The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

Anglo-Saxonの歴史的決断 下

2017-07-16 05:44:48 | 世界経済
 
 スペインのフランコ政権はアフリカの部族を使っていた、彼らには、敵の死体の一部を切り取る習慣があった、これを止めさせようとしたのだが、
 「それなら 協力できない」

 死体の一部が耳ぐらいならいいのだが、ちょっと困るところもあったんだろう この国にもそういう習俗があり、内臓を切り取っており、実益と信仰があったようだ、首切り役人の山田浅右衛門の特権のひとつがこれで、彼®の屋敷には、タラタラとアブラの滴り落ちる内臓がつるされていたという、そもそも、仁丹の仁は腎臓の「腎(じん)」から来た。

 ちなみに田中角栄の精力の秘密は「熊の胆(い)」で地元の旅館の女将とネンゴロになり、選挙区にもどると三日三晩出てこなかったという、ウワサである、ところで、田中は石油問題と中国外交でアメリカの言うコトを聞かなかった、だからあの失脚は、Americaの核心的グループ・Washingtonと軍産複合体の怒りを買ったということだろう、一部の日本側の勢力がこれに呼応し協力したのか、このパターンが戦後の日本の政治史かもしれない。

そうそう、あの田中なら、今のトランプとどう渡りあったか、とんでもなくいい関係か、その反対か・・・

 1920年台、インドで政治犯を大砲に詰めてドッカーン、サーカスのショーではない、Americaの議会が取り上げ、
 「こういうことは いけない」
 ピューリタンの精神がまだ、残っていた、もっともこれは一回で止めになった、その理由は人道的なものではなく、居並ぶ婦人だたちの服が血糊や肉片でダイナシになったため、どこかの公共放送、このくらいのコトを報道してもいい。

 ともあれ、Globalismから国家主導へ、時代が渦を巻いている、Anglo-Saxonの今回の決断は、どうなるか。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Anglo-Saxonの歴史的決断 中 | トップ | Panda faction and Dragon fa... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。