みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

肝心なこと

2017年02月21日 | 申命記

申命記 26章

 ショッピングモールの中にあるスーパーが3月初めで閉店になるとの張り紙がしてありました。そう言えば、少し前から陳列棚が取り払われて商品がずいぶんと少なくなっていたのです。親切に対応してくれた肉売り場の方はどうなるのだろうと、少々気がかりです。

 26章を読んで、2節と10節の「初物」ということばに目が留まりました。

 イスラエルの民が約束の地に住むようになり、そこで収穫した産物の初物のいくらかを、神の前に持って来なければならないと命じられています。ここから思ったのは、初めが肝心ということです。まず神のところにという姿勢が、その後の道筋をしっかりとつけるのではないでしょうか。

 子どもたちがお小遣いをいただいた時、「まず神さまにお返ししよう」と言っていたのを思い出します。その感覚、姿勢を持つことができるのは、お金にしろ作物にしろ、神が与えてくださったと感謝できるかどうかではないでしょうか。

 聖書は「初めに、神が天と地を創造した」で始まります。少し飛躍があるかもしれませんが、私たちの生活でも「初めに、神」なのです。これが肝心なことだと教えられます。

*ルターが生まれて二日目に洗礼を受けた教会にて

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 卑怯なことはしない | トップ | 静まりなさい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

申命記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。