Time flies

写真で綴る日々の出来事

キネマ旬報1967年7月上旬号

2016-10-18 10:55:59 | 懐古
キネマ旬報1967年7月上旬号、表紙を飾るのはフランソワーズ・ドルレアックさん
グラビアの色あせ具合が50年近い時の流れを感じる


おお、これまた懐かしい「ひょっこりひょうたん島」の宣伝が!
子供の頃、夕方になるとNHKでやってた人形劇を見てた記憶、あのテーマソングは今でも耳に残る…

あの頃の番組はNHKでさえ番組を収録したVHSテープを使い回していたそうで、もうほとんど原版が残っていないんだっけ?
家庭用のビデオデッキ普及にはまだまだの時代やから仕方ないよなあ…



同じ時期に洋画ではサンダーバードが上映されている、説明文には

「1年以上にわたってNHKテレビから放映され人気を得ているSF人形劇の劇場用映画、特殊撮影は世界一と評価されるぐらいのすばらしいものである…」

俺の記憶だと民放でやってたように思ったけど、元はNHKだったのか
あの頃のNHKは充実してるなあ…



裏表紙にはこれまた懐かしいトッポ・ジージョ
マリア・ペレゴ原作のイタリア人形劇。イタリア・ミラノ生まれのネズミの男の子が主人公の物語

見たことはあるけど、どんな内容だったかはまったく思い出せない…
調べたら人形劇からアニメまで色々あるみたいやけど、俺は人形劇しか知らないなあ

「溢れる詩情!名作「東京オリンピック」から3年ぶりに見せるコン・タッチ!」

コンタッチって何?と思ったら、この映画は日伊合作で監督が市川 崑さんだった
それでコン・タッチなんだろう…たぶん
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  キネマ旬報1967年3月下旬号 | トップ | キネマ旬報1967年7月下旬号 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。