角館草履の『実演日記』

〓袖すり合うも多生の縁〓
草履実演での日々の出会いには、互いに何かしらの意味があるのでしょう。さて、今日の出会いは…。

変わります!〔その1〕

2007年12月09日 | 製作日記
「名称」が変わります!

2008年より「角館の布巻草履」を、「創作履物 角館(かぐだで)草履」に名称を改めることとしました。
「かぐだで」とは、当地に暮らす人々が愛情をもって呼ぶ角館の呼び名です。県外の方には馴染みが薄く、呼びにくいとお感じになるかも知れません。もちろん無理にではありませんが、角館をより親しく感じていただくためにも、ぜひ“慣れて”いただければ嬉しく思います。

2003年12月、この草履を未だ漠然とイメージしていた当時も、「角館」を冠することだけは念頭にありました。角館の伝統工芸「樺細工」に永く携わっていたせいか、『角館で産するものはほかのどこにもない作品』という気持ちは強く持っています。これもひとつのプライドと言えばそうかも知れません。

2004年4月、第一期の作品が完成し発売する際、名称を現在の「角館の布巻草履」としました。布だけで編む「布草履」はすでにところどころで発売されていましたから、ひとつの差別化を図る意味でも「布巻草履」としたんですね。
そのときも「角館」の地名はどうしても譲れず、恥ずかしながら「角館の…」を冠したわけです。

あれから四年が経過し、おかげさまで知名度も増してきています。第一期作品と比較すると、かなりの部分で改良が進みました。今年「土踏まず付き」を発売できたことで、他の部屋履き草履との差別化が一層進んだと思います。そろそろ自信を持って「角館」を名乗って良いのではないかと、手前勝手な判断もあります。「角館の草履」と言えばほかに連想させる履物がないことも勘案し、このたび改称を決意した次第です。

年内にはトップページを更新し、印刷物等もおいおい更新して参ります。2008年からは、どうぞ「角館(かぐだで)草履」とお呼びくださいませっ!

明日のブログは、「変わります!その2」をお伝えします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そして新たなステージへ。 | トップ | 変わります!〔その2〕 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。