みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

だれが、神に指図したのか

2016年12月09日 | ヨブ記

ヨブ記 36章15−33節

 きのうは、当地時間早朝に「みことばの光」3月号の編集をしました。前にも書いたことですが、今の時代ならではの編集光景だな、と改めて思います。アメリカに住む方に原稿をお願いし、日本の方といっしょに編集するのですから…。3月号から、ちょっとした変化があります。届きましたらご確認ください。

 エリフはヨブに厳しいことばを投げかけています。それはヨブを貶(おとし)めるためではなくて、何とかして自分の過ちに気づいてほしいという心から出ている行為です。7日の本欄で書いたように、若いエリフが人生経験豊かなヨブにこのような鋭いことばを語るのは、どれほどのことだったのかと想像するのです。小細工しないで直言できるのだとしたら、愛に基づく真実のゆえなのだと思うのです。

 23節の「だれが、神にその道を指図したのか」ということばを覚えます。エリフは、「ヨブよ。それはあなただ」と言っているのです。人が到底及びもつかない神を、「ああしろ、こうしろ」「ああでなければならない、こうでなければならない」と指図することなどできないのに、あなたは自分の潔白を強く主張するために、神にそのような態度を取っているのではないか。改めよとエリフは迫るのです。そして、そのようなことをするのではなくて、神を賛美せよと続けています。

 神への指図などするわけがないと思うのかもしれません。けれども、いつの間にか神を自分の好む枠の中にはめ込もうとしているようなことがあるのではないか、と考えさせられます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神のための言い分

2016年12月08日 | ヨブ記

ヨブ記 36章1−14節

 夕食のデザートにいただいたドレスデンのシュトーレンを食べました。シュトーレンはクリスマスの時期に食べられる粉砂糖が振られたパンのようなお菓子のようなものといったらよいのでしょうか。正直言うと、シュトーレンは一切れ食べたらもういい、というものだったのですが、このシュトーレンは上品で優しい味。もう一切れ食べたくなりました。

 エリフは「まだ、神のために言い分がある」とヨブに告げています。すぐ前に、「あなたが正しくても、あなたは神に何を与えようか」と述べたエリフは、このことばの誤解を避けるかのように、神が私たちに大きな関心を持っておられるのだとここで語っているのです。

 この部分でエリフの語っているのは、三人の友人のことばととても似ています。三人は、「神は私たちに関心を持っておられるのだから、ヨブよ、あなたは自分の罪を悔い改めよ」と語っているのです。しかしエリフはそうではありません。彼は、神が私たちに関心を持っておられるのだから、あなたが苦しみに会っているのを神は見過ごしておられることはない。だから、いたずらに口を大きくひろげて自分の言い分をまくし立ててはならない。神を待つようにと語っているのです。

 「神のための言い分」ということばを心に留めました。神が誤解され、正しく受け止められないときに、エリフのように「神のための言い分がある」として声を上げているのか、「仕方がないことだ」と片付けてはいないかと思うのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

訴えは神の前にある

2016年12月07日 | ヨブ記

ヨブ記 35章

 いっしょに教会の開拓に携わった女性がお亡くなりになったとの知らせを受けました。教会の初期、わざわざ家を埼玉県の北部に建てて、共に礼拝し、証しし、ささげてきた「戦友」でした。小学生だった長男と次男に「仲良く使ってね」とのことばとともに、自転車を買ってくださったことがあったと、思い起こしました。寂しい限りですが、神の御許にあるとの確信のゆえに、平安と慰めを得ています。遺された夫とお子さんに神の慰めがありますように。

 エリフのことばが続きます。

 「あなたのそむきの罪が多くても、あなたは神に何をなしえようか。あなたが正しくても,あなたは神に何を与えようか」とのエリフのことばは、神は私たちが正しいとか罪を犯すとかいうことでその存在や本質に影響を与えられてしまうようなお方ではないことを伝えています。
 しかし、それは神が私たちに何の関心も興味も持たないということではありません。神は私たち一人一人に関心を払っておられるのです。ですからエリフは、「訴えは神の前にある」と言います。

 だとしたら、神がヨブに対して沈黙を続けておられるということにはどのような意味があるのでしょう。「あなたは神を待て」ということばが答えではないか。

 待ち切れないであれこれと「正論」を吐き出すのは、「いたずらに口を大きく開き、知識もなく、自分の言い分を述べたてる」ことなのだと、エリフはヨブをたしなめています。若者のエリフにとって、人生経験豊かなヨブにこのようなことばを述べるのにはどれほどの思いだったかと、想像してしまいます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だれが神をとがめえよう

2016年12月06日 | ヨブ記

ヨブ記 34章16−37節

 私にとっての休日の月曜日。それでもあれこれと貯まっていたことを片付け、夕方オルガンのコンサートを聴きに教会へ。きのうはバッハの「トッカータとフーガ」が演奏されていました。そのあとで、美味しそうな大根と蕪(かぶ)を買い求めて帰宅しました。オルガンを聴いた後で野菜をぶら下げて歩いている自分の姿が何となくおかしく、思わず笑ってしまいました。

 きょうの箇所で心に留めたのは29節。「神が黙っておられるとき、だれが神をとがめえよう。神が御顔を隠されるとき、だれが神を認めえよう。」ヨブは沈黙し続ける神に向かって、自分の訴えをぶつけ続けてきました。エリフはそのことを取り上げています。三人の友人とエリフとの違いは、三人がヨブの苦難の原因をせんさくしてあれこれ述べているのに対して、エリフはヨブが三人との対話の中で神を訴えていることを取り上げているところだと思います。

 「自分がこんなにも訴えているのに、どうしてあなたはお答えにならないのか」という問いは、その人が神に熱心であればあるだけ切実なものです。ヨブのように、神が黙っておられるのは神の側に何らかの問題があるのだとして、神をとがめるようなことに至ります。神の沈黙には意味があるのだとエリフはヨブを諭すのです。

 気づかないで、神を自分の物差に会うように縮めたり、自分の高さに引きずり下ろすようなことがあるのではないかと、問われます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不法を行うとは

2016年12月05日 | ヨブ記

ヨブ記 34章1−15節

 路上駐車していますので(法的には問題ありません)、ここ数日の寒さで自動車に霜がびっしり。出かける前には「霜取り器」(?)でがりがりとフロントガラスから霜を取らなければなりません。賢い方はフロントガラスにカバーをしています。

 エリフはヨブの考えの中にある危険に切り込みます。ヨブの危険とは、自分の義を強く主張するあまり、神を引きずり下ろしてしまうことでした。「神が私の正義を取り去った」とヨブは言います。これは「私はそむきの罪を犯していない」とのヨブの潔白を神はお認めにならなかったということです。けれども、ヨブ自身は気づいていないことでしょうが、確かに神はまずエリフを用い、次にはご自分が直接ヨブに語りかけると言うことによって、自分の義を強く主張することが罪であることに気づかせようとしておられるのです。

 自分の義を盾にすると、「神をあざける」ことに至り、「神と親しんでも、それは人の役立たない」ともうそぶくことになるのです。罪というと、いかにも悪者による犯罪を思い浮かべますが、ヨブのような人の内にも潜んでいることに、エリフのことばは気づかせようとしています。そして、ヨブの態度の中に罪とは何かということについてのメッセージが込められているように思うのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加