はーちゃんdays 2

小学生と中学生の二人の子供の父親。のんびり生きたいよだきんぼです。本を読むのは遅いです。絵本も好きです。

しろくまカフェ today's special 1

2016-05-28 | 買った本、読んだ本
しろくまカフェ today's special 1 (愛蔵版コミックス)
クリエーター情報なし
集英社

ひさびさの新刊です。2年ぶりの新刊です。半田さんと笹子さんの関係に進展があるか?ないかは?読んでみてみてください。
漫画を読む前にDVDを見てからの方が個人的には楽しめると思います。
ほっこりとゆる~い独特の世界が楽しめます。

MC 969MAもでてきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さいけど明るいです。

2016-05-23 | 買ったもの
LEDデスクランプ ODS-LS16-W ODS-LS16-W
クリエーター情報なし
オーム電機

いざ勉強しようと机についたのですが、パソコンをいじるだけの机のために、紙に字を書いたりすることはほとんどなかった私。勉強するにはやはりライトが必要。大きものは狭い机には不向き。コンパクトなLEDライトを購入しました。小さくても明るいです。これで勉強に励めます。スイッチはオン、オフのみ、明るさ調整はなしです。コンパクトなのがいいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奇巌城 完結。

2016-05-22 | 買った本、読んだ本
怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(5) 奇巌城・下 (ヒーローズコミックス)
クリエーター情報なし
小学館クリエイティブ

久しぶりに漫画を購入した。前作まではKindleで読んでいました。1年ぶりの新刊です。結末はわかっているのですが、、、。
ルパン三世もいいけど、本家本元のルパンも面白いです。
ぜひ読んでみてください。
奇巌城以外のこのシリーズも読んでみたいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと物覚えがよくなる?

2016-05-10 | 漫画
(小林製薬)小林製薬 イチョウ葉 90粒
クリエーター情報なし
MP


某試験を受けるために勉強を開始したのはいいのですが、記憶力が全然なくて、すぐに忘れてしまう、もともと記憶力も良くなく、人の名前は覚えられない、すぐに忘れる私です。
ドーピングになるのかどうかわかりませんが、イチョウ葉というのがウォンツに売っていたので飲み始めることに。
なんとなく頭に残るイメージは以前よりははっきりするようになったような気がしますが、、、それ以前に圧倒的に日々の生活に流され勉強できない日々が続いています。内服前と内服後の違いは、もとが悪いので他の人には当てはまらないかもしれませんが、少しいいいつもよりはいい感じです。
もともとの記憶力がいい人が羨ましいですです。



人の名前は全然覚えられません。
看護師さんのキャラクターはこちらの京都府精華町のキャラクターをお借りしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

医学は奥が深い。

2016-05-06 | 買った本、読んだ本
認定内科医・認定内科専門医受験のための演習問題と解説〈第3集〉
クリエーター情報なし
医学書院

大人になって試験を受けるのは結構苦痛です。
勉強が好きな人にはいいのですが、勉強が嫌いな自分にはやはり苦痛です。
年月が経つとどうしても自己流や自分の専門分野の知識しかなくて、後は国家試験を受けたころの知識の数分の1しか残っていないのが現実です。
そういう意味では総合的な試験を受ける上での受験勉強は、基礎を見直すという意味で意味のあることかもしれません。
女性化乳房ひとつとっても奥が深いです。ただ実臨床でどこまで役に立つのか?それはわかりませんが、、、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誤嚥性肺炎

2016-05-05 | 買った本、読んだ本
誤嚥性肺炎―抗菌薬だけに頼らない肺炎治療
クリエーター情報なし
医歯薬出版

誤嚥性肺炎の本はたくさん出ている。
この10年、治療に関しては特に進歩はないような気がする。
サブスタンスPが関係しているとか、脳梗塞が関係しているとかからアプローチする治療法だが、、、
問題は食べれなくなった老人、食べると肺炎を発症してすぐに熱が出る老人に対してどこまでの医療を行っていくのか?どこまでという線引きは主治医次第、患者さんとその家族次第だ。
主治医がとことんします!といえば寝たきりで自力で食べることができない人でも、中心静脈栄養を開始して体力をつけて、胃瘻を増設し、胃瘻注入を開始して問題なければ、施設もしくは在宅へというコースも可能だ。

ストレートに施設、在宅までたどり着けるかはひとそれぞれ。国民皆保険のおかげで、それだけの医療を行ったとしても、家族は痛くもかゆくもない。胃瘻造設後の寝たきり状態が続き、定期的に無理やり吸引たんを行われ、栄養を取りたくても無理やり注入させられるそうゆう余生を送るのは本人であり、たとえ望んでなくても、はっきりした本人の意思が確認できない場合は家族次第、主治医次第で決まってしまう。

主治医がもう食べれないし、意思疎通も困難で、本人は決して今の状況が長く続くことを望んでいないからもう何もしないもしくは僅かな点滴で様子を見ましょうといい、家族が納得すれば、自然に眠るような形で最後を迎えることができるのだが、、、なかなかその状況をよしとしないのが現状である。

様々な問題があるのは事実だが、個人的には食べれなくなった時にどうするか?
胃瘻になった場合、胃瘻増設が困難で中心静脈栄養となった場合、寝たきりでのたんの吸引や排泄の処理その他様々な看護業務の広報、啓蒙を行った上で本人の希望があれば行うという決まりをつくってほしいです。本人の希望が確認取れない場合は、それらの治療は行わないもしくは保険適応外とするというのはどうなのでしょうか??

寝たきりで意思疎通が取れない人に同意もなく家族の意思だけで、胃瘻を増設すること自体が人権的に許されるのかどうか?今一度偉い先生方に議論してもらいたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先端巨大症は治療が必要。

2016-05-02 | 漫画
新日本プロレスリング 最強外国人シリーズ 大巨人伝説アンドレ・ザ・ジャイアント DVD-BOX
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン


先端巨大症は治療が必要です。
様々な合併症があるので、専門医でなくとも速やかに疑った場合は放置せずに検査を行う必要があります。早期治療をすることによって、アンドレザジャイアントのような人はもう出てこないかもしれませんが、、本人のことを考えるととにかく疑いのある人は早期診断が必要だと思います。
日常診療の中でそういゆう疑いのある人に出会うかというと、あまりないですが、頭の片隅に少しでも止めておく必要はあると思います。治療ができる病気なのですから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同じ本を2度読んでしまいました。

2016-05-02 | 買った本、読んだ本
葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)
クリエーター情報なし
文藝春秋


読んでみるとなんか読んだことがあるような話で、デジャブ~かなと思ったのですが、最後まで違和感を感じつつ読了しました。全てがネタバレになってしまうので何も書けませんが、面白い話でした。

先日実家にかえって、デジャブ~の謎が解けました。9年前に同じ本を買って読んだことがあったのでした。実家の本棚で同じ本を見つけてしまいました。
それにしても私の記憶力はどんどん落ちている気がします。
これなら今から敢えて面白い小説を物色しなくても、実家にある(売られずに残っている)本をもう一度読んだ方が効率がいいかもしれません。


題名と文体のギャップに違和感を感じます、、、本格ミステリーかどうかは是非読んでみてから判断してください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加