三億円事件犯人に至る道

三億円事件について考察いたします。

富士見町六丁目 富士見町団地駐車場

2017-07-14 03:32:20 | 日記
公園を抜け、団地内の道路を、西へ。
しばらくすると、通りの北側には、駐車場。
三億円事件犯人が、調布市多摩川住宅で盗んだ、サニーを、留め置いていたのは、この駐車場と思われる。
ただ、1968年10月、大立川観光まつりを訪れて、ハンチングを購入した頃、この場所に、サニーを、留め置いたわけではない。むろん、一時的には、停めていたかもしれないが。
たとえば、一橋本59頁、「盗難車の終末処理場」とあり、三億円事件犯人が、あたかも、団地内の駐車場を、無断で、利用していたかのような、印象を受ける。
だが、スカイラインが、団地に、留め置かれたのは、すくなくとも、10月27日以降とされている(宮川本、第2巻、244頁)。また、オートバイは、11月初旬である(むらき本、192頁)。だとすると、団地にクルマを留め置いたのは、三億円事件一カ月前、11月である可能性が高いのだ。
つまり、結果的に、団地駐車場を、盗難車置き場に利用していたとしても、それは、可能だったかもしれない。しかし、少なくとも、三億円事件犯人は、そうは、考えなかったはずだ。一般的にも、三億円窃盗を計画、準備していたとすれば、盗んだクルマを、団地内駐車場に、長期間、留め置くのは、かなり、危険と、感じるに違いない。
そのように考えると、この駐車場に、三億円事件犯人が、サニーを留め置いたのは、11月初旬頃ではないかと、思われる。
(2013年10月記)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士見町六丁目 富士見町団... | トップ | 富士見町六丁目 富士見町団... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む