穫できるが、今日はやっ . . . 本文を読む
コメント

一般質問 注目は誰も聞かなかったこの質問

2019-09-10 | 珠洲市議会
今日は珠洲市議会の一般質問。 先日は登壇する各議員の質問の注目点を紹介した(こちら)。 期待通り、予想通りの展開の質問もあれば、肩透かしでガッカリという質問、中身を聞けばなんで今この質問?というものもある。 そんな中、やはり今回の一般質問の主役は昨日のブログでも長々と書いた議員報酬の値上げ問題だろう。 不可解な経緯、お粗末な報酬審議会の審議、根拠薄弱な引き上げ理由。 誰も何も質問しないから . . . 本文を読む
コメント

議員報酬アップ-続編- なんとも杜撰な報酬審議会

2019-09-09 | 珠洲市議会
9月議会に突如浮上した議員報酬アップ条例。 9月3日のブログ(9月議会開会 議員報酬2万5千円アップ?!)で紹介したが、今日はその続編。 議員報酬の額はこの計算方法で、という客観的なモノサシがないことは前回も書いた。 地方自治法では上限も下限も決められていない. 逆に言うならば、市民の皆さんが「なるほど、そういうことか」「納得!納得!」という理由があればOKということだ。 前任期では、定数削減 . . . 本文を読む
コメント