ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 




太安堂。品川区東大井1-20。2013(平成25)年9月22日

京急鮫洲駅から旧東海道へ出る間の横丁。鮫洲運転試験場で試験を受ける人を相手にした代書屋が今でも2・3軒残っている。ぼくが運転免許の試験を受けたのは1967年だったが、やはりこの駅前の代書屋で書類を整え(タイプして作成してもらう)顔写真を撮って試験場に向かった。顔写真は自分で用意しなければならなかったので、主にそれが目的だった。当時は軒並み代書屋が並んでいたのではなかっただろうか。今はいったい誰が利用するのかと、代書屋の存在自体が不思議である。
上の写真は旧東海道から入ってところで、奥が鮫洲駅。写真左に並ぶ商店長屋は昭和20・30年代に建ったもののようだ。ごく最近の写真のつもりでいたが、すでに手前の太安堂と奥の白い長屋(はまやタバコ店、一番堂)が建て替わっている。その間の長屋に入っている「バスケット(喫茶店)」「中田堂瀬能事務所(代書)」はかなり長いこと営業しているようだ。「あんず(飲み屋)」の日よけのテントは「テルヤ(洋服店)」だったときのまま。


中田堂。東大井1-20。2009(平成21)年4月12日

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« いちかわ西洋... かどやカメラ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。