瑞穂のラグビー好き

ラグビーをみんなで盛り上げましょう

2006年 今年の6ネーション展望(希望かな)

2006年01月31日 | 6ヶ国対抗

ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。

 人気blogランキングへ

 東芝・NEC戦の観戦記が間に合いませんでした

 今日は急きょ海外の話題でいきますのでよろしく

  お願いします

 

 夏のトライネーションとならぶ海外ラグビーのテストマッチの祭典が始まります

昨年は久々にレッドドラゴンが全勝優勝(グランドスラム)しましたが今年はどう

なるでしょうか?

 来年にWCを控えて各チームがどのようにチーム作りをしてきているかも

楽しみですし、ウィルキンソンやオドリスコルの怪我からの復帰具合も気になり

ます。とりあえず昨年の結果は以下の通りです。

 順位  国名     試合 勝  負  分  勝点 得点 失点 得失差

  1  ウェールズ   5   5   0   0   10  151   77     +74  
  2  フランス   5   4   1   0    8    134   82    +52  
  3  アイルランド   5   3   2   0    6  126  101    +25  
  4  イングランド   5   2   3   0    4  121   77    +44
  5  スコットランド   5   1   4   0    2   84  155    -71
  6  イタリア   5   0   5   0    0

 

 今年はなんとなく緑の軍団、アイルランドが結構良いところ行きそうな気が

します。相変わらず何の根拠もないよそうですが

  1 アイルランド  :オドリスコルに期待

  2 イングランド  :そろそろ本命復活か

  3 フランス    :シャンパン軍団、波に乗れるか?

  4 ウェールズ  :昨年の勢い続かない

  5 スコットランド :なかなか上位にいけない苦しみ中

  6 イタリア    :なんとか1勝を

 全試合はレビューできませんが、折に触れ結果など報告したいと思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MS杯-準決勝 クボタ:サントリー戦レビューLive

2006年01月30日 | トップリーグ

ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。

 人気blogランキングへ

 マイクロ杯は、一回戦から波乱含み、トップリーグのリベンジを果たす結果が

続々と出てきます(トヨタがNECに、サントリーがヤマハに、三洋がクボタに)

さて準決勝は、トヨタの試合ではありませんがまたまた花園へ遠征しました。

いつものようにキックオフ40分ほど前に着いて、サブグラウンドの練習を見て

スタンドに戻るとバックスタンドがクボタの応援で真っ青に、私は自分のカバンを

おいた場所がわからずしばし慌てることになりました。さて試合です

 

 サントリークボタ

 サントリーとクボタはFWで互角、CTB2枚看板のサントリーとFBに切り札の

クボタの勝負になると予想しました

 立ち上がりはクボタが攻め続け、FW、BK共に圧倒する。しかし惜しいところで

 なかなか点が取れない展開、

  7分 クボタ 伊藤のPGで先制                      (0:3)

  9分 クボタ 再三ゲインを突破していたFBマクイナリがトップリーグトライ王の

     実力を見せ付けるトライ、G成功                  (0:10)

 12分 クボタ 伊藤のPGで点差を広げる                (0:13)

 15分 サントリーの展開ラグビーでWTB瓜生がトライ、G成功    (7:13)

 22分 サントリー CTBニコラスが40m超のPG成功、詰め寄る  (10:13)

 33分 日本代表WTB小野澤が左サイドを突破し中央に回りこみトライ

     ゴール決まって逆転で前半終了                   (17:13)

   クボタのFWの動きが、少し悪くなってきました

  後半

  4分 サントリー司令塔管籐のトライ G成功             (24:13)

  9分 BKにボールがつながり小野澤が今日2本目のトライG成功(31:13)

 15分 クボタのマクイナリが個人技で2本目のトライ、Gはポールに当たり失敗

 21、24分 サントリーのニコラスのPGが決まり点差をつけ出す   (37:18)

 27分 クボタNO.8ケフーが密集抜け出しトライG成功         (37:25)

 30分 勢いが出てきたクボタのBKのパスの一瞬の隙を狙ったニコラスの

     インターセプトでトライGも成功し勝負有り            (44:25)

 38分 ケフーが2回目の危険なタックルでシンビン

    そのままノーサイド、サントリーが初のマイクロ杯決勝に駒を進めました。

  試合後、今シーズンが終了したクボタが輪になり胴上げが始まる。22番の

  ジョー・ロフ、後で知ったのですが今日を持って現役を引退したそうです

コメント (2)   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

トップチャレンジ レビュー

2006年01月29日 | トップリーグ

ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。

 人気blogランキングへ

 昨日の結果は以下の通りです。

 ホンダヒート九州電力

  スコアからしか予想できませんが、ホンダが逃げ切った試合のようです。

 これでホンダが11位のリコーと、九州電力がセコムとの入替戦となりました

  久々にプレビューがヒットしました

 

 近鉄ライナーズコカコーラ・ウェストジャパン

  熱い応援を背に、近鉄が風下ながら接点に強い良いスタートとなりました

  3分 勝てば昇格決定のコカコーラがまずPGで先制         (0:3)

 12分 近鉄ラインアウトからCTBタライアが個人技でカットイン、そのまま

     ゴール中央まで回りこみトライ、G成功               (7:3)

 32分 近鉄ゴール前まで攻め込みペナルティを得るが、ボーナスポイントが

    必要なためスクラムから攻めるが攻めきれず

 36分 コカコーラがラインアウトから左へ展開し最後は⑭→⑪左隅にトライ

    難しいゴールも決まってコーラが逆転です             (7:10)

     前半このままハーフタイム

  後半

  7分 近鉄、タライヤ下げてフィジー代表のツイレブ投入

  8分 コーラがゴール前までモールで押し込み、近鉄がセービングからターン

     オーバーするがSHのキックをチャージしそのままトライ

     G失敗                                 (7:15)

    その後一進一退が続く

 20分 近鉄、敵陣ゴール前のペナルティを速攻、ツイレブがずらしFL岡本が

    右隅にトライ G失敗                         (12:15)

   近鉄自動昇格まで、20分でトライ2つまできましたが、そのことが逆に

   攻撃の選択肢を奪われた格好になり、コーラのディフェンスを崩せず

   このままノーサイド。

   この結果、コカコーラ・ウェストジャパンが、トップリーグ昇格+日本選手権

   出場決定(対 関東学院):2/4(土)

  近鉄はトップリーグ最下位のサニックスとの入替戦(2/11:土)に全てを

 賭けます

  マイクロソフトや日本選手権も楽しみですが、入替戦も熱い戦いが期待でき

  そうです、来年はどんな14チームでのリーグになるか、楽しみです

コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

MS杯-準決勝プレビュー

2006年01月28日 | トップリーグ

ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。

 人気blogランキングへ

 ノックアウトトーナメント準決勝。先週以上の熱戦が期待できます

 NEC東芝

  トヨタの猛攻をしのいだNECに対し、CTBマクラウドが戻り神鋼を一蹴した

 東芝。前半はしのぎあいになりそうですが、後半はFWの均衡が破れた時に

 試合が動きそうです。

 僅差でNEC、差がついて東芝と思います。

 15:25 で東芝が2冠に王手と予想します。

 

 サントリークボタ

 7位のヤマハを破ったサントリーは、2人の外国人CTBがキーになりそうです

 一方クボタは、トップリーグ後半でギリギリのMS杯挑戦の上、リーグ2位の

 三洋を圧倒しての勝利。

 20:30 で勢いの差でクボタが有利と見ます

 さて外れ続きのプレビュー、今回はどうなるでしょうか? 

コメント (5)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

トップチャレンジプレビュー-3 in 花園

2006年01月27日 | トップリーグ

ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。

 人気blogランキングへ

 

 今週末のチャレンジマッチの対戦カードとプレビューは以下の通りです。

 ホンダヒート九州電力

  両者とも1勝で臨む最終戦。少しでも有利な立場での入替戦を戦うためには

 どうしても勝ちたいこの試合(勝った方が11位のリコー、負けた方は10位の

 セコムとの対戦です)

 関西勢の意地がナイサン・グレイの突破を阻止できるか?

 30:25 でホンダ有利と見ます

 

 近鉄ライナーズコカコーラ・ウェストジャパン

  後がなくなった近鉄と、IBMに勝ち優位に立ったコカコーラ

 近鉄が入替戦無しでの昇格するには、ボーナス点をとって勝ちなおかつ

 コカコーラにボーナス点をとらせないことが条件になり少々厳しいです。

 (得失差では、IBM戦の39:0が厳しい現実となり立ちはだかります)

 地元で何とか勝利を飾りたい近鉄ですが、向井コーラは強そうです

 20:30 で コカコーラ有利と見ます。

 近鉄は何とか入替戦でサニックスに勝ってトップリーグに戻って来て欲しい

 ですね(少々気が早すぎですが)

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

MS杯-東芝:神鋼戦レビュー

2006年01月26日 | トップリーグ

ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。

 人気blogランキングへ

  一試合目と比べると日差しが強くなり雪も解けたので

 暖かくなった(ように見える)秩父宮の2試合目

 東芝神鋼

 解説の藤島大氏の予想ではFWが勝負のキーではとの見方。

 まずは、キックの蹴り合いの立ち上がりとなりました。

 圧倒するかと思われた東芝のFWを神鋼が耐えます。

 神鋼も攻め入りますが、勝負どころでのターンオーバーで返されます

 11分 この試合から復帰のCTBマクラウドのトライかと思われましたが

    スローフォワード

 14分 SH後藤のサイドアタック→WTB大畑がキックし大きくゲインするも

     トライに至らず(神鋼の頑張りが目立ちます)

 18分 神鋼が東芝のゴール前に攻めるがWTBオトがターンオーバーし最後は

     FB立川から最後はSH吉田のトライ、SO日原G成功      (7:0)

   この辺から東芝のペースに傾きだす。

 25分 東芝スクラムから⑧→⑨→⑬→⑧最後はCTBマクラウドのトライ

     G決まらず。マクラウドの動きが絶妙です              (12:0)

 26分  NO.8伊藤が野澤と交替

 32分 東芝のゴール前のキックにFL野澤の見事なフロントセービング

   その後も一進一退の攻防のままハーフタイム

 後半(トライ後のゴールは省略します)

  東芝 ベテラン松田が登場しWTBへ、広瀬がSOに

  3分 東芝ラインアウトからモール押し込み PR高橋のトライ  (17:0)

  7分 東芝ラインアウトから右へ左へ展開し最後はモールからNo.8ホルテンの

     トライ                                (24:0)

 10分 東芝ターンオーバーからキックし最後はマクラウドのトライ (31:0)

 14分 神鋼ゴール前のモール押し込みLOウィルスがトライを返す(31:7)

 23分 東芝 ダメ押しのSO広瀬のトライ

 26分 東芝の名物 立川のシンビン

   15人対14人になるも神鋼攻めきれずノーサイド 

   神鋼に前半の勢いがなくなったのが少し残念な試合でした。神鋼はこれで

   シーズンオフ。来期にどう立て直してくるか期待したいと思います

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

MS杯-クボタ:三洋戦レビュー

2006年01月25日 | トップリーグ

ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。

 人気blogランキングへ

 さて、今日明日は秩父宮2試合をレビューしたいと

思います。

 まずは、雪と雪かきの映像に驚きました。

雪かきをしていただいたみなさんお疲れ様でした。

おかげで秩父宮の熱い試合を見ることができました

 

 クボタ三洋

 リーグの前半の王者三洋に、後半盛り返して何とか8位になったクボタが

挑戦するというイメージでしたが意外な展開となりました。(三洋で前半の

主役の1人だったバファオラウがいないのが少し寂しかったです)

 あれ?なぜか、青のファーストから白のセカンドジャージで挑んだクボタ??

理由を知っているかいたら教えて下さい 画面見にくいです

 前半

  立ち上がり、クボタNO.8ケフからWTB小堀に展開し大きくゲイン

  3分 ゴール前ラインアウトからモール→ラック支配し、小堀右隅にトライ

     三洋のタックルが甘いとタックルマン石塚氏のコメント、

     SO伊藤G成功                             (7:0)

  9分 三洋SOブラウンがキックでゲイン。クボタのPT→ラインアウトから

     モール押し込みNO.8オライリー押さえてトライ。ブラウンG成功(7:7)

    全体的にクボタの選手が元気が良さそうです。

    三洋はモールが強いことと、SOブラウンが踏ん張ります

 17分 FBマクイナリのカウンター→ケフ→SH井上→CTB吉田のトライ

    ゴール成功                                (14:7)

 20分 ブラウンの後ろに反り返るような見事なパス

 24分 三洋WTB三宅が大きくゲイン、PからブラウンのトライG成功(14:14)

 27分 三洋陣10mよりNO.8ケフが抜け出し小堀トライG成功   (21:14)

   クボタはケフとマクイナリの両外国人が絶好調です

   その後一進一退のゲーム。そのままハーフタイムかと思いましたが

 41分 クボタ伊藤のキックをマクイナリがキャッチし最後はフォローした

   LO鈴木のトライ(でもブラウンのタックルも凄かった)G成功  (28:14)

    ここでハーフタイム。非常に面白い展開です。

 後半

  1分 三洋ブラウンがPG狙うが、外れる

    両チームなかなかスコアができなくなりました

    突進するケフにタックルするブラウン(もう見納めだと思うと寂しいです

 11分 三洋ブラウンがPG決めて差を詰める              (28:17)

    後半クボタのFWがモールを押し出す。三洋足が止まりだす

 24分 伊藤がブラウンのキックをすくい→WTB柴原トライ、G失敗 (33:17)

    ここでブラウン下がる→トンプソン投入、この間選手が多数入替

 33分 マクイナリ→ジョー・ロフ投入

 34分 三洋ゴール前ラインアウト→モール押し込み  HO山本トライ

     SH池田のG成功、逆転の望みつなぐ               (33:24)

 42分 クボタ ターンオーバーからロフ→ケフ→伊藤と渡りがダメ押しのトライ

    G成功(40:24)でノーサイド、見事8位が2位を破った一戦でした

      

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MS杯-サントリー:ヤマハ戦レビューLive

2006年01月24日 | トップリーグ

ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。

 人気blogランキングへ

 気持ちよく晴れた花園、マイクロソフト第1戦は、

トップリーグ6位のサントリー対7位のヤマハの

戦いとなりました。

 12:00キックオフ

 いきなりWTB小野澤がキックオフボールをノックオン。堅くなっているのか?

 立ち上がりはヤマハFWが押し気味に試合を進める

  6分 一転サントリーがゴール前まで攻め上がり、最後はCTBアラティニが

     トライ、CTBニコラスのゴール決まる               (7:0)

 10分 ヤマハが比較的簡単な位置からCTBレーニーがペナルティ狙うが

     風の影響か外れる

     (余談だが、2試合目はより強い風の中で広瀬のキックはパーフェクト

      改めて凄さを思い知りました)

 19分 サントリーがやや角度のあるPGを狙い成功(ニコラス)  (10:0)

 21分 サントリーがペナルティから素早く展開し、最後は小野澤が回りこみ

     トライ、ゴールも決まって差をつける。             (17:0)

   その後もサントリーが大きくゲインし優位に進めるが、ヤマハはなんとか

   しのぎハーフタイム

  後半

 10分 ヤマハ5mラインアウトからサイドのペナルティを左へ展開し、

     最後はCTB守屋のトライ、レーニーのゴールも決まる    (17:7)

 15分 サントリーが角度のあるPG狙い成功             (20:7)

 20分 ヤマハ自陣のラックをターンオーバーし(微妙なプレー)左タッチを

     独走、キックしたボールをNo.8木曽がトライ、G外れる   (20:12)

 25分 ゴール前でヤマハがペナルティ。サントリーPGで追加  (23:12)

 28分 ヤマハSO太田尾のキックでゴール前まで攻め込み相手のペナルティ

    からFW→BKへ展開するがゴール割れず。

 31分 サントリーのニコラスが自陣22mラインでインターセプト、あと少し

     まで迫るが、キックを空振りしノックオン

 35分 サントリーがFLトンプソンを投入し、一気に攻め続け、再びアラティニ

     トライ、FB栗原のゴールは決まらず             (28:12)

 42分 ヤマハの切り札WTBブニバカがトライを返す       (28:17)

 44分 ノーサイド寸前にトンプソンが50m独走のトライでとどめ、G成功

    35:17 でノーサイド。

    前半の試合を上手く進めたサントリーの勝利でした

コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

MS杯-トヨタ:NEC戦レビューLive

2006年01月23日 | トップリーグ

ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。

 人気blogランキングへ

 天気予報で思いっきり寒いのを予想していたら意外と

花園は暖かかったです。さて天気予想と同じで私の

プレビューも当たりませんね(汗)・・・・気を取り直して

観戦記です

 

 トップリーグ11節に、瑞穂で熱戦を行った両チームが早くも再戦です。

 ラグビージャーナリスト村上さんが、組み合わせ決まった瞬間、仕事そっちのけで

花園行きますって決めたのがこのカード、氏曰く「恐竜対決」さてキックオフです。

 キックオフ直後危惧していたトヨタのペナルティが連発します。(確か3つ)

今日もレフリーとの相性が悪いのかと少々心配です

  5分 NECがラインアウトから展開しWTB窪田が左隅にトライ、SO安藤の

     ゴールも決まる(この時NEC風上です)              (0:7) 

 10分 トヨタ22m付近のど真ん中で倒れこみ、しかし安藤PG外す

 17分 トヨタ主力のLOフラベルが負傷で退場、現地では出血かどうか不明

 18分 NECの10m付近のペナルティを逆風に負けずSO広瀬がPG決める

      (バーに当たって越えました)                   (3:7)

 21分 センターラインのラックからNECのFLマーシュがターンオーバーし

     独走トライ、G失敗                         (3:12)

 29分 フラベル復活(出血退場だったようです)

 33分 NECスクラムから⑧→⑨からFB武井がトライ、G失敗   (3:17)

   その後トヨタが攻め続けるが、最後はオブストラクションでハーフタイム

  後半 

  あっという間に10分過ぎました。キックオフ直後から相互にせめぎ合う凄く

  濃い時間が流れましたが、上手く文章にできません。(んー難しい)

 11分 22m付近でNEC反則 広瀬風上から余裕でPG決める  (6:17)

    (NECのマーシュの反則もしっかり取ってくれました

 21分 トヨタ攻めるがトライまで至らないが、広瀬DGで迫る    (9:17)

 27分 NO.8蓑内のオフサイドで広瀬PG決める          (12:17)

 29分 トヨタCTB遠藤がインターセプトし独走トライ・・と思ったらノッコンの

    アドバンテージで無効(アドバン、ちょっと判りにくかったです)

   ここから残り14分(ロスタイム入れて)攻めるトヨタに守るNEC、

   見ごたえのある攻防でした(ここも筆者の能力不足を痛感)

   トヨタは後一歩まで行きましたが、最後はターンオーバーされキックで

   ノーサイド、トヨタのマイクロ杯終わっちゃいました

  それにしても凄まじい試合でした。観ているバックスタンドも大興奮の

 80分間でした。一歩間違えると大荒れになりそうな試合をコントロールされた

 相田レフリーもみごとだったと思います。最後に帰る前に後ろの席の人が一言

 「負けたけどいい試合観たなあ。明日からの仕事する元気もろたでえ」

 帰られたのが印象的でした。私も元気をもらって愛知への帰路に着きました

 では明日からも順次レビューします。

コメント (9)   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

マイクロソフト杯-1回戦(秩父宮)プレビュー

2006年01月22日 | トップリーグ

ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。

 人気blogランキングへ

 予想すればするほど外れてきて、少々自信を

なくしかけてますが、懲りずにやります 

昨日に引き続き、一回戦の秩父宮分をプレビュー

します。それにしても、芝生の状態が心配ですが

大丈夫でしょうか?

第一試合(12:00 K.O)

 三洋クボタ 

  今年のトップリーグの前半の主役の三洋ですが、後半調子を落したのが

気がかり。反面クボタは相手に恵まれたとはいえ連勝でリーグを終え、

マイクロ杯へ滑り込んだ強運は怖いですね。

無難に予想すれば三洋ですが、ここは穴狙い 25:35 でクボタと見ます

 あと三洋のブラウンの復調具合も気がかり。今年でスーパー14に戻るので

世界のプレーを見られるのもあとわずかです。ケフもオーストラリアへの復帰

説がありますので、今回の対決貴重かも

 

第二試合(14:00 K.O)

 東芝神鋼

 絶対王者と思われたが、最終節で意外な弱みを見せた東芝、反面ベスト4に

入れなかったが今年は充実した試合をしてきた神鋼。一発勝負なら強さを発揮

しそうだが、ホラがいないのが少し寂しい。

 東芝の優位と見ます 30:20 展開によってはもう少し差が出るかも

 さて、一発勝負なので運も味方につけたほうが勝です。天はどちらに見方

するか?では結果は後日レビューします。

(そのうち勝つ方に予想するなとチームから苦情が来そうで心配です

コメント (4)   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加