瑞穂のラグビー好き

ラグビーをみんなで盛り上げましょう

「日本を思い、イラクを翔けた」より-4

2006年03月31日 | 本の紹介

1クリックお願いします。
 人気blogランキングへ

 1981年に外務省に入った奥氏は
持ち前のバイタリティで友人を増やした後
1982年夏オックスフォードに2年間留学する

 厳しい勉学とラグビーを両立させオックスフォードの1本目に入り出場
果たす。ケンブリッジとの対抗戦出場の栄光”ブルー”を目指した、それは
叶えられなかった。

 奥氏の留学時のポリシーは、次の通りである

 「日本人とつるむな。外国人の中に飛び込んでいけ。ポジティブにやれ」

 奥氏は現場主義のこだわった説得力が違うと言っていた。そして
 1990年嵐の吹き荒れる中東イランに赴任する。
 
 1991年イラクの圧制から逃げ出したクルド人難民がトルコ・イランの国境
地帯に集り200万人を超えた。
 日本の医療チーム13人が到着するすぐに800kmをコンボイで翔けた
現場に医療チームと一緒に入り込むと、赤ん坊が次々死んで逝った。

赤ん坊が死ぬ理由がオムツが濡れて体温が下がるからと判るとテヘランの
日本人部会の婦人部に長距離電話を入れ、言った
 「テヘラン中の紙おむつを全部買い集めてください」

 奥氏は飛んで帰り二日後には「トラック一杯の紙おむつ(約5万人分)」
到着し、そしてその後は赤ん坊の死亡率は激減した。

 奥氏の常人離れした行動力に加え、普段の交流によって培われた人脈が
この奇跡のような行動を起こせたそうです。

 またこの医療チームに「日本の外交官は民間ボランティアに冷たいのか」
と言われ、奥氏も言葉に詰まった。そして医療チームが帰国する前に
「イランにも良い所がありますから」と1泊2日の慰安旅行を実行させ
最後に
「先生どうもありがとうございました」と人懐っこい笑顔を浮かべた
そうです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本代表 フランスへ

2006年03月30日 | ジャパン

1クリックお願いします。
 人気blogランキングへ
 
 いよいよ今日日本代表がフランス合宿に
 飛び立ちます。合宿中のニュースは
 なかなか入りにくいと思いますが
 太田さんのブログで更新を期待します

 スケジュール、長くなりますが引用します。3試合の練習マッチを交えて
エリサルドヘッドコーチの適応力に選手がいかに応え進化してくれるか
楽しみです。アラビアンガルフ戦は、帰国後の時間が少々心配ですが
力の差が歴然としているので、勝負の1戦は、アジアのライバル「韓国」
となりそうですね

3月 30日(木) AM 成田発、パリへ
  PM パリ着
  PM パリからボルドーへ国内線で移動。
到着後バスにてダックスへ
31日(金) 10:00 トレーニング
  PM アクティブレスト
4月 1日(土) 9:30~11:30 トレーニング
  15:30~17:00 トレーニング
2日(日) 9:30~11:30 トレーニング
  15:30~17:00 トレーニング
3日(月) 9:30~11:30 トレーニング
  15:30~17:00 トレーニング
4日(火) 11:15 ホテル発⇒コニャックへ移動
※メンバー外はウエイトトレーニング、PMフリー
  18:30 トレーニングマッチ vs コニャック選抜
試合終了後バスにてダックスへ
5日(水) 10:00 トレーニング
※前日メンバーはケア
  17:30 トレーニングマッチ vs バスク選抜
6日(木) AM 前日メンバーはケア、
メンバー外はウエイトトレーニング
7日(金) 9:30~11:30 トレーニング
  15:30~17:00 トレーニング
8日(土) 9:30~11:30 トレーニング
  15:00 試合見学 トゥールーズ vs ビアリッツ
9日(日) 8:00 ホテル発⇒サントへ移動
  15:30 トレーニングマッチ vs チュニジア代表チーム
10日(月) AM ケア
  PM フリー
11日(火) 9:30~11:30 トレーニング
  15:30~17:00 トレーニング
12日(水) PM ホテル発⇒ボルドー空港へ。
ボルドーから国内線でパリへ
  PM パリから成田へ
13日(木) PM 成田着

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

J-SPORTSの実況のみなさん

2006年03月29日 | よもやま話

1クリックお願いします。
 人気blogランキングへ

 実にディープなテーマですが、
個性豊かな実況のみなさんを
テーマに書いてみます。

 私の知る限りJ-SPORTSの実況は、
  矢野 武さん
  谷口 広明さん
  土居 壮さん
の3名でほとんどの放送をカバーされている気がします
矢野さんはハッスルなどで見ることもあるんですが、あとの2方は専属
なんでしょうか?

 ネットでちょこっと調べてみるとなんと一年前の村上さんのブログで
3名の紹介がありました。
 土居さんは、元TV東京のアナウンサーで小林深緑郎さんと同じ年
しかも、名勝負「神鋼三洋」のウィリアムスの逆転トライを放送した
方だそうです。あの名調子は筋金入りです。

 谷口さんは逆に若くって昨年で33歳なので+1歳のはず
J-SPORTSでの色々なスポーツで実況されているみたいです。

 矢野さんは一番一般の方に知られているでしょう。ハッスルをはじめ
格闘技関係によく顔出されてますし、元々は役者さんで大河ドラマの
「春日局」に出た事もあるそうです。私にとっては、平成版ガメラの
海上保安庁のイメージが強いですけど・

 とにかくみなさん実況と言うよりラグビーを見るのを楽しんでいるのが
凄く伝わってきます。特にビデオレフリーの時は解説者と一緒に、予想
したりされているのが、なんともほほえましいです。

ゴールの絶叫や繰り返しの説明などの地上波のサッカーや野球の
ようなものがなく、個人的には凄く落ち着いて見られるJ-SPORTS
ラグビー実況は大好きです

コメント (5)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

スーパー14 Week-8

2006年03月28日 | スーパーラグビー

1クリックお願いします。
 人気blogランキングへ

 今回もテレビをパラパラと見て
ラグマガのガイド誌し見ただけの
ノー天気予想です。 

WEEK -8
 3月31日
      Blues              v    Bulls
      似た名前のチームですが、南アのブルズが優位か  
      スカパー放送予定(4/7)
 
      Waratahs         v    Cheetahs
      新チームながら健闘するチータースですがワラタスには敵わない
      スカパー放送予定(4/8)
 
      Western Force   v    Stormers
      こちらは新チームで白星に恵まれないフォース。今回も無理か
      スカパー放送予定(4/9)
 
 4月1日
      Hurricanes        v    Crusaders
      今年のスーパー14を左右する一戦。十字軍が少し有利か
      スカパー放送予定(4/11)
 
      Chiefs              v    Highlanders
      NZのハイランダーズが優位か
      スカパー放送予定(4/12)
 
     
  Sharks              v    Reds
      南アは最下位になると降格があるのでドッチも負けられない
      鮫のほうが強そう
      スカパー放送予定(4/12)
 
 Bye:   Brumbies, Cats

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行く人、来る人-1

2006年03月27日 | トップリーグ

1クリックお願いします。
 人気blogランキングへ

 今年のラグビー界の人事異動も
ほぼ決まりました。ラグマガや
サンスポの情報から振り返ります
なお、トップリーグ内定者から敬称略しますのでご了承を。

 なんと言っても目玉人事は、早稲田大学からサントリーへの清宮監督の
異動でしょう。5年間で常勝早稲田を築き、凱旋です。

 しかもサントリーの新人選手がまた凄い。早稲田から、PR前田、HO青木、
NO.8で主将の佐々木、他にも関東学院から有賀主将、法政から野村主将、
とどめに慶応から竹本主将と分厚い補強で1年目からトップリーグ制覇を
狙います。ちなみに監督はサントリーを退社して1年契約として背水の
陣をひかれるようです(これも新しいスタイルですね)

 私の贔屓のトヨタは元々相性が悪いので少々困ったものだと思ってますが
サントリーの清宮氏が、トップリーグに新しい風と観客を運んでくれそうな
予感がしますがいかがでしょうか?

 お次はクボタ。去られるのは、まず荻窪監督。個人的に寂しいですね。
実にいいキャラしてましたから。ジョー・ロフとキャメロン・ピザは引退。
できたら万全な体調のロフを見たかったのですこし残念です。

 クボタに参加されるのは、まずは監督としては山神氏。
「エキサイティングな試合をみせたい」と抱負
興味深いとところで、埼玉大からBKカトニ・オツコロ、ジャパン最年少記録
ホルダーがいよいよトップリーグ参戦です。あと早稲田からはSO高橋銀次郎
あとは埼玉大からシオアペ・ホラニ他有望大学生3名+新外国人として
LOマーティ・ヴィール(NZ・ノースハーバー)
昨季のトップリーグの惜敗を考えると上位に食い込む可能性大です

 書き出すと面白いです、止まりませんね。今後も私の贔屓のトヨタを含め
トップリーグの各チームを順番に、私流の感想を入れていきたいと思います。
今日はこのへんで

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

海外ラグビー放送を見て雑感

2006年03月26日 | 海外

1クリックお願いします。
 人気blogランキングへ

 今年からスーパー14観はじめたのですが、
6ネーションと併せて観ると面白いです。

 伝統のテストマッチ6ネーションとショーアップされたプロのアタッキング
ラグビーのスーパー14同じラグビーと言っても面白さに趣の違いを感じます

 特に6ネーションでは、昨年来日したアイルランドのSHストリンガーが
映っているとうれしくなります。やっぱり雲の上の存在だった人から同じ時間
に同じ空間にいたことで身近に感じるんでしょうね

 そう言う意味では、スーパー14はもっとうれしいですね。直接話した元トヨタ
のフラベルや今年進化を発揮したSOブラウンなんかはもっと身近に感じられ
ます。でもあんなスーパースターがいるトップリーグになぜ盛り上がらないか?
大きな問題ですね。

 駒(選手)は十分そろっていて、局面(ゲーム)も面白い。あとはいかに演出
するか、また足を運んでもらうかですね。同じフットボールのサッカーを手本に
との考えもありますが、まだまだホーム&アウェイは難しい問題があります。

 視聴率度外視しても地上波放送をして欲しいですね。それが無理でも
深夜枠でも良いのでスーパーサッカーのような番組を作って、ダイジェスト
版を流したりリーグの順位や代表の試合のPRなどして欲しいです

 トヨタさんの全面バックアップで日曜の夜11時過ぎ位に如何でしょうか?
ラグビープラネットも初年度に比べ段々楽屋落ちになっている気がします
幅広いファン層の拡大を図るため脱皮することが必要ですね

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

背番号23について

2006年03月25日 | ジャパン

1クリックお願いします。
 人気blogランキングへ

 サッカーのサポーター制度をまねた形で
 背番号23番をみんなで背負おうと言う
 運動が一部で展開してます。

 ただ、私のようにラグビーサイトを探す人間ならともかく、一般の方には
まだまだ浸透できていない気がします。協会HPや太田GMのブログで
公式レプリカジャージと応援T-シャツを作成してますが、ちょっと違和感
を感じてます。

 公式レプリカ来て試合に来たらキャップ贈呈とのアイデアもあるそうです。
でもファンに会場に来てもらうためにわざわざ敷居を上げているきがします
が、いかがでしょうか?

 私はこの春 大阪、東京と応援に遠征するつもりですが(名古屋でない)
今まで通りのレプリカジャージ(木曽さん、辻さん、タケオミさんのサイン入り)
を来て応援行きます。23番も公式でなく、好きな仲間で赤いT-シャツつくり
集ることにしてます。

 昔にラグビーの応援の応援の仕方でブログで問いかけたことがありますが
日本ラグビーはどんな応援が良いんでしょうね。
また一緒に考えましょう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「日本を思い、イラクを翔けた」より-3

2006年03月24日 | 本の紹介

1クリックお願いします。
 人気blogランキングへ

 早稲田に入った奥氏は、当然のように
東伏見グランドへ舞台を移した。

 しかしながら、外交官という夢を追い続ける奥氏は、有望選手が入る
「寮に入ると規律が多くなる」との理由で下宿し、練習の後も勉学に
取り組む生活となった。

 多くの部員と同じようにフラフラになりながらも素質を見抜かれ
英才教育を受け、2年生の夏合宿前にはリザーブへ。夢の赤黒
ジャージまであと一歩に迫った時に、奥氏は決断し、合宿中の
菅平から降りた。

 「外交官になるために 外交官の試験勉強に集中するために」

 その後、奥氏は現役で難関の外務公務員採用上級試験に合格する
 ことになる

 今回の最後は早稲田の巨人大西氏の披露宴での祝辞をご披露したい

 「ワセダを卒業してから外交官になるのは”アホ”や。
  どうせ、東大出身がぎょうさん、おるのにな。
  奥、おまえはラグビーのジャパンになって国際的に
  活躍した方がみんなのためになったのだ。
  でもそんな”アホ”がいてもいいかもな」

 大西氏独特のシニカルな賛辞であった

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

2006年 6ネーションレビュー雑感

2006年03月23日 | 6ヶ国対抗

1クリックお願いします。
 人気blogランキングへ

  本年度の6ネーションも終わりました。
 最終順位は次の通りです

  1:フランス     4勝1敗
  2:アイルランド   4勝1敗
  3.スコットランド  3勝2敗
  4.イングランド  2勝3敗
  5.ウェールズ   1勝1敗1分
  6.イタリア     0勝3敗1分

 優勝は、フランスでしたが印象に残っているのはスコットランドですね
 最下位争いの声の中、開幕戦で優勝したフランスを破り、その後
 イングランドにも勝ちました。その反面、イタリア相手に3点差の苦戦
 をするなど今一実力の判らない点もありましたが、今年盛り上げた
 チームだと思います
 アイルランドはトリプルクラウンは獲得しました。イングランドFWを
 押し捲ったFWの強さは凄かったです。

 ライブ放送がなかったのが残念ですが、明日から全試合放送がある
 はずですのでとにかくフランス戦はしっかり見たいですね。

 ちなみに戦前の私の予想は次の通りでした

  1 アイルランド  :オドリスコルに期待
  2 イングランド  :そろそろ本命復活か
  3 フランス    :シャンパン軍団、波に乗れるか?
  4 ウェールズ  :昨年の勢い続かない
  5 スコットランド :なかなか上位にいけない苦しみ中
  6 イタリア    :なんとか1勝を

 あの時点でスコットランドの善戦やイングランドの凋落はなかなか予想
 難しかったですね。来年はWC前の6ネーション、一段と激しい戦いを
 期待します。個人的にはウィルキンソンの復活に期待です。ではまた

コメント (2)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2005-06シーズンを振り返って-4

2006年03月22日 | トップリーグ

1クリックお願いします。
 人気blogランキングへ

 トヨタが早稲田大学に屈した話は
既に書いたので省略します。

 NECは、関東学院に勝ったコカ・コーラウェストジャパンに貫録勝ちし
選手権準決勝は、NEC対三洋、東芝対早稲田大学となった。

 NEC対三洋戦、久方ぶりの三洋が、SOブラウンの血染めになりながら
要所のキックを決め僅差の勝負になりました。最後はNECの駄目押し勝ち

 早稲田大学は勝負にこだわる対トヨタ戦とは違う戦いぶりを見せました。
力の差があったとはいえ0封されたのはいかがなものかと感じましたが
トヨタファンの僻みでしょうか?

 決勝は、雨中の決戦(東芝対NEC)となりました。日原のキックさえ
普通に決まっていれば、勝っていただけに東芝サイドから見ると
悔しい引き分けだったと思います。

 またトーナメントの優勝を決める戦いだけに今後は、WC同様の延長戦の
導入などを検討する必要がありそうです。双方優勝は絵的には美しく感じ、
勘違いを起こしそうになりますが、勝負とはあくまでも勝者と敗者を分ける
べきとの考えも必要かと思います。ちょっと過激な考えでしょうか?

 それにしても、今年のNECのディフェンスは凄かった。
願わくばこのレベルのディフェンスを日本代表に注入して欲しいですが
エリサルドさんいかがなものでしょうか

コメント
この記事をはてなブックマークに追加