三億円事件犯人に至る道

三億円事件について考察いたします。

三億円事件のマイルストーン 東芝冬ボーナス日決定(2)

2017-08-31 03:24:54 | 日記
東芝のボーナス日が決定すれば、それは、三億円窃盗を決行する日が、確定したというわけだ。
そして、三億円窃盗を準備する日程も、確定する。
とすると、日程を崩してしまうような、不確定要素は、事前に、終わらせていなければならない。
その不確定要素というのが、たとえば、トラメガ、偽白バイ用のホンダバイク、あるいは、拠点の多摩西部移転、だったのだろう。
逆に、クルマ、クルマシートの窃盗、脅迫状の郵送、備品の購入等は、不確定要素ではなかったのだ。
ホンダバイクに関しては、確保するのに、それほど、時間を要するとは、思っていなかったのかもしれないが、そもそも、ホンダバイクが、なければ、偽白バイは、作成できず、三億円事件そのものも、成り立たない。
ということで、東芝ボーナス日決定の前に、ホンダバイク、確保しておきたかったはずだ。遅れてしまったのは、他の不確定要素の中でも、難易度が低いと、考えていたからだろう。
そういうわけで、実際、八王子市石川町井上モータース前のホンダバイクに、慌てて、手を出し、失敗してしまった、ということかもしれない。
では、東芝のボーナス日が決定したのは、いつなのだろうか。
(2013年10月記)

この記事をはてなブックマークに追加

三億円事件のマイルストーン 東芝冬ボーナス日決定(1)

2017-08-30 03:29:43 | 日記
いつもは、団地、あるいは団地周辺での窃盗で、クルマ等を、確保してきた三億円事件犯人だが、ホンダバイクについては、そうではない。しかも、確保したホンダバイク、後部荷台はなく、ノッキングを起こす、状態のよくないバイクだったわけだが。
ホンダバイクの確保そのものが、いままでのような、団地、団地周辺での窃盗では、入手しがたい、ということだろう。
ひょっとすると、多摩西部には、あまり、土地勘がなく、目星を付けることができない、ということがあるのかもしれない。
では、いったい、いつから、三億円事件犯人、ホンダバイクを、探索していたのだろう。
明確には、わからないが、おそらく、活動拠点を、多摩西部に移してから、ということはいえると思える。
また、さらに、では、どのくらいの期間、ホンダバイクの探索に、要すると、想定していたのだろう。
クルマは、それほど、時間がかかっているとは思えないので、ホンダバイクについても、長期間を要するとは、当初、考えていなかったと思われる。その考え違いによって、路上駐車してある、後部荷台のない、ホンダバイクを、窃盗してしまったともいえる。
とすると、想定していた期間を、越えてしまったか、越える可能性が強くなってしまったか、そういうことだろうか。
あるいは、想定していた期間を越える、というのは、どのような、タイミングなのだろうか。
おそらく、それは、東芝ボーナス日決定の日だと思われる。
(2013年10月記)

この記事をはてなブックマークに追加

三億円事件犯人 ホンダ・ドリーム窃盗現場、関係図(2)

2017-08-29 03:30:02 | 日記
では、三億円事件犯人、多摩大橋、井上モータース前を、どうして、通過しなければならなかったのだろうか。
あるいは、通過して、どこへ、向かっていったのだろうか。
なぜ、通過したのか、というと、新奥多摩街道、そして、立川市富士見町団地の存在が、考えられる。
それらの地点から、南側へ、向かうとすれば、どうしても、多摩大橋を、通過しなければ、ならない。
とすると、三億円事件犯人、多摩大橋、井上モータース前を、通過して、南側へと、向かっていたのだろうか。
南側へ向かっていたとして、、南側のどこへ、向かっていたのだろう。
多摩大橋通り、南へ向かうと、東西に伸びる、甲州街道と交差する。その交差点を、西へ曲がれば、すぐに、八王子となる。
また、そのまま、直進すれば、道路は、緩やかに、東へと向きを変え、豊田、日野方面へ。
豊田、日野方面というのは、分岐した道路であり、実際は、再び、南へと、向きを、変える。
そのまま、中央線、浅川、京王線を越え、北野街道と、交差する。
これらの場所は、いずれも、三億円事件犯人が、出没した場所でもある。
(2013年10月記)

この記事をはてなブックマークに追加

三億円事件犯人 ホンダ・ドリーム窃盗現場、関係図(1)

2017-08-28 03:24:21 | 日記
三億円事件犯人による、ホンダ・ドリーム窃盗現場は、八王子市石川町井上モータース前、となっている。
この場所、三億円事件、2年前、1966年、北側の、多摩大橋開通までは、まず、地元以外、誰も往来しないような、場所だといっていい。
南北に伸びる通り、北側に向かっても、多摩川で、行き止まりになるからだ。
小宮駅を中心とした、小規模な町、といったところだろうか。
そのような場所、なぜ、三億円事件犯人、出没したのだろうか。
考えられるとしたら、やはり、多摩大橋を通過してきた、ということだろう。
多摩大橋を通過すれば、だいたい、井上モータースの前を、通過することになるはずだ。
(2013年10月記)

この記事をはてなブックマークに追加

三億円事件犯人 ホンダ・ドリーム窃盗の日時

2017-08-27 06:07:17 | 日記
前回、サニーおよびクルマシートの窃盗は、9月10日(火)から11日(水)にかけて。
今回の、ホンダ・ドリーム窃盗は、およそ、その2カ月後、ということになる。
その2カ月、というのは、三億円事件犯人にとっては、必要だったのだろう。
どのように、必要だったのか、というのは、わからない。
ただ、活動範囲が、多摩東部、北部から、西部へと、変化したのは、事実だ。
その変化に要したのが、2カ月なのだろうか。
もう一つ。
三億円事件発生の、一カ月前、ということである。
ただ、この時点で、東芝の賞与日は、確定してはいない。とすると、三億円事件犯人、一カ月、という正確な、期間は、想定し得なかったはずだ。
では、どの程度の、期間を、見込んでいたのだろう。
(2013年10月記)

この記事をはてなブックマークに追加